沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ブーゲンビレアの生命力

病害虫に強いブーゲンビレアだそうですが、その生命力に驚かされることがありました。

c0180460_1214835.jpg

8月に座間味島でダイビングをしていた時、今まで八重のきれいな花を咲かせていたブーゲンビレアが大きく刈り取られているのに出会いました。

c0180460_1224219.jpg

ちょうどご主人がおられたので、「ここの立派な八重のブーゲンビレアを切られたんですね」「大きくなり過ぎたから切ったさぁー!」「切った枝が欲しかったですね~」という会話をしていると、家の裏から一本の1mほどの枝を持ってきてくれ、「切り取って一週間ほどになるが、よかったらあげるさぁー!」とのことで頂いて、ダイビング中は水につけておきました。

c0180460_1233369.jpg

家に帰ってから三つに切り分けてそれぞれを水につけておきました。

c0180460_1242398.jpg

五日ほど経つとそのうちの一本が、赤い小さなふくらみを付け、新しい芽を出し始めました。

c0180460_1275073.jpg

ひと月近くたった今では枝を二本も伸ばすまでに成長しています。

ブーゲンビレアの生命力には驚かされるばかりです。

これからまた、どうなっていくかが楽しみでなりません。

c0180460_1283936.jpg

最近街で見た立派なブーゲンビレアをご覧ください。
by nami-5963 | 2010-09-30 21:08 | 花・草木 | Comments(0)

千客万来⑬

ベランダの植木に毎朝の水やりをしていると、おや?!と思うことがありました。

c0180460_1261321.jpg

ハイビスカスの花の根元あたりに白い粉がふいています!

よく見ると1~2mmの大きさの「真っ白なだんご虫のようなもの」でした。

c0180460_126511.jpg

以前に大切にしていたハイビスカスの四株がこの寄生虫によって全滅してしまったことがありました。

c0180460_1272755.jpg

花の新芽や枝を切り取ってみましたが、今後どうなることやら??

c0180460_128351.jpg

さらに、ハイビスカスの周りに置いていたマツバボタンの二つの鉢にもこの正体不明の「真っ白なだんご虫のようなもの」がいっぱいついていました。

c0180460_1284255.jpg

もう打つ手もなく、どうしようもないので、マツバボタンは切り取って処分し、鉢と土を日光消毒することにしました。

こんなことがあって、最近では、病害虫に強いブーゲンビレアの栽培に力を入れだしている次第です。
by nami-5963 | 2010-09-29 22:05 | 花・草木 | Comments(0)

ケラマの海⑫

慶良間諸島の海の世界を、「夫婦愛」「愛の結晶」とみてきましたが、まだまだ紹介しきれていませんので、もう少しお付き合い下さい。

「生きていくためには食わねばならぬ!」のは、魚の世界も同じです。そんなお食事風景を見てみましょう。

c0180460_351046.jpg

岩に体を垂直の姿勢にしているのはエソです。いつもは海底や岩の上でじっとエサになる小魚を待ち受け、相手のすきを見て一瞬にして襲いかかる早技の持ち主です。こんな垂直の姿勢で待ち構えているのは初めて見る珍しいシーンでした。

c0180460_3532876.jpg

サンゴの表面にたくさんの白い短い筋がついています。これはブダイの仲間が、サンゴの表面をガリガリ、ガリガリ!とかじって食事をした跡です。食事中に出会うとこの音がよく聞こえるんですよ。

さらに、この食事の後のウンコの洗礼をダイバーは受けることになります。水中できれいなサンゴの砂粒を「煙幕」のように降り注がれるのです。
みなさんの「あこがれの南の島のきれいな砂浜」は、本当はウンコの白いきれいなサンゴの砂粒でできている!と教えられると、興ざめしそうですね・・・

c0180460_3542058.jpg

アイゴの群れが体色を黒く変え、興奮しながら死んだサンゴや岩にはえた藻をついばみながら、

c0180460_3544225.jpg

移動中でした。

c0180460_355064.jpg

そのアイゴの群れが急に猛スピードで移動し出し、???と思っていると、

c0180460_355213.jpg

大きなカスミアジが捕食に来ていたようで、一目散に逃げて行ったことが解りました。

海の中は弱肉強食の世界で、命拾いをしたようでした!

c0180460_3562147.jpg

きれいなサンゴの上で、たくさんのチョウチョウウオやべらの仲間が集団になってオヤビッチャの卵を食べようと襲いかかっているシーンに出会いました。

c0180460_3565480.jpg

卵を守っていたオヤビッチャがダイバーを怖がって卵から離れてしまい、そのすきを捕食者たちは見逃さなかったということでした。

オヤビッチャには悪い気をしながら、自然界の厳しさを感じたひとこまでした。


c0180460_3581334.jpg

エダサンゴに無数のデバスズメダイの幼魚が身を隠しながら住み着いて、プランクトンを食べに一斉
に飛び出してきます。

c0180460_358547.jpg

ちょっと危険を感じると、さっ!とサンゴの間に身を隠します。

c0180460_405243.jpg

そんな行動を毎日、何百回何千回と繰り返していますが、今回は本当に危険なギンガメアジやベラの仲間が捕食に現れました。

c0180460_413227.jpg
それでも危険が去ると、一斉に湧き出すようにサンゴから出てきてプランクトンを食べだすようすを見て、生きていくことは大変なんだ!と感じる一場面でした。

