沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

南城市の玉城少年の家で「東御廻りの拝所をたずねて」がありました。

c0180460_1251029.jpg

東御廻り(09.3.19-20、09.9.26、09.10.22、10.5.9、参照)は、琉球国王の聖地巡礼が始まりで、

c0180460_12512736.jpg

14か所をめぐります。いわば「四国八十八カ所巡り」のようなものです。

c0180460_1252586.jpg

今回は、その中で沖縄民族の祖先と言われる「アマミキヨ」が、大海原の彼方のニライカナイから琉球に降り立った順に訪ねてみました。

c0180460_12525091.jpg

最初に訪れたのは、「ヤハラヅカサ」で、ここにアマミキヨが上陸したとされています。

c0180460_12531140.jpg

海中に石碑が立っていますが、干潮時にはそばまで行くことができます。

c0180460_12535870.jpg

次に、アマミキヨが浜川の清水で旅の疲れをいやし、仮住まいをしたという「浜川御嶽(はまかわうたき)」です。

c0180460_12542647.jpg

三番目は、稲作発祥の地と言われる「受水(うきんじゅ)・走水(はいんじゅ)」で、

c0180460_12545873.jpg

ここは今もきれいな湧き水がこんこんと湧きだしているのが素晴らしいですね。

c0180460_12552897.jpg

四番目は、受水・走水のところから見上げたアマミキヨが開いた琉球七嶽の一つの藪薩(ヤブサツ)の御嶽です。

c0180460_12561772.jpg

私は、この御嶽を訪れるのは初めてでしたが、沖縄の典型的な御嶽の姿だそうで、

c0180460_1256417.jpg

何もない岬の先端部に石畳か敷かれ石が置かれているだけのものでした。

c0180460_12574896.jpg

久高島からこの岬の御嶽までの間の七つの小島を伝って神がこの地に降臨すると言われているそうです。

c0180460_1258562.jpg

五番目は、ミントゥングスクで、ここにアマミキヨが定住したので、沖縄の発祥の聖地とされいるそうです。ここは民家の中にあるため今までは見学できたことがありませんでした。今回初めて訪れることができてよかったです。

c0180460_12593130.jpg

午前中の最後は、そばにある仲村渠樋川(ナカンダカリノヒージャー)を訪れました。

c0180460_130110.jpg

ここは石畳と石組が素晴らしく国指定の重要文化財に指定されていますし、昔より水量が減ってきたそうですが、いまもきれいな湧き水がたくさん流れ出していました。

c0180460_1303847.jpg

老夫婦がガジュマルの木の下で、休みを取っておられるようすは沖縄の原風景のようでした。

玉城少年の家でおいしい給食を頂きました。
by nami-5963 | 2011-10-31 12:38 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

