沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

イソアワモチ料理

伊平屋島在住のネオママさんからイソアワモチの調理方法(http:/neo-s.seesaa.net/の2012年9月7日参照)を教えてもらったので、チャレンジしました。

c0180460_1151264.jpg

この間に採りため、タッパーに入れて冷蔵保存していたイソアワモチを取り出し、左のレシピを見ながらスタート!

c0180460_115415.jpg

まず、水洗いをするとすごいぬめりが出て、ごみ受けのネットがつまってしまいビックリ!

c0180460_1201596.jpg

よく洗い、弱火で自分の水分(ドゥージル)だけで5分ほど煮て、

c0180460_1204328.jpg

冷ましてから体を指でつまんで内臓を取り出すと、泥を食べているだけに手は泥まみれ!

c0180460_1205080.jpg

よく水洗いすると内臓が割りとしっかりしているのにビックリ!

c0180460_122362.jpg

体の表面のぬめりを水を流しながら指の爪でそぎ落とし、右半分のようにきれいにしますが、この作業に一番手間がかかりました。

c0180460_116466.jpg

きれいになったイソアワモチを鍋に水を入れて柔らかくなるまでもう一度煮て、

c0180460_1235316.jpg

冷ましてから大きいものは刺身用にスライスしたり、

c0180460_1241482.jpg

他のものは味噌煮込み用に小さく切り刻み、

c0180460_124307.jpg

味噌、砂糖、だしで煮込みました。

c0180460_1245971.jpg

左が刺身用、右が味噌煮で完~成!

c0180460_1253353.jpg

食べてみると食感がいいので私は刺身用の方が気に入りましたが、奥さんは「ゴムみたい!」との感想でした。

調理を終えての感想は、イソアワモチは5~6cm以上のものが適しており、調理に時間と水光熱費と調味料がかかるため、ちょつと贅沢な磯料理の珍味!という感じでした。

ネオママさん、ありがとうございました。
by nami-5963 | 2013-07-17 19:08 | 料理・食文化 | Comments(0)