沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

カテゴリ:沖縄の不思議( 1030 )

湧き水講演会

湧き水fun俱楽部の定例会で


c0180460_06502365.jpg

ボーダーインクの編集者で「那覇まち放浪記~ぼくのうまれたまち・古地図を片手にあるいたまち~」の著者の新城和博さんの講演をして頂くと、



c0180460_06511167.jpg
とても人気で環境科学センターの研修室が一杯になる14名が集まり、ビックリ!



c0180460_06513629.jpg
早速、昭和10年の古地図を一枚配ってもらい、その活用方法を教えてもらいました。



c0180460_06515473.jpg
崖のある所には拝所があるものなので、崖を見つけると面白い!ということ




また、古い地図が手に入ると縮尺が違っても「波上宮」「仲島の大石」「三重グスク」などの不変の岩場を利用するととてもいろんなことが読み取れることを教えてくれました。




これにはガッテン!



c0180460_06523613.jpg
ブラタモリにも出てきた古い那覇は


c0180460_06530507.jpg
浮島だったためほとんどが埋め立て地で、



c0180460_06525982.jpg
久茂地川は埋め立てられずに残った水路だし、



c0180460_06535956.jpg
首里とを結んだ長虹提(ちょうこうてい)が今も確認できるとのことでした。



c0180460_06544403.jpg
さらに、1920年代の那覇はニューヨークと似て毎晩芝居が演じられた!とかペリー来航時には那覇のこども達が日本で最初に「汽車ポッポ」の遊びをした!などの耳寄りな話題も多く、



c0180460_06554116.jpg
沖縄戦後、米軍に天久を追われた住民たちは土管で新居住地に水を引き、米を作って公民館を建てた!という話も水が人を繋げている()話として湧き水fun俱楽部ならではの有意義なお話でした。



c0180460_06560576.jpg
いろんなお話を聞かせて頂きありがとうございました。


by nami-5963 | 2017-09-17 06:49 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

又吉栄喜文庫の創設

浦添市立図書館からTELがあり、詳しくお話をお聞きしました。



c0180460_23522258.jpg
内容は芥川賞作家の又吉栄喜さんの出身が浦添市だということで市立図書館に「又吉栄喜文庫」が創設されることになったそうです。



c0180460_23521367.jpg
そこで、きたる9月30日(土)の9時30分から「又吉栄喜文庫」創設記念パネル展を開催し、10時からも本人のトークショウも計画されているそうですが、彼の作品の中に地元の「カーミージー」のことがでてくるので、このパネル展に「カーミージーの海の生きものたち」のパンフレットを展示し、参加者にも配布したいので50部を提供してほしい、との依頼でした。



c0180460_23522958.jpg
こんな依頼は初めてでビックリ!しましたが、「カーミージーの海で遊び隊」の活動が広く市民のみなさんに知られるようになった影響に感謝し、すぐに50部のパンフレットを届けさせてもらいました。



c0180460_23523545.jpg
又吉栄喜文庫の創設をお祝いし、パネル展の成功をお祈りいたしま~す。


by nami-5963 | 2017-09-13 20:49 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

津堅島の地質見学

津堅島にもカーミージーと同じ粟石(あわいし、マチナト石灰岩)が分布し、その地質見学会があるというので、離島に初めて渡るというAさんといっしょに朝の7時に浦添発で出かけました。


c0180460_02201353.jpg

当日は雨の予報がしっかり外れ、穏やかな晴天の中、1時間でフェリー乗り場に到着し、


c0180460_02204557.jpg

たくさんの海水浴客といっしょに「おきなわ石の会」の37人も高速船に乗り込み、



c0180460_02214141.jpg

10分間の穏やかな海路を楽しみました。



c0180460_02220570.jpg

「キャロット愛ランドマリンターミナル」で開会式をして、



c0180460_02233240.jpg

最初にハトが見つけたという伝説の残るホートゥガーに向かいました。



c0180460_02245043.jpg

街中を歩いていると門柱には大きなシャコガイがシーサー代わりに置いてあったり、



c0180460_02251834.jpg

石敢當も大きなシャコガイだったり、



c0180460_02255207.jpg

軽トラのナンバープレートが手書きだったりと「所変われば品変わる!」を実感しました。



c0180460_02262055.jpg

ホートゥガーはきれいな海に降りる断崖にありました。



c0180460_02264424.jpg

湧き水が湧き出す理由は①水を通しやすい地層を雨水が浸透し、②水を通しにくい地層で遮られ、①と②の間から湧き出す!ということで、これは全国どこでも同じですが、



c0180460_02281528.jpg

ここホートゥガーでは



c0180460_02284579.jpg

①が12万年前に堆積した粟石(あわいし、マチナト石灰岩)で②が300~400万年前に堆積したシルト(泥岩)系の凝灰岩(ぎょうかいがん、火山灰が堆積してできた岩石)だとの説明がありました。



