沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

カテゴリ:ダイビング・クジラ・水中写真( 98 )

シュノーケリング②

ゆみさんとカーミージーの海の北側で今年初めてのシュノーケリング(2017.5.4、参照)をしてからしばらくたったので、「シュノーケリングに行こうよ!」と誘うと「行きたい!」との返事があり、両手が自由になるようにマスクとシュノーケルを買いに出かけました。

c0180460_22402353.jpg

ピンク色のマスクとシュノーケルは子供用しかなくて、「水色の大人用でいい!」というので買って帰るとピッタリ!

c0180460_22415013.jpg

今日のシュノーケリングのポイントは前回の少し南の「隠れ家カフェ・清ちゃんの裏の海」です。

c0180460_22425649.jpg

一回目の海に入ると干潮時で、シリン川がそばにあるので、濁っていているし、空き缶が海底に一杯集まっていてビックリ!

c0180460_22435288.jpg

泳ぎ進むとソフトコーラルがたくさんあり、

c0180460_224413100.jpg

きれいで大きなヒメシャコガイがたくさんいるのにもびっくりしていると、

c0180460_22443944.jpg

赤い色のルソンヒトデ、

c0180460_2245364.jpg

カラフルなクリスマスツリーのようなゴカイの仲間のイバラカンザシ、

c0180460_22453118.jpg

大きなイボウミウシ、

c0180460_22462118.jpg

シライトイソギンチャクに棲むクマノミに出合い、楽しく一本目を終えました。

c0180460_22464441.jpg

休憩しているとばあちゃんが、岸辺にたくさんの幼魚が群れているのを教えてくれ、それを見に二本目をスタートすると、

c0180460_2247487.jpg

幼魚の群れの正体はキンメモドキで、

c0180460_22483427.jpg

ゆみさんは何度も手でつかもうとチャレンジしていました。

c0180460_2249350.jpg

一本目と違うルートに進むと、大きな岩にたくさんのきれいなヒメシャコガイが付いていてビックリ!

c0180460_22492690.jpg

シライトイソギンチャクに棲むクマノミをゆみさんに紹介すると、

c0180460_22495975.jpg

ゆみさんがすぐ横にヤングなウツボが大きな口を開けているのを教えてくれ、ビックリ!

c0180460_22502865.jpg

二本目はきれいなヒメシャコガイとクマノミの多いポイントで、

c0180460_22511887.jpg

二匹のヒメシャコガイがくっついてハート型をしているのを写真に撮れ!と指示してくるゆみさんでした。

c0180460_17383349.jpg

大きな黄色い体の魚群がいたのを「アカヒメジ」だと紹介したのですが、後で図鑑を見て赤い体の写真が載っていたのを不思議そうにしていたゆみさんに、生きていると黄色い体だが釣り上げて死んでしまうと赤くなるので、「アカヒメジ」と名前がついてしまったんだよ、と説明すると納得できたようでした。

c0180460_2252250.jpg

このポイントはまた、ゆっくりとシュノーケリングしたいポイントとなりました。
by nami-5963 | 2017-06-12 22:34 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

シュノーケリング

春休みにカーミージーの北の埋め立て地にある「歴史にふれる館」前の海でダイビングの講習をしている(2017.4.7、参照)のを見たゆみさんは、




c0180460_11312403.jpg



「10歳になったらダイビングを始める!」というので、5月の連休中にここで、シュノーケリングをしようということになりました。





家に帰って「じいちゃんもあの海でゆみの小さい時にダイビングをしていたんだよ。」と言って一緒にブログ(2010.5.25、参照)を見ると、記憶にない昔のことにビックリし、笑っていました。





c0180460_11285350.jpg

連休のシュノーケリングに向けてGoogleマップで海底地形図を作成し、





c0180460_11321727.jpg


道具類の準備を進めてきましたが、




c0180460_11325638.jpg

出発の日に「マスクとシュノーケルがない!」ことに気づいても、「箱メガネがあるじゃん!」といたって冷静な判断をする余裕のあるゆみさんにビックリ!




c0180460_11341600.jpg

ばあちゃんもいっしょに出かけると30人くらいがダイビング講習をしていました。





c0180460_11352824.jpg

二人でちょっと波とうねりのある海にロープでつながったまま泳ぎ出すとビックリすることばかりでした。






c0180460_11363430.jpg

海底はソフトコーラルでびっしりと覆われており、





c0180460_11370192.jpg

シカクナマコばかりがごろごろし、






c0180460_11373945.jpg

カーミージーの海の鮮やかな色のアオヒトデと違い、くすんだ色のアオヒトデばかりで、あまり離れていないのにこんなに違うものかとビックリ!





