沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2009年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

コスモス?!

最近は、ここ沖縄では、汗ばむような好天が続いています。新聞にコスモスが満開?!との記事があったので出かけてみました。場所は、以前ダイビングで出かけた金武町(きんちょう)のレッドビーチのそばでした。

c0180460_1361056.jpg

沖縄でコスモスが見られると思っていなかったので、私も夢中で写真を撮りまくりました。

c0180460_1371271.jpg

満開のコスモスが嬉しくて、可愛いワンちゃんも走り回っていました。

c0180460_138367.jpg

ミツバチもせっせと蜜と花粉を集め、忙しそうでした。

c0180460_1403573.jpg


c0180460_1424459.jpg

昼食はおいしくてボリューム満点の和泉食堂に寄り、「ゆしどうふ定食」(780円)を頂きました。

c0180460_1441836.jpg

食堂の前の金武湾が波もなく穏やかな春の海!そのものでした。

c0180460_1452473.jpg

帰り道にヒマワリ畑もあり、寄ってみると六分咲き!という感じで、まだまだ楽しめそうでした。

沖縄は「チャンプルー文化」とよく言われますが、花も桜、ヒマワリ、コスモスと何でも見られる不思議な楽園なんですよ!
by nami-5963 | 2009-01-31 01:47 | 花・草木 | Comments(2)

日本丸

帆船の日本丸が、那覇新港にやって来た!と新聞に載ったので、見学に出かけました。

c0180460_072820.jpg

航海訓練船の日本丸(総トン数2,570t、全長110m)は、初代日本丸の後継船とし、1984年(S59年)に日本丸Ⅱ世として就航しました。設計から制作まですべてが日本国内でなされた、日本初の大型帆船だそうです。

c0180460_092385.jpg

とても立派な容姿に魅せられ、岸壁で写真を撮っていると、マニアのおじさんたちがやって来て、「今回は那覇市との話し合いで、船内見学はなくて残念さぁ~!」といろいろ教えてくれました。

c0180460_0112887.jpg

29日の9時に神戸に向け出港しましたが、初代日本丸を神戸で見たことのある私には、故郷へ帰るような懐かしさを感じてしまいました。
by nami-5963 | 2009-01-30 00:12 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

沖縄の地名・人名

沖縄に来てこれ何??という地名、人名に数多く出会い、戸惑ってしまいました。そのつど書き留めて来たら40個以上になりました。いろいろ話を聞くと、地名が人名にも必ずあるそうですね。でも、豊見城(とみぐすく)という地名は人名になると豊見城(とみしろ)となるそうです。不思議ですね。
20個を厳選してみますが、みなさんはいくつ読めますか?!チャレンジしてみて下さい。

①勢理客 ②南風原 ③西武門 ④保栄茂 ⑤仲村渠 ⑥今帰仁 ⑦大工廻 ⑧山入端 
⑨喜屋武 ⑩阿波根

c0180460_13385041.jpg

①じっちゃく ②はえばる ③にしんじょう ④びん ⑤なかんだかリ ⑥なきじん ⑦だくじゃく ⑧やまなは ⑨きゃん ⑩あはごん

いかがでしたか?後半も楽しんでください。

⑪為又 ⑫東江 ⑬西表 ⑭北浜 ⑮東風平 ⑯金武 ⑰山原 ⑱国頭 ⑲我如古 ⑳伊良皆

c0180460_13412785.jpg

⑪びいまた ⑫あがりえ ⑬いりおもて ⑭にしばま ⑮こちんだ ⑯きん ⑰やんばる 
⑱くにがみ ⑲がねこ ⑳いらみな

不思議で、楽しい沖縄の地名・人名ですね。
by nami-5963 | 2009-01-28 00:07 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

初クジラ!

