沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

初ウクシー(初仕事)

先日、湧き水fun倶楽部の初ウクシー(初仕事)がありました。




第三土曜日が定例会のため、遅まきながらの新年のあいさつを交わしながら11人でスタートしました。



c0180460_21235715.jpg
最初にお茶の先生が、お花と「瑞気満高堂」の色紙を用意して下さり、



c0180460_21241983.jpg
女性陣のお世話で新年のお茶会となり、



c0180460_21243557.jpg
一人ひとりおいしいお茶を頂き、新鮮な気分になれました。




続いて近況報告や新年の抱負を語ることになり、戌年のKさんからスタートしました。




2月17日の名護市防災センターの説明と帰路に名護の名水巡りをする予定や



c0180460_21252737.jpg
1月27日のかーオブザイヤーの説明、




年金生活苦で引っ越しをしたことや4月14日のカーミージーの湧き水巡りの予定、夏にもお茶会がしたい、今年から名護高に勤務して朝は早く夜遅くて大変なこと、


c0180460_21255946.jpg
県のかりゆし長寿大学を卒業したが、生活環境に<水>のことがなかったので入れてもらったことや阪神大震災から23年になり当時の大切な教訓をおもいおこしたこと、ヘルニアで手術入院し、健康の大切さを痛感したこと、また一つ年を取ってしまった!温泉ソムリエとして活躍したく、赤倉温泉に入ってきたこと、屋冨祖公民館に釣瓶の水くみが完成した、


c0180460_21263846.jpg
ミツカンの報告資料や琉大との交流資料の貸し出しができること、図書館から湧き水の講演依頼が来ていること、今年で8年目なので10周年に向けて今から企画して取り組んでいきたい、



などたくさんのことが出されました。



c0180460_21271509.jpg
一区切りついたところに小4のI君親子が到着して13人になり、



c0180460_21290762.jpg
I君が「湧き水の水辺にすむ生きものさがし~宜野湾市を中心に~」の研究報告を大人顔負けの資料を駆使して7分間の発表をしてくれました。

その後もみなさんの質問にもしっかり答え、いろんな助言も受けて、10分間の新聞社の発表本番に備えてもらうことになりました。



c0180460_21293229.jpg
ガンバレ、I君!


# by nami-5963 | 2018-01-22 21:21 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

今年最初のパンフレットと観察会の案内チラシの配布にAさんといっしょに出かけました。



c0180460_23283004.jpg

お世話になっているみなさんとは今年初めて顔を合わせるので、遅まきながらの新年のあいさつを交わし、「ことしもよろしく!」とお願いして回りました。



c0180460_23322322.jpg

パンフレットには今年1年間の年間計画を折り込んで配布しました。



c0180460_23325407.jpg

1~4月の観察会の案内チラシは1400枚を配布しました。



c0180460_23334238.jpg

前日までに海の出入り口のフェンスにラミネートをした新しいきれいなチラシと魚類の仲間の写真①~④を張り替えておきました。




<パンフレットとチラシの配布先>を載せておきますので、手に取って観察会への参加を検討してみて下さい。


海の出入り口のフェンス、隠れ家喫茶・清ちゃん、浦添市立歴史にふれる館、NEOSU、COOP牧港店、宜野湾市立博物館、浦添市役所玄関ロビー、市長室・秘書課、市環境保全課、浦添市立中央公民館、浦添市立図書館、緑ヶ丘自治会館、伊祖自治会館、パーラー幸、環境省・漫湖・水鳥湿地センター、県立図書館、那覇市立ほしぞら公民館、県立博物館、泡瀬・ウミエラ館、海洋博研修センター、




今年に入ってリピーターの方々からブログを見ての参加申し込みが入り出していますので、申し込みは早目にお願い致します。



# by nami-5963 | 2018-01-11 10:26 | 磯遊び | Comments(0)

イソギンチャク巡り

昨夜、潮の引きが大きすぎて地形が変わって見えたため、見つけることができなかったイソギンチャクを探しに水位は62cmと高めでしたが、昼のカーミージーの海に出かけてみました。



c0180460_08120223.jpg

夜でも簡単に見つかったふたつのイソギンチャクを確認し、一つの体を棒で触れると「白い煙幕?」のようなものを吐き出し、こんなことは初めてでビックリ!何なのでしょう???



c0180460_08164924.jpg
夜に見つけられなかったイソギンチャクをGPSで探しまわると、岩と同じ色をしていて夜なら見逃してしまうのが当たり前のようなイソギンチャクをやっと見つけることができ、白化現象も回復し大きなイソギンチャクエビが住みついていてほっとしました。



c0180460_08173889.jpg
四つ目のイソギンチャクは夏の白化現象が回復していて胸をなでおろしました。


c0180460_08261774.jpg
五つ目のイソギンチャクは水深があるため、夏の白化現象にあわずにすみ、嬉しいことにかわいいカクレクマノミも一匹住みついてくれていました。



c0180460_08193777.jpg
六つ目のイソギンチャクは五つ目と同じ条件下にあったので、白化現象にあわずにすんだようでしたが、残念ながらまだ生きものは住みついていないようでした。




