沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

安波茶樋川の復元

安波茶樋川復元落成式の案内記事が新聞に載っていました。







c0180460_15403922.jpg


その復元落成式の日には地元の自治会長さんをはじめたくさんの方が集まって祝賀会が開かれていました。





c0180460_15404543.jpg


おめでとうございます。




後日天気のいい時にゆっくりと訪れてみました。





c0180460_15405484.jpg


真っ白い琉球石灰岩で護岸工事もきちんとされていており、新しい「史跡 安波茶樋川」の石碑がとてもきれいでした。





c0180460_15410158.jpg


階段を下りるところに文化財・安波茶樋川の説明版があり、





c0180460_15411409.jpg


18世紀当時の琉球石灰岩でできた4.8mの樋(とい)が今もこんこんと湧き出す水を流しており、






c0180460_15412011.jpg


水を貯める部分にも渡り石が敷かれていてすばらしい出来栄えでした。






c0180460_15413738.jpg


ただ、大きな土木工事の後のためとは言え、今までたくさん住みついていたテナガエビなどが一匹もいなくなってしまっているのが、残念でなりませんでした。





# by nami-5963 | 2017-04-20 15:37 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

恩納村の歴史と湧き水

湧き水fun俱楽部の4月の定例会が恩納村博物館でありました。


恩納村博物館では以前にも「歴史講座」があり(2009.5.1920、参照)、いろいろと学ばせて頂いたことを懐かしく思い出しながら参加しました。




c0180460_17183690.jpg


今回は「山田グスク周辺の文化財」と題して、村教育委員会・文化財担当の崎原恒寿さんがとても親切で丁寧な90分の講演と質疑応答の後、一時間現地案内をして下さいました。





c0180460_17184617.jpg


印象に残ったのが、山田グスクの伝承で「山田グスクから座喜味城に移転する時に護佐丸を慕った村民が一列になって石垣の石を手渡しで運んだ」とする石垣の跡は発見されたものの、





