沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2013年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

湧水冊子の完成

湧水fun倶楽部で長年取り組んできたことをまとめた「浦添の湧水」の冊子が、

c0180460_4291742.jpg

みんなの努力でやっと完成しました。

c0180460_4293147.jpg

冊子の完成をお互いに喜び合うとともに、

c0180460_430489.jpg

会長の誕生日もいっしょにお祝いしました。

c0180460_4301535.jpg

ホームページを立ち上げてくれた方も内容を紹介して下さいました。

c0180460_4305072.jpg

みんなの力が合わさることにより、活動のすそ野がどんどんと広がってきていますので、今後が楽しみで~す。

1000部の「浦添の湧水」の冊子は、市役所、図書館、ようどれ館、各公民館・学校に配布してありますので、ご活用下さい。


湧き水fun倶楽部
E-mail wakimizufun@yahoo.co.jp
ブログ http://wakimizufun.ti-da.net/
HP   http://www.urawaki.mobi/index.html
by nami-5963 | 2013-05-30 22:23 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
5月の末に港川小学校の4年生の環境学習がカーミージーの海であり、友達といっしょにガイドに出かけました。

c0180460_327149.jpg

去年から4クラスを2日間に分けて取り組みだしたので、とても観察しやすくなり、充実したものになってきました。

c0180460_3285046.jpg

先生や自治会長さんの話の後、

c0180460_3291637.jpg

海のそばに移動すると、「きれいな海!」の歓声が聞こえました。

c0180460_3294669.jpg

岸辺の岩にたくさんの穴が開いているのは、岩の下に貝が住んでいる!と聞かされビックリ!

c0180460_3302918.jpg

そのそばにいた、白いガラス質のとげがいっぱいのウミケムシにさわると痛くなるよ!言われてまたもビックリ!

c0180460_3312048.jpg

歩いていると、どろどろしたゼリー状のものにたくさん出会い、

c0180460_3322516.jpg

ゴカイの仲間の卵塊だと知らされて、感触を楽しみ、

c0180460_3314798.jpg

ピンクの粒が一つ一つの卵だということを知り、興奮していました。

c0180460_333337.jpg

他にも黒いウミウシ、

c0180460_3335056.jpg

肉食のヒョウモンヒラムシ、

c0180460_3342622.jpg

ヤドカリを食べるカニのソデガラッパ、

c0180460_3345124.jpg

クロナマコとニセクロナマコ、

c0180460_3351528.jpg

珍しいタツノオトシゴ、

c0180460_3354584.jpg

ウニの仲間のナガウニ、

c0180460_3361889.jpg

マンジュウヒトデ、

c0180460_336529.jpg

毛が生えたようなケブカガニ、

c0180460_337183.jpg

保護色の魚のコチの仲間、

c0180460_33855100.jpg

ちくちくするオオイカリナマコに出会い、

c0180460_3394628.jpg

たくさんの眼で観察する組織力に感心しました。

c0180460_3403011.jpg

ゴカイが砂の中の栄養分を取った後のウンコの山がたくさんあり、

c0180460_3412033.jpg

これがきれいな海を作っているということを知ってビックリ!

c0180460_3414258.jpg

また、海草のリュウキュウスガモで丸い巣穴にすむトゲアナエビを釣り上げる遊びも普段できない経験で、

c0180460_3421652.jpg

みんなで楽しんでいました。

c0180460_3425924.jpg

いろんな貴重な経験をした楽しい観察会もあっという間に時間が過ぎてしまいました。

c0180460_3432667.jpg

また来たいね!
by nami-5963 | 2013-05-28 22:23 | 磯遊び | Comments(0)

ホタル

県立糸満青少年の家でホタルの観察会があり、ゆみさんと出かけました。

c0180460_1172873.jpg

講師は琉大の風樹館の佐々木健志先生(2011.11.10、参照)で楽しくわかりやすく説明してくださり、

c0180460_1183115.jpg

ゆみさんも熱心に聞いていました。

c0180460_1182186.jpg

最初に、この狭い沖縄に日本のホタルの56種のうち28種がいることにビックリ!

c0180460_1204981.jpg

また、水生ホタルは、ゲンジボタル、ヘイケボタル、クメジマボタルの3種しかおらず、あとの53種はすべて陸生ホタルということにもビックリ!

