沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

珍百景①

街を走っているとテレビ番組の「何これ?!珍百景」的な物に出会うことがあります。

今まで何度も通っていた買い物道でビックリする物に出会いました。

c0180460_11471899.jpg

とてもビッグなサボテンです!

二階を通り越して三階に達しそうな勢いで、ビックリです。

今までは木?として見ていたのでしょうか?

今まで気付かなかったのが不思議でなりません。
by nami-5963 | 2010-06-30 11:43 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

金魚の世代交代

先日悲しい出来事が起こりました。

c0180460_1027898.jpg

我が家の5匹の金魚のファミリー(09.12.08、10.05.23参照)の長男「イケメン」くんが亡くなりました。

気づかない間に水槽から飛び出したようで、見つけた時には息絶えていました。

c0180460_10255929.jpg

沖縄生まれの沖縄育ちで元気に大きくなり、しっかり手乗り金魚になってきていただけに残念でなりません。

それでも水草に産み付けられた卵からどんどんと新しい命が育っています。

c0180460_10281376.jpg

去年と今年生まれた金魚の水槽には、もう50匹ほどが元気にすごしています。

c0180460_1034998.jpg

その水槽でゆみたんが、金魚すくいをして遊んでいましたが、元気で野生的なので、一匹も捕まえられません!

c0180460_10353791.jpg

そこで、ゆみたんママが登場して、てこずりながらやっと洗面器に何匹かすくうことができました。

c0180460_10291640.jpg

大きい二匹が去年生まれたもので、小さい二匹は今年生まれたもので、まだ体の一部が黒いままです。
その中に、尻尾が三つに分かれたものも生まれています。ご先祖様の中にこの尻尾を持った者もいたんでしょうね。その遺伝子が、この金魚になって現われてきたようです。

新しい生命が誕生しつつ、世代交代も進んで行っている今日この頃です。
by nami-5963 | 2010-06-29 10:16 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

料理教室

おきでん料理教室の「中華料理」に参加しました。

c0180460_16252361.jpg

あい変わらず男性の参加は私一人ですが、だんだんと顔見知りの奥さん方も増えてきて、とても心丈夫になってきました。

c0180460_16254692.jpg

この講座への参加は何度目かになりますが、先生の説明が親切でとてもわかりやすく、いつもおいしい料理を教えて下さいます。

今日は、①五目あんかけ焼きそば②鶏の唐揚げ③白木耳(しろきくらげ)とニンニクのスープの3品の料理を教えて頂きました。

c0180460_1626108.jpg

先生が説明しながら作ってくださった見本がこれです。

左下から①五目あんかけ焼きそば、時計回りに②鶏の唐揚げ③白木耳とニンニクのスープです。

①では、塩を小さじ1.5杯と油を大さじ一杯入れた水に野菜を入れ、沸騰させると野菜を軟らかくして甘みが増すことを学びました。食べる前に酢を少し入れるのもミソだそうです。
②では、同じように火を通すために、鶏もも肉を同じ厚みに切ることがミソで、サラダ油で揚げる時、高温になってパチ・パチ・パチ!と高い音がして3~4分するとOK!なんてことも学びました。
③では、きくらげを木耳とかくことを知りましたし、ニンニクを香ばしい匂いがするまで弱火で炒めることがミソだそうです。

今度は私たちが取り組む番になりました。私はもっぱら野菜などを切ることと洗い物に専念し、味付けや具体的な調理は女性陣にお願いしました(これがおいしい料理を食べる最大のミソ!!)。

c0180460_16263152.jpg

これが、わたしたちの班の作品で~す!