他のイソギンチャクはもっと水深があるので、今日は行けませんでしたが、白化現象がすべて回復していることが確認できてとても嬉しかったで~す。



c0180460_08201671.jpg
帰り道、海に放牧場の牛のように貝を養殖している「マイ放貝場」に寄ると、シャコガイの仲間のジャゴウが少し移動したようで少し探し回りましたが、一回り大きくなった姿を確認することができ嬉しくなりました。



c0180460_08210298.jpg
また、歩いているとアナダコが自分で身の危険を感じてスミを吐いて逃げて行きましたが、



c0180460_08211522.jpg
海で本物の凧(タコ)に出合ってビックリ!



c0180460_08520561.jpg
お正月の凧揚げを楽しんでいて糸が切れてここまで飛ばされてきたようで、タコに逃げられて凧を拾ったなんて笑ってしまいました。







# by nami-5963 | 2018-01-05 08:54 | 磯遊び | Comments(0)

今年の最大干潮の-33cmの水位という貴重な日ので、「カーミージーの海で遊び隊」の夜の研修会を開催しました。



c0180460_23511071.jpg

MさんとAさんとの三人で真夜中の12時に集まって夜の海に繰り出して、最初に感じたのは、海藻の多さでした。



c0180460_23514254.jpg

例年より早く寒くなったためにたくさんの海藻が成長しているようですし、



c0180460_23521446.jpg

食感がシャキシャキしたチヌマタや



c0180460_23524747.jpg

立派なイソスギナや



c0180460_23535363.jpg

ホンダワラの仲間もたくさん見られ、



c0180460_23544649.jpg

高い位置にある岩には濃い緑色のアオサ(アーサ)がたくさん付いていてビックリ!



c0180460_23553354.jpg

海草藻場にいるイソギンチャクは白化現象も早くに回復し、イソギンチャクエビのご夫婦が住みついていましたし、



c0180460_23560408.jpg

夏場は真っ白になってしまい、なかなか回復せずそのまま死んでしまうのか?と心配したイソギンチャクも回復し、1~2cmぐらいのカクレクマノミもすみついていてほっとしました。




夏以後に大きな台風が連続して沖縄にやって来て海水をかき混ぜ水温を下げ、気温も下がり寒くなるのが早かったお蔭で、サンゴやイソギンチャクの白化現象が回復したものと思われました。



c0180460_23565048.jpg

三つ目のイソギンチャクはGPSを使っても潮の引きが大きすぎて地形が変わって見えるため見つけることができませんでしたが、普段の海底に立つことができたので、



c0180460_23580253.jpg

ティラジャー(マガキガイ)を石ころをひろうようにできて三人が童心にかえって「あった!」「ここにもいた!」と楽しむことができました。



c0180460_23590594.jpg

一食分を取り終えるとあとは取りすぎないように気遣い、「見つけても採らない!」と決めて帰路につきましたが、たくさんの赤い目をしたイワオウギガニ、



c0180460_23594306.jpg

横たわって寝ているギンポの仲間、



c0180460_00001567.jpg

交尾中のタツナミガイ、



c0180460_00005503.jpg

大きなアオヒトデ、



c0180460_00012222.jpg

毒針を持つ大きなイモガイ、



c0180460_00014735.jpg

強い毒を持ち食べると怖いスベスベマンジュウガニ、



c0180460_00021314.jpg

仲良しご夫婦のイシヨウジ、



c0180460_00024315.jpg

寝姿のダンダラトラギス、



c0180460_00031108.jpg

コブラの100倍の毒を持つというエラブウミヘビ、



c0180460_00033144.jpg

かわいいヒトデ、



c0180460_00035497.jpg

マギー(ビッグの沖縄語)なイソアワモチなどに出合い、楽しい夜の海の2時間があっという間に過ぎ去ってしまいました。







# by nami-5963 | 2018-01-04 21:49 | 磯遊び | Comments(0)

謹賀新年



2018.1.1

今年は戌(いぬ)歳ですね。

戌と言えばすぐに「忠犬ハチ公」を思い出しますが、賢くて人間に尽くす動物という印象が強いですね。今迄に出合って印象的なワンちゃんを紹介してみたいと思います。




c0180460_03255980.jpg
このワンちゃんはカーミージーの海が干潮になるとご主人さまといっしょに散歩を楽しんでいて、会うたびに口笛を吹くとしっぽを振って大喜びし私の周りをぐるぐる回り、



c0180460_03280838.jpg
途中立ち止まってはこちらを見上げてカメラ目線を見せ、



c0180460_03271665.jpg
またしっぼを振りながら走り回ってとても嬉しそうにしてくれます。




カーミージーの海では海の生きもの以外にもたくさんの出会いがあり、とても楽しいで~す。




今年も飛躍の年にしたいと思いますので、みなさんよろしくお願い致します。




もう一匹のワンちゃんは、北中城村のそば屋さんで飼われているワンちゃんです。



c0180460_03284358.jpg
ゆみさんとも仲良しでお店を訪れるたびに交流を深めて楽しんでいます。



c0180460_03285888.jpg
最後は2000年代に座間味島にダイビングに通っていた時のショップの前のお宿で飼われていたワンちゃんです。




年間30日を超えるダイビングに行くたびに交流を楽しんできましたが、老衰で亡くなったようで、とても残念で~す。






# by nami-5963 | 2018-01-01 06:27 | 沖縄の不思議 | Comments(0)