沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

屋我地島の干潟観察会

海洋博の美ら島研究センターが「屋我地島の干潟観察会」を指導者向けに開催してくれました。

c0180460_10182364.jpg

「カーミージーの海で遊び隊」で誘い合って、みんなで研修に出かけました。

c0180460_10255621.jpg

干潟に出て最初に驚いたのは、水の引いたところは貝殻でいっぱいだったということで、

c0180460_10261212.jpg

30cm四方の枠の中にどんな貝が何個すんでいるか、それも生きたものと死んだ者に分けて調べました。

c0180460_10263223.jpg

次は岩の表面、側面、底面のそれぞれにどんな生物がすんでいるのかも調べ、

ちょっと学生の実習のようで新鮮でした。

c0180460_11142541.jpg

砂地のところではタテジマユムシという埋在動物がすんでいて、

c0180460_11145524.jpg

半透明な30cmにも伸びるリボン状の吻を伸ばしその上に砂の中の栄養分を乗せてベルトコンベアーの要領で口に運んで摂取するそうで、

c0180460_11152821.jpg

たくさん住んでいるようすを調査しました。

c0180460_11155999.jpg

砂地を歩いていると潮の引いたところでミナミコメツキガニが食事をした後の砂粒がたくさんで、

c0180460_11162288.jpg

色が変わって見え、川の字のような模様に見えるのがきれいでした。

c0180460_11164959.jpg

干潟の掃除人のカニノテムシロがたくさんいて、

c0180460_11174267.jpg

それも背中に3~5個のマキガイイソギンチャクを乗せ、

c0180460_11181057.jpg

死骸を探し回っているのが面白かったです。

こんなところは泡瀬干潟とよく似ていると感じました。

c0180460_1119714.jpg

キノコ岩ではイソアワモチのイボイボが青っぽいように見え、

c0180460_11192757.jpg

ケガキや

c0180460_11194692.jpg

珍しい海のアメンボを二種類見ることができました。

c0180460_11201061.jpg

屋我地島の干潟の自然の豊かさを堪能することができ、いい研修になりました。
by nami-5963 | 2015-08-15 22:16 | Comments(0)