とてもおいしく頂くことができ、先生と班のみなさんに感謝しました。

ありがとうございました!
by nami-5963 | 2010-06-26 16:21 | 料理・食文化 | Comments(0)

ゆみたんデー

沖縄では6月23日は沖縄戦の「慰霊の日」で、官公庁や保育園・学校もお休みです。
そんな訳でゆみたんを預かって、一日楽しく過ごしました。

c0180460_12411122.jpg

元気で食欲も旺盛です。朝食の味噌汁や昼食のおうどんの中にカイバ(シラ)が一杯入っているのを見つけ、「カイバ!カイバ!!と大喜びしてよく食べてくれます。

c0180460_14373689.jpg

最近はスーパーの広告の中からカイバ!(ホタテの貝柱)をしっかり見つけ、指さして教えてくれるようになりました。

オバァの部屋の脚立とハンドタオルを見つけてよく遊んでいました。

c0180460_14375916.jpg

脚立を登って、

c0180460_12424722.jpg

またいで、

c0180460_12431763.jpg

方向を替えて降りる!を何度も繰り返して楽しんでいました。

公園の遊具へのチャレンジと同じように、何度も繰り返し、だんだんとスムーズになって行くのを楽しく見学していました。

c0180460_12435587.jpg

ハンドタオルを広げて並べてみたり、

c0180460_12442326.jpg

四つ折りにたたんで行き、

c0180460_12444951.jpg

最後に「グリ、グリ、グリ!」と言ってタオルの上で指を回しています。

「そのグリ、グリ!って、何ですか?」と尋ねると笑っているだけなんですよ。

c0180460_12451120.jpg

ベランダでは、金魚にエサをやってくれますが、前回バシャ!と跳ねられて水浸しになったので、ちょっとへっぴり腰なんですよ。

c0180460_1246527.jpg

はいていたサンダルを脱いで、園芸用の支え棒に突き刺して楽しそうに遊びだしたりと、いろんな遊びを考え出す才能?!は豊かなようです。見ていても飽きないのが楽しいです。

この日は前々から海に遊びに行く計画をしていたんですが、いくら誘っても行きたがらないので不思議に思っていました。どうやら保育園で「慰霊の日には海に行かないほうがいいよ!」というような話があったようだとわかり、納得!

今年も摩文仁の丘の慰霊祭に参加できませんでしたが、楽しく三代が集うことができることこそ、戦没者の方々への慰霊と感謝の心を奉げることにも通じるように思いました。

合掌!
by nami-5963 | 2010-06-24 12:36 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

久しぶり!?

ブログをしばらく休ませてもらいました。

兵庫県から友人3人が沖縄旅行に来てくれたのを、4泊5日で案内し,旧交を深めていました。

c0180460_1305168.jpg

c0180460_1365654.jpg

今までブログで紹介してきたような、沖縄の豊かな自然から、

c0180460_135381.jpg

c0180460_1361842.jpg

c0180460_1312823.jpg

すばらしい歴史・文化・世界遺産、

c0180460_1321668.jpg

美ら海水族館、

c0180460_1333696.jpg

c0180460_14318.jpg

c0180460_223867.jpg

c0180460_23481.jpg

悲惨な戦跡・基地問題など、沖縄に移住して学んだものの一部を、私なりにみっちりと案内して回りました。

なにせ、四人の合計年齢が263歳ですし、大雨・洪水警報が出ている土砂降りの中の運転もあり、

c0180460_1381356.jpg

よく飲んで歓談したこともあり、ちょっと疲れてブログを休んでいました。

それに最近、ちょっと運動不足なので、3カ月ぶりのボウリングに出かけました。
ボウリングはいつもの2時間、投げ放題、1000円のコースで~す!

c0180460_127137.jpg

うまくダブルやターキー、フォースが出て、久しぶりの200アップを達成することができ、大満足でした。11ポンドのマイボールと13ポンドのハウスボールの2球を投げ分けるのがよかったようでした。

本当に久しぶりだったので、ちょっと腕・肩に疲れが残った感じでしたが・・・
by nami-5963 | 2010-06-21 23:33 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ブーゲンビレアの農場

