沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

泡瀬干潟

潮の引きが少ない大潮ですが、泡瀬干潟に出かけました。

c0180460_22474556.jpg

台風2号の強風で途中の街路樹の枝がボキボキ折れたり、根元から倒れたり、

c0180460_2248775.jpg

塩害で葉っぱが茶色になっていて被害の大きさにビックリ!

c0180460_22482658.jpg

とても天気がよく、沖縄は梅雨明けした感じでした。

c0180460_22484761.jpg

天気がいいのでミナミコメツキガニの活動がとても活発で、いつもなら砂にすぐに潜りこむのに、
今日は砂浜を移動し続けるため、踏み潰さないようにするのに気を遣いました。

c0180460_22491458.jpg

いつもより水深があり、風で水面が波立っていて貝はなかなか見つかりませんでしたが、

c0180460_22494026.jpg

その分ケヤリの仲間が活発に触手を伸ばしてエサを採っていました。

c0180460_22495428.jpg

ソデガラッパがいたのでつまんでみましたが、強力な爪ではさまれそうになり思わず手放してしまいました。

c0180460_22501437.jpg

市場でも売っていそうな大きさのワタリガニが死んでいたり、

c0180460_22505671.jpg

5~6cmの管があるところにだけ密集しているのにも出会いました。

c0180460_22512399.jpg

なにかの生物の住み家のようですが、正体はわからず、不思議でした。

c0180460_22514446.jpg

遠くまで散策し、米軍の泡瀬通信基地の巨大アンテナの前のカチ(魚垣)にたどりつきました。

c0180460_22522963.jpg

このカチ(魚垣)は、干満の差が大きい遠浅の海に岩を垣根のように積み上げて魚を捕らえる昔ながらの漁法だそうです。

c0180460_22534523.jpg

潮が満ちた時にカチの内側に入った魚は、潮が引くとカチの内側に閉じ込められてしまい、網ですくって捕まえていたそうで、こんな大きなカチが残っているのも珍しく、価値ある遺産です!

c0180460_2254530.jpg

巨大アンテナのそばに個人で作った海の家があり、とても優雅な生活をしているようでした。

c0180460_22542859.jpg

散策して回っていると、マングロウブが根づいていたり、

c0180460_22544749.jpg

潮が満ちてくるのを待ち続けている貝に出会い、楽しく過ごせました。

c0180460_22555061.jpg

お土産は、ゆみたんの大好きな貝並べ用のタカラガイなどをゲットして来ました。

今日も自然の恵みに感謝!
by nami-5963 | 2011-05-31 22:44 | 磯遊び | Comments(0)

梅雨時の花②

泡瀬の干潟散策に通っていた時、県花に指定されているデイゴの花を見つけました。うれしい!

c0180460_15333128.jpg

沖縄ではデイゴの葉に害虫が住み着いて花が咲かない年が続いているそうで、移住後初めて目にしました。図鑑でインド原産だと初めて知りました。

濃い紫色の花びらの周りを白く縁取りしたかわいい花をたくさんつけるのは、タイワンレンギョウです。

c0180460_15342162.jpg

枝にトゲがあることからハリマツリとも呼ばれるそうです。

最近、街路樹が燃えるような朱赤~オレンジ色の花を咲かせています。

c0180460_15352121.jpg

そばに寄ってみるとホウオウボクの花がかたまりになって咲いていて、緑色の蕾もたくさんついていました。

c0180460_153654.jpg

梅雨の合間の青空によく似合うマダガスカル原産の高木だそうです。

c0180460_15363014.jpg

梅雨の雨粒をはじくようにして赤い花穂を茎の先につけているコモススです。

c0180460_1537177.jpg

赤い花穂に見えるのは苞葉(ほうよう)で、本当の花は苞葉の間から姿をみせる黄色いのが花だそうです。

c0180460_15373420.jpg

不思議ですね。
by nami-5963 | 2011-05-30 15:37 | 花・草木 | Comments(0)

台風2号の直撃

c0180460_11285819.jpg

台風2号が沖縄本島に最接近した5/28の夜から朝にかけては怖いぐらいの猛烈な風が吹きまくりました。

c0180460_11333595.jpg

夜の10:14にブチッ!と停電し、TVもエアコンも止まってからは、真っ暗な中、ドーン!とかドン、コロコロコロ!という音が聞こえましたが、危ないので家の中でじっとしていました。

c0180460_11295637.jpg

朝になり、台風一過の青空の下、家の周りやベランダのようすを見て回ってビックリ!

