沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

すばらしい生命力

いつもの朝の水やりをしているとオオバギの葉っぱの裏側にカミキリムシが止まっているのを発見!

c0180460_1352912.jpg

急いでカメラを取りに行って写真を撮り、

c0180460_1355426.jpg

すごくたくましいカミキリムシの表情の写真が撮れ、大満足で~す。

c0180460_1362619.jpg

すぐそばにある二階にまで伸ばしたブーゲンビレアの幹を見てビックリ!

c0180460_1365125.jpg

今まで幹が一部細い所があったのは知っていましたが、仕方ない!ものと思ってきました。

c0180460_1372555.jpg

ところが幹の細い部分の上部から根のようなものがたくさん出てきているではありませんか!!

c0180460_138469.jpg

細い幹では十分に水分を補うことができないので、新たな水分補給の方法をブーゲンビレア自身が模索しだしたようです。

すばらしくたくましい生命力にビックリし、感動しました。

地面まではまだ40cmほど離れていますので、今後どうなっていくか見守りたいと思いま~す。
by nami-5963 | 2013-06-30 13:31 | 花・草木 | Comments(0)

こどもの国

先日の日曜日に、「ゆみさん、どこか行きたいところはありますか?」と尋ねると「こどもの国」と即答!があり、出かけることにしました。

c0180460_12411279.jpg

ゆみさんは「こどもの国」が大好きで、入園すると真っ先に動物のコーナーへと向かって進んでいき、

c0180460_12411888.jpg

コウモリの実物大の模型から顔を出して珍しく自分から「写真撮って!」と言ってきました。

c0180460_12415427.jpg

そのコウモリのオリをのぞいていると、

c0180460_12415859.jpg

目の前に大きな本物がいてビックリ!

c0180460_12423020.jpg

カバのコーナーでは体の大きさにビックリ!していたら、

c0180460_12423876.jpg

目の前でウンコをして、くるくる尻尾を回してかき混ぜてプールがまっ黄色になりビックリ!!

c0180460_12431765.jpg

カメのコーナーでもその数の多さにビックリ!でした。

c0180460_124325100.jpg

お気に入りの触れ合いコーナーではヒヨコをやさしく抱き、

c0180460_124412.jpg

モルモットにエサをやり、

c0180460_12441043.jpg

カメにも触れ、大満足したようでした。

c0180460_12445276.jpg

食後、池のそばで初めて見るトンボ(図鑑によるとオキナワチョウトンボだそうで~す)に出会いました。

c0180460_1245683.jpg

乗り物コーナーでメリーゴーランドに乗っていると大雨が降りだし、

c0180460_12454751.jpg

屋根があって濡れないトレインを楽しみ、

c0180460_12455865.jpg

雨がやむとドキンちゃんのミニカーにばあちゃんといっしょに乗り、

c0180460_12463670.jpg

一人でも楽しんでいました。

c0180460_12464676.jpg

「楽しかったから、また行こうね!」と上手に念を押されて帰路につきました。
by nami-5963 | 2013-06-29 12:38 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

慶留間小の社会見学

先日、座間味村の慶留間小学校の生徒さん三人と先生が、社会見学で「水について」学習に来られ、「湧き水fun倶楽部」で学習の場を提供させてもらいました。

c0180460_18442235.jpg

最初に自己紹介をしあって交流し、なぜ「水について」学習することになったのかを話してもらいました。

c0180460_18394086.jpg

学習では、代表のぐしさんから最近出来上がった冊子「浦添の湧き水」をもとに湧水の説明があり、

c0180460_18395661.jpg

私がクイズを交えて「座間味の海のすばらしさときれいな水(海)が保たれる訳」の話をし、

c0180460_18403059.jpg

顧問の金城さんが「水と水道と水資源の話」を分かりやすく説明しました。

c0180460_18412541.jpg

次に、近くの仲間樋川(ヒージャー)を訪れ、

c0180460_184145100.jpg

実際の湧水の冷たさに触れてみたり、

c0180460_1843753.jpg

湧き水ができる仕組みや湧き水がどのように活用されてきたかを学習しました。

c0180460_18421388.jpg

最後にこどもたちのお礼や感想の言葉があり、私たちの活動がみなさんに少しでも役立ったようで嬉しくなりました。

c0180460_1844415.jpg

後日、沖縄タイムスにも「実り多い社会見学」だったことが紹介されていていましたが、私にとっても初めて「パワーポイント」にチャレンジするという学習の機会を与えてもらい、一歩前進することができたことを慶留間小のみなさんに感謝の気持ちで一杯になりました。
by nami-5963 | 2013-06-28 17:42 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

月下美人②

朝の水やりの時には、昨日咲いた花は元気なく萎れて垂れ下がり、

c0180460_1551893.jpg

今晩咲く予定のつぼみは、はち切れんばかりのエネルギーを蓄えているように見えました。

c0180460_15505891.jpg

夕方になるとつぼみが少しずつ開きだし、

c0180460_1552672.jpg

その後もゆっくりと花開いて行き、

c0180460_15514136.jpg

昨日よりゆっくりのペースで夜中を過ぎて満開となりました。

c0180460_1553141.jpg

二日続けてすばらしい月下美人の花を楽しむことができ、幸せで~す。

c0180460_15524139.jpg

朝の水やりの時には、三本の花が役割を終えて萎れて垂れ下がっていました。

c0180460_15535245.jpg

目を移すと、ご近所に同じサボテン系のドラゴンフルーツの花が5個同じように咲き終わって萎れていましたが、

c0180460_155427100.jpg

花の根元が膨らみだし、

c0180460_15533524.jpg

甘い赤い実をつけて楽しませてくれます。

c0180460_1555124.jpg

この月下美人は、そんな実をつけることもなく、人知れずひっそりと真夜中にきれいな花を咲かせるだけ!というのが不思議でなりません。
by nami-5963 | 2013-06-27 15:47 | 花・草木 | Comments(0)

