沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

プラネタリウム

今年、2009年は世界天文年だったそうですが、全く知りませんでした。

イタリアの偉大な天文学者、ガリレオ・ガリレイが、自作の望遠鏡を夜空に向け、宇宙の扉を開いてから、400年目にあたることから制定されたものだそうです。

c0180460_4511831.jpg

この世界天文年を機会に那覇市久茂地公民館では、日食観望会、「太陽の謎に迫る」映像投影会、「ガリレオナイト」観望会等が開催されてきたそうです。

c0180460_4481445.jpg

今回は今年の締めくくりとして、「なは教育の日」特別投影会として、世界的に問題になっている「地球温暖化」をテーマにした映像「22世紀の地球を救え」の上映と「秋の星座観察」があるというので出かけました。

それも、定員90名、当日先着順受付!とありましたので、早くに出かけました。

c0180460_4483929.jpg

公民館のそばのレストランで「ミーバイ魚汁定食」をたのむと、ボリュウム満点の魚汁が出てきてビックリ!
しゃぶりついて食べだして、そのおいしさにもビックリ!!
ミーバイ(ハタ系の魚で高級魚!)の鋭い歯に負けて口の中まで切ってしまうくらいでした。

c0180460_4492615.jpg

満腹になって整理券No.8をゲット!上映までに太陽の黒点観察もさせてもらえました。

結局、5組の小学生の家族連れと大人少しの参加でガラスキでした。

最初の「22世紀の地球を救え」はこども向けの映像で、満腹のせいでうつらうつらしてしまいました。

c0180460_4495838.jpg

プラネタリウムの「秋の星座観察」はしっかり勉強させてもらいました。

ペガスス座とペガススの四辺形、カシオペア座のWを伸ばした北極星の見つけ方、アンドロメダ座などの星座の神話・伝説を学習しました。

日本では二番目に古いというプラネタリウムはまだまだ現役で十分活躍していますし、無料というのがいいですね。

c0180460_18251945.jpg

毎週日曜の14時から上演していますので、みなさんも出かけてみませんか?


那覇市久茂地公民館
〒900-0015 那覇市久茂地3-24-1
Tel 098-867-0342
by nami-5963 | 2009-12-21 19:11 | 宇宙・天体 | Comments(0)