穏やかな天気が続くので、今年初のホエールウォッチング(WW)に出かけてみました。

c0180460_21371727.jpg

ちょうど旧正月なので、港の船には大漁旗が取り付けられ、とても華やかでした。

c0180460_21382876.jpg

那覇から慶良間(けらま)諸島方面に高速艇を走らせること45分。

c0180460_21391210.jpg

クジラは海にすむ最大の哺乳動物ですが、私たちと同じように肺呼吸をしています。海に潜っていても、必ず呼吸をするために海面に上がってきます。

c0180460_2264134.jpg

その時に海水がしぶきとなって飛び散るのがブロウです。

c0180460_2273528.jpg

クジラが近い時には、大きな鼻の穴が二つあるのも見えます。

ブロウを見つけることからクジラとの出会いが始まります。この海域で見られるクジラは、ザトウクジラです。
海面を見つめていると小さなブロウを発見!どうやら今年生まれたばかりのこどものようで、時々大きなブロウも見られますので親子のクジラのようでした。
親はこどもに付き添って泳ぎ方や呼吸の仕方を教えます。こどものブロウは5分ほどと短く、親は15分と長めです。

c0180460_21424349.jpg

二頭仲良く並んでブロウを繰り返し、親が時々潜る時に尻尾を挙げて見せてくれます(フルークアップ)。
c0180460_21433561.jpg


今日はこの程度のアクションで終わりかな?と思っていると、こどもがブリーチ(体を水面から大きく出し、回転しながら背中から水面に落ちる!)を8回も連続で見せてくれました。

c0180460_2149592.jpg

c0180460_21493666.jpg

c0180460_2150357.jpg

大人ほどの迫力はありませんが、やんちゃ盛りのこどもがチャレンジしている感じでとても微笑ましかったで~す。
今年最初のWWは大満足でした。
by nami-5963 | 2009-01-27 00:06 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)
寒風の吹き荒れる中、本島最高峰の与那覇岳に出かけました。最高峰というもののたったの503mの高さです。神戸の六甲山でも931mあるのですから大したことはない!と思っていましたが、麓の駐車場から片道2時間近く、往復4時間をしっかり歩いて楽しんできました。

c0180460_23584432.jpg


c0180460_002113.jpg

最初に、ガイドの方が透明な白い実を食べさせてくれました。さくさくしてほのかな甘みのあるヤマビワソウでした。こんなの初めて!!

c0180460_023068.jpg

次は、サクラツツジと初めて出会いました。白い花びらにほのかなピンク色がさし、とても華麗な花でした。

c0180460_09476.jpg

山道を歩いて行くと周りはヤンバルのシンボルのブロッコリーの木でいっぱいです。イタジイの木で~す。

c0180460_07687.jpg

途中、ノグチゲラの鳴き声が、キュッ!キュッ!キュッ!と聞こえましたが、姿を見ることはできませんでした。残念!!

c0180460_0103254.jpg

山道にほんの少しの水たまりがありました。そこには、尻尾が剣のような格好のシリケン(尻剣)イモリのご夫婦がいました。

c0180460_0132423.jpg

途中の九合目で昼食をとりましたが、ここから上の生物はすべて天然記念物で、取ったり持って帰ることは禁止されているそうでした。撮っていいのは写真だけ!ということです。

c0180460_0141396.jpg

途中、野生化したマングースを捕獲する罠がたくさん仕掛けられていました。

c0180460_0153292.jpg

やっと最高峰に辿り着きましたが、そこは三角点があるだけで、「最高峰」の看板もなく、周りは木々やヤンバルダケ(昔はこれで屋根を葺いたそうで~す!)が生い茂げり、その隙間から辛うじて太平洋が見えるぐらいでした。

c0180460_0163478.jpg


c0180460_0205716.jpg

帰りには花は真っ白で実が瑠璃色のルリミノキも見ることができました。

c0180460_022844.jpg

また、北部だけに、寒緋桜が満開のところもあり、ずいぶんと楽しませてくれました。

c0180460_0231827.jpg

丸一日かけて、ヤンバルの自然を始めて楽しむことができ、とても嬉しかったで~す!
by nami-5963 | 2009-01-25 23:50 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
今日からまた、強い北風が吹き荒れ、網戸が左右に動いています!?が、先日は汗ばむほどの好天の中、中城城跡(なかぐすくじょうあと)に出かけました。寒緋桜もちらほら咲き始め、青空によく映えていました。