カーミージーでは②にあたる岩石を目にすることはできませんが、湧き水はとても豊富なことが確認できています。



c0180460_02302652.jpg
①の粟石の一部分が鍾乳洞の壁面のようになっていることについてもいろいろ論議しました。


c0180460_02352998.jpg
また、浸食地形のノッチ(刻み目)が6000年前の今より2~3m海水面の高かった縄文海進時の産物だという説明もあり、Aさんはとても参考になったと言っていました。



c0180460_02355689.jpg
次は、歩いて展望台に上り、



c0180460_02361839.jpg
きれいな景色を堪能しましたが、



c0180460_02364235.jpg
「キャロット愛ランド」だけあってマンホールや展望台から島中のベンチや



c0180460_02370867.jpg
家の上のオブジェまですべてがニンジンなのにビックリ!



c0180460_02373144.jpg
きれいなトウマイ浜ビーチで昼食をとり、ゆったりとした時間を過ごし、きれいな沖縄の風景を堪能しました。



c0180460_02383125.jpg
時間があったので、アダンの葉っぱ細工教室も開かれていました。



c0180460_02385199.jpg
最後に歩いて行ったのは、200~300mも続くビーチロックのある海岸で、



c0180460_02391090.jpg
ローソク岩もそびえる露頭でした。



c0180460_02393768.jpg
ここは最初に訪れたホートゥガーの①と②の地層の間に①より古い時代のサンゴでできた琉球石灰岩(那覇石灰岩)が見られる場所でした。




一日見てきた津堅島の粟石はカーミージーで見られる粟石より質がよくなかったので、石材としては適さず、切り出されることもなかったということがよく分かり、津堅島に来ていい勉強になりました。



c0180460_02405672.jpg
暑い中、ペットボトルの3本を飲み干し、汗をたっぷりかくことで熱中症にならずに済みました。



c0180460_02412907.jpg
帰り道、やっと雨が降り出す中、米海軍のホワイトビーチを見下ろすことのできる、



c0180460_02412213.jpg
平敷屋タキノーにも寄ってみました。



c0180460_02420647.jpg
みなさん、まる一日お疲れさまでした。


by nami-5963 | 2017-09-11 16:13 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

8・12県民集会


那覇市の奥武山陸上競技場で「翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない8・12県民集会」が開かれるので、Aさん、ゆみさん、ばあちゃんと4人でいっしょに出かけました。



c0180460_13404440.jpg
カンカン照りの真夏日の会場に到着すると、すでにたくさんの人が木陰を占拠して横断幕を広げたり、



c0180460_13404805.jpg
ネコのカンバッジの販売も行われていました。



c0180460_13405335.jpg
私たちは、暑いのは覚悟の上なのでステージ前の芝生に陣取っていると、Aさんが琉球新報のインタビューを受けていました。



c0180460_13405744.jpg
開会が宣言され、



c0180460_13410111.jpg
プラカードを掲げる練習では最初に「NO辺野古新基地」を出し、



c0180460_13410500.jpg
次に「我々はあきらめない」を出すのがうまく行きました。



c0180460_13430150.jpg
各地域やブロックの代表あいさつ、市町村長のあいさつが続き、



c0180460_13430918.jpg
オール沖縄第二次訪米団や



c0180460_13431463.jpg
外国代表の紹介もあり、



c0180460_13435087.jpg
盛り上がってきたところに名護市長の稲嶺進さんのあいさつがあり、地元から辺野古の新基地建設を絶対許さない!という固い決意が語られ、みんなの心が最高調に達しました。



c0180460_13435444.jpg
そこに、翁長雄志沖縄県知事が登壇し、みんなの心がさらに一つにまとまり、これからの戦いにより一層力を結集していく決意を固めることができました。



c0180460_13442512.jpg
会場の熱気を伝える号外も出され、



c0180460_13444585.jpg
「翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない8・12県民大会宣言」が採択され、



c0180460_13445042.jpg
「米軍普天間基地所属MV22オスプレイ墜落事故に抗議し、普天間基地の即時閉鎖・撤去を要求する8・12県民大会特別決議」も採択されました。



c0180460_13454139.jpg
最後にプラカードを一斉に掲げ、



c0180460_13454575.jpg
県民の総意を示し、



c0180460_13460761.jpg
みんなで手をつないで「ガンバロウ!」の三唱で90分間の大会を締めくくりました。



c0180460_13465088.jpg
ゆみさんもこの猛暑の中よく頑張ってくれました。



c0180460_13465671.jpg
全県から4万5千人もの怒りと抗議の人たちが集まることですごい県民パワーを示すことができたように思いますし、

c0180460_13471128.jpg

翌日の新聞を見て一層そのことを確信しました。



c0180460_13475421.jpg
これからが踏ん張りどころですので、みなさんより一層頑張っていきましょう!


