沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

慰霊の日

慰霊の日はゆみさんも学校がお休みで、いっしょにすごしました。

c0180460_12275533.jpg

最近「ハクソー・リッジ」という戦争映画が話題になっており、「ハクソー」とはノコギリで「リッジ」は崖のことだそうで、

c0180460_1239039.jpg

この映画の舞台になっているのが浦添グスクのある前田高地の伊祖断層によってできた断崖(2015.3.14、参照)ということなので、現地に出かけてみることにしました。

c0180460_12285290.jpg

花屋さんでかわいい花束を買って、浦添グスクのある前田高地に着き、

c0180460_1229948.jpg

最初に訪れた「浦和の塔」のデークガマ(大きなデイゴの木のあったガマ)で手を合わせ、

c0180460_12394599.jpg

続いて「ハクソー・リッジ」の崖を手すりの付いたむき出しの階段で降りて「前田高地平和の碑」に到着し、ゆみさんが献花し、

c0180460_12294742.jpg

みんなで恒久平和を願って合掌しました。

c0180460_12302283.jpg

「ハクソー・リッジ」の前を通って、日米両軍が激しい戦闘を繰り広げ、毎日のように争奪戦を行い「ありとあらゆる地獄がいっぺんに転がり込んだ!」と記録に残る浦添市で一番高い為朝岩(離れジー、ニードルロック)に暑い中たどり着き、ここでも合掌をしてきました。

c0180460_1230442.jpg

大汗をかいた後は、宜野湾市の普天間基地のそばにある「佐喜眞美術館」に行ってみました。

c0180460_123131.jpg

先日亡くなられた儀間比呂志さんの「ミニ追悼展」や

c0180460_12311535.jpg

黒田征太郎さんの「ウミガメと少年」の絵本原画展があり、ゆみさんは熱心に見入っていて、

c0180460_12313139.jpg

「じいちゃん、海があるよ!」と光の差し込む青いたくさんの丸窓を教えてくれました。

c0180460_1233439.jpg

常設展の丸木位里・俊夫妻の「命どぅ宝 沖縄戦の図」は大作がたくさんあり、

c0180460_12314956.jpg

ちょっと難しく疲れたようすのゆみさんでした。

c0180460_12322334.jpg

最後に屋上の階段が6段と

c0180460_12323945.jpg

23段で6月23日を現していて、

c0180460_123301.jpg

一番上の小窓からは6月23日の夕日が差し込む造りになっているばかりか、

c0180460_1246979.jpg

最上段からは沖縄戦の最初の上陸地となった慶良間諸島から、1945年4月1日の本島上陸地点ばかりか、眼下には世界一危険な普天間飛行場が見渡せる仕掛けになっているのにはビックリ!

c0180460_12341016.jpg

帰りはとてもお腹がすき、もんじゃ焼きとお好み焼きをおいしく頂きましたが、これも平和なおかげ!と感じる慰霊の日となりました。
# by nami-5963 | 2017-06-23 22:23 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
那覇市国際通りの牧志駅前にある「ほしぞら公民館」からいろんな学習講座やブラネタリウムの無料投影会の案内がありましたので、みなさんにも紹介させて頂きます。

c0180460_1245943.jpg

最初は、「親子でお天気博士になろう」の講座で、沖縄気象台から講師さんが来て下さり、保険料の100円の負担でお天気博士になれますよ!

c0180460_1251625.jpg

二つ目は、7月8日(土)の「七夕観望会」で、夏の代表的な星座を観察することができますよ!

c0180460_1253346.jpg

三つめは、7月8日(土)と7月9日(日)のプラネタリウムの「たなばた特別無料投影」の案内で~す。

c0180460_125471.jpg

四つ目は、7月21日(金)と7月22日(土)の「プラネタリウムの特別無料投影」の案内で、天の川や夏の星座を学習しますので、夏休みの自由研究にもなりそうですよ!

c0180460_126045.jpg

みなさん、どうぞご活用下さ~い!
# by nami-5963 | 2017-06-21 12:02 | 宇宙・天体 | Comments(0)

サクララン②

5月に今年初めてのサンラランが咲いて大喜びしました(2017.5.6、参照)が、6月に入ってから二度目のつぼみが8個も付きだしてビックリ!