大人のやま学校

ハーモニーセンターで大人のやま学校「男性のためのアウトドア講座」があり、

c0180460_0161120.jpg

大人も童心に戻って自然に触れ合おうという趣旨で、

c0180460_0163478.jpg

浦添大公園に出かけました。

c0180460_017176.jpg

さっそく駐車場の側にはえている葉の両側がちぢれている!チヂミザサと

c0180460_0172141.jpg

マダラコオロギを教えてもらいました。

c0180460_0175849.jpg

浦添大公園では、このマダラコオロギに一番多く出会いました。

c0180460_0182671.jpg

川に出ると講師の先生が昨日仕掛けておいてくれた網を引き揚げました。

c0180460_019713.jpg

最初はたくさんのグッピーとかわいいテナガエビとカワニナが採れ、

c0180460_0194149.jpg

二回目の網では大きなテナガエビが2匹とティラピアをゲットできました。

c0180460_020393.jpg

意外と生物が多いのに驚きました。

c0180460_0203170.jpg

イナゴ、

c0180460_0222634.jpg

オオヤスデとカラスウリ、

c0180460_0272168.jpg

ナナフシの緑色のかわいい幼虫、

c0180460_0274875.jpg

ナガマルコガネグモなどにも出会いました。

c0180460_0281075.jpg

葉っぱを丸めて珍しい住み家にするタテハチョウの幼虫もいました。

c0180460_029287.jpg

普天間街道に続く当山の石畳と

c0180460_0292930.jpg

当山橋のそばで休憩を取りました。

c0180460_0311711.jpg

モリバッタ、

c0180460_0314117.jpg

カタツムリだと思ったらフタのあるオキナワヤマタニシがいたり、

c0180460_0321276.jpg

超ビッグなオオジョロウグモにもたくさん出会いました。

c0180460_10242456.jpg

このオオジョロウグモはオスがとても小さく、交尾後はメスに食べられてしまわないように命がけの
交尾をする!と聞かされ笑ってしまいました。

c0180460_10244276.jpg

真ん中にオオジョロウグモのメスがじんどり、右斜め上に小さい3匹のオスがいるのがわかりますか?

c0180460_10251053.jpg

今日一番感動したのは、昼間なのにエサを求めてお猿さんのように樹を移動するオオコオモリを3匹も見ることができたことです。

c0180460_1025324.jpg

まだまだ豊かな自然が残っている浦添大公園にゆみたんを連れて来てやったら大喜びするだろうな~と思いました。
by nami-5963 | 2011-10-30 23:05 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

おもろの歌碑巡り

「おもろ」が、神をたたえる歌謡で、それらを集めて編集した「おもろそうし」は全22巻あり、1554首が収められているそうです。

c0180460_6154771.jpg

浦添に関するものは15巻の「うらおそい・きたたん・よんたんざおもろ」に52首収められているそうです。

c0180460_638718.jpg

その中の9首が浦添市内の9か所に歌碑として建てられているということで、その歌碑巡りがありましました。

c0180460_6162373.jpg

バスで移動中に先生が、「おもろ」の意味の説明を詳しくして下さいました。

c0180460_6164628.jpg

一番目は、沢岻(たくし)のめじろ公園の碑で、

c0180460_6181123.jpg

国中に名声が鳴り響く沢岻太郎の名付け親を讃えた歌でした。

c0180460_6194946.jpg

二番目は、仲間交番前の碑で、

c0180460_6205562.jpg

浦添は黄金が集まる素晴らしく繁栄した土地であることを讃えたものでした。

c0180460_6231997.jpg

三番目は、浦西中学校正門前の碑で、

c0180460_639584.jpg

浦添グスクの王の偉大さを讃えた歌でした。

c0180460_6241310.jpg

四番目は、牧港漁港にある石碑で、

c0180460_625691.jpg

c0180460_640431.jpg

膨大な利益をもたらす中国との進貢貿易に成功した察度王(さっとおう)を讃えたものでした。

c0180460_6253488.jpg

五番目は、仲西公民館前の碑で、

c0180460_650111.jpg

仲西のすぐれた船の操り人の真人を讃えた歌でした。

c0180460_6255478.jpg

六番目は、屋冨祖(やふそ)公民館前の碑で、

c0180460_6421391.jpg

親冨祖の大屋子が貢物をささげるようすを歌ったものでした。

c0180460_6261870.jpg

ここで参加者全員の写真撮影をしたり、

c0180460_6282191.jpg

公園を見て回ると大きなサガリバナの実がついていてビックリ!

c0180460_6285077.jpg

七番目は、城間のゆみたんがよく遊びに行くという泉小公園の碑で、

c0180460_6291217.jpg

c0180460_6431271.jpg

城間の長老が神女たちと神祭りをするようすを歌ったものでした。

c0180460_6293840.jpg

八番目は、去年までのゆみたんの運動会会場だった伊祖公園の碑で、

c0180460_6435253.jpg

一年中酒盛りができるほどの英祖王がいつまでも栄えることを祈った歌でした。

c0180460_6295832.jpg

九番目は、浦添運動公園メインゲート前の碑で、

c0180460_6301937.jpg

c0180460_645446.jpg

浦添は新酒が満ち溢れた豊かな土地であることを褒めたたえていました。

こうして9か所の歌碑をめぐってみると、首里城以前の古琉球の王府だった浦添の歴史と繁栄ぶりを誇りに感じることができました。
by nami-5963 | 2011-10-29 21:46 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