c0180460_11301516.jpg

桜の木は根元から折れて倒れ、隣の家にはみ出していました。

c0180460_11305669.jpg

となり近所でも3本の木が根こそぎ倒れていました。

c0180460_11492014.jpg

思わず笑ってしまったのは、植木鉢がひっくり返り、その鉢だけがどこかに吹き飛んでなくなっていたことでした。

c0180460_11322455.jpg

ベランダの植木鉢もひっくり返ったり、折れたり、土で汚れて大変でした。

c0180460_11324163.jpg

特に、トウワタは全滅状態!

c0180460_1133680.jpg

ブーゲンビレアの葉っぱが塩害でワカメのような黒い葉になってしまっていて茎にこびりついて
それを取るのが大変!

c0180460_11293329.jpg

後片づけで一日が終わり、明日も作業が続きますが、

c0180460_1134296.jpg

東北の人たちの苦労に比べたら大したことはない!と自分に言い聞かせています。

c0180460_11342358.jpg

新聞を見ると沖縄全体の被害も大きく心配しています。
by nami-5963 | 2011-05-29 22:03 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

おきなわ石の会総会②

最初の講演後の休憩時間に、

c0180460_1353599.jpg

普天満宮の境内を散策すると、神社と言えば普通は狛犬ですが、

c0180460_1351498.jpg

ここのものは阿吽の呼吸のシーサーでした。

c0180460_1355091.jpg

樋川(ヒージャー)もありました。

渡邊正俊副会長の「沖縄にも放射線はあるか」の講演は、福島原発の問題を理解するのにとても役立ちました。

c0180460_1361879.jpg

懐中電灯と放射性物質を比較して、放射能と放射線の違いを分かり易く解説して下さいました。

c0180460_1365264.jpg

TVでよく出るベクレル(Bq)やシーベルト(Sv)、マイクロシーベルト(mSv)にも触れ、解説して下さいました。

c0180460_1372274.jpg

そして、放射線にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線、中性子線の四つの種類があり、

c0180460_1374342.jpg

放射線から身を守るには、放射線源から距離を置く、被曝時間を短くする、放射線源との間に遮蔽物を置くことが大事だそうです。

放射能汚染で一番問題なのは、放射能は細胞分裂の盛んなところのDNAを破壊し、ガンになり易くする、特に成長期にあるこども達が一番被害を受けやすい!とのことでした。
その意味ではやはり、20mSv/年以上は危険!だそうです。

c0180460_138770.jpg

自然界には大地からラジウム温泉などのように放射線を出している場合があるが、沖縄は石灰岩が多いので、全国平均より少ないそうです。

c0180460_1383768.jpg

宇宙からの放射線もありますが、古生代のオゾンの無い時代から強い放射線を受けながら生物が進化し生き残ってきたので、ある程度の耐性があるそうです。

c0180460_1322588.jpg

自然界には普通に放射線があるのですが、放射線についてはまだまだ分からないことがあり、実験ができないという中での今回の事故でも、放射性物質は海では拡散しないこともわかってきています。

c0180460_1391669.jpg

そんなことからも、正しい情報を得て、科学的に恐れることが大切だ!と話を結ばれました。

いろんな質問がたくさん出つくした後に、私は以前から気になっていた地名の「普天間」と「普天満
宮」の漢字の表記の違いについて宮司さんもおられたので、たずねてみました。

c0180460_1393790.jpg

宮司さんのお答は、最初に「ふてんま」という地名があったものを、住所表示では「普天間」とし、「普天満宮」は「普天満」と表記しているだけで、読み方は同じ「ふてんま」です、とのことで長年の疑問がやっと解けました。
by nami-5963 | 2011-05-28 13:09 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

