沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

化石採集

c0180460_1084613.jpg

「石の会」のヤンバル自然観察会(11.11.15-16、参照)でいっしょになった熱心なファミリー(左端の3人)と、その後も交流しています。

c0180460_1091066.jpg

はやてくんが私のコレクション(岩石、化石、鉱物など)をみたい!ということで、家に遊びに来てくれました。

その時に、「自分の手で一度化石を採ってみたい!」と希望していたことを、かなえる機会が訪れました。

c0180460_1075173.jpg

読谷のおうちへうかがう朝、嘉手納基地の上に平和を象徴するような虹がかかり、とてもすがすがしかったで~す!

読谷から屋我地島・古宇利島、本部方面に出かけてみました。

c0180460_1094317.jpg

屋我地島にかかる橋からはきれいな300mも伸びた砂嘴がみられ、

c0180460_1010757.jpg

その海岸に下りて砂浜の砂をほじくってみると、「ゼニイシ=銭石」と呼ばれる有孔虫の死骸がたくさん含まれていました。目の前の暖かい海に現在も生活していて、その死骸が浜に打ち上げられたそうです。

c0180460_10102852.jpg

これは化石ではありませんが、はやてくんファミリーは熱心に採集していました。

c0180460_1011539.jpg

次は愛楽園の北側の貝化石を採集に行きました。

c0180460_10112727.jpg

最初は小さなホタテガイ、

c0180460_1012490.jpg

まき貝、

c0180460_10122337.jpg

サンゴの化石しか見つかりませんでした。

c0180460_10125992.jpg

大きな岩の露頭を一周し、海岸の方に出ると、大きな転石の中に大きな貝化石を発見!

c0180460_10133546.jpg

「割るより転石を探せ!」の法則でどんどんいい化石を見つけることができました。

c0180460_10135658.jpg

はやてくんも大満足のようでした。

c0180460_10141810.jpg

古宇利島の北西部では琉球石灰岩に垂直に円柱状にあいた不思議な穴・「円筒状空洞地形」がたくさん観察できました。

c0180460_10144625.jpg

浸食地形なので、すっぽり穴があいていて向こうが見渡せるものもあり、

c0180460_1015256.jpg

浸食が止まってしまって土がたまっているものもありました。

c0180460_10152729.jpg

その琉球石灰岩に、はやてくんがサンゴの化石を発見し、お父さんがノミとハンマーをふるうコンビネーションの良さも見られました。

c0180460_10155657.jpg

世界遺産の今帰仁城跡に10cmほどのアンモナイトがあるので見に行きました。

c0180460_10161484.jpg

今回は説明板もちゃんと設置されていて多くの人の目に触れるようになっていたのがよかったです。

c0180460_10165197.jpg

次は、本部町の大川(ふぷがー)に出かけ、

c0180460_10171664.jpg

こんこんと湧き出るきれいな水の中には、テナガエビ、カニ、グッピーなどが住んでいました。

c0180460_10175476.jpg

はやてくんのお父さんが、「この水を読谷に持って来て活用できたらいいのに」、と言っていましたが、

c0180460_10254139.jpg

今もいも洗いや水田に利用されているそうです。

c0180460_10182817.jpg

最後は山の中から塩水がこんこんと湧き出る「塩川」に寄りました。

川の水をなめてみると海水のようで、はやてくんもビックリ!

一日いろんな所を回った最後に、はやてくんが「今日は楽しかったぁ~!」と言ってくれたのがとても嬉しかったです。
by nami-5963 | 2011-12-27 22:45 | 沖縄の不思議 | Comments(0)