沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

観察会の下見&清掃

7月17日の観察会の下見に朝比奈さんとゆみさんと私で海に出かけている間に、

c0180460_1712823.jpg

ばあちゃんが通路の草刈りと掃除をしてくれました。

c0180460_17124462.jpg

海はいつもより少し水深があり、風も強くて生きものを見つけるにはちょっと不向きでしたが、タマガイ類の卵塊の砂茶わんがたくさん見つかりました。

c0180460_1713781.jpg

今が旬のようですね。

c0180460_17132357.jpg

一つの岩をこじ開けると茶色いイッカクガニが出て来て、

c0180460_17134490.jpg

岩には黄色いリボン状のウミウシの卵塊が見られてビックリ!

c0180460_1714725.jpg

二つ目の岩をこじ開けると小さな黒いカイメンがびっしりへばりついているのにビックリ!

c0180460_17142347.jpg

その岩の穴から出てきたイッカクガニもしっかり黒いカイメンを背負っているのには笑ってしまいました。

c0180460_17144133.jpg

海藻のチヌマタを見つけ、口に含んで歩いていると、

c0180460_1715012.jpg

魚のウミヘビの幼魚の死骸やケヤリムシやカイメンがいて、

c0180460_1715192.jpg

ゆみさんはきれいなタカラガイのキイロダカラを見つけ、

c0180460_1716522.jpg

いくつか集めて色の微妙な違いを楽しみ、

c0180460_17162622.jpg

イソアワモチのきれいなウンコを観察してきました。

c0180460_17164823.jpg

岸に着くと今迄に観察会に参加された人が、サンゴのかけらで色彩アートに取り組むための材料集めに来られていました。

c0180460_17174113.jpg

ばあちゃんの草刈りも「少しずつやっているととても楽だ!」と言っていました。

これで観察会の準備OK!で~す。
by nami-5963 | 2016-07-17 23:08 | 磯遊び | Comments(0)