沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

泡瀬干潟②

今日も最大の-9cmという干潮なので、泡瀬干潟へ貝獲りに出かけました。

c0180460_1501890.jpg

泡瀬干潟への道中、柿が実っているようなオレンジ色の並木が目立ちました。

c0180460_1515492.jpg

車を止めて近づいてみると、オレンジ色の多肉質の花がついていました。

c0180460_1511056.jpg

これが曇り空にはよく映えるんですよ。

c0180460_1523720.jpg

名前を調べるとインドキワタでした。インド、マレーシア、オーストラリア原産の落葉高木で10mくらいになるそうです。

c0180460_1531861.jpg

今日は干潟にいる時間が短かったので、貝はあまりとれませんでしたが、砂地には「悪魔の口」のようなカワラガイの一部がたくさん見られました。

c0180460_155286.jpg

カワラガイと言えば沖縄の住居の赤瓦を連想させる不思議な貝ですが、今日獲れたものの中に赤い模様がひとつもない真っ白なものがひとつだけありました。左側がそれです。

貝の実は普通のカワラガイとまったく同じでしたので、白蛇のような存在なんでしょうね。

自然界は不思議なことがいっぱいで~す!
by nami-5963 | 2010-03-31 22:13 | 磯遊び | Comments(0)

泡瀬干潟①

今年の昼間で最大の-1cmという干潮なので、泡瀬干潟の貝獲りに出かけました。

c0180460_025452.jpg

いつも通っている交差点の名前が、石平(いしひら)ではなく、石平(いしんだ)だということを初めて意識しました。

c0180460_0252525.jpg

珍しい藻類のクビレミドロがまだ健在で大粒のきれいものに出会えました。

c0180460_0254256.jpg

卵と砂を粘液で固めて作ったタマガイ類の卵塊の「砂茶碗」も何種類かあることを発見しました。

c0180460_02686.jpg

c0180460_0262710.jpg

三時間ほど干潟を歩くと貝もそこそこ獲れて、刺身にしておいしく頂きました。

今日も自然の恵みに感謝!
by nami-5963 | 2010-03-30 20:20 | 磯遊び | Comments(0)

ビーチクリーン作戦

大阪出身者としてはタコ焼き・お好み焼きというこなもん(粉物)文化が懐かしく、いつも食べたいという願望を持っています。

そんな目で街を走っていると「大阪風タコ焼き・お好み焼き」・遊食屋くろぶたという店を発見!

引っ越して夕食の用意ができない時に訪れてみました。

c0180460_21512383.jpg

たこ焼き・お好み焼きの品数がとても豊富でどれもおいしかったです。

アットホームな雰囲気で、話がはずんでいくと、ダイビングショップの方たちが経営していることも分かり、ダイビングのことで一層話が盛り上がりました。

今度、沈船ダイビングに連れて行ってもらうことにもなりました。

不思議な縁で、沖縄生活の幅が自然と広がっていくことが嬉しいですね!

更に、毎月一回ビーチクリーニングの取り組みもしているとかで、昨日参加させてもらいました。

c0180460_21522098.jpg

当日は、お子さん連れも多く、40名ほどの参加者があり、宜野湾市の清掃局の方も駆けつけていました。

c0180460_2153792.jpg

燃えるゴミ、ペットボトル、びん、缶、粗大ごみと分類して回収しました。

c0180460_21533687.jpg

港が近かったせいか?弁当ガラ、おやつ袋、ペットボトル、釣り具の袋や糸のごみが多かったです。

c0180460_21541646.jpg

ゴミを回収しているとアリの巣をつぶしてしまったり、カタツムリの団体に出会ったりしました。

c0180460_21552068.jpg

二時間でトラック一杯のゴミが回収でき、とても気持ち良かったです。

c0180460_21555642.jpg

海でよく遊ばせてもらっているので、これからも参加してみようと思いました。



遊食屋くろぶた (営業時間 16:00~23:00)
TEL 098―878-5393   浦添市牧港1-1-12

ダイビングハウス YAN☆YAN (営業時間 8:00~20:00)
TEL 098―874-0090   浦添市牧港2-32-2
http://www.yanyan-dive.jp/
by nami-5963 | 2010-03-29 21:56 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ドラゴンフルーツ

新居の桜救出作戦(10.03.15参照)の時、たくさんのつる植物とともに大きなサボテンも桜の木に根を張っていました。

根を張るだけならまだしも、二階部分にまで伸びたサボテンの重みで、桜の木の枝まで折っていました。

厄介なサボテンだ!と思いながら桜の木から取り外し、捨ててしまいました。

c0180460_2142770.jpg

そうは言うもののサボテンもかわいそうなので、あいていた鉢に10本だけ残してやりました。

c0180460_215414.jpg

ところが、我が家のベランダから見える範囲でも、三か所のベランダや屋上にこの手のサボテンが一杯植えられているのを目にしました。

c0180460_216848.jpg

それを見て、手入れもせずよくほったらかしにしているわ?!と不思議に思ってきました。

c0180460_2163672.jpg

引っ越しも落ち着いて、庭に新しい植物でも植えてやろうかと、ホームセンターの園芸コーナーをのぞいてびっくりしました!