c0180460_13475944.jpg







by nami-5963 | 2017-08-13 19:32 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

お祝い事

7月にお祝い事が2つありました。

c0180460_23482938.jpg

ひとつは少し前になりますが、ゆみさんの一学期が無事終了した時に、皆勤賞をもらってきたことでした。

c0180460_2349316.jpg

ばあちゃんがゆみさんの大好きなイチゴケーキを買ってくれ、三人でお祝いしました。

勉強も頑張っているし、1年生から続いているこの記録をもっと伸ばして行って下さ~い。

c0180460_23493626.jpg

ガンバレ、ゆみさ~ん!

もう一つはばあちゃんの67回目のお誕生日をゆみさんと相談してサプライズなものにすることにしました。

28日のお誕生日には何も触れずにいて、「カーミージーに行ってみようか?」を合図に二人で花束とケーキを買い出しに出かけ、戻って来て玄関からハッピーバースデーのうたを歌いながら部屋に入って花束とケーキを手渡す計画を立てました。

この秘密の計画がワクワクして嬉しくて仕方がないので、前日にママに話したそうで、そんないいことならとママも資金援助をゆみさんに持たせてくれました。ありがとう!

c0180460_23511631.jpg

当日はゆみさんがお祝いのカードを書いて花束に付け、

c0180460_23513319.jpg

ケーキはばあちゃんのお気に入りの店に行き、準備OKとなりました。

c0180460_2352211.jpg

玄関からハッピーバースデーのうたを歌いながら部屋に入っていくとばあちゃんはびっくりして目を丸めて、大喜び!

c0180460_23524498.jpg

サプライズなバースデーができゆみさんは大満足だし、ばあちゃんも大喜びでした。

c0180460_2353718.jpg

昼食もお祝いだからとゆみさんが、お寿司、焼き肉弁当とカキフライを選んでくれおいしく頂きました。

c0180460_2353275.jpg

ケーキはおやつにおいしく頂き大満足な一日でした。
by nami-5963 | 2017-07-29 23:41 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

金魚の産卵

2年前の引っ越し以来、金魚の水槽が三つあり、どれも濃い緑色になってしまっているので、

c0180460_0583023.jpg

久しぶりにきれいに掃除をし、一つにまとめることにしました。

c0180460_0584461.jpg

バケツや水槽、浄化装置にこびり着いた藻類や汚れを取り除くのが大変でしたが、

c0180460_0585963.jpg

きれいになった水槽で6匹の金魚たち(大人のメス1匹にオス2匹と若いメス1匹にオス2匹という組み合わせ)はのびのびと泳いでいました。

c0180460_0591670.jpg

2~3日して新しい環境に慣れてくると早朝5時くらいから産卵活動が始まり出しました。

c0180460_0593476.jpg

大人のメス1匹の腹部を頭で刺激しながら大人のオス2匹が追いかけ、

c0180460_0595326.jpg

時々水草の中をくぐる時に産卵と放精を繰り返していました。

c0180460_101471.jpg

その水草を取り出して調べてみると黄色い透明な1mmほどの卵がたくさん産みつけられていました。

c0180460_10411.jpg

卵の産みつけられた水草を別の水槽に移して孵化しても親に食べられてしまわないように保護していると、2~3日して2~3mmの大きさの赤ちゃんがたくさん生まれました。

c0180460_111160.jpg

そのため2~3日毎に産卵活動ができるようにホームセンターに水草を買いに走ることを繰り返し、今では200匹ほどの小さな赤ちゃんが生まれています。

この中から生き残って大人になるのはたったの2~3匹だけというのが厳しい自然の法則のようです。

10年前に大阪から引っ越してきた金魚が今年も確実に子孫を残し、命をつなぎ続けていることには不思議な気持ちになりま~す。

c0180460_123586.jpg

また、ホームセンターに通っていると一匹10万円の金魚に出合ってビックリ!しました。
by nami-5963 | 2017-07-21 22:55 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