c0180460_423799.jpg

ウミガメの仲間のタイマイが食事中でした。このタイマイは、長崎特産の「べっこう細工」の原料でしたので、一時は乱獲され絶滅しかけていましたが、保護政策が取られて最近は水中でもよく見かけるようになってきました。

c0180460_4259100.jpg

一心不乱にサンゴの折れた小枝をくわえて飲み込んでいます。胃腸が傷つかないか心配してしまいます。

c0180460_433088.jpg

このようにサンゴのガレ場をほじくると、そこに隠れていたエビやカニが出てくるので、いろんな魚がおこぼれにあずかろうと集まってきます。

本当に自然界で生きていくことの大変さを実感するひと場面でした。
by nami-5963 | 2010-09-28 22:35 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)

秋の兆し

日中は相変わらず真夏の沖縄ですが、朝夕は少し気温が低くなり、ガンガンとクーラーをかけ続けるということも減ってきました。

沖縄も少しずつ秋を迎えているようです。

関西にいると実りの秋といえば、栗とマッタケにススキの草原!が定番でしたが、沖縄は少し違っています。

栗は見当たらず、マッタケが採れるってなことも聞いたことがありません。

c0180460_23574873.jpg

それでも、ゆみたんの散歩道にはススキの仲間が穂をつけ出していました。

c0180460_23585198.jpg

また、我が家の桜の木の下にはキノコが生えていましたし、桜の幹にはサルノコシカケまで生えてきています。

ビックリです!

c0180460_23593891.jpg

沖国大のキャンパスの花を咲かせなくなった大きなデイゴの木の下には驚くほどの大きなたくさんのキノコが生えていました。

c0180460_001425.jpg

食べられるものかどうかは分かりませんでしたが、ビックリです!

沖縄も沖縄らしく秋を迎えているんだ!ということを実感しました。
by nami-5963 | 2010-09-27 19:44 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

紫外線

沖縄の青空はとてもきれいですが、紫外線の強さは半端な物ではありません。

c0180460_18155812.jpg

日陰にいても日焼けしますし、うっかり紫外線を浴び過ぎると、大火傷を負ってしまうこともあります(08.12.14参照)。

私も沖縄に来てからは、外出する時はサングラスをかけて目を保護するように努めています。

そんな強い紫外線のサンプル!?のようなものを見つけました!

c0180460_17552719.jpg

火災の時、消火作業をしやすいようにと消火栓の位置を街中で赤色で表示していますが、色あせてオレンジ色になっていたり、

c0180460_175629.jpg

かすかにオレンジ色が残っていたり、

c0180460_17564699.jpg

灰色っぽくなっているものまであります。

c0180460_17573555.jpg

真っ白になってかすかに「消火栓」の文字だけが見えるもの、

c0180460_17594556.jpg

真っ白になって文字も見えず、落書きの対象になりきってしまっているものもありました。

恐るべし紫外線!!

沖縄旅行をされる時は、紫外線対策を忘れずに!
by nami-5963 | 2010-09-26 17:59 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ボウリング

三か月ぶりのボウリングが不調だったので、リベンジに出かけました。

いつもの2時間、投げ放題、1000円のコースで~す!

c0180460_646025.jpg

今日は13ポンドのハウスボウルを使わずに(欲を出さない!)、使い慣れた11ポンドのマイボウ
ルで投球を安定させる作戦で臨みました。

c0180460_6484574.jpg

だんだんと慣れてきて感覚が呼び戻されると、スペアーやストライクが取れることが多くなり、得点も上がってきました。

「スペアーを制する者はボウリングを制す!」という言葉を思い出しました。

それでも194点止まりで200アップの道は険しいことを悟りました。
by nami-5963 | 2010-09-25 21:43 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

敬老の日

敬老の日は、保育園もお休みで、ゆみたんを預かり、楽しく過ごしました。

c0180460_15572516.jpg

朝、家に来るなり、保育園で作った敬老カードを「プレゼェント!」といって手渡してくれました。
嬉しい限りです。

c0180460_15591011.jpg

ご飯を食べた後は、パーランクをたたいて遊んだり、

c0180460_1559309.jpg

散歩に出かけ、

c0180460_15594944.jpg

花を楽しんだり、

c0180460_1601592.jpg

道路の端を通ったり、

c0180460_161089.jpg

バランスを取りながら歩くのを楽しんでいました。

えらい!と感心するのは、方向感覚がしっかりしていて、どんな所を通ってもお家にちゃんと一人で帰られる!ということです。

c0180460_1614092.jpg

ベランダで金魚すくいを楽しんだりしているうちに、

c0180460_1624549.jpg

服がぬれ出し、気持ち悪くなってどんどん脱いで行きました。

c0180460_163787.jpg

裸になっての水遊びが気持ちよくって体まで洗ったり、

c0180460_1633134.jpg

お風呂ごっこまで楽しんでいました。

c0180460_1635777.jpg

植木の水やりもとても熱心にやってくれ大助かりでした。

c0180460_16418100.jpg

昼食後は、出窓の上を舞台代わりにし、

c0180460_164363.jpg

CDのリズムに合わせてとても上手な動きを見せて楽しませてくれました。

c0180460_1645860.jpg

今年の運動会は固まらずに動いてくれるかな?!?

