沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

7月17日の観察会

観察会の参加希望者が多いため臨時に設けた7月17日の観察会は、31人の参加者と5人のスタッフで好天の中、二班に分かれて実施できました。

c0180460_8492876.jpg

いつものようにみんなが集まるまでに危険な生き物について学習し、

c0180460_8494797.jpg

諸注意を聞いてから海に繰り出しました。

c0180460_850760.jpg

岸辺の岩場には、カニやエビの仲間や二枚貝がすんでいて、沖縄のきれいな海を作ってくれていると知らされ、ビックリ!

c0180460_8502410.jpg

海では海藻の仲間のカイメンソウに触れてみたり、チヌマタを口に入れてみたりウスユキウチワの存在を学び、

c0180460_8504029.jpg

クロナマコやニセクロナマコに触れてみて感触の違いを確かめ、

c0180460_851235.jpg

2mほどのオオイカリナマコはイカリ状の骨片のチクチクした感触があり、

c0180460_8512212.jpg

8本の触手を出して海底の泥や砂の栄養を取り込みながら生活し、

c0180460_8514227.jpg

クリイロナマコは堅い感触があるもののみんな海の掃除屋さんで、砂や泥の中の栄養を取ってきれいなウンコを出すことを知りました。

c0180460_99650.jpg

岩を起こすと赤い目をしたケブカガニが現れ、

c0180460_99244.jpg

説明していると小さいながらメスで黒い卵を一杯抱いているのにビックリ!

c0180460_994690.jpg

そばにタマガイの仲間の卵塊の砂茶わんも転がっていたり、

c0180460_910068.jpg

ヒラメのかわいい幼魚、

c0180460_9101492.jpg

ヨウジウオの赤ちゃん、

c0180460_9104819.jpg

どんな穴にもすぐに潜り込んで逃げるのが上手なクリミミズアナゴの幼魚(左)と貝を閉じるときの勢いでパフパフと上手動き回るミノガイ(右)も姿を見せてくれました。

c0180460_912252.jpg

海草藻場では7本の角が生えたクモガイや

c0180460_9122677.jpg

毒針を出して小魚を食べる大きなイモガイにも出会え、

c0180460_9124434.jpg

みんなでここカーミージーの海でしかできないトゲアナエビ釣りを楽しみました。

c0180460_91318.jpg

最後に、大きなブロックのそばで海水浴も楽しみ、表面についているオハグロガキ、フジツボ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて、潮が満ちるとエサを取り、海をきれいにしてくれていることを知り、観察会を無事に終えることができました。

c0180460_9132385.jpg

みなさん暑い中お疲れ様でした。
Commented by ミヤギ at 2016-08-08 16:22 x
お礼遅くなりましたが、7月17日に観察会に参加させて頂きました宮城です。
身近でありながら、実はよく知らない海の世界を垣間みる事が出来、実りの多い休日を過ごさせて頂きました。
息子も沖縄の海と生物に更に興味を持ってくれたようです。
ありがとうございました。
また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いします。
Commented by nami-5963 at 2016-08-09 05:18
宮城さん、こんにちは
素晴らしいカミージーの海のことを知って頂き、
ありがとうございました。
また、ご家族で遊びに来て下さい。
素晴らしい海と一緒にお待ちしていま~す。
        なみまる
by nami-5963 | 2016-07-18 14:46 | 磯遊び | Comments(2)