台風2号接近中

今年は台風1号から沖縄にやってくるし、発生するのが早いのが珍しいそうです。

c0180460_0164145.jpg

大雨で街の道路は川のようにあふれかえって流れていますし、

c0180460_017680.jpg

車でも通れば大きな水柱が立つぐらいです。

そんな雨水を我が家では有効利用しています。

c0180460_017359.jpg

70リットルのバケツや小さな水槽に溜めれるだけ溜めこむと、

金魚の水の入れ替え、植木の水やりに使い、

c0180460_0175330.jpg

それでも余れば樋材でベランダに水をひき、ベランダの清掃に使用しています。

まさに、天の恵みの天水(あまみず)です。

c0180460_081613.jpg

台風2号が接近中ですので、

c0180460_0154683.jpg

植木を集めて枝葉が千切れたり、

c0180460_016462.jpg

傷んだりしないように対策も取りました。

被害なく通過してくれることを祈っています。
by nami-5963 | 2011-05-27 22:48 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ベランダのようす①

最近のわが家のベランダも変化に富んで面白いですよ。

c0180460_0491141.jpg

梅雨の雨のしずくがよく似合うゲットウ(月桃)の花がわが家にも咲いてくれています。

c0180460_0493398.jpg

咲き始める前の乳白色のつぼみの先端がほんのりピンク色なのがとてもきれいですね。

c0180460_0512149.jpg

サクラランも一度花をつけたところに二つ目の花をつけ、別の花とダブルで咲き誇ってくれています。

二階にまで伸ばすことを目標にしてきたブーゲンビレアは梅雨の天水(雨水)を糧にしてどんどん成

c0180460_0515315.jpg

長し、175cmにまでになりました。なんだか嬉しくなってきます。

c0180460_0523515.jpg

ランの花も10個目が咲き出しましたが、最初咲いた花がしおれていきます。花の命は短くて!

c0180460_0533088.jpg

トウワタの花がたくさん咲き誇っていたのが終わり、

c0180460_0535124.jpg

緑色の唐辛子状の種の入った袋をたくさん成長させ、綿毛のついた種を飛ばす準備をしています。

ベランダからも目が離せません。
by nami-5963 | 2011-05-26 21:31 | 花・草木 | Comments(0)

おきなわ石の会総会①

c0180460_1514587.jpg

普天満宮でおきなわ石の会の総会と講演会がありました。

c0180460_152364.jpg

総会の後の講演会が、「沖縄も地震どころですよ」と「沖縄にも放射線はあるか」とどちらも東日本大震災後のとてもタイムリーな分かり易いもので、いい勉強になりました。

c0180460_152226.jpg

大城逸郎会長は地球上には12のプレートあり、プレートがぶつかり合うところで地震が起こること、

c0180460_2373989.jpg

今回の大震災は太平洋プレートとユーラシアプレートの間で起こったことを説明して下さいました。

c0180460_1525643.jpg

沖縄ではフィリピン海プレートとユーラシアプレートがぶつかり合っていて、

c0180460_1533164.jpg

沖縄は沖縄海溝(-7500m)側に引き込まれつつあるそうで、

c0180460_155646.jpg

沖縄も地震が多い場所で決して油断できないとのことでした。

c0180460_1552997.jpg

1771年の明和の大津波では宮古・石垣で20mの津波が押し寄せ、大きな岩も運ばれて来ているようすを見せてもらいました。

c0180460_155551.jpg

サンゴ礁は台風の荒波を和らげてくれるが、津波を防ぐ力はないということで、

津波対策としては、やはり20m以上の場所に住むのが安全で、住めない場合は、津波を見に出かけ

たりせずに20m以上の場所にすぐに避難することが大切だ!とのことでした。

「想定外」と言うことを繰り返さないことが大切だと痛感しました。
by nami-5963 | 2011-05-25 21:46 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

街で見かけた??なもの

沖縄国際大学の図書館に通う時、いつもハトがたくさん集まっているところがあります。

c0180460_0572245.jpg

夕方に全員集合するようで、寝る前の顔合わせなのでしょうか?

c0180460_0574568.jpg

いつも不思議に思ってきました。

c0180460_0581624.jpg

ハトは平和の象徴ですが、沖縄国際大学の隣の普天間基地には、たくさんの軍用ヘリコプターが止まっています。

c0180460_058336.jpg

これは沖縄国際大学にも墜落したことがあるとても厄介なしろもので~す。

c0180460_0585982.jpg

別のところでは、ハトが集団で乱舞していました。

c0180460_0593067.jpg

朝と夕方に見られるのですが、どんな意味をもった集団行動なのでしょうか?