c0180460_1518550.jpg

その中の三つ並んだつぼみの左端が最初に開花しました。

c0180460_15183749.jpg

しばらくして右端のつぼみが開花し、

c0180460_15191745.jpg

別のつぼみも開花しだし、

c0180460_15195862.jpg

鉢のあちこちではどんどん開花が進み、とても見ごたえがありました。

c0180460_1524478.jpg

花が開花して2~3日すると、透明な蜜が出だしてなめてみると、甘さの中に苦みがあるのが不思議でした。

c0180460_1525209.jpg

写真を撮っていると画面に7つの花やつぼみが映ってにぎやかで、嬉しくなりました。

c0180460_1532956.jpg

三つ並んだつぼみが同時に咲き誇るのを期待していましたが、真ん中のつぼみが開く前に左端のつぼみがしぼみ散ってしまって残念でした。

c0180460_15263024.jpg

今回心配になったことは、「病気が少ない!」ことで定評のサクラランですが、以前ハイビスカスをよく栽培していた時、風通しが悪くなると白い粉をふく病気になったのと同じ症状が見られたことでした。

c0180460_15271173.jpg

今後、気を付けて見守ることにしました。
# by nami-5963 | 2017-06-17 15:01 | 花・草木 | Comments(0)
5月~7月のチラシとパンフレットの配布に、梅雨の真っ盛りで大雨洪水警報の出ている中をAさんと出かけました。

c0180460_133837.jpg

最初に豊見城市の環境省・漫湖水鳥湿地センターに出かけると、雨雲の底が真黒になって前方に広がっていました。

ここは今までおいていたチラシが少し減っていただけなので、置いていた半分をたくさん消費するところに回すことにしました。

次の県立図書館もチラシの減りがすくなかったので、半分をたくさん消費するところに回すことにしました。

c0180460_15215.jpg

すぐ前の与儀公園には蒸気機関車のD51が展示されているので、鉄道ファンのAさんと寄ってみると、北九州市から沖縄の本土復帰記念に贈られたもので、何と地球を71周も回った強者だとわかり、ビックリ!

c0180460_17282.jpg

いつもたくさんの観察会申し込みのある牧志駅前の「ほしぞら公民館」の200枚のチラシは残りが少しになっていたので、150枚のチラシを追加してきました。

c0180460_17558.jpg

一番チラシの消化率が高く、観察会参加者の多い県立博物館・美術館はチラシとパンフレットが少なくなっていたので、たくさんの追加をしておきました。

c0180460_182214.jpg

最後に浦添市役所を訪れると、最近WBC世界チャンピオンになった比嘉大吾さんを名誉市民に認定したところで、すごい盛り上がりようでした。

c0180460_184748.jpg

ここはチラシ消化が最大の場所で、先日のチラシチェック(2017.6.7、参照)で100部置いていたものがほとんどなくなっていたので、さらに200部を追加してきました。

このようなチラシやパンフレットの追加調節をひと月ごとにこまめにし、無駄が出ないようにする必要があります。

c0180460_19973.jpg

また、ちょうど新しい8月~10月のチラシが完成し、インターネット印刷の「ラクスル」から届いたばかりで嬉しくなりました。

c0180460_192373.jpg

7月に入ると5月~7月のチラシを回収し、新しいチラシを配布して回りたいと思いま~す。
# by nami-5963 | 2017-06-15 08:58 | 磯遊び | Comments(0)

シーグラス作品展

6月13日から「おきぎん」牧港店で、わが遊び隊隊員の「隠れ家カフェ・清ちゃん」のシーグラス作品展が始まりましたので、

c0180460_16492799.jpg

出かけてみました。

c0180460_1649509.jpg

「おきぎん」牧港店の窓側のコーナーに清ちゃんの紹介や作品への思いと

c0180460_16501451.jpg

ゴミ問題に対する思いが紹介されていました。

c0180460_16512988.jpg

作品は二頭のイルカでハート型を作ったもの、

c0180460_165148100.jpg

二頭のマンタが仲良く優雅に泳ぐ姿、

c0180460_1652987.jpg

イルカやウミガメの仲良しご夫婦の姿がシーグラスで形作られていてとてもほのぼのとしたもので、

c0180460_16522949.jpg

ブダイやハナミノカサゴなどの海の生きものも紹介されていてとても素晴らしいものでした。

みなさんも鑑賞に出かけてみて下さ~い。

c0180460_16534186.jpg

もし、作品展が終わっていたら、お店の方でゆっくりと鑑賞することをお勧めします。
# by nami-5963 | 2017-06-13 16:45 | 磯遊び | Comments(0)