沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2007年の「9・29県民大会」は、宜野湾市で本土復帰後最大の11万6千人規模で開かれたそうです。文部科学省が、教科書検定において慶良間諸島で起こった「集団自決(強制集団死)」の記述を削除させるための検定意見を付けたことに対し、「沖縄戦の事実をゆがめてはならない!」と、たくさんの戦争犠牲者を出し、過酷で悲惨な戦争体験を持つ県民が怒りの声を上げました。

私もその時は兵庫県で教職にあり、慶良間諸島の座間味島にダイビングで15年通い、「集団自決(強制集団死)」のことも知っていましたので、沖縄県民の大きな怒りに共感したのをよく覚えています。

あれから2年がたったものの、「検定意見の撤回」もないばかりか、今年になって文科省は沖縄戦について「4月、アメリカ軍は沖縄本島に上陸し、ついに陸上の戦いも日本の国土に及んだ」と記述し、意図的に3月に慶良間諸島で起こった「集団自決(強制集団死)」をなかったことにしようとする教科書に「検定合格」を与えました。

この状況に対し、連立政権が実現した今、「9・29県民大会決議を実現させるため」に、県民の声を文科省に届け、「検定意見の撤回」をさせ、二度と「沖縄戦の事実をゆがめてはならない!」と9・29県民集会が持たれることになったそうです。

c0180460_2132892.jpg

沖縄タイムスも、連日特集を組んでいましたので、よく読みました。

c0180460_2144127.jpg

まだ県民になって一年半にしかなりませんが、この集会には平和を願うファミリーを代表して参加しよう!と県庁前広場に出かけました。

c0180460_2151532.jpg

6時過ぎに開会し、三々五々たくさんの県民が集まり、閉会時には1100人を超える参加者で熱気に包まれていました。

c0180460_2155794.jpg

渡嘉敷島の強制集団死の現場から生還された方(70歳)の「『集団自決』は日本軍の命令、誘導、関与によって起こったということはゆるぎない事実である!」と発言されたのが、心に残りました。

c0180460_2163712.jpg

県議会議長も県民の声を文科省に伝える先頭に立つと表明し、全政党代表者(沖縄には独自の沖縄大衆党という政党もあるんですよ!)も力強い決意表明をし、超党派の要請行動に盛り上がりました。

また、今朝の沖縄タイムスにある小学2年生の参加者の言葉「お母さんに『教科書に本当のことを書かない人たちがいるから、いっしょにしかりに行こう』と言われてきた。沖縄戦であったことが、間違って書かれた教科書で勉強したら、私は本当のことが分からなくなってしまう。」が、とても印象に残りました。

c0180460_2175597.jpg

この夏、座間味島で購入した本とDVDも勉強になりました。

c0180460_2183936.jpg

涙なくしては見ることはできませんが、悲惨で愚かな沖縄戦の事実を知るのにも1フィート運動のビデオやDVDが役立ちますので、みなさんもご活用下さい。
by nami-5963 | 2009-09-30 23:21 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

不覚!!

シルバーウイークに孫のゆみたんを預かり、楽しく過ごせたのはよかったのですが、とんでもないこともあったんです。あれから10日近くたち、傷も癒えてきたので、ブログに書く元気?も出てきたようです。

浦添運動公園でたくさんの遊具で楽しく過ごした時のこと。ブログにもかけなかったことがありました。

c0180460_167574.jpg

いろんな遊具を楽しんだので、いちランク上の滑り台にゆみたんを抱っこしてチャレンジしました。
距離は長かったけれど、途中で水平部分もあるので大丈夫だろう!と判断して?滑り出してビックリ!!
滑り台の素材がさっきの小さい滑り台と違ってつるつるでした。さらに、途中の水平部分がブレーキになるだろう!と思っていたらそこでジャンプして滑り台から浮き上がってしまいました。この時、このままでは危ない!と思い、ゆみたんを抱き上げたまま滑り終え、私は地面にたたきつけられてしまいました。この間数秒の出来事でしたが、妻は写真を撮りながら、「カメラから二人とも消えてしまって、ビックリした!」と言っていました。