c0180460_11394831.jpg



30分ほどで一回目を終えて岸に戻ってくると高い波とうねりで体が大きくゆすられる中、





c0180460_11410867.jpg



ゆみさんがしっかり岸に這い上がるのを見て、随分たくましくなっていることに感心しました。






c0180460_11421643.jpg

「面白かったから、もう一回行きたい!」というので、少し休憩を入れてもう一度出発しましたが、一回目よりスムーズなエントリーで、こちらがビックリしました。






c0180460_11425631.jpg

いろんな種類のソフトコーラルを楽しんでいると、タマイタダキイソギンチャクに棲むハマクマノミをゆみさんが見つけて教えてくれました。





c0180460_11532966.jpg


写真は撮れなかったですが、熱帯魚(ルリスズメダイ、コクテンフグ、イシガキフグ、ツノダシ、ロクセンヤッコ、シモフリアイゴ、チョウチョウウオなど)も多く、とても楽しむことができました。




c0180460_11440785.jpg

二本目なので疲れがたまって来て、帰りは波にのまれて苦笑いを浮かべながらも無事に戻ることができました。





c0180460_11444939.jpg

疲れているのに、「連休中にまた行きたい!」ととても意欲的で、





c0180460_11454118.jpg

連休中の日記の宿題にシュノーケリングのことを書くというぐらいはまってしまったようで~す。







by nami-5963 | 2017-05-04 11:00 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

座間味キャンプ④

ゆみさんにとって座間味キャンプはとても印象に残ったようで、私たちも嬉しかったです。

c0180460_23181261.jpg

座間味キャンプから戻ると撮った写真を全部見て行きながら思い出話をしつつ、

c0180460_23191084.jpg

お気に入りの写真を指定して印刷して行きました。

c0180460_23185798.jpg

それを印刷機から取り出し、

c0180460_23194655.jpg

順番に並べて乾燥させ、

c0180460_23195379.jpg

しばらくたってからアルバムに丁寧に入れて完成させ、

c0180460_2320544.jpg

「パパとママに見せる!」と嬉しそうに日記にも書いていました。

c0180460_23204934.jpg

国語の宿題でも見てきたお魚の名前を図鑑を見ながらしっかり書いていたのにはビックリ!

c0180460_23211161.jpg

マリンショップのお姉さんにも礼状を書いたり、

c0180460_23221017.jpg

夏休みの絵日記にも丁寧な絵を描き、

c0180460_23221991.jpg

感想文もしっかり書いていたのにもビックリ!

c0180460_23224728.jpg

ゆみさんママは高1で座間味にはまってしまいましたが、ゆみさんは小1ではまってしまったようで~す。
by nami-5963 | 2014-08-27 06:14 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

座間味キャンプ③

三日目の朝も早起きして、

c0180460_18232555.jpg

座間味島のラジオ体操に参加させてもらい、

c0180460_18271928.jpg

ハンコをもらうことができ、おかげでゆみさんは欠席なしの皆勤賞で~す。

c0180460_18265562.jpg

朝ご飯は日替わりの和食をしっかり食べ、

c0180460_182783.jpg

早くから水着にきがえやる気満々のようす!

c0180460_18275766.jpg

ゆみさんはボートでの三回目のシュノーケリングを余裕で楽しみ、

c0180460_18293660.jpg

いろんな魚やサンゴをたくさん見て、

c0180460_182820100.jpg

じいちゃんは4回目のダイビングを楽しみました。

c0180460_18295334.jpg

じいちゃんがダイビングを終えてボートに上がろうとすると、髪の毛が全部そろって光ってしまい「カッパみたい!」と大笑いするゆみさん!

c0180460_18301117.jpg

昼休みに街をぶらつくと村役場にはカツオ漁発祥の地の石碑があり、

c0180460_18311986.jpg

たくさんのシーサーが置いてあったり、

c0180460_18312327.jpg

お昼寝のネコと遊んだり、

c0180460_18315397.jpg

沖縄戦で最初の米軍上陸地の記念碑や

c0180460_18475028.jpg

国立公園指定の記念碑を見てまわりました。

c0180460_18332269.jpg

最後のシュノーケリングはじいちゃんとばあちゃんもいっしょに三人で楽しむことにしました。

c0180460_1834349.jpg

とてもサンゴのきれいなところで

c0180460_183524100.jpg

カメや魚もたくさんいてゆみさんも大満足のようでした。

c0180460_18353072.jpg

にこにこ笑顔のサンゴにも出会え、楽しかった座間味島のキャンプを終えることができました。
by nami-5963 | 2014-08-25 18:23 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

