沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2011年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ぎのわんゆいマルシェ

宜野湾漁港に「ぎのわんゆいマルシェ」がオープンしたので出かけてみました。

c0180460_2329556.jpg

漁協が新鮮魚介を、JAが新鮮野菜を提供するという施設だそうです。

オープンの日はあいにくの雨でしたが、漁港内は車であふれかえっていました。

c0180460_23301737.jpg

売り場も人であふれていましたが、近くにこんな施設ができて嬉しい限りで~す!

c0180460_23303520.jpg

海水魚を入れた大きな水槽もあり、ゆみたんを連れてくれば大喜びするだろうな~と思いました。

c0180460_23305025.jpg

かまぼこ屋の試食コーナーの前は人だかり。

c0180460_23312586.jpg

大きなアカミーバイのお頭がなんと4213円だったり、

c0180460_2331468.jpg

鮮魚はその場でさばいてくれるのが嬉しいですね。

c0180460_2332975.jpg

黒糖作りのコーナーがあり、サトウキビをかじらせてくれたり、

c0180460_23323188.jpg

どの時点で火を止めたら固まるかを見極めるプロの技を見せてもらいました。

c0180460_23325297.jpg

舞台では沖縄民謡の演奏があったり、

c0180460_2333104.jpg

モズククイズ大会もありました。

c0180460_23333654.jpg

私もチャレンジし、三問で敗退しましたが、モズク料理の良い本を頂きました。

c0180460_23335122.jpg

食堂は超満員で、オーダーストップがかかるほどで、買物をしているとやっと席があき、おいしい昼食がとれました。

c0180460_23341024.jpg

魚汁を注文すると魚の切り身が三個、島豆腐の大きいのが二つも入っていて食べ切れないほどのボリュウムでした。

c0180460_23355180.jpg

通いやすく便利な感じの施設でした。
by nami-5963 | 2011-04-30 00:26 | 物産 | Comments(0)

与那川の探索②

お腹がいっぱいになり、心に余裕ができると今まで見えていなかった物が見えてきました。

c0180460_12464274.jpg

目の前の木に白い泡のかたまりがついているではありませんか!

c0180460_1247886.jpg

シロアゴガエルの卵塊のようです。

c0180460_12473497.jpg

落ち着いて探すと、周りにいっぱい産み付けられていました。

c0180460_12475838.jpg

そばにクモもいてビックリでした。

山道に戻り先に進むと、やたらとリュウキュウムカシトンボのメスやイシガケチョウに出会いましたが、写真に収められず残念でした。

c0180460_12482613.jpg

ヘビイチゴの赤い実がありましたが、口にしょうとする前に「これはおいしくないよ!」と教えて頂きました。ありがとうございました。

歩いていると赤っぽい毛虫に出会いましたが、どんなチョウになるのでしょうか?

c0180460_1249179.jpg

見るからに毒々しかったですが、とてもきれいでした。

c0180460_12492235.jpg

エゴノキの白い花がいっぱい地面に落ちていました。

c0180460_12495270.jpg

そのそばに、今回のお目当てのカクチョウランがいっぱい群生していました。

つぼみが開いたら、花は外側が白く、中が紫色だそうです。

c0180460_12501881.jpg

今年は寒かっただけに開花が遅れているようで、見ることができず残念でした。

c0180460_1251585.jpg

ヒカゲヘゴは10m以上に成長し、ジェラシックパークのようでした。

c0180460_12522017.jpg

その葉が落ちた後の幹の模様をいくつか撮りましたが、

c0180460_1253133.jpg

それぞれに個性があるようでとても面白かったで~す!