c0180460_0194851.jpg

ここは、世界遺産にも登録されています。15世紀の名築城家の護佐丸(ごさまる)による、築城技術の高い、芸術的な城としても有名だそうです。

c0180460_032873.jpg

c0180460_034393.jpg

c0180460_0361788.jpg

160mの丘陵地に建つこの城からは、太平洋も東シナ海も一望できる素晴らしい眺めが最高でした。

c0180460_0382337.jpg

護佐丸は勝連城主の阿痲和利(あまわり)に滅ぼされましたが、その墓は沖縄で一番古い亀甲墓(かめこうぼ)だそうです。

c0180460_039966.jpg

帰りに、国指定重要文化財の中村家にも立ち寄りました。

c0180460_052653.jpg

c0180460_0534495.jpg

約280年前の沖縄の上層農家の生活を伝えているそうです。屋根瓦のシーサーも素晴らしかったですが、床の間の逆立ちシーサーが一番気に入りました。

c0180460_0545646.jpg

馬小屋、豚小屋、牛小屋まで揃いとても立派な作りに、感銘してしまいました。

c0180460_0572983.jpg

c0180460_112198.jpg

売店・休憩所では、私の大好きなフクロウの彫り物もあり、わらび餅やお茶の接待もあり、長居をしてしまいました。

c0180460_059591.jpg

周りには、「平成の名水百選」の北中城・荻道大城湧水群もあり、いくつかに寄ってみました。

c0180460_104543.jpg

c0180460_11252.jpg

きれいな花にもたくさん出会え、とても嬉しかったです。

c0180460_132229.jpg

c0180460_141797.jpg

沖縄のすばらしい歴史的遺産と自然に触れることができた一日でした。
by nami-5963 | 2009-01-24 01:05 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(2)

自然観察会

カーミージー(亀瀬)の南に広がる浦添干潟で港川自治会主催の自然観察会がありました。当日は、好天に恵まれ、保育園児・小学生の親子連れ、小学校の先生方、自治会のみなさんの70人近くの参加があり、とても活気に満ちていました。

c0180460_3241120.jpg

最初に海の危険な生物、サンゴ礁の役割、調査方法などの説明があり、二班に分かれて調査を開始。

c0180460_3244825.jpg

岸の基準点から10mごとに2m四方の枠の中の生物をすべて調査し、記録して行きます。小学生がとても元気で、探究心もいっぱいで、どんどんいろんな生物を発見していきます!すばらしいエネルギーに、大人たちがビックリし、とても刺激を受けていました。

c0180460_3254591.jpg

魚の幼魚、エビ、ナマコ、海藻・海草、貝の卵の砂茶碗などをたくさん見つけ、自分の手で触れるという貴重な体験ができました。

c0180460_326199.jpg

c0180460_326516.jpg


c0180460_3273796.jpg

調査が終わると、自治会館で婦人部のみなさんの手作りのおにぎり、アーサー汁、サーターアンダギーのもてなしを受けました。とても美味しくて、みんなしっかりお代りをしていました。

c0180460_3275988.jpg

地元の豊かな海と地域の温かさを感じることのできた、素晴らしい一日でした。
by nami-5963 | 2009-01-23 03:29 | 磯遊び | Comments(0)
前回、指を切ってしょげていたので、係の方が気を遣って、「明日は参加してもらえますか?」と前日にTELを入れてくれました。優しい心遣いに感謝しつつ、怪我をしないように!と参加しました。今回も男の料理教室となっていましたが、男性の参加は、私一人でした?!中国の正月料理を中心に三品教えてもらいました。①正月団子②生姜飴③紅イモあんこのあげもちでした。