月下美人

月下美人の今年、四度目の開花がありました。

c0180460_16545081.jpg

株分けした二階の月下美人のつぼみがだんだん大きくなってくれています。

c0180460_16555381.jpg

その親の一階の月下美人も、花芽を四つもつけてくれましたが、

c0180460_16564668.jpg

途中で二つ落ちてしまいました。

c0180460_1657279.jpg

少しずつつぼみが大きくなって来て、

c0180460_1772233.jpg

下向きだったつぼみがついに上向きになってきました。

c0180460_17101013.jpg

つぼみが膨らんで来て、

c0180460_1705217.jpg


ついに今晩、花を咲かせてくれました。

c0180460_1715070.jpg

それもしめしあわせたように三つ同時にです。なにか呼び合うものがあるのでしょうか?

c0180460_1722266.jpg

大潮だからでしょうか?不思議でなりません。

c0180460_1712498.jpg

ほのかに甘い香りを漂わせ、暗い夜に人知れず一夜だけの花を咲かせるなんてとてもロマンチックですね。

c0180460_1735586.jpg

花の命は短くて、朝の姿が無残でなりません・・・
by nami-5963 | 2011-10-28 23:50 | 花・草木 | Comments(0)

組踊観賞会

おきなわ県民カレッジで、組踊(くみおどり)の「大城崩(おおしろくずれ)」の観賞会がありました。

c0180460_23393484.jpg

組踊が2010年11月16日、ユネスコ世界無形文化遺産に指定されたことを受け、

c0180460_23395744.jpg

割安の料金で多くの県民に組踊に親しんでもらおうという取り組みでした。

c0180460_23383670.jpg

会場の立派な「国立劇場おきなわ」に初めて行きましたが、

c0180460_23401910.jpg

そばにある組踊公園には、

c0180460_2340404.jpg

先達顕彰碑などもあり、組踊の歴史や重みを感じることができました。

c0180460_2341990.jpg

最初に大学の先生から組踊についての解説がありました。

c0180460_23414095.jpg

組踊は、せりふを主として歌(音楽)と踊りで筋を運ぶ沖縄独自の歌舞劇であり、
琉球王府の踊奉行に任命された玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)が、中国皇帝の使者「冊封使(さっぽうし)」を歓待するために、沖縄の古来の芸能や故事を基礎に創作したもので、1719年に初めて上演されたそうです。

c0180460_2342968.jpg

玉城朝薫の創作した5つの作品を含め、その後の踊奉行らによって創作された組踊は現在約70作品が確認されているそうです。

c0180460_23433471.jpg

会場には組踊の舞台のミニチュアがありましたが、

c0180460_23435229.jpg

本物はもっと素晴らしかったですよ。

ここからは、すべて撮影禁止のため残念でしたが、「大城崩」が敵討(かたきうち)の物語ながら、敵討を続けていると永遠に繰り返すことになるので、「ここで止めましょう!」という勇気ある母の言葉が光り輝いていました。
by nami-5963 | 2011-10-27 23:45 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

ボウリング

運動不足の解消にボウリングに出かけました。

ボウリングはいつもの2時間、投げ放題、1000円のコースで~す!

今日は、体調も良く、スペァやストライクがよく出て、好調な中いい汗をかいて11ゲームも楽しむことができました。

c0180460_1810387.jpg

5ゲーム目でストライクが3連続するターキーが出て、

c0180460_18102741.jpg

181点を獲得できました。

c0180460_18104473.jpg

6ゲーム目でストライクが4連続するフォースが出ましたが、

c0180460_1811888.jpg

相変わらずの詰めの甘さが出てしまい192点止まりで、残念!

c0180460_18113481.jpg

9ゲーム目でターキーとストライクが2連続するダブルが出て、

c0180460_1811572.jpg

ついに久しぶりの212点をゲット、やった~!

c0180460_18121624.jpg

コンピーターも200アップを祝ってくれるのがうれしかったで~す!
by nami-5963 | 2011-10-26 18:08 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