c0180460_1202878.jpg

ホタルが光るのは雄と雌が出会うためのもので、そのため都会などの光あふれる環境には住めなくなったことも知りました。

c0180460_1213941.jpg

いよいよ屋外に観察に出かけるとたくさん光っているのにビックリ!

c0180460_1212255.jpg

光りながら飛んできて、ゆみさんの手に止まったので、明かりをつけてみてまた、その小ささにびっくり!

c0180460_1222691.jpg

今日はクロイワボタルとスジボタルが観察できました。

c0180460_12255.jpg

たっぷり楽しむことができ、大満足のゆみさんでしたが、駐車場への帰り道でもいっぱい見られ、興奮していました。
by nami-5963 | 2013-05-25 22:15 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
c0180460_3502271.jpg

大潮になったので、友達二人とカーミージーの海に出かけました。

c0180460_345556.jpg

カーミージーの海が初めてだという友達は、ソデガラッパにも初めて出会ったようで、「ペンチのようなはさみで、ヤドカリの貝殻を割って身を食べる!」ということにビックリ!していました。

c0180460_3461814.jpg

散策していると、先日の大潮でオニダルマオコゼをゲットしたことが話題になり(2013.5.12、参照)、その岩場に出かけました。

カーミージーの海が初めてだという友達に、その岩場にモリを入れてもらうとビックリ!!

c0180460_3462072.jpg

先日のものより少し小ぶりのオニダルマオコゼがまた出てきて、一度あることは二度ある!でした。

c0180460_3515694.jpg

どうやらこの岩場はオニダルマオコゼの巣になっているようでした。

c0180460_3482020.jpg

もう一人の友達は初めてカーミージーでタコをゲットして大喜び!し、シャコガイもいくつか見つけていました。

c0180460_3492575.jpg

私は何も収穫がなかったので、トゲアナエビ釣りを楽しみました。

c0180460_3521271.jpg

また、友達はタコとシャコガイを持ち帰れないというので、その場でさばいてみんなでおいしく頂きました。

c0180460_353340.jpg

その間、オニダルマオコゼは潮溜まりで過ごし、夕方に「おいしかった!」と友達の味覚を喜ばせたようでした。

今日も自然の恵みに感謝!
by nami-5963 | 2013-05-24 21:40 | 磯遊び | Comments(2)

カバマダラ②

c0180460_5182893.jpg

トウワタの葉っぱに産み付けられたカバマダラの卵から、しばらくすると幼虫が生まれました。

c0180460_5184777.jpg

幼虫は小さいころから食欲旺盛でモリモリとトウワタの葉っぱをかじって食べていきます。

c0180460_5191820.jpg

それも、鳥などの天敵に食べられないように葉の裏側に上手に隠れながら葉をかじっていきます。

c0180460_520358.jpg

どんなに上手に隠れていても葉をかじった跡と黒いウンコの粒をたよりに探していくと必ず幼虫を見つけることができます。

c0180460_5205483.jpg

ゆみさんも熱心に探し、見つけて喜んでいました。

c0180460_5224049.jpg

一日中、トウワタの葉っぱを食べるので、幼虫の成長はとても速いです。

c0180460_5225074.jpg

また、幼虫が多い時には、食糧不足の緊急事態が起こり、

c0180460_5233613.jpg

葉っぱが亡くなると軟らかい茎の先端もかじりあうこともありました。

c0180460_5243383.jpg

トウワタはアルカロイドの毒を持つ植物で、それを食べて成長するカバマダラの幼虫の体にもアルカロイドの毒がどんどん蓄積されていくそうです。

c0180460_5251028.jpg

何度か脱皮しながらどんどん成長していきますが、脱皮した皮が体にくっついて残っていることもあり、びっくりしたこともありました。

c0180460_5253193.jpg

4cm位に成長すると、

c0180460_52601.jpg

さなぎになるために鳥などの天敵に見つかりにくい安全で雨風の避けられるいい場所を探し回ります。
by nami-5963 | 2013-05-23 22:26 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