ゆみたんはケガもなく大丈夫でしたが、私が左わき腹から背中にかけ強打したため、息が止まってしまいました。

c0180460_1692138.jpg

体の左側に激痛が走る中、ゆみたんは、小さい方の滑り台で年長者の滑るようすを見ていたり、自分の足でブレーキをかけていた慎重さがあるのに、還暦を迎えたというこのわしにそんな慎重さがなかった!ということが悔やまれ、情けなくって仕方ありませんでした!

c0180460_16101236.jpg

妻や娘は、「早く病院にいっといで、骨折してるかもしれんよ!」としきりに言ってくれていましたが、毎日湿布薬を張り替え、張り替えしたり、エァーサロンパスのお世話になったり、今日まで頑張ってきました。

この間体力トレーニングやボウリングもできず、じっと我慢の子!でした・・・
by nami-5963 | 2009-09-29 15:37 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

南部の聖地

本島南部の自然観察会が最近二回もあり、その時にいくつかの聖地も訪れていましたので、まとめて紹介してみます。

c0180460_3573912.jpg

たくさんの植物が生い茂り、二回とも訪れてよく勉強させてもらった知念城跡です。

c0180460_3585479.jpg

ここは自然石を積んだ(野面積み)部分とアーチ門を備えた奇麗な切り石積みの部分から成り立っており、大きな自然石も使って城壁を築いているのが素晴らしい城(ぐすく)です。この城内には友利御嶽(とむいぬたき)という聖地があり、現在もみなさんがお参りに訪れるそうです。

c0180460_3592248.jpg

百名(ひゃくな)ビーチにあるヤハラヅカサは、アマミキヨという神様が海のかなたからやって来て、久高島に降り立ち、次に本島に降り立った最初の場所だそうです。

c0180460_3594418.jpg

干潮時にだけそばで見られますが、満潮時には海中に没してしまいます。

c0180460_403099.jpg

陸側には、ヤハラヅカサに上陸したアマミキヨが仮住まいをしたという浜川御嶽(はまがーうたき)がありました。

c0180460_464030.jpg

琉球の創世神はこの浜川の清水で旅の疲れをいやしたそうです。

c0180460_42380.jpg

さらに、受水(うきんじゅ)・走水(はいんじゅ)という聖地もありました。ここは琉球石灰岩地に湧きだす泉です。

c0180460_473239.jpg

西側の受水の下には御穂田(みーふだ)と呼ばれる水田があり、ここで苗代を作るそうで、琉球の稲作の発祥の地とされています。

沖縄本島の南部は、今回だけでも4か所の聖地を訪ねましたが、本当は14か所もあるんですよ!
琉球国王は、毎年この14か所の聖地を巡礼する旅をしていたそうで、「東御廻り(あがりうまーい)」と呼ばれていました。

沖縄・琉球はいたるところに神が存在し、神と先祖を崇拝する文化がしっかりと現在も残っています。
それが世界遺産として認められたそうで、奥が深いです!
by nami-5963 | 2009-09-26 00:16 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

南部の自然観察会

那覇市の末吉公園にある「森の家・みんみん」の主催で本島南部の石灰岩地域の自然観察会がありました。

c0180460_1805844.jpg

大型バスに揺られてのリッチな少人数の観察会でした。

最初に訪れたのは南城市のヤンバル山でした。ここでは石灰岩地域の森の特徴を観察しました。

c0180460_1815321.jpg

たくさんの種類の高木が生い茂るため森の形がデコボコになっていて、

c0180460_1830149.jpg

ガジュマルやアコウのような南方系の植物が多いそうです。

c0180460_1838540.jpg

森に分け入りながら実際に見て回りましたが、植物はどうも頭に入りにくくて、タブの木に群れを作るコオロギ、

c0180460_1839041.jpg

巣を張ってエサを待ちかまえる大きなジョロウグモ、

c0180460_18392989.jpg

葉の裏に群がるナナホシカメムシなどに目が行ってしまいます。

c0180460_18395529.jpg

次に訪れたのは、知念城跡でした。ここではまだ、クロヨナがたくさん咲き誇っていました。花を摘み取るとカマキリもいっしょに付いてきました。ちょっと怒っていま~す!