おもろ講座

浦添市の中央公民館で「おもろ講座」が二回ありました。

沖縄で生活するといままで耳にしたことのない「てだこ」や「おもろ」という言葉を耳にすることが多く、なんだろう?と疑問に思ってきました。

最近やっと、「てだこ」の「てだ」は太陽のことで、「てだこ」は太陽の子を意味し、英祖王のことをさしていることが解りました。

「おもろ」に至っては、大阪弁で「おもろいやっちゃ!」という「ちょっと変わった人物」的にしかとらえていませんでした。

c0180460_1621255.jpg

その「おもろ」が、神をたたえる歌だ!ということをこの講座で初めて知りました。

c0180460_1621419.jpg

この「おもろそうし」は首里の琉球王府が十六世紀から十七世紀にかけて採録・編集した神をたたえる歌謡集で、古事記や万葉集などを合わせたものにあたる沖縄最大の古典だそうです。

c0180460_16223269.jpg

全部で22巻あり、1554首のおもろが収められていて、浦添に関するものは15巻の「うらおそい・きたたん・よんたんざおもろ」に52首収められているそうです。

c0180460_1623379.jpg

おもろの形式は歌い出しの「一」と繰り返しの「又」があるのが特徴で、音楽的リズムを持たせているそうです。

c0180460_16243291.jpg

二回の講座でメモは取るものの、意味がさっぱり分からず、「神をたたえる歌なんだ!」と自分に言い聞かせていました。

c0180460_16245491.jpg

かの「おもろと沖縄学の父」と言われた伊波普猷(いはふゆう)でさえ、最初に「おもろ」に出会った時は、意味がさっぱり分からなかった!そうですから心配いりませんね。

c0180460_16251471.jpg

図書館をのぞいてみると「おもろ」のコーナーもあり、

c0180460_16253648.jpg

岩波文庫にも二冊あることがわかり、これからぼつぼつ勉強して行こうかな、と思っています。
by nami-5963 | 2011-10-25 16:25 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

わが家の動物たち③

なんだかカメムシが我が家に集合してきているようです。

先日レポートした(2011.10.21、参照)ところ以外にも、カメムシが群れていました。

c0180460_12425368.jpg

フラッシュを当てると葉っぱの裏に移動します。

c0180460_12433423.jpg

葉っぱの裏をのぞいてみるといっぱい!隠れていました。

c0180460_1244010.jpg

別のところではサクラランの伸びたツルの先端にサーカスの綱渡りのようにたくさんぶら下がっていました。

どんな意味があるのか?なぜこんなに集まってくるのか?不思議でなりません。

c0180460_12443735.jpg

さらに、この間紹介したハチの巣?らしきものに泥できちんとフタがされていました??

どうなっているのでしょうか、不思議でなりません。

c0180460_12461875.jpg

また、ゆみたんが、389(サンパーク)カーニバルの初日に金魚すくいをして、もらったという出目金を我が家で預かってお世話することになりました。

仲がよさそうなので卵を産むかな?!と期待しています。
by nami-5963 | 2011-10-24 18:39 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