沖縄市にブーゲンビレアの大きな農場がある!ということを聞き、見学に出かけました。

c0180460_23553118.jpg

農場の駐車場には、大きなブーゲンビレアの花のかたまりがせり出してきていました。

c0180460_23562631.jpg

農場を経営されている島袋武雄さんが、丁寧に説明しながら案内して下さいました。

c0180460_2357347.jpg

ブーゲンビレアを伸ばし放題にしていると花は先の方しかつかないそうです。

c0180460_23584960.jpg

そこで、枝に石ころなどの重りを付けて、枝の付け根より低い位置に下げてやると、

c0180460_23592833.jpg

枝全体に花をきれいに咲かせる!そうです。不思議ですね。

c0180460_00049.jpg

生命力も強く、植木の剪定をした時、いろんな切り株が出るのを砂地に埋めておくそうです(挿し木)。

c0180460_002260.jpg

数カ月すると、根や枝葉を伸ばしだし、それを新しい鉢に植え替えてやると、またきれいな花を咲かすようになるそうです。不思議ですね。

c0180460_004483.jpg

さらに、同じ太さの枝同士なら、接ぎ木ができるそうで、

c0180460_043023.jpg

水分が逃げないようにビニールで覆ったり、日光を当てすぎないように紙袋で覆ったりするのがコツだそうです。

c0180460_021029.jpg

そうして一本の木に、3~4種類の花を咲かせることができるそうですよ。

c0180460_021671.jpg

また、取り木といって、木の形成層をはぎ取って根を生やさせ、増やしていくこともできるそうです。

c0180460_0104972.jpg

不思議なことばかりで、ブーゲンビレアの素晴らしい生命力に驚くばかりでしたし、その魅力にはまりそうです。

c0180460_024588.jpg

南国の明るい太陽光線に照らされて、いくつもの美しい花の色を楽しむことができますので、みなさんもぜひお出掛けしてみて下さい。

c0180460_025924.jpg

美原園芸
〒904-2141 沖縄市池原2215-4
TEL 098-938-0713
by nami-5963 | 2010-06-12 22:55 | 花・草木 | Comments(0)

梅雨まっ盛り

沖縄は、今梅雨の真っ盛りです。

沖縄の梅雨は、雨が降ってもすぐに晴れ渡り、からっ!とするものなんですが、今年の梅雨はよく雨が降り、少し肌寒いこともありました。

今日は、一日中よく降って、大雨洪水警報や土砂崩れ注意報が発令されていました。

c0180460_1226060.jpg

沖縄では雨水のことを天水(あまみず)とかいて、農作物に与えたりして大切にしています。

今年はダムも満水状態で夏の水不足の心配もないようです。

c0180460_12264155.jpg

我が家でも大きな簡易バケツを買ってきて天水をため、金魚の水の補給や植木の水やり、ベランダの掃除に利用しています。

水は天からの贈り物、大切に!
by nami-5963 | 2010-06-11 12:17 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

植木市

c0180460_1591668.jpg

我が家の玄関脇に植えるのに適当なもの探しとブーゲンビレアの良いのがあればと思って、沖縄市で開かれている植木市に出かけました。

c0180460_621951.jpg

いろいろと見て回り、玄関脇には、二種類の花を買い求め、

c0180460_158381.jpg

薄紫の花が咲き誇っているブーゲンビレアをゲットしました。

c0180460_1594482.jpg

本屋や陶器店の出店もあり、茶碗やホタルの本も買ってきました。

目的を果たしたので、昼食をとりに農協センターに向かう時に驚くものを発見!

c0180460_201333.jpg

パッションフルーツがこんもりとした円柱状に仕立てられていて、

c0180460_203322.jpg

花もあり実もなっているという素晴らしいものでした。

ジューシーおにぎりとソーミンチャンプルーの昼食中にもっとすごいものを見つけてビックリ!

c0180460_205730.jpg

パッションフルーツが鈴なりになっている大木が農協センターの玄関にどんと据えられているではありませんか!

c0180460_21285.jpg

すごいものがあるもんだ!と感心しながら、パッションフルーツを買い求めてきました。

c0180460_214682.jpg

さらに、紫色のバナナの花のつぼみのかたまりが売り出されているのに初めて出会いました。
300円の値札が付いていましたが、みんなどうして食べたらいいの?と、たくさんの人が集まって興味津々のようでした。

犬も歩けば棒に当たるではないですが、いろんなものがあるものだと感心しました。
by nami-5963 | 2010-06-10 23:19 | 物産 | Comments(0)