帰り道は、天気予報通り大雨が降り出し、みんな走るようにして山道を車まで戻りました。

帰路は、道の駅に寄り道し、お土産を買ったりおやつを食べたりしましたが、

c0180460_12532575.jpg

極太ダイコンが一本130円はとても安い!とみなさん買い込んでいました。

そんなこんなで春のヤンバルの自然を満喫できた一日になりました。
by nami-5963 | 2011-04-29 12:41 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

与那川の探索①

ギノワンセミナーハウスから春の与那川の探索に出かけました。

c0180460_002884.jpg

国頭村の与那の集落から与那川の左岸を山に向かうと、そこは琉球大学の演習林になっていました。

c0180460_01454.jpg

山道を歩いているとヤンバル(山原)独特のブロッコリーの形をしたイタジイの森が新緑の輝きを放っていました。

c0180460_012480.jpg

最初に出会ったのはタツナミソウという白と紫色をしたかわいい花でした。

c0180460_015480.jpg

イルカンダという花は紫色をした地味な大きな花をたくさんつけていましたが、

c0180460_02178.jpg

ビックリしたのは、つる性植物の太くて曲がりくねったつるのすごさでした。

c0180460_023510.jpg

オレンジ色のリュウキュウイチゴは口に入れると甘酸っぱかったで~す。

c0180460_03512.jpg

ランの仲間のキンギンソウはたくさんの小さな白い花をつけていました。

c0180460_033543.jpg

演習林だけあって本土の杉を植えていましたが、気候風土の違いであまり大きく育たないそうです。

樹皮がらせん状に巻きついたようなユーカリの木が、周りの水を大量に吸って成長していました。

c0180460_04580.jpg

樹皮をつつくとスポンジ状になっていて、これならよく水を吸収できるわ!と納得しました。

c0180460_042793.jpg

山道を下り河原に出て、

c0180460_044851.jpg

川を100mほど遡上すると立派な滝がありました。

c0180460_051196.jpg

水はとてもきれいで、タニシや巻貝がたくさん住んでいました。

c0180460_053593.jpg

マイナスイオンに包まれておいしい昼食をとることができ、幸せでした。
by nami-5963 | 2011-04-28 22:05 | 沖縄の不思議 | Comments(5)

ブーゲンビレアの花盛り

嬉しいことに最近、街中にブーゲンビレアの花が咲き誇っていて、

c0180460_14193855.jpg

目を楽しませてくれています。

c0180460_16333927.jpg

新聞には最近雨が少ないからだ、との記事が載っていました。

c0180460_16341964.jpg

ブーゲンビレアの花の咲かせ方講座(10.12.11、参照)の水を余り与えない(水切りのいじめ!)と同じ原理のようです。

c0180460_16345088.jpg

水が少ないと花をつけ、種を作って子孫を残そうとし、水が多いと花をつけずどんどん伸びて成長するばかりだそうです。

c0180460_2156312.jpg

この原理を使ってチャレンジしていることがあります。

c0180460_14304980.jpg

沖縄生活を始めてから、憧れのブーゲンビレアがこのお家のブーゲンビレアなんですよ。

c0180460_16361834.jpg

見事に剪定し、1階と2階のベランダを「チ」の字に覆っています。

c0180460_16381100.jpg

これに憧れて一本のブーゲンビレアを地植えにし、水をしっかり与えて、2階にまで成長させようとチャレンジしています!

c0180460_1638385.jpg

気の遠くなる話ですが、2階からワイヤーをつるし伸びた茎をつなぎとめる準備もOK!

c0180460_16392023.jpg

毎日、せっせと水をやり成長を見届けるのが楽しみになっています。

c0180460_16394040.jpg

嬉しいことに現在150cmを超えました。

これからが楽しみで~す!
by nami-5963 | 2011-04-27 18:31 | 花・草木 | Comments(0)

初めての花

さらに嬉しいことが続きました。

c0180460_1572319.jpg

今朝の新聞を広げると、重い心臓病を患い、渡米して心臓移植を待っていた浦添市の中学2年生の女子生徒(11.01.13、参照)の手術が無事に成功!のニュースが目に入ってきました。嬉しい限りです。

これからも何かと大変でしょうが、頑張っていってほしい!気持ちでいっぱいです。

c0180460_1574538.jpg

みんなが応援してくれていますよ!