歴史ガイド研修会

「うらおそい歴史ガイド友の会」の四大事業の一つの「尚寧王の道をたどる」(2009.11.4、参照)が11月3日に迫ってきました。

c0180460_18542790.jpg

そこで、新しく歴史ガイドになった4期生がガイドデビューするために、4期生を中心に事前研修会が開かれました。

ようどれ館から首里城までの5Kmの尚寧王の道を辿りながら、要所要所の解説をしてもらいました。

c0180460_18552236.jpg

最初の浦添城の前の碑では、

c0180460_18553883.jpg

小学生のこどもガイドさんが説明してくれましたが、その落ち着きぶりとまとまった説明に4期生もビックリ!でした。

c0180460_1856778.jpg

歩いている時も集団の安全に気を配り、事故にならないように信号や横断歩道の利用をすることの大切さも感じました。

c0180460_18562168.jpg

急な坂を下り谷底に着くときれいに復元された安波茶橋があり、

c0180460_18565346.jpg

ここを中頭方西海道が通っているということです。

c0180460_18572213.jpg

この奥にある国王が赤い皿で水を飲んだというきれいな水が湧き出している「赤皿ガー」を初めて見学しました。

c0180460_18574196.jpg

経塚の碑では、唯一トイレがあるので、有効活用に心がけたいですね。

c0180460_1859467.jpg

途中きれいなニトベカズラのピンクの花を楽しんだりすることもでき、心がなごみました。

c0180460_18592434.jpg

ニシヌヒラと

c0180460_18594723.jpg

フェーヌヒラの急坂は息が切れる難所でした。

c0180460_190618.jpg

太平(平良)橋は現在の場所より下流にかかっていたそうで、

c0180460_1902454.jpg

急坂を登ると儀保くびりでした。

c0180460_1904585.jpg

首里に向けての急坂を登りだすと安谷川(あだにがー)がありましたが、私は初めて見学しました。

c0180460_191559.jpg

さらに坂を登ると、宝珠のついた石造りのアーチ門の安谷川嶽がありました。

c0180460_1912329.jpg

中城御殿跡の美しい扇形の相方積みのすばらしさに感動し、

c0180460_1914529.jpg

暗渠になった下之橋のきれいなアーチ部分も初めて見ました。

c0180460_192123.jpg

この橋の欄干がとてもきれいな造りだったそうです。

c0180460_1922336.jpg

最後の首里城の久慶門(ほこりうじょう)は、王府に仕える人たちの通用門で、国王の普天間宮の参拝や国頭行事の出発門で、中頭方西海道のスタート地点だったそうです。

c0180460_1925287.jpg

4時間をかけて5Kmを歩き足はガタガタ、たくさんのことをいっぺんに勉強しすぎて知恵熱が出そうで、歴史ガイドの道は険しいで~す!
by nami-5963 | 2011-10-23 21:43 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)
かかりつけの内科医院で389(サンパーク)カーニバルのポスターを見つけ、看護士さんと話していると、

c0180460_16104993.jpg

「ペンギンがいたり民謡や琉舞もあり、二日目は城間の前村渠(めーだかり)と後村渠(しーだかり)が激突する城間松明(テービー)大綱引きもあり、とても楽しいですよ!」と教えて下さり、

c0180460_16113154.jpg

「ゆみたんといっしょに楽しんで下さい。」と親切に抽選券まで下さいました。

c0180460_16115640.jpg

初日目は、じいちゃんは夜の勉強会があり、いっしょに行けなかったのですが、ペンギンがそばで見られて大喜びしていたそうで、抽選ではビールが当たってラッキーのようでした。

ゆみたんはとても楽しかったので、二日目は「じいちゃんを誘って行く!」と決めていたようで、夕方家に誘いに来てくれました。

c0180460_16123149.jpg

大好きなカイバ(シラ)とマグロの刺身を食べ、

c0180460_16125371.jpg

パズルを楽しんでから、

c0180460_16132172.jpg

走って出かけました。

c0180460_16134247.jpg

会場ではさっそくかき氷をゲットし、

c0180460_16141156.jpg

昨日から欲しかったプリキュアの風船を「じいちゃん、買って~!」と上手におねだりして来ます。

c0180460_16143742.jpg

綱引きの前に両陣営の代表がにらみ合うシタクがあり、

c0180460_1615285.jpg

前村渠の雄綱(うーじな)と後村渠の雌綱(みーじな)がドッキングし、

c0180460_1615393.jpg

カヌチ棒でしっかり固定され、いよいよ大綱引きの始まりです。

c0180460_16161677.jpg

両陣営とも接戦でしたが、最初は前村渠が勝利し、

c0180460_16163866.jpg

旗頭を打ち振って大喜び!

c0180460_16303623.jpg

二回目は、後村渠が発奮して勝利し、

c0180460_16174564.jpg

旗頭を打ち振って大喜び!の引き分けでした。

c0180460_1618128.jpg

綱引きが終わると細い引き綱を切って持って帰り、魔除けやお守りとして家に飾るそうです。

c0180460_16183098.jpg

きれいに装飾したものも配られていてもらってきました。

c0180460_1619558.jpg

最後は青年団のエイサーの演舞があり、

c0180460_16192759.jpg

とても力強く勇壮でした。

小さい時から見慣れているとリズム感も身について上手になるものですね。

c0180460_162032.jpg

ゆみたんも「大きくなったら、エイサーする!」と言い出していますので、これからが楽しみで~す!

c0180460_16203171.jpg

最後はカチャーシーで大いに盛り上がり、

c0180460_16214851.jpg

楽しい大綱引きも無事終わることができました。

ゆみたんちのそばにこんな素晴らしいお祭りがあるのを初めて知り、来年からが楽しみになりました。
by nami-5963 | 2011-10-22 23:07 | 沖縄の不思議 | Comments(0)