つかめる水

ゆみさんは参観日に教材業者が売りにくるいろんな教材の中で「つかめる水」にチャレンジしたくて、ママに4年生になってすぐに買ってもらっていました。

c0180460_15233798.jpg

それが、毎日の宿題に追われて取り組むことができず、我が家にず~と置かれたままになっていましたが、夏休み前の3連休になってやっと余裕ができ、

c0180460_15155857.jpg

「理科のことはじいちゃんに助けてもらいなさいよ!」とのばあちゃんの助言を受けて、取り組むことになりました。

c0180460_15153790.jpg

説明書をよく読んで、ペットボトルやボール、水や絵の具の準備を整えて、

c0180460_15162834.jpg

コンブなどの海藻に多く含まれている①アルギン酸ナトリウムというドロドロ成分の食物繊維を水に入れ、20分間よく振って溶かしてあわがなくなるのを待ちます。

c0180460_15165621.jpg

その間に②乳酸カルシウムを水に溶かしてボールに入れておきます。

c0180460_15174434.jpg

①のアルギン酸ナトリウムを②の乳酸カルシウムに入れると表面に膜ができ、長時間漬けているとその膜が固くなるというもので、①に色を付けたり、人形などのフィギアを入れて楽しめるというものでした。

c0180460_15183149.jpg

ゆみさんは、①の中にお気に入りのフィギアを入れたり、ビー玉を入れて楽しんでいましたが、

c0180460_15184954.jpg

一番楽しんだのは、①にいろんな色の絵の具を溶かし、スポイドで吸い上げ、②の液の中にぽたぽた落として小さなカラフルなボールをたくさん作ることでした。

c0180460_15193155.jpg

いろいろなカラーに取り組んだことが楽しかったようで、残った材料は家に持って帰ってママとまたやってみる!ととても積極的でした。

c0180460_15195613.jpg

長い間取り組めなかったことがやっと取り組めて満足そうなゆみさんでした。

c0180460_15224083.jpg

ごくろうさま~~!

c0180460_15251832.jpg

by nami-5963 | 2017-07-17 19:10 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

湧き水fun倶楽部定例会

湧き水fun倶楽部の定例会があり、

c0180460_092816.jpg

Uさんが志布志の名水でお茶をたてて下さるということで、新メンバーの方を2名迎えていつもよりも多い15名の参加者があり、とても賑やかでした。

c0180460_09412.jpg

Uさんは「水を汲むのは寅の刻以後の冷たく澄んだ水が一番で、いろんな人や物に感謝して水を飲むことが大切です。」と話をされ、

c0180460_095354.jpg

かやつり草と「銀河横九天」の色紙と

c0180460_010481.jpg

折り紙で作ったお船に入ったお茶菓子を用意して下さっていました。

c0180460_0101826.jpg

お茶のたて方も教えて頂き、自分で点てたお茶のおいしかったこと!

c0180460_0103999.jpg

続いて、宜野湾市で湧き水の研究に熱心な小学4年生のS君がお母さんとやって来て、この夏休みに琉球新報のサイエンスクラブに加入し、新城川の湧き水調査をするので、水辺の生きもの調査や水質調査をどう進めたらいいかということの助言をしてほしいということで、たくさんの意見をもらっていました。

c0180460_0105032.jpg

秋の報告会が楽しみですね。

c0180460_011923.jpg

最後に近況報告と情報交換となり、7月23日に泡瀬のウミエラ館で海勢頭豊さんのコンサートがあること、

ミツカンの「水を守る人のインタビュー」の礼金2万円のうちの1万円を九州豪雨災害の見舞金に充てること、

NHKBSの「日本水紀行」のロケが8月20日あること、

カーミージーの海で湧き水の湧きだしている場所の二つ目を発見したこと、

只今休職中なので防災センターで勉強をしていていることを後日報告したいこと、

元ナースの温泉ソムリエとして事故のない正しい入浴方法をひろめていきたいこと、

後期高齢者になり、かりゆし大学に入学して空手で体を鍛えていること、

泡盛用のコメの調査をしていると出来立ての泡盛を冷やすための新たな井戸を紹介してもらったこと、

c0180460_0113469.jpg

次回の定例会は糸満市の米須の地下河川を2Kmほど歩く準備をしておいてほしいなどいろんなことが出されとても有意義な定例会となりました。
by nami-5963 | 2017-07-16 22:06 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