身近な嬉しいことに話題を戻しますと、

この家に引っ越してきた時、一階のテラスにランとゴムノキの鉢が置いてありました。

先住者が大切にしていたものだろうと思い、この一年間丁寧に水を与え続けてきました。

ゴムノキはどんどん大きくなり出し、鉢が不釣り合いになってきたので、大きい鉢に替えてやりました。

c0180460_1582244.jpg

するとさらに、ぐんぐん成長し続けてくれています。嬉しい限りです。

c0180460_1592967.jpg

ランはあまり変化がありませんでしたが、3月頃から小さなつぼみをつけ出しました。

c0180460_15111175.jpg

それが、先日小さな花をひっそりと咲かせていて、嬉しくなりました。

c0180460_15114292.jpg

それが二つに増えて喜んでいました。

c0180460_1512398.jpg

今朝は、花が三つに増えていて嬉しい限りです。

まだまた、楽しめそうですね。

c0180460_15123263.jpg

さらに、黄色いイペーの花が一輪だけ咲きました。

c0180460_15132267.jpg

沖縄の青い空によく映えるイペーの花を我が家でも咲かせたくて、

2年前に種をつけている街路樹から、種をもらってきました。

c0180460_15134424.jpg

オブラートのような膜の中にハート形をした種でした。

c0180460_151428.jpg

水に着けておき、発芽したものをたくさん植えたのですが、結局成長したのは一本だけ。

それも2年たっても何の変化もなし!で半ばあきらめかけていました。

c0180460_15144363.jpg

そしたら、先日出かける用があって車に乗り込もうとすると、黄色い花が一輪だけ咲いているではありませんか!

何の前触れもなかっただけに、嬉しくてたまりませんでした。

黄色い花が大~好き!なゆみたんに見せてやるのが楽しみで~す!
by nami-5963 | 2011-04-26 15:00 | 花・草木 | Comments(0)

ビッグママの回復

嬉しいことが続きます。

c0180460_17245145.jpg

わが家の金魚の中心的存在のビッグママが3月初めに体が黒くなってきて、

c0180460_17253880.jpg

エサもあまり食べなくなり出したので、インターネットでいろいろ調べると黒班病とわかりました。

0.6%の食塩水浴がいいと紹介されていました。

20リットルの水槽に住んでいるので、120gの食塩を入れなければなりません。

c0180460_1726473.jpg

食塩のすごい量にビックリしましたが、試してみることにし、病気治療に入ってひと月が経ちました。

いつものようにエサをやろうとすると自分から体を水面に近付けてきました。

c0180460_1726386.jpg

その時の体がとてもきれいになっているのに気づきビックリ!

食欲も回復し、体もきれいになっていて本当にビックリし、嬉しくなって来ました。

インターネットでいろいろ勉強していてよく解ったことがありました。

少量のエサを与えること、エサのやり過ぎは病気の元!

水替えは定期的にすること、水質悪化は病気の元!

c0180460_17281121.jpg

ということで、ベランダに出るとエサをせがむ姿にそのつどエサをやっていたことを大いに反省しました。

さらに、ココアを餌として与えるココア浴も紹介してありました。

ココアに含まれたポリフェノールとカリュウム(K)が整腸作用を発揮して、とてもいいそうです。

c0180460_17271689.jpg

さっそく、ココアも買い込んで、朝にいつものエサを与え、夕方にココアをやることにしました。

金魚を飼っている方、興味のある方は「かんたんな金魚の飼い方」を一度訪ねてみて下さい。


かんたんな金魚の飼い方  http://members.jcom.home.ne.jp/m381t/index.html
by nami-5963 | 2011-04-25 17:28 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