対馬丸記念館

c0180460_3163840.jpg

久しぶりの青空の中、対馬丸記念館に出かけました。

国道58号線を走っていると「対馬丸記念館」の案内板が三か所あります。
案内板を見て今までに何度も行ってみようとしたのですが、国道から後の案内表示が全くなく、いつも行きつけずにあきらめてばかりでした。

c0180460_3174427.jpg

「今日は行ってやろう!」と出かけたのですが、やはりさんざん迷い、古民家の屋根に乗っかったシーサーを見つけたり、

c0180460_31804.jpg

書道教室の宣伝文字を楽しんだりして、やっとたどり着くことができました。

c0180460_3181895.jpg

昭和19(1944)年8月22日の夜10時過ぎ、沖縄からの疎開者を乗せた「対馬丸」は、米海軍潜水艦ボーフィン号の魚雷攻撃を受け、沈められました。

この時の乗船者1800名のうち学童775名を含む1418名(氏名判明者数)が一瞬のうちに帰らぬ人となったそうです。

たくさんのこども達が命を落としたこの悲劇を風化させることなく、次代に語り継いで行くために建てられた記念館で、貴重な生存者の証言なども聞くことができました。

対馬丸は大きな貨物船で、記念館の10mの高さが貨物船の甲板までの高さ、海までの130mが船の全長だったこと、魚雷攻撃を受けた後台風の接近で多くの死者が出たことも知りました。

c0180460_319304.jpg

一時間少し見学し、波の上の海岸までの130mを歩いてみました。

c0180460_3195255.jpg

保育園児や外人さんがのんびり海水浴をしている姿に出会い、とてものどかで平和を象徴しているかのようでした。


対馬丸記念館
〒900-0031 那覇市若狭1-25-37
TEL 098-941-3515
by nami-5963 | 2010-06-09 23:12 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)
c0180460_442094.jpg

おいしくて大満足した昼食後、海辺の「吉野浦」に行くと大きな石碑があり、そこに「とよむ中城 よしの浦のお月 みかげ照り渡りて さびやないさめ」と琉歌がしたためられていました。

c0180460_4422669.jpg

宝物とひとを寄せるように集めてくる浦!ということを褒めたたえているだけあって、眺めも最高でした。

c0180460_4425490.jpg

屋宜(やぎ)の集落に移動すると、公民館の横に「フニガー」がありました。
かつてはこのあたりが海岸線で、本島北部から那覇に向かうヤンバル船が立ち寄り、水を補給したそうです。

c0180460_4431594.jpg

少し歩くと屋宜の「三本松」がありました。今は二本しかありませんが、もともとは八本あったから八木(やぎ)=屋宜となったそうです。面白いですね。

c0180460_4434391.jpg

天然記念物の泊の大クワディサーを見に行きました。
このクワは、首里王府から派遣されていた役人が、任期を終えて離任する際、懇意にしていた泊村の人たちとの別れを惜しんで植えたものだと伝えられています。

c0180460_4441164.jpg

花の伊舎堂歌碑では、「思ゆらば里前 島とまいていもれ 島や中城 花の伊舎堂」の琉歌が刻まれていました。意味は「思いがあるなら郷里を訪ねて来て下さい。出身は中城の花の伊舎堂ですから・・・」だそうで、若い娘の素朴な恋心をおおらかに表現しています。

c0180460_444388.jpg

15世紀の中頃に活躍した中城按司・護佐丸の墓を訪れました。急な斜面の階段を登った台城にある亀甲墓としては最古のもので、文化的にも価値あるものだそうです。

c0180460_445342.jpg

次第に雨脚が強くなるなか、中城城の敷地の中にある護佐丸の兄の墓・イジュルン按司の墓を訪れました。城の敷地の中に按司の墓があるのは、とても珍しいそうです。

c0180460_4454091.jpg

中城城の方に向かって歩くと、雨に煙った幻想的な三の郭が姿を現してきました。

c0180460_4472710.jpg

c0180460_4455786.jpg

いつもは青空のもとの中城城しか見たことがなかったので、こんな幻想的な姿もいいものだと感じました。

c0180460_4462736.jpg

中城城全体のようすが解る立体模型が新設されていて、とても解り易かったです。

雨脚が強くなってきたので、詳しい説明を端折らざるを得なかったのがとても残念でした。

一日かけて、たくさんの中城村の歴史と文化について学ぶことができ、とても有意義でしたが、私は知恵熱が出そうでした・・・
by nami-5963 | 2010-06-08 21:55 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)