c0180460_20433255.jpg

講師の先生が、丁寧に説明しながら、見本を作ってくれました。真中が①で、反時計回りに③、②、たくさん作った①、ごはんとなっています。

今度は私たちが作る番になりました。①は、幸せになれるように!とひとり一個を食べるそうです。肉団子を一度油で揚げてから、スープの中で煮込んでうまみを閉じ込めるのがポイントだそうです。②は、咳や痰によく効く薬膳菓子で、焦がさないように弱火で粘りが出るまでよく煮詰めることがポイントだそうです。③は、生地をよく寝かせてから弱火で焦がさないように焼いて、あんこを包み込み両面を焼きます。それを油で揚げて三角形に切ることがポイントで~す。

c0180460_20445612.jpg

これが私たちが作ったものですが、とても美味しかったです。肉団子は絶品で、家でもチャレンジしたいと思いました。

c0180460_20455181.jpg

この講座は9人の各分野の専門講師がいて、年間60回の講座を開催する沖縄電力の料理教室です。毎回10:00~13:00に開かれ、参加費は一回500円で、定員20名です。みなさんも一度参加されてはいかがでしょうか?   TEL0570-036-200
by nami-5963 | 2009-01-22 00:30 | 料理・食文化 | Comments(0)

真冬にヒマワリ??

昨日は「大寒」でしたが、ここ沖縄はとても温かく、「ヒマワリ」が咲いている!との新聞記事を見て出かけました。

c0180460_14292285.jpg

北中城村(きたなかぐすくそん)の北中城中学校の南・西に広がる畑に十万本のヒマワリが五分咲きの状態でした。

c0180460_1429534.jpg

咲き誇るヒマワリがマラソンの練習に汗を流す中学生を激励しているようでした。

c0180460_1430116.jpg

次から次に花を訪ね回り、せっせと蜜と花粉を集めるたくさんのミツバチを見ているのも、面白かったです。

c0180460_14302299.jpg

両足に大きな花粉団子がまん丸と!それでも力を振り絞り、巣に向かって大きく飛翔!

c0180460_14305341.jpg


c0180460_14313042.jpg

きれいなヒマワリに囲まれて自然を満喫し、たっぷり写真も撮れて大満足でした。

「あと二週間楽しめますよ!」とお世話している人の言葉でしたので、もう一度訪ねたいと思いました。
by nami-5963 | 2009-01-21 14:34 | 花・草木 | Comments(0)

桜前線、南下中!

沖縄では1月になると桜の便りが聞かれだしますが、本土のソメイヨシノではありません。沖縄の桜は、琉球寒緋(かんぴ)桜です。また、ソメイヨシノの開花は暖かくなるにつれて北上しますが、寒さで花開く寒緋桜は北で咲き始め、だんだんと南下していきます。その桜が見たくて、北部の名護市の名護城公園、本部町の八重岳にドライブしました。

c0180460_5203263.jpg

名護城公園は3~4分咲き位で、やっぱり早すぎたか?!と思いつつ、弁当を買い込んで八重岳に向かいました。

c0180460_5235584.jpg

山道に差し掛かり高度を上げると5~6分咲きから満開に近いきれいな桜が楽しめました。人出も多くてみんなが期待し、楽しみにしていることがよくわかりました。

c0180460_5253456.jpg


c0180460_5262382.jpg

外人のファミリーもたくさん楽しみに訪れていました。

c0180460_5295445.jpg

濃いピンク色の花が沖縄の青空にとてもマッチし、引き立っているのがよかったです。
その中で、花の蜜を吸うためにたくさんのメジロが飛び交っているのもとても微笑ましい光景でした。

c0180460_5323037.jpg

温かな風に吹かれながらお弁当を食べ、屋台のボウリングを楽しんで、孫の土産もゲット!
帰りに道の駅で刺身とオリオンビールを買い込んでおいしい夕食となりました。

c0180460_5343271.jpg

by nami-5963 | 2009-01-20 05:43 | 花・草木 | Comments(0)