c0180460_17185035.jpg

当時の村民数や石垣の石の数と距離からすると無理な話だった!ということが証明されたということでした。






c0180460_17190002.jpg

また、山田グスク内には井戸がないことや金属でできた毛抜きや武器を研ぐ砥石の出土があったことや





c0180460_17190314.jpg


武具の出土数が(座喜味城):(山田グスク)=1:50ということにもとても興味がわきました。





c0180460_17191315.jpg


琉球王朝時代の宿道の国頭方西海道を訪れて、





c0180460_17192205.jpg
山田谷川(さくがわ)の石橋、





c0180460_17191824.jpg



c0180460_17224204.jpg


今は水が枯れているが中国産の青磁が出たというウブガー、





c0180460_17224796.jpg

護佐丸父祖の墓への山道





c0180460_17225293.jpg

中国産の碇石(いかりいし)が使われているメーヌカーなど





c0180460_17245852.jpg

を巡る険しい山道を歩いてみるとこの街道を見下ろす要塞にそびえる山田グスクの戦略的意味がよく分かりました。





c0180460_17225800.jpg


長時間お世話になった崎原さんにお礼を述べて、






c0180460_17230576.jpg


昔からあって有名な「シーサイドレストラン」にみんなで出かけ、





c0180460_17231080.jpg


懐かしい味のカレーライスをおいしく頂きました。






c0180460_17231443.jpg


みなさん、お疲れさまでした。





# by nami-5963 | 2017-04-16 17:15 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)


那覇市の牧志駅前にある「ほしぞら公民館」から学習会の案内とともに、4月のプラネタリウムの無料投影会のお知らせを頂きました。



c0180460_15423014.jpg


今月は4月21日(金)18:30~と22日(土)17:00~の二回で、内容は「宇宙は不思議Ⅱ」だそうですので、是非皆さんお誘い合わせの上、ご覧下さ~い。




# by nami-5963 | 2017-04-14 15:41 | 宇宙・天体 | Comments(0)

新入生の入学祝い

今年も小学校の新一年生が入学式を迎えました。おめでとうございます。



c0180460_15365748.jpg

私たち「カーミージーの海で遊び隊」が入学祝いに「カーミージーの海の生きものたち」のパンフレットを送るようになって4年目になります。






c0180460_15370773.jpg

最初の1年目は小学生全員にプレゼントし、





c0180460_15371217.jpg

二年目には中学生全員と小学校の新一年生にプレゼントし、これで市内の義務教育を受ける児童生徒全員に16500部を配布することができました。





c0180460_15372308.jpg

三年目は「入学のお祝いの言葉」を添え、1500部をきれいに包装してプレゼントするようになり、今年で4年目になりました。





c0180460_15385221.jpg

今年も市内の11校の小学校の入学予定者数を市教委に教えてもらい、1500人分のパンフレットと「入学のお祝いの言葉」を用意し、折り込みました。






c0180460_15371913.jpg

各校の入学予定者数に10~20部をたしてまとめ、お祝いの紙袋に入れ、各校で手渡してもらえるように依頼書を添えておきました。





c0180460_15385544.jpg

リボンをつけお祝いのプレゼントらしくして教育委員会に持ち込むと、「毎年ありがとうございます。」と窓口の方もよく覚えて下さっていて、快く各校に配布することを引き受けて下さいました。




どうもありがとうございます。





c0180460_17183118.jpg

4月中には新入生のみなさんの手に届くと思いますので、是非カーミージーの海の観察会にご参加下さ~い!









# by nami-5963 | 2017-04-13 15:33 | 磯遊び | Comments(0)

4月9日の観察会

4月9日の観察会は好天にも恵まれ、リピーターの人も多い中、参加者20名とスタッフ5名が集まり、元気で賑やかな観察会となりました。




c0180460_12141989.jpg

いつものように危険生物について学習した後、




c0180460_12143156.jpg

海に向かうと岩場にたくさんへばりついたゴマフニナが出迎えてくれ、



c0180460_12143524.jpg




岸辺の岩にたくさんあいた穴がカニや二枚貝の住み家で、海をきれいにする役割を持っていること知り、ビックリ!




c0180460_12143801.jpg

海に入ると、クロナマコが出迎えてくれ、「触ると固くなる!」ことや「紫色の汁を出す!」ことで魚などの敵を撃退すること、



c0180460_12144490.jpg


チクチクするイカリ型の小骨を持ち2~3mに成長するオオイカリナマコにみんなで触れ、



c0180460_12145174.jpg

海の中でたくさんの触手を出して泥や砂の食事のようすを観察し、




c0180460_12145422.jpg


柔らかい体からなんにでもよくくっつく白い内臓のキュビエ管を出し、魚などから自己防衛をすることを紹介し、ナマコの仲間はみんな泥や砂の中の有機物を採ってせいかつする海の掃除屋さんだ!ということを知ってもらいました。




c0180460_12181904.jpg


モズクが自然にたくさん生えているのを手に採ってよく洗って口に入れるとおいしい!ことを体験していると




c0180460_12182310.jpg


短時間でたくさん採ってお土産にできたひともいてビックリ!




c0180460_12191573.jpg

海草藻場を歩いていくと毒針を持つ大きなイモガイや




c0180460_12194823.jpg

昔のお金だったキイロダカラ、





c0180460_12193769.jpg

毛がいっぱい生えた巻貝のサツマボラ、




c0180460_12193006.jpg

きれいな巻貝のチョウセンフデ、




c0180460_12211961.jpg

魚のアミメノカエルウオや




c0180460_12212228.jpg

ベンケイハゼ、




c0180460_12192314.jpg

タマガイが砂と卵を粘液で混ぜて作った卵塊の砂茶わん、




c0180460_12194011.jpg

二枚貝のリュウキュウザルボウガイの赤ちゃん、




c0180460_12263566.jpg


体の中に貝殻を持つ黒いタツナミガイにさわっていると




c0180460_12265126.jpg


タツナミガイの卵塊のウミソウメンに出合ってビックリすることばかりでした。




c0180460_12273333.jpg

大きなブロックに着いたフジツボなどの生きものはみんな潮が満ちた時に食事をしてきれいな海を作ることも知り、



c0180460_12291491.jpg

そばの海草藻場で海草を束ねて1~2cmの穴に棲む赤いトゲアナエビ釣りを楽しんで帰ることになりました。



c0180460_12302058.jpg


帰り道で、絶滅危惧種のカサノリを見つけてとても盛り上がりました。




c0180460_12303214.jpg

楽しくお土産一杯の観察会を無事に終えることができました。




c0180460_12312773.jpg


孫のゆみさんが久しぶりのスタッフとしてたくさんの生きものを発見して大活躍してくれていました。



c0180460_12324229.jpg

みなさん、お疲れさまでした。






# by nami-5963 | 2017-04-10 12:12 | 磯遊び | Comments(0)