厄介なサボテンだ!と思い、捨ててしまったものは「ドラゴンフルーツ」として高い値段で売られていて、本当にびっくりしました!

c0180460_217928.jpg

ドラゴンフルーツはわたしも食べたことがあり、甘くておいしい南国の果実なのですが、このサボテンがドラゴンフルーツの本体とは全く知りませんでした。

c0180460_2173937.jpg

本当に、びっくりしました!し、無知とは恐ろしいものだ!と痛感しました。

c0180460_218484.jpg

きれいな白い花を咲かせ、おいしい果実をつけるそうなので、「10本のサボテン」を偶然にも残しておいてよかった!と胸をなでおろしていま~す!
by nami-5963 | 2010-03-27 20:04 | 花・草木 | Comments(2)

鳥のさえずり

新しい家に引っ越して来て、木々がすぐそばにあるので鳥が身近に見られることがとても嬉しいです。

c0180460_1264950.jpg

カンピ(寒緋)桜の花が咲いていた頃は、よく花の蜜を吸いにメジロ(14cm位)が訪れてくれていました。

c0180460_1274494.jpg

鳴き声は、「チィ、チョ、チュイ」と割合単調なのですが、とてもかわいいです。いつも、つがいでいますが、まだ一匹でしか写真に収められていません。

図鑑によると、「巣立った雛の数羽が押しあうように枝に並ぶことから目白(メジロ)押しの言葉が生まれた。」とあり、なるほど!ととても納得できました。

c0180460_129670.jpg

毎朝、5~6時になると電線や電柱の決まった位置で、縄張りを主張するタイワンシロガシラ(19cm位)のご夫婦がいます。

c0180460_130322.jpg

鳴き声は、「ピー チョツ チョツ、ピー チョツ チョツ チョツ チイ-!」と周りによく通ります。

いつも、つがいでいて仲睦まじいことですが、農家の人に言わせると「野菜を食い荒らす害鳥さ~!」とのことでした。

地面には、エサをついばむイソヒヨドリ(23cm位)のオスがいて、ピョンピョンと飛び回っていました。

c0180460_1303293.jpg

体の色が青黒く艶やかに光っているのがとてもきれいですよ。

沖縄に住むようになって今まで見ることもなかった鳥の図鑑もよく見るようになり、生活の幅が広がったことや自然の豊かさに驚かされることが多いです。
by nami-5963 | 2010-03-26 22:39 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

西洲海岸

以前、港川小学校の生徒と生き物救出作戦(09.03.11参照)をした浦添市の西洲海岸のその後のようすを見に出かけました。

c0180460_10173768.jpg

もう道路工事が始まっていて、1Kmほど埋め立てられて道路ができつつありました。

c0180460_10185999.jpg

これがさらに北に延び、先日凧あげをしたカーミージーのあたりから高架になり、

c0180460_10194529.jpg

宜野湾市へと続いていく新しい幹線道路になるそうです。

c0180460_10201393.jpg

お昼休みのトラックの運転手さんがおにぎりのご飯粒を海に投げ込んでいるのに出会いました。
浅いきれいな海をのぞいて見ると、ルリスズメダイがたくさん集まって来て、ご馳走にありついていました。

c0180460_10204080.jpg

防波堤には迫力のある竜虎の絵と懐かしい寅さんの絵がとても上手に描かれていて、感心しました。

c0180460_10261964.jpg

c0180460_10215499.jpg

南に下って泊港漁港をのぞいてみると、普段目にすることのないマグロの卵、胃袋、しっぽの身などが売られていて地元ならではの食材にびっくりしました。

c0180460_10221478.jpg

大漁旗がいっぱい飾ってある漁港内の食堂でしっぽの身の煮つけ定食を食べてみると、これが結構おいしくて食が進みました。

地元の食堂を食べ歩くのも楽しくて新しい発見がありそうですね。
by nami-5963 | 2010-03-25 10:22 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

学習発表会

ゆみたんの学習発表会があり、朝早くからみんなで駆けつけました。

一番前の席に陣取ってカメラやビデオを構えて待っていると、最初の出番の「南の島の子どもたち」になりました。

c0180460_16301596.jpg

最初の舞台なので、緊張しつつ後ろ向きになって会場を見渡して、パパとママを探していました。

その時、じいじとばあばの姿も見つけ、眉をぴくん!と動かし、「なんでいるの?」と考えているようでした。

大きな高い舞台に上がり、たくさんの人の前に立ち、緊張のあまり、普段より動きが硬くてぎこちなかったですが、去年のように泣くこともなく成長ぶりが見られました。

c0180460_16304485.jpg

二番目の出番は「きょうりゅうとチャチャチャ」で、緊張しつつも少しずつペットボトルを振る仕草をしていました。

c0180460_16311679.jpg

最後の出番は「おててとてとて」で、お友達と手をつないで踊るしぐさをしだしていました。
オバァに教える時はもっと活発に動いていたのになぁ~と思いだしつつ、学習発表会を無事終えることができた。

c0180460_16363619.jpg

さすがに、4~5歳児の演技はとても素晴らしく、エイサーが最高でした!

c0180460_16315044.jpg

すべてが終わり、ゆみたんもパパとママに抱かれてやっと笑顔が出だし、

c0180460_16321049.jpg

ビデオを見ながらお友達をたくさん紹介してくれる余裕?も出てきていました。

c0180460_16323623.jpg

よく頑張ったご褒美に昼食会を開いておいしいものをたくさん食べて大満足のゆみたん!