楽しみで~す。
by nami-5963 | 2010-09-24 15:54 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

月下美人

一年に一度、それも一日だけ夜中に花を咲かすというサボテンの仲間の月下美人(げっかびじん)があります。

c0180460_5572748.jpg

我が家の月下美人が、5日ほど前から小さな花のつぼみを付け始めました。
最初は小さく真下を向いていたのが、

c0180460_5581081.jpg

成長し出すとつぼみも大きくなり、だんだんと水平方向につぼみを持ち上げてきます。

c0180460_558411.jpg

水平方向に持ち上げてきたつぼみがとても大きくなり、

c0180460_5594960.jpg

先端が少し膨らんできました。

今夜あたりに花を咲かすはずと判断し、夜の8時ごろから観察を1~2時間ごとにしだしました。

c0180460_603874.jpg

だんだんとつぼみが開き出し、

c0180460_611651.jpg

真っ白な花の中に飛び出しためしべとその奥に黄色い花粉を付けたおしべが見られました。

c0180460_615044.jpg

真夜中の12時ころには満開となり、「おしろいのようなにおい」が周りに充満していました。

一年に一度のま夜中の開花ドラマを楽しむことができました。
by nami-5963 | 2010-09-23 23:53 | 花・草木 | Comments(0)

中秋の名月

最近運動不足なので、三か月ぶりのボウリングに出かけました。

c0180460_15525.jpg

一投目に13ポンドのハウスボウル(ボウリング場に置かれているボウルのこと)でたくさんのピンを倒し、

c0180460_152497.jpg

二投目に11ポンドのマイボウルでスペァーを取りに行く作戦で臨みました。

c0180460_155146.jpg

久しぶりなので、ダブルとターキーが出たぐらいで、残念!

c0180460_162237.jpg

帰りにスーパーによると、十五夜の説明をし、

c0180460_164694.jpg

いろんなお菓子、おもちの販売をしていました。

c0180460_171452.jpg

日暮れ時は、西の空に宵の明星がとてもきれいでした。

c0180460_112447.jpg

しばらくするときれいな中秋の名月も昇って来て、買ってきた月見団子をおいしく頂きました。
by nami-5963 | 2010-09-22 23:01 | 宇宙・天体 | Comments(0)

ワンちゃんサーカス

日曜日に、ゆみたんが遊びに来てくれました。

朝の新聞に載っていた糸満観光農園の「ワンちゃんサーカス」のことを話題にすると、「行きたい!」と言うので出かけました。

c0180460_3145280.jpg

糸満観光農園は大きな三つの風力発電機の側にあり、その大きさにビックリ!

c0180460_3153414.jpg

思っていたより早く着き、「ワンちゃんサーカス」までに汽車に乗ったり、遊具を楽しむことにしました。

c0180460_316771.jpg

汽車に乗りましたが、最初の二周は怖かったようで、オジイのズボンを握りしめていました。

c0180460_3164165.jpg

三周目から余裕ができだし、楽しんでいました。

c0180460_3171125.jpg

遊具の乗り放題のピンクの腕輪をつけてもらいましたが、なぜか怖がって遊具をひとつも楽しむことはできませんでした?!

c0180460_3174676.jpg

しかたなく園内を散策していると、乗馬コーナーがあり、馬に走り寄って行きました。

c0180460_3183040.jpg

乗馬は怖くないようで、自分から積極的に乗り、楽しむことができました。

c0180460_3185810.jpg

お馬さんにお礼のニンジンも上手にあげていました。

c0180460_3202921.jpg

そばにヤギの親子やウサギもいてエサをやったり、

c0180460_3193255.jpg

触れ合うことができ、

c0180460_3205643.jpg

とても楽しく過ごせました。

c0180460_3213591.jpg

やっと、「ワンちゃんサーカス」の時間になりました。

c0180460_3223291.jpg

かんかん照りの会場でしたが、

c0180460_3225784.jpg

見たい一心でよく頑張って見ていました。

c0180460_18134180.jpg

最後に犬と触れあえるコーナーもあり、怖がらず触れることができ、とても嬉しかったようでした。

c0180460_3234644.jpg

熱気と興奮で熱くなった体を、かき氷を食べてちょっと冷やしてから帰ってきました。

ゆみたんは大満足のようでした。
by nami-5963 | 2010-09-21 10:24 | 沖縄の不思議 | Comments(0)