天然記念物の褶曲

3月の「おきなわ石の会」で訪れた天然記念物の褶曲(2017.3.12、参照)を、雨で岩が滑りやすくて危険なため、最後まで見ることができませんでした。

c0180460_11332024.jpg

ゆみさんは、とても残念がって「もう一度行って、最後まで見たい!」というので、夏場の温かい干潮時を選び、3月の時と同じ4人のメンバーで出かけました。

c0180460_11333459.jpg

10時に浦添をたち、名護市の世冨慶のローソンでトイレ休憩と昼食をゲットし、名護市の
天仁屋の褶曲の天然記念物を表示する大岩に着いたのが12時少し前、

c0180460_11334775.jpg

たくさん潮が引いて前回とは見違えるような海岸線を1時間歩き、

c0180460_11335814.jpg

地層の逆転の証拠となる生痕化石の場所もよく覚えていて、

c0180460_11341557.jpg

ゆみさんが「これがそうだよ!」と教えてくれたのが13時でした。

c0180460_11343880.jpg

いよいよ前回に行けなかった大褶曲をいくつか見ながら、

c0180460_1135289.jpg

山の岩肌全部が褶曲しながら垂直になった地層に圧倒されてしまいました。

c0180460_11483671.jpg

硬い岩が飴細工のようにグニャグニャに曲がるのにどんだけの力がかかったのだろう?と想像しながら、おいしい昼食を頂きました。

c0180460_11354350.jpg

食後、海岸の岩場を歩いてみるとカーミージーの海では見かけない大きなフトスジアマガイがたくさんいて、

c0180460_1136133.jpg

それも白いまぁるい卵のうをいっぱい産み付けているのにビックリ!

c0180460_11361930.jpg

また、岩のくぼみにたまった海水プールにはちょっと見慣れない海藻がお花畑のようで「とてもきれい!」とばあちゃんと感動していました。

c0180460_11364653.jpg

潮が満ちて来てウデフリクモヒトデが腕を振り振りして食事に専念しだしたので、帰路につきましたが、タイドプールで海水浴も楽しんでいました。

c0180460_1137474.jpg

ゆみさんが二回も足を運んだので、夏休みの宿題で地層の褶曲や断層のことや

c0180460_11374388.jpg

生痕化石で地層の逆転(上下逆さまになっていること)をまとめたい!というので、

c0180460_1138233.jpg

まとめるときに役立つように要所要所でゆみさんを入れて写真を撮って帰りました。

c0180460_11391596.jpg

4時間もカンカン照りの屋外にいて、往復3Kmを8500歩で歩き、ちょっと疲れましたが、

c0180460_11393082.jpg

充実した一日となりました。(詳しい説明は2013年9月10日のブログをご覧下さい。)
by nami-5963 | 2017-07-10 16:24 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

鉱物とは?

おきなわ石の会の定例会で「鉱物とは?」の講座と水晶のレプリカづくりの講習会があり、Aさんと北中城中央公民館に出かけると、

c0180460_15244735.jpg

石の会の集まりはいつも人気で50人近くの人が集まっていました。

c0180460_1525095.jpg

前回の梅雨の時期と違って夏の好天で、泡瀬干潟の埋め立て地もきれいに見渡せる景色が素晴らしかったで~す。

c0180460_15251283.jpg

大城会長が「鉱物とは?」の講義を丁寧に分かりやすく説明して下さいました。

c0180460_1525237.jpg

鉱物とは物理的・化学的に均一な一定の成分でできた多面体のことで、一例としてメキシコのナイカ鉱山の長さ11m、直径4m、重さ55tの石膏の結晶を紹介され、ビックリ!

c0180460_15254071.jpg

ダイヤモンドは炭素(元素記号C)でできた一番固い鉱物だが、同じ炭素でもセキボク(石墨)は元素のつながりが弱くて柔らかいということでモースの硬度計にも触れ、

c0180460_15255243.jpg

岩石は鉱物の集合体であることや

c0180460_1526547.jpg

日本の国の鉱物がヒスイだということなどを教えて下さいました。

c0180460_15261946.jpg

続いての水晶のレプリカづくりでは、透明な下敷きを水晶の結晶の形に切り抜いたものを

c0180460_15263698.jpg

テープで隙間のないようにくっつけながら組み立て、

c0180460_15272225.jpg

UVクラフトレンジ液を型に流し込み、

c0180460_15285179.jpg

UV発生装置に入れると3~5分で固まって

c0180460_1529527.jpg

でき上がり!というもので、夏休みの工作に向いているようで、

c0180460_15292272.jpg

みなさん熱心に取り組んでおられました。

c0180460_15293663.jpg

勉強をし工作を楽しんだ帰りに、北中城村の湧き水を何か所か回って

c0180460_15301353.jpg

ワンちゃんのいるおいしいおそば屋さんに寄って帰ってきました。

お疲れさまでした。
by nami-5963 | 2017-07-09 08:21 | 沖縄の不思議 | Comments(0)