座間味キャンプ②

二日目の朝は早く起き、

c0180460_2337888.jpg

座間味島のラジオ体操に参加し、ハンコをもらって、

c0180460_23391348.jpg

昨日の晩に海に放り込んだ「ウミホタル」採りの仕掛けを回収しましたが、ウミホタルが入っていなくて残念!

c0180460_23402947.jpg

すぐ下の海にたくさんの幼魚がいるのを楽しんでいると、虹が出だしたので走って見に行き、

c0180460_23394986.jpg

どんどん大きくなる虹を楽しめました。

早起きは三文の得!

c0180460_2340714.jpg

しっかり朝ご飯を食べ、

c0180460_23405982.jpg

ゆみさんはボートでシュノーケリングを楽しむことになり、じいちゃんは3年ぶりのダイビングにチャレンジしました。

c0180460_2341237.jpg

足の届かないところでも怖がることもなく、フロートにつかまり、お姉さんに引っ張ってもらい、

c0180460_23415230.jpg

マスクで海中のようすやお魚をよく観察していました。

c0180460_23423518.jpg

じいちゃんがダイビングを終えるといったん港に戻り、

c0180460_23423727.jpg

昼食となりますが、一生懸命に魚類図鑑をめくり、見た魚を復習していたのが偉いで~す。

c0180460_2343945.jpg

昼からもボートで2回目のシュノーケリングにチャレンジしましたが、船にも慣れ余裕ができてきたようで、

c0180460_23433496.jpg

海に入って海中をのぞき出すと、

c0180460_2344030.jpg

ほとんど顔をあげずに楽しむほどの熱心さで、

c0180460_23444585.jpg

ダイビングを終えた私にカメに出会ったことを興奮気味に話してくれました。

c0180460_23445566.jpg

夜にはダイビングショップのログづけに初めて参加させてもらい、

c0180460_23453310.jpg

いろんな魚の話を聞かせてもらい、写真もたくさん見せてもらっていい勉強になったようでした。
by nami-5963 | 2014-08-24 06:32 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