サクラランのその後

サクラランがひとつ咲いてからしばらくたちましたが、

c0180460_18233549.jpg

二つ目が開花しました。

c0180460_1833957.jpg

小さい花芽の時からの成長のようすもご覧下さい。

c0180460_18242070.jpg

今度は玄関前のフェンスに這わせていた部分で、

c0180460_18244530.jpg

とても見えやすいので助かります。

c0180460_1825866.jpg

ご近所の方も、「本当に造花みたいな花ですね!」と言って覗き込んでくれています。

花の左上にもうひとつ小さな花芽がついているのがわかりますか?

c0180460_1825598.jpg

サクラランは今、どんどんつるを伸ばして成長しているところで、家にある5株の花芽を全部数えてみるとなんと14個もあり、驚いてしまいました。

c0180460_18264227.jpg

この株を下さった方が、「サクラランは、一度花芽を出したところから必ず花をつけますよ!」と言
っていたのを思い出し、花が咲き終わった後もとても楽しみにしています。
by nami-5963 | 2011-04-24 18:14 | 花・草木 | Comments(0)

春の星座観察

南城市の玉城青少年の家で春の星座観察会がありました。

c0180460_2514828.jpg

夜にもかかわらず、熱心な天文ファンの親子連れが45人も集まりました。

c0180460_2521558.jpg

土星を見よう!ということで、スライドで土星のことを詳しく説明してもらいました。

c0180460_2524033.jpg

30年かけて太陽の周りを回ること、有名な土星の輪は、小さな無数の氷片が集まったものだということを知りました。

c0180460_253122.jpg

また、春の星座の伝説の詳しいお話しもあり、

c0180460_2533348.jpg

春の星座の見つけ方、

c0180460_254036.jpg

南十字星の見つけ方を丁寧に説明して下さいました。

c0180460_2542932.jpg

望遠鏡で実際に見てみようと屋上に上がると、雲が多くて残念ながらあまり見えませんでした。

c0180460_2544560.jpg

それでも、春の星座のひとつのしし座が見えたり、

c0180460_25521.jpg

冬の大三角形がしっかり観察できました。

前線の接近でどんどん雲が多くなり、残念ながら部屋に戻りました。

c0180460_2553211.jpg

講師の先生は、こども達をがっかりさせてはいけない!と汗びっしょりになりながら簡易プラネタリウムで、丁寧におさらいまでして下さいました。

ありがとうございました。
by nami-5963 | 2011-04-23 23:49 | 宇宙・天体 | Comments(0)

料理教室

久しぶりにおきでん料理教室の「ヘルシー料理」に参加しました。

c0180460_1355745.jpg

先生は笑い声も軽快で、笑顔いっぱいの中、「料理は楽しいのよ!」という感じで、

c0180460_1362761.jpg

「野菜たっぷりヘルシーお弁当」の六品のメニューを丁寧に教えて下さいました。

c0180460_1334222.jpg

これが、①鮭の南蛮漬け②エビのケチャップ煮③きんぴらごぼう④ゆで野菜⑤ジャガイモのゴマまぶし⑥カラシナご飯を上手に盛り付けた先生の作品です。見るからにおいしそうでしょ。

料理のポイントは、白、黒(茶)、赤、黄、緑の五色の食材を上手に組み合わせてバランスを取ること、

c0180460_1381440.jpg

弁当は汁気を少なくし、冷まして詰めると傷みにくいこと、

ショウガ、ユカリ、梅干しをうまく使うと防腐効果があること、

c0180460_1383546.jpg

ごはんとおかずは半々のバランスにし、弁当は冷めてもおいしいように作ること、などを教わりました。

c0180460_1375133.jpg

「沖縄は、梅は採れないのに、梅干しの消費量は日本で一番なのよ!オ、ホ、ホ、ホ、ホ!」と丁寧に笑い声と笑顔いっぱいで説明して下さり、よく理解できました。

料理は楽しいものよ!という感じにあふれているのが、とても素晴らしかったで~す!