パッションフルーツ

今年も我が家にパッションフルーツの花が咲いてくれました。

c0180460_358384.jpg

少しずつ日にちをおいて全部で5つの花を楽しむことができました。

c0180460_3582530.jpg

この花は大きくて見栄えもよく、時計に似ていることからクダモノトケイソウとも呼ばれるそうで、

c0180460_3584986.jpg

真ん中の3つのハート型のものがめしべで、周りにある5個のコッペパンのような形のものがおしべだそうです。

c0180460_359767.jpg

うまく受粉すると緑色のふくらみができ、やがてパッションフルーツにまで成長します。

c0180460_3593739.jpg

受粉しなかったものはポロリと落ちてしまい、我が家では現在3個の実りが成長しつつあります。

c0180460_3595256.jpg

今年は実が大きくなっても重みで落ちないように支柱で支えをしてやったせいか5分の3の60%の高確率で実りつつあるのが嬉しい限りで~す。

c0180460_402096.jpg

街のスーパーにもパッションフルーツが並びだしましたので、我が家でも収穫できるのが楽しみです。
by nami-5963 | 2013-05-21 22:53 | 花・草木 | Comments(0)

キチョウ

チョウチョウのカバマダラに続きキチョウも産卵にやってきたようです。

c0180460_2163666.jpg

見ていると尻尾を折り曲げて葉っぱに卵を産みつけようと産卵意欲に燃えていましたが、

c0180460_2132376.jpg

蜜を吸う余裕もなくひらひらとせわしなく飛び回ってなかなか写真を撮らせてくれません。

c0180460_2134578.jpg

飛び立った後の葉っぱをゆっくり見ると、しっかり卵を産みつけていました。

c0180460_285743.jpg

卵を産みつけているのはマメ科のオオゴチョウの葉ですが、

c0180460_214558.jpg

この葉っぱに7個の卵を産みつけているのがわかりますか?

c0180460_2154452.jpg

葉っぱを裏返してみると、3個の卵を産みつけていて、合計10個も産みつけていてビックリ!

c0180460_295274.jpg

いろんな葉っぱを調べてみると、柔らかい若葉を選んでしっかり卵を産みつけていて、

c0180460_2103236.jpg

キチョウの親心に感心しました。

c0180460_2122898.jpg

自然って素晴らしいものですね!
by nami-5963 | 2013-05-19 22:06 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

お花祭り

ゆみさんの保育園で御釈迦さんの誕生祭の「お花祭り」があり、今回で最後になるので参観に出かけました。

c0180460_1641985.jpg

保育園に着くと廊下から会場の部屋まで、超満員のすし詰め状態でした。

c0180460_16414356.jpg

ゆみさんは年長さんとして甘茶、お菓子、果物、たくさんの花束を運ぶ係を務める一員で、

c0180460_1642664.jpg

式を盛り上げるために活躍していました。

c0180460_16424361.jpg

ろうそくに灯をともし、お供え物をして、みんなで合掌し、「お花祭りの歌」をみんなで合唱して式が始まりました。

c0180460_16452993.jpg

園長さんのお話や紙芝居で、御釈迦さんの誕生日に甘い雨が降ったので、甘茶をかける風習が生まれた、ということを知りました。

c0180460_16435547.jpg

元気よくうたを歌い、手話のうたも披露し、満足げな表情のゆみさんでした。

c0180460_16471418.jpg

廊下にはサーターアンダギーや甘茶が置かれ、自由に飲んだり食べたりでき、お土産に赤飯まで用意されている親切さにビックリ!

c0180460_16501870.jpg

最後に年少さんから順番に、お茶をかけて集合写真を撮って流れ解散となりますが、

c0180460_16513348.jpg

これが二時間近くかかり大変でした。

c0180460_1654294.jpg

パパ・ママといっしょに過ごせてとてもうれしそうにしているゆみさんのようすや

c0180460_16492840.jpg

ののさま(御釈迦さんの呼び名だそうです)といっしょに大好きな公園の遊具遊びをしている絵を見ることができ、

c0180460_16523198.jpg

とても有意義な「お花祭り」となりました。
by nami-5963 | 2013-05-18 20:38 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