c0180460_18403841.jpg

c0180460_18305847.jpg

ここは昔に人が住んでいたので、カツオの一本釣りに使うホテイチクやタケノコが採れるモウソウチクが植えられていたのが印象に残りました。

c0180460_1841985.jpg

ここでもアマミタカチホヘビの死骸を見つけました。この大きさで大人だそうです。

c0180460_18414273.jpg

キノボリトカゲも元気な姿を見せてくれました。

c0180460_184276.jpg

昼食後は、具志頭(ぐしちゃん)の海岸近くの遊歩道を観察して回りました。

c0180460_18424292.jpg

ここではサルカケミカンというトゲがたくさん発達した木に出会いました。とてもかたくてキリで刺されたような痛さでした。不思議な木があるもんですね。

c0180460_1843918.jpg

また、最近では珍しいキノコのサルノコシカケがあったり、

c0180460_18434551.jpg

とても深い亀裂になっている断層も印象的でした。

ゆったりと南部の自然に触れることのできた有意義な一日でした。
by nami-5963 | 2009-09-25 22:14 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

名護市街

やんばるや名桜大学、名護の東海岸に行くために名護市内で宿泊する機会が何度かありました。
近くの轟の滝や名護博物館やサンエーに寄ったりしてきましたが、地名が面白いことに気づきました。

滝の入り口は数久田(すくた)、名桜大学の住所は為又(びいまた)、

c0180460_2213334.jpg

博物館のあるところは東江(あがりえ)、東海岸に行くための国道329号線の入り口が世冨慶(よふけ)です。面白いですね。

c0180460_226936.jpg

名護市には私の大好きな三ツ星マークのオリオンビールの工場もありますし、市街地に入るとすごいガジュマルに出会いました。

c0180460_228058.jpg

「ひんぷんガジュマル」と名付けられていました。

c0180460_228446.jpg

その前に広々とした公園があり、ぶらついていると「徳田球一の記念碑」に出会いました。戦後の日本共産党の書記長をしていた人で、「琉球一の男になれ!」と名付けられたと聞いたことがありました。この名護市の出身だったんですね。

c0180460_2233771.jpg

ちょっとさびれた商店街には立派なブーゲンビレアも見つけ、嬉しくなりました。我が家のブーゲンビレアもこんなにしたいな~!とあこがれています。
by nami-5963 | 2009-09-24 23:22 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

シルバーウイーク

秋の大型連休というものの、私たちは年中日曜!の気楽な生活であまり変わりばえはしませんが、ゆみたんパパとママは、仕事で大忙し!保育園はお休み!そんな訳でゆみたんと9/21~23をいっしょに楽しく過ごしました。

c0180460_0381786.jpg

朝早く迎えて我が家で毎日朝食をとります。私の作った具たくさんのおみそ汁とごはんを、おいしい!おいしい!とよく食べてくれます。お昼も私の作ったおうどんをいっしょに食べますが、スプーンやフォークの使い方が、だんだんと上手になり、こぼすこともずいぶん減ってきて、感心してしまいました。

c0180460_041130.jpg

ベランダの金魚のえさやりと植木の水やりは、自分の仕事のようにいつもしっかりやってくれます。今回は、自分で落ち葉を拾ってゴミ袋に入れ出し、びっくりしてしまいました。張り切ってやってくれるので、黄色く色づいた葉をちぎってまいてやると大声を出して大喜び!とても楽しかったです。

c0180460_0414680.jpg

部屋の掃除もよくまねて、テーブルの下まで上手にしてくれます。

c0180460_0421970.jpg

食器洗いもそばでお手伝い?したり、水を丁寧に拭き取ってくれます。

ひと通り家事が済んだので、浦添運動公園の遊具のあるところへ初めて行ってみました。

c0180460_046473.jpg

コアラとカバの乗り物にはすぐチャレンジをしました。

c0180460_048349.jpg

滑り台はじっと年長者のようすを見ていました。しばらく見てから、手を引いて誘ってみるとやる気になったようで、いっしょに滑ってみました。

c0180460_9562337.jpg

怖いのか自分の足でブレーキをかけていましたが、何回もチャレンジする間に、ブレーキなしで滑られるようになっていました。短時間での成長ぶりに驚くばかりでした。

c0180460_9564752.jpg

安心して何度もチャレンジしたのは、機関車の部分がトンネルになった遊具でした。自分でよじ登り、トンネルを抜け、坂を下りるのが楽しかったようで、オバアも誘って何度も楽しんでいました。