今度は私たちが作る番になりました。

私は主に①を担当しましたが、カリッと揚がり、おいしさが衣に閉じ込められ、とてもジューシーだったのがよかったです。

c0180460_1354040.jpg

これが私の作品ですが、弁当箱に六品のメニューを詰めるのにも、センスがいるし、バランスも大切だと感じました。

c0180460_1352327.jpg

盛り付けのコンテストもあり、京都で買ってきた竹網の弁当箱に上手に盛り付けたもの、

c0180460_135970.jpg

漆の螺鈿作りでご主人の名前入りの弁当箱に上手に盛り付けたものが、先生から表彰されていました。

みなさんとても上手で、センスのあるのは、やはり長年ご主人やこどもさんのお弁当を作ってこられたからなんだ!と痛感しました。

c0180460_1341686.jpg

作ったお弁当をおいしく頂きながら、先生の沖縄のわらべ歌やオペラの美声まで聞かせて頂き、

c0180460_1343121.jpg

豪華なランチショーとなりました。

おいしいお弁当ができ、食べられたことに、先生と班のみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました!
by nami-5963 | 2011-04-22 22:19 | 料理・食文化 | Comments(0)

泡瀬干潟③

今日も大潮で、潮の引きが大きいので、泡瀬干潟に駆けつけました。

c0180460_17394099.jpg

連日行っても、いつも違った生物に出会えるので、飽きることはありません!

c0180460_17404810.jpg

泡瀬干潟の豊かさの不思議な魅力なんでしょうか?今日もたくさんの人出でした。

c0180460_1741922.jpg

ミナミコメツキガニの食事の後のきれいな砂粒に見惚れていると、

c0180460_17413882.jpg

一匹の青い色の大人の個体(こどもは茶色!)に出会いました。

c0180460_1742129.jpg

危険を感じると体を丸めてぐるぐると螺旋状に穴を掘り、

c0180460_17423173.jpg

上手に砂に潜ってしまいます。すごい技を持っていますね。

c0180460_1743545.jpg

砂地をモリでつついていると、ピュー!と潮を吹くので、貝かな?と思って掘り出すと毛虫のようなゴカイの仲間でした。

これもすぐに、もそもそと穴を掘って隠れてしまいました。みんな逃げ上手ですね。

c0180460_17432713.jpg

タマガイの仲間の卵塊のスナジャワン(砂茶碗)にちょっと違った形を見つけたので写真を撮りました。

c0180460_17434838.jpg

すると、すぐそばの水深1cmの砂地にタコがいるではありませんか!

c0180460_1744136.jpg

モリでつついてみると一瞬にして体色を替えました。

c0180460_17443417.jpg

さらに驚いたのは、手(足か?)を2本自分でちぎってモリに残したまま、すぐに砂に潜って逃げてしまいました。

「トカゲのしっぽ切り」は小さい頃からよく経験して来ましたが、タコも同じようなことをして身を守るんですね。ビックリでした!

タコの足の「踊り食い」という貴重な経験も初めてしました!

c0180460_17445542.jpg

イソギンチャクが体を丸めて潮が満ちてくるのを待っていたり、

c0180460_17452724.jpg

かなり年季の入ったハボウキガイにはイソスギナや他の海藻もくっついていたり、

c0180460_1746144.jpg

初めて見る巻貝とも2個出会いました。

c0180460_1746227.jpg

だんだん目が慣れてくると、リュウキュウザルボウガイ(赤貝)が水中で潜んでいる姿がよく解るようになってきました。

c0180460_17464189.jpg

それも砂地で、プランクトンのよく獲れる流れの急な所に住んでいるようです。

c0180460_1746572.jpg

そんな訳で今日は大漁となり、

c0180460_17472041.jpg

刺身にしておいしい泡盛を頂きました。

今日も、自然の恵みに感謝!!
by nami-5963 | 2011-04-21 22:36 | 磯遊び | Comments(0)