座間味キャンプ①

ゆみさんの中では飛行機に乗って行くのが「旅行」で、自動車や船で行く旅行は「キャンプ」ととらえているようで、とても面白いです。

c0180460_16361962.jpg

この夏休みに、3月5日(サンゴの日)に国立公園に指定された慶良間諸島の座間味島に「キャンプ」に出かけましたので、ブログはお休みしました。

少しずつそのようすを紹介してみたいと思います。

c0180460_1639546.jpg

20年間観光客で沖縄通いを楽しんできましたので、沖縄に移住したら座間味にいつでも行けると思っていましたが、毎日がそれなりに忙しく、奥さんは6年ぶりで、

c0180460_163733.jpg

私は3年ぶりの訪問となり、

c0180460_16401949.jpg

高速船クィーンザマミ号に乗り込みました。

c0180460_16501995.jpg

船に弱いゆみさんは薬をちゃんと飲み、波しぶきで「虹が見える!」と喜んだり、「海がききれい!」と感動していました。

c0180460_16511665.jpg

ゆみさんが座間味島に足を踏み入れたので、親子三世代の定宿は「ペンション星砂」、

c0180460_16531938.jpg

ダイビングは「マリンショップ・ハートランド」で~す。

c0180460_16542589.jpg

昼食をとってから、とてもきれいな古座間味ビーチに出かけ、シュノーケリングの練習をしました。

c0180460_16544337.jpg

最初は、鼻で息をせずに口で息をすることがうまくできず、マスクがすぐに曇ってしまうので、マスククリァの方法を教えてしばらく練習すると、

c0180460_1735295.jpg

慣れてきてマスクが曇ることが少なくなりました。

c0180460_1655239.jpg

そこで、足の届かない沖に連れて行くと、目の前を初めて見るコバンアジの群れが通り過ぎ、

c0180460_16551513.jpg

下を見ると「口が黄色で体は黒く、白い丸のいっぱいついた魚(モンガラカワハキ!)」がいたり、

c0180460_16553771.jpg

横をクロハギが通り過ぎ、

c0180460_16585876.jpg

きれいなサンゴやイソギンチャクにすむクマノミも見られたので、興奮気味なゆみさんでした。

c0180460_1711618.jpg

休憩も早くに切り上げ、

c0180460_172513.jpg

浅瀬でサンゴを拾ったり、

c0180460_1731013.jpg

「じいちゃん、お魚がいるよ!」としっかり楽しんでいました。

c0180460_1742336.jpg

しまいに、ばあちゃんを海に引っ張り込んでいっしょに写真を撮ったり、

c0180460_1744885.jpg

私たちのツーショットまで撮ってくれました。

c0180460_1745810.jpg

夕食の後は、じいちゃんと「ウミホタル」採りの仕掛けを海に沈めに行き、

c0180460_175525.jpg

バイクの荷台のネコさんと交流し、

c0180460_1765738.jpg

ママのダイビングの先生に会いに行き、

c0180460_177498.jpg

おしぼり配り、

c0180460_178551.jpg

氷運びなどを楽しそうに手伝い、

c0180460_178316.jpg

乾杯し、ママの昔話などを聞かせてもらいました。

帰り道の満天の星空にも感動していました。
by nami-5963 | 2014-08-22 16:35 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

ホエールウォッチング

3月下旬並みの穏やかなポカポカ陽気の中、

c0180460_1620495.jpg

親子三代で朝早くからホエールウォッチングに出かけました。

c0180460_16213951.jpg

船に乗り込んでも出港までに1時間ほどあるので、船内を走り回り、

c0180460_16222350.jpg

クジラの予習をしたりしていると、

c0180460_16224385.jpg

目のいいゆみたんが「じいちゃん、お月さまが出てるよ!」と教えてくれました。

c0180460_16231897.jpg

べた凪の海を船長さんの横に座って出港し、

c0180460_1627611.jpg

クジラを探しました。

c0180460_16282082.jpg

クジラは哺乳動物なので、私たちと同じ肺呼吸をしに水面に上がってきてブロー(よく言われる潮吹き!のこと)を見せてくれます。

c0180460_16285744.jpg

これを見つけてたくさんの船が集まっているところに近づくと、

c0180460_16294180.jpg

船の穂先にザトウクジラがいました!

c0180460_16301479.jpg

二頭いてどうやら親子クジラのようで、仲良く並んでブロー、

c0180460_16304318.jpg

背びれを見せ、

c0180460_1631937.jpg

背中を丸め、

c0180460_16314143.jpg

尾びれを上げて沈み込もうとし、これを繰り返し移動していました。

c0180460_1632537.jpg

その時見られる尾びれの模様は人間の指紋と同じでクジラごとに決まっているので、個体識別に使われるそうです。

c0180460_16324836.jpg

エサを摂る冷たいベーリング海域から、出産子育てのために温かいハワイや小笠原、沖縄の海に数千キロを移動し、地球的規模で生活をしているそうです。

c0180460_16332831.jpg

別のクジラを探そうと移動し出すと、海面にカメが呼吸をしに上がって来ていました。

c0180460_16335841.jpg

「カメだ!カメだ!」と船上は興奮気味となりましたが、よく見かけるアオウミガメでもタイマイでもありません!

c0180460_16343357.jpg

写真を撮りながら甲羅に立て筋が三本あるのがわかり、「オサガメだ!!」と叫びました。

c0180460_1635569.jpg

20年通った沖縄の海でオサガメを見たのは初めてなので、私も興奮してシャッターを押し続けました。

c0180460_16354333.jpg

後でゆっくり写真を見ると、顔を水面に出した姿はなんだかグロテスクでしたね。

船酔いでだんだん気分が悪くなり、眠り出したゆみたんに「珍しいカメ見た?」と尋ねると「うん!」との返事で、さすがだと感心しました。

c0180460_16363488.jpg

ゆみたんが眠っている間に、親子クジラとオスの3頭のクジラの群れに出会いましたが、

c0180460_1637016.jpg

これは出産後のメスとの交尾のチャンスを狙っている雄のエスコートだそうでした。

c0180460_16374871.jpg

よく眠ったゆみたんは、元気を取り戻し、帰り道で「国立劇場おきなわ」の前の組踊公園で、走り回り、

c0180460_16381343.jpg

かくれんぼ、

c0180460_16384119.jpg

池の石渡りなどを楽しんで帰りました。

c0180460_16391047.jpg

道路わきの標識がなぎ倒されているのにはビックリ!でした。
by nami-5963 | 2013-02-02 21:05 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