これも不思議な行動ですね。

c0180460_10104.jpg

ビックリするほど大きな石柱が道路のそばにあります。看板なのかモニュメントなのか分かりません?不思議な物があるものですね。

c0180460_0562059.jpg

6X6=36という九九の計算練習のような車のナンバープレートに出会いました。

不思議なことが街にはあふれています。
by nami-5963 | 2011-05-24 22:52 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

梅雨時の花①

c0180460_19254073.jpg

ヤンバル方面に出向くと、遠目に白っぽい花がいっぱい咲いています。

c0180460_19261418.jpg

近寄ってみると白い五つの花弁の真ん中に黄色いおしべが多数ある、イジュの花でした。

c0180460_19264492.jpg

この花粉には毒があるそうで、きれいな花なのに切り花に適さないのがもったいないですね。

c0180460_232815100.jpg

雨のしずくをつけてしっとりと細長くオレンジ色の花をつけているのは、グラジオラスです。

c0180460_23284671.jpg

ランに似た黄色い花を房状に垂らしてたくさん咲かせるゲットウ(月桃)も雨露によく似合います。

c0180460_2329316.jpg

乳白色のつぼみの先がほんのりピンク色なのがとてもきれいですし、よい香りも楽しめるのが嬉しいですね。

花の赤色とがくの白色のコントラストが美しいのは、ゲンペイクサギで、

c0180460_23325089.jpg

源氏の白旗と平家の赤旗に見立てて名づけられたそうで、西アフリカ原産のつる性植物だそうです。

赤いがくの先の黄色いのが花で、花の形が釣りに使う浮きに似ていることから、

c0180460_23331337.jpg

ウキツリボクと名付けられたそうで、ブラジル南部原産の2mぐらいの木になるそうです。

c0180460_2334282.jpg

遠目に樹が燃えているかのように見えたので、

c0180460_23343966.jpg

そばに寄ってみると小さな赤っぽい花がたくさん固まって咲き乱れていました。

c0180460_23351622.jpg

図鑑をみましたが、名前が分かりませ~ん!

c0180460_2335439.jpg

そのそばに、キューバ原産のかわいいホコバテイキンザクラの赤い花がたくさん咲いていました。
by nami-5963 | 2011-05-23 19:26 | 花・草木 | Comments(0)

元気なゆみたん

連休以来、久しぶりにゆみたんが遊びに来てくれました。

最近、「髪を結んであげよう!」と誘っても、「いいの!」と言うようになってちょっと寂しいのですが、

c0180460_1142746.jpg

いつものように金魚にエサをやったり、

c0180460_1145512.jpg

お花に水をやろうとしてカタツムリを見つけて大喜び!していました。

c0180460_1151253.jpg

ぎのわんゆいマルシェに買物に出かけ、水槽のお魚を見たり、

c0180460_1152966.jpg

ワタリガニを触らせてもらいました。

c0180460_1155427.jpg

漁港にはたくさんのミジュンがいて、

c0180460_1161078.jpg

それを狙ってたくさんの釣り人が集まっていました。

c0180460_1162443.jpg

見学しながら、今度釣りに来よう!ということになりました。楽しみで~す!

c0180460_1164226.jpg

レストランで、お寿司やお魚・モズクをお腹一杯食べて帰りました。

c0180460_11784.jpg

食後の運動に、近くの公園に出かけると、松ぼっくりとカタツムリがいっぱいで、ゆみたんも大喜びで興奮していました。

c0180460_1175356.jpg

帰って手を洗いながら、台所の「ウミブドウ」を見つけて、食べたいとリクエスト!

c0180460_1181440.jpg

食べながら「ゆみ、ウミブドウのプチプチが好き!」と通のようなことを言うのには、笑ってしまいました。

c0180460_1183424.jpg

粘土遊び、

c0180460_11926.jpg

飾ってあるお魚の写真を使って、「これな~んだ?」のゲーム遊びを楽しんだり、

c0180460_1192269.jpg

座布団を集めて、

c0180460_1194189.jpg

組み立てて、

c0180460_120362.jpg

かくれんぼごっこもとても楽しんでいました。

c0180460_1203148.jpg

見つけられるのが嬉しくて、大はしゃぎのゆみたんでした。

今日も、元気なゆみたんと楽しく過ごせて幸せで~す!
by nami-5963 | 2011-05-22 22:09 | 沖縄の不思議 | Comments(0)