サクララン

去年は台風の被害であまり見られなかったサクラランの花が今年はたくさん見られて嬉しい限りです。

c0180460_2311492.jpg

小さなかわいいつぼみが出てきて、

c0180460_2321468.jpg

だんだん大きくなってきましたが、アブラムシがいっぱいついて困りました。

c0180460_2331223.jpg

ゆみさんはこのサクラランの花がお気に入りで、「つぼみが出てきたよ!」と知らせると熱心にのぞき込んでいました。

c0180460_233533.jpg

さらに大きくなって花の形らしくなり、

c0180460_2341416.jpg

ついにきれいな半球状の花が咲いてくれました。

c0180460_2343449.jpg

今年は10個ほどの花が咲いてくれ、嬉しい限りでした。

c0180460_2344953.jpg

アジア東南部の熱帯から亜熱帯に分布し、つる性の多年草で、花の色が桜に似て葉はラン科植物に似ていることからサクラランと名前がついたそうで、とても甘いいい香りを漂わせてくれます。

c0180460_2351273.jpg

最初に見た時は造花だと思いましたし、きれいな半球状に花が咲くのも不思議でなりません。

c0180460_2353462.jpg

花には甘い蜜も出てくるので、カメムシもいっぱい群れていますが、ゆみさんも虫のいないところの蜜を指先で採ってなめるのが大好きで~す。

c0180460_2355886.jpg

花が散ると茎の先端が膨らんだままですが、

c0180460_2361657.jpg

そこから新しい花のつぼみができてきて、同じところに何度も花を咲かすのも不思議でなりません。
by nami-5963 | 2013-05-15 21:06 | 花・草木 | Comments(0)

オニダルマオコゼ

今日も大潮なので、友達といっしょにカーミージーの干潟の散策に出かけました。

c0180460_0381472.jpg

散策していると、珍しいルリシオマネキがいたり、

c0180460_0393331.jpg

なぜかたくさんのナマコがあつまっていた??りしました。

c0180460_040849.jpg

たくさんのニセクロナマコのいる岩のくぼみにモリを突き刺すと、手ごたえがあるものの何に刺さったのかもわからず、動きもありません?!

c0180460_0405431.jpg

モリを回しながら引っ張り出すとオニダルマオコゼが出てきてビックリ!

c0180460_0411787.jpg

ダイビングで何度か出会ってきたものの、死亡事故の起こったことのある背びれの猛毒の針を見るのは初めてでした。

c0180460_0413685.jpg

口が大きく、泳ぐのが下手な待ち伏せ型の魚ですが、本当の眼がどれか皆さんわかりますか?

c0180460_042266.jpg

友達はシャコガイをゲットし、

c0180460_0422677.jpg

持ち帰られないというので、その場で漁師料理にしました。

c0180460_042546.jpg

天然の塩味がきいていて、身はコリコリと、とてもおいしかったで~す。

今日も自然の恵みに感謝!

c0180460_04329100.jpg

持ち帰ったオニダルマオコゼを調理しかけるとゆみさんが保育園から戻ってきて、「猛毒を持ったオニダルマオコゼだよ!」と説明すると恐る恐る覗き込んでいました。

c0180460_044349.jpg

ボールに入れると左から、大きな口、小さな眼、背びれの猛毒の針、大きな胸ビレなどがよくわかりました。

c0180460_0442957.jpg

最初に、背びれの猛毒の針を料理ばさみで切り落とし、

c0180460_0445764.jpg

背びれの周りの肉を取り除き、

c0180460_0453022.jpg

あとは普通の魚と同じように三枚におろしました。

c0180460_0455517.jpg

うろこがなく、皮膚はぶよぶよしていてアンコウのような感じで、でかい頭は岩のように硬かった!ですが、

c0180460_0462017.jpg

内臓は左下から胃袋とその上にのった小さな黒っぽい心臓、それに腸が続き、出てきたウンコの臭かったこと!!右上がでっかい肝臓で、皿の上には卵が乗っています。

c0180460_0465485.jpg

刺身が出来上がったころにゆみさんのパパとママも駆け付け、

c0180460_19235.jpg

いっしょに「おいしい!おいしい!!」と言いながら自然の恵みをいただきました。

c0180460_0594581.jpg

刺身の身はコリコリした食感で、煮込んだものはゼラチン質が多くコラーゲンたっぷりな感じでとてもおいしかったですし、

c0180460_048293.jpg

内臓もそれぞれの味がありましたが、卵が一番おいしかったで~す。

c0180460_04840100.jpg

怖がっていたゆみさんが熱心に食べてくれたのが嬉しい限りでした。

今日も自然の恵みに感謝!!
by nami-5963 | 2013-05-12 22:27 | 磯遊び | Comments(0)