久しぶりのダイビング

この二週間ほどの間で、なみまるの大きな変化は一年九ヶ月ぶりのダイビングをしたことでーす。

この間、何度もダイビングをするために慶良間諸島に行く計画を立ててきたのですが、その度に台風がやってきては諦めてきました。

それに、不思議なもので沖縄生活をしだすと毎日がそれなりに忙しく、観光客的なダイビングどころではないのが実際の生活のようでした。

c0180460_188517.jpg

そんな時に、「マリンショップ・シーサー」の新任インストラクターの研修用ビデオ作成のため、「ギャラリーH」の及川さんから協力依頼を受けました。

研修用ビデオの役柄は、「400本を潜った高齢のベテランダイバーで、体が硬くて体力もないので、タンクやBCを背負えずフィンも履きにくいダイバー役」を演じてきました。

c0180460_1883736.jpg

研修用ビデオなので、良い例と悪い例の二通りのベテランダイバー役を演じるのがとても面白かったですし、

c0180460_18102696.jpg

なんといっても久しぶりの海の感触がとても心地よかったでーす。

c0180460_18121844.jpg

普段潜っていると当たり前に出会えるナマコ、

c0180460_1813224.jpg

クマノミ、

c0180460_1813322.jpg

ロクセンスズメダイ達の群れがとても新鮮に感じられました。

c0180460_1815553.jpg

オーバーハングにはちょっと珍しいキリンミノカサゴが潜んでいましたし、

c0180460_1816131.jpg

お昼寝中のサザナミフグにも出会い、

c0180460_18155145.jpg

きれいなソライロイボウミウシにも出会えてとても楽しかったでーす。

c0180460_18165157.jpg

ポイントは、那覇市の少し西のチービシで、

c0180460_18163351.jpg

c0180460_18173626.jpg

最近はサンゴの植え付けポイントになっているようでした。

c0180460_18182047.jpg

c0180460_18182787.jpg

とても心地よい一日で、心身ともにリフレッシュすることがてきました。

c0180460_18262548.jpg

やっぱりダイビングはいいもんですねー、みなさんもぜひどうぞ!

c0180460_1826612.jpg

by nami-5963 | 2012-11-23 18:23 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

海水魚の水槽

那覇空港の到着ロビーに大きな海水魚の水槽があります。

友達の乗った飛行機の到着が30分も遅れたので、海水魚の写真を撮ってみました。

ダイビングしたのも1年以上前なので、いい練習になりました。

c0180460_165482.jpg

珍しいニセゴイシウツボがいて、

c0180460_1653117.jpg

テングカワハギが忙しそうに泳ぎまわり、

c0180460_1655014.jpg

絵になるトゲチョウチョウウオのペァー、

c0180460_1661238.jpg

ナポレオンフィシュを見つめるこどもたち、

c0180460_1663010.jpg

まるで竜宮城の世界ですね。

c0180460_1665850.jpg

ナポレオンフィシュの目の動きも横を見たり、

c0180460_1672282.jpg

下を見たり、

c0180460_1674637.jpg

後ろを見たりと、とても活発で、見ていても楽しかったです。

c0180460_1683531.jpg

二匹のナポレオンフィシュがにらみ合っているようなシーンは、水槽ならではのトリックのようで面白かったで~す。
by nami-5963 | 2012-04-27 00:01 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

ケラマの海⑰

修学旅行でホエールウォッチング(WW)にやってきた高校生たちといっしょになりました。

目指すクジラは、座間味村の慶留間島(げるまじま)の南にあるトンモーヤの浅瀬にいる仲の良い二頭のクジラ。

c0180460_0291481.jpg

最初はブロウと潜行を繰り返し、尻尾を見せてくれるばかりでした。

c0180460_0301023.jpg

水深も浅いので、大きなアクションはできないだろうと思っていたら、船の横で突然のブリーチ!

c0180460_0302968.jpg

水中から全身を飛び出させ、背面跳びのようにひねりも加えるすご技です!!

c0180460_0304822.jpg

水柱の迫力も半端ではありません。こんなシーンを目の当たりにすると、人生観も変わってしまうこともあるんですよ。

c0180460_0311610.jpg

最後は二頭仲良く並んで、尻尾を揚げ(フルークアップダイブ)、

c0180460_0313553.jpg

水中に溶け込んでいきました。

修学旅行でこんな出会いを体験できるなんて幸せですよね。

c0180460_032925.jpg

でも、この座間味村の慶留間島にある村立慶留間小・中学校は教室からクジラが見られるという全国的にもとても恵まれた環境の学校なんですよ。

うらやましい!
by nami-5963 | 2011-03-29 06:27 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)