ご苦労さんでした。

また、来年が楽しみで~す!
by nami-5963 | 2010-03-23 16:36 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

たこ(凧)あげ

c0180460_0573969.jpg

カーミージー(亀瀬)のある港川自治会で凧作り教室と凧あげ大会があり、講師として出かけました。

c0180460_0581884.jpg

強風が吹き荒れ、黄砂が舞って視界の悪い中、40名ほどの親子連れやお孫さん連れの参加があり、とても賑やかでした。

c0180460_0584975.jpg

最初に強風対策をしたテントの中で自分の好きな絵を描きます。

c0180460_059942.jpg

カブトムシや花、ピカチューのかわいい絵を上手に描いていました。

c0180460_115771.jpg

c0180460_0593023.jpg

次に骨を張り、糸目糸やそり糸を結ぶと完成です。

c0180460_10693.jpg

強風のため反りを大きくして凧あげを楽しみました。

c0180460_104713.jpg

お父さんお母さんも童心に帰って楽しんでいました。

c0180460_11152.jpg

途中で自治会の方が、暖かいぜんざいを出して下さり、心も体もあったまりとてもおいしく頂きました。

c0180460_123335.jpg

みんな凧上げに慣れてだんだんと上手になってきました。

c0180460_194066.jpg

c0180460_13123.jpg

強風でつぶれてしまったら、二度目にチャレンジする子たちもいました。

c0180460_14633.jpg

c0180460_111027.jpg

二回目になると正確に上手に作れるようになり、さらに楽しい凧上げになったようでした。

c0180460_14387.jpg

自治会長さんも「これからも続けましょう!」とお孫さんといっしょに楽しんでおられました。
by nami-5963 | 2010-03-22 22:54 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

大嶺海岸

c0180460_23461533.jpg

那覇空港の南にある大嶺海岸の広大な干潟の観察会がありました。

c0180460_23463994.jpg

50人ほどの親子連れが参加し、とても盛大でした。

c0180460_23471534.jpg

みんなが一番関心を示したのは、ミナミコメツキガニでした。1cmほどの青紫の丸いボウルのような体を手のひらに載せ楽しんでいました。

c0180460_23482477.jpg

カニやイソアワモチ、ナマコ、貝など、たくさん見つけたのをひとつひとつ丁寧に解説してもらいました。

c0180460_23485963.jpg

この干潟は、1~1.5cmの緑色の傘のような格好のカサノリがたくさん見られることでも有名だそうです。

c0180460_23493185.jpg

みんなでアーサーを摘んでアーサー汁の準備もしました。

c0180460_23501140.jpg

那覇市の一番南の空港のそばにこんなに自然豊かな干潟があることにびっくりしました。

c0180460_23503856.jpg

いろんなことを観察した後は、おにぎりとアーサー汁をおいしく頂き、ファミリーで楽しく過ごすことができたようでした。

c0180460_2351817.jpg

c0180460_235143100.jpg


c0180460_23543974.jpg

大嶺海岸で拾われたカメの骨格標本などの展示もあり、豊かな自然を大切にしていきたいものだと思いました。
by nami-5963 | 2010-03-20 22:43 | 磯遊び | Comments(0)

泡瀬干潟

大潮で昼間としては今年一番の引き潮なので泡瀬干潟に出かけてみました。

c0180460_2525841.jpg

干潟を歩いていると海藻のイソスギナとクビレミドロが一杯でビックリ!

c0180460_2533918.jpg

去年は、クビレミドロの時期を逃したので、少ししか見られませんでしたが、今年は最盛期に出会ったようで、とてもラッキーでした。

c0180460_301683.jpg

クビレミドロは「海のマリモ」と言われるそうで、不思議なことに日本でも二か所でしか見られないという貴重な藻類だそうです。

c0180460_2543898.jpg

他にも、大きな爪を「バチン!バチン!」と鳴らすテッポウエビ、

c0180460_255592.jpg

自己防衛のために自分で膨らんでいるフグ、

c0180460_2553562.jpg

死んだふりの上手なカニにも出会え、とても楽しかったで~す!

c0180460_2561519.jpg

久しぶりなので貝も探してみると、そこそこ獲れて大満足でした。

c0180460_2563574.jpg

刺身とボイルでよばれるととても塩味が効いていておいしかったで~す!

c0180460_25656100.jpg

今日も、自然の恵みに感謝!
by nami-5963 | 2010-03-19 21:49 | 磯遊び | Comments(0)