c0180460_0553382.jpg

みんなが楽しんでいるすぐ上を、普天間基地の大型軍用機が通り過ぎ、機体の大きさと爆音にびっくりしました。この日は日米首脳会談もどこ吹く風で、一日中飛行訓練?を繰り返していました。みんなが遊ぶ平和な公園も一機でも落ちれば地獄に化すという状況が、沖縄の現実だと知らされました。

c0180460_056368.jpg

また、散歩が大好きなゆみたんとアンパンマンの三輪車を持って海の見える公園にも出かけました。

c0180460_0572933.jpg

かわいい犬がいるのを見つけ、三輪車をこいで追いつきましたが、近づいてしまうとちょっと怖くなり、触るまでには至りませんでした。

c0180460_0584639.jpg

海をのぞきこんで魚を見つけて指さしたり、

c0180460_105899.jpg

釣り上げたアジやグルクマを見せてもらったり、おやつを食べたりして楽しく過ごせました。

お家に帰ると昼寝をたっぷり3時間はして、お風呂で金魚すくいをし体を洗ってお家に帰るという、楽しい三日間でした。
by nami-5963 | 2009-09-23 23:37 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

クロヨナ巡り

宜野湾セミナーハウスで「クロヨナ巡り」の講座があり、7名で、本島の南部へクロヨナを探しに出かけました。
クロヨナは、9月に薄いピンク~薄紫の花を咲かせ、開花期間は短くすぐに散ってしまうことから、「夏の桜」とも呼ばれているそうです。

c0180460_5533274.jpg

最初に、玉城城跡で観察することにしました。曇り空でしたが、まん前の海に「神の島」といわれる久高島がはっきりと見えました。

c0180460_5554658.jpg

ここではクロヨナの花が、房状で下から順番に咲いていくようすがくわかりました。

c0180460_635495.jpg

咲き終えた花は桜の花が散るのと同じように地面にいっぱい降り積もっていました。

c0180460_613056.jpg

別のところでは、木の枝に満開状態にたくさんの花をつけているようすも観察できました。

c0180460_65929.jpg

ニライカナイ橋を下り、Café「森のテラス」では、クロヨナのたくさんの落ち葉が肥料になって、新芽が出てきているようすも観察できました。

c0180460_68710.jpg

具志頭(ぐしちゃん)の海岸近くでは、花が地面にいっぱい降り積もっていました。その中に3~4cmの木質の種も混ざっているのが見られました。

自然界ではこの種が、海に流れ込み潮の流れに乗って生育地を広げていくそうで、うまい仕組みになっていることがよくわかりました。

c0180460_6104013.jpg

その硬い種を割ってみると、中には大豆のような種が一個入っていました。家に帰って水につけ、発芽したら植木鉢に移し、育ててやろう!と思っています。

c0180460_69528.jpg

ほかにもたくさんの木々を説明してもらいましたが、脳の限界でヘクソカズラ(屁と糞という一番いやな臭いがすると名付けられましたが、花はとってもきれい!)くらいしか頭に残っていませ~ん!
by nami-5963 | 2009-09-22 22:10 | 花・草木 | Comments(0)
名護市の東海岸には自然のままの海岸が残されており、ここが世界的にも希少な「北限のジュゴン」の生息地となっています。

c0180460_672625.jpg

天然記念物のジュゴンにとっての住みやすい環境を知り、沖縄の自然環境の未来を考えよう!ということで観察会が開かれました。

c0180460_69112.jpg

最初に、ジュゴンとはどんな生物か?の説明があり、続いてジュゴンの食べる海草の説明、海の危険な生物の説明などがありました。

c0180460_695480.jpg

それらを踏まえてさっそく海をのぞいてみることになりました。

ジュゴンは象と同じ先祖を持ち、陸上生活をしていたのに、水中生活に戻った生物だそうです。マナティーも同じ仲間の草食動物です。

c0180460_6105176.jpg

この東海岸ではいくつもの海草の食べ痕(トレンチ)が観察できます。

c0180460_612750.jpg

主食にする海草は、根茎葉があり地味な花を咲かせ種子も作る陸上から水中に戻った種子植物だそうです。

c0180460_6131957.jpg

ジュゴンの大好物は丸い葉をもつウミヒルモだそうですが、この東海岸では7種類の海草が観察されるそうです。

c0180460_6141488.jpg

海草の食べ痕(トレンチ)を探していると海藻を身にまとったウニもたくさん発見し、この海の豊かさも認識できました。

c0180460_6152669.jpg

海から上がり、ゆんたく(おしゃべり)しつつ、みんなで和やかに昼食をとりました。

c0180460_6161194.jpg

c0180460_6165139.jpg

島バナナの差し入れもあり、とても甘くておいしかったです。

その後のまとめの中で、この名護市の東海岸で5頭(防衛局は1頭しかいない!と言い張っているそうです。だから保護の必要性がない?)のジュゴンが確認されているそうですが、米軍基地と防衛局の出す騒音を嫌い、みんな夜行性になってしまったそうです。オーストラリアのジュゴンのように昼間も伸び伸びと自由に過ごさせてやるためにも基地建設はさせてはならない!と思いつつ家路につきました。
by nami-5963 | 2009-09-21 06:04 | 磯遊び | Comments(0)

森のダニ

やんばるの森から帰ってきた晩、足がかゆくてかゆくて仕方ありませんでした。ぼりぼり掻いたり、今までもらった薬をつけていましたが一向に収まりませんでした。

c0180460_428253.jpg

あくる朝、足を見てビックリ!腫れあがっているばかりか、リンパ液がにじみ出てかゆみが広がってきていました。

c0180460_4283315.jpg

慌てて皮膚科を受診すると、「森のダニにかまれて、かきむしったところから雑菌が入ってしまったようだ。ダニの現行犯逮捕は難しいからねぇ~!」と言って、飲み薬と塗り薬を処方してくださいました。

塗り薬は患部が乾燥しないようにこまめに塗ることが大切だ!と知りました。飲み薬のほうは服用すると眠たくって仕方なく、三日間食事以外はぐっすり眠ってばかりでした。

『薬の作用・注意事項』に「この薬は、アレルギー反応を起こさないようにする働きがありますが、眠気、だるい、頭が重い等の症状が現れることがあります。」とあり、よく眠ったことの意味がわかりました。

さらに、「アルコールは控えて下さい。作用が強く出ることがあります!」とも書いてあってビックリ!薬を飲んで2時間ほど酒は控えていたのですが、よく眠ったことは酒の副作用の影響大!のようでした。

ブログも休んでばかりで、反省することしきり!でした。
by nami-5963 | 2009-09-20 22:21 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

料理教室

c0180460_1104741.jpg

おきでん料理教室の「中華料理」に参加しました。今回は、男性2名の参加で心強い限りでした。

c0180460_1112332.jpg

講師の先生が丁寧に説明しながら、広東料理を3品作って下さいました。

c0180460_1125569.jpg

右上から反時計回りに①エビのマヨネーズ和え、②蒸し鶏の広東風ネギスープ、③蟹肉入り玉子スープとご飯です。見るからにとてもおいしそうでした。

今度は、私たちが作る番になりました。
私は①の衣を片栗粉で作ってよくまぜたり、③に取り組んだり、洗い物の水をふきとったりして、みなさんの邪魔にならないように頑張りました。

c0180460_1133089.jpg

私たちの班の料理もみなさんのおかげで出来上がり、いろいろとゆんたく(おしゃべり!)しながらおいしくいただきました。スープはとても美味しく、お代わりさせてもらったくらいでした。

食べ終わってから、前回のふかひれスープに調味料を二倍入れてしまい、味見をしてもらった講師の先生を慌てさせたことを謝罪すると、大慌てしたことをよく覚えておられました。改めてお詫びした次第です。

私と同じ班になったみなさんには迷惑をかけつつも、こうして料理教室に毎回参加させて頂いていると、だんだんと包丁の使い方も指を切ることもなく上手になり、段取りもスムーズになってきたりしているのが自分でもよくわかり、みなさんに感謝する気持ちでいっぱいで~す!
by nami-5963 | 2009-09-16 01:11 | 料理・食文化 | Comments(0)