月下美人

昨日の真夜中に今年初めての月下美人の花が一つ咲きました。

c0180460_1744891.jpg

まわりにほのかな甘い香りを漂わせ、ひっそりと上品に咲く姿に感動しました。

c0180460_174456.jpg

6月の初めに小さなつぼみが三つ膨らんでいるのを見つけ嬉しくなり、

c0180460_1751111.jpg

だんだんとつぼみらしく大きくなるのを見守ってきました。

c0180460_175276.jpg

中旬ごろに、つぼみが長くなるとともに先端が膨らみだし、

c0180460_1754748.jpg

昨日の朝にはつぼみがさらに大きくなり、先端が上に持ち上がっていました。

c0180460_1761034.jpg

それでも、花の咲くのはまだ先だろうと思っていると、夕方に一つのつぼみの先端が膨らみだしました。

c0180460_1763850.jpg

時間をかけ、

c0180460_177842.jpg

ゆっくりとしだいにつぼみが花開き、

c0180460_1773794.jpg

真夜中に素晴らしい花を咲かせてくれ、感謝感激でした!

c0180460_178685.jpg

満月の夜に咲くといわれていますが、少しずれたものの残りの二つは明日開花するでしょうから、二晩も幸せな気分になれそうで嬉しい限りで~す。
by nami-5963 | 2013-06-26 17:08 | 花・草木 | Comments(0)

カーミージーの海②

今日も大潮なのでカーミージーの海の干潟散策に出かけました。

c0180460_0301839.jpg

最初に肉食のカニのソデガラッパに出会い、じっくりと観察させてもらいました。

c0180460_0305681.jpg

二本のハサミと二本の突き出た眼が立派ですね。

c0180460_0313650.jpg

立派な二本のハサミの向かって右側でヤドカリをはさみ、左側のペンチ状のハサミでヤドカリの貝殻をバリバリと砕いて食べてしまうそうです。

c0180460_042880.jpg

二本のハサミを使って砂に潜るのがとても上手で、砂から眼だけを出して(いるのが解りますか?)ヤドカリを待ち伏せするのにも、こうらの色や模様が砂地と同じなのが効果的なようで、うまく進化したものだ!と感心してしまいます。

c0180460_0323591.jpg

シュノーケリングをしてソラスズメダイの群れの癒し系の写真を撮ったり、

c0180460_033937.jpg

海草のようすや

c0180460_0333444.jpg

ウットベッカーの顔のようなイバラカンザシ、

c0180460_0341072.jpg

きれいな色のサンゴとブダイが食事でかじった跡、

c0180460_0345630.jpg

シャコガイのきれいな色の外套膜の写真をゲットできました。

c0180460_0354746.jpg

帰り道で手のひらサイズのマギーな(ビッグなこと!)イソアワモチに出会いビックリ!!

こんなでかいのに会ったのは初めてで、干潟散策は飽きることがありません!
by nami-5963 | 2013-06-25 22:27 | 磯遊び | Comments(4)

泡瀬干潟

朝ご飯を食べながら「今日も泡瀬に行ってくるわ!」とゆみさんに話をすると、「昨日行ったのに!?」とあきれられましたが、今日も大潮なので友達といっしょに泡瀬干潟に出かけました。

c0180460_15621.jpg

天気もいいので、朝早くから砂地一面でたくさんのミナミコメツキガニが食事にいそしんで、食事後のたくさんの砂粒を作っていました。

c0180460_1563551.jpg

こげ茶色のまだ若いミナミコメツキガニが多かったですが、

c0180460_1564725.jpg

青色がかった大人になりかけた個体もいくつか見られました。

このカニさんのおかげで沖縄のきれいな海が保たれているので、感謝!感謝!!

c0180460_1572274.jpg

干潟を散策していると、海藻のサンゴソウが密生した場所があったり、

c0180460_1572948.jpg

二種類のタマガイの仲間の卵塊の「砂茶碗」があったり、

c0180460_1581263.jpg

魚とは思えないイシヨウジに出会ったり、

c0180460_1581743.jpg

貝のカワラガイが「悪魔の口」を開けて共生している褐虫藻の光合成を助けているようすが見られたり、

c0180460_1585387.jpg

貝のユウカゲハマグリが潮の満ちてくるのをじっと待っているのに出会ったりと、楽しく過ごすことができました。

c0180460_158542.jpg

砂地をつついていると、交尾中の二匹のキンセンガニが出てきて死んだふりをしていましたが、

c0180460_1592674.jpg

海水をかけてやると大きいほうがメスのようでした。

c0180460_1595312.jpg

また、フタハオサガニのご夫婦にも出会い砂に潜られてしまいましたが、2本ずつ目玉を出して私のほうを見ているのがわかるでしょうか?

c0180460_201324.jpg

楽しい出会いがいっぱいあり、貝もそこそこ採れたのでゆがいていると、保育園から帰ってきたゆみさんが「これ食べていい?」と言いながらおいしそうに食べてくれたのが嬉しかったで~す。
by nami-5963 | 2013-06-24 22:53 | 磯遊び | Comments(0)

ウミエラの見納め!

今日、6月23日は沖縄の「慰霊の日」です。

c0180460_1118165.jpg

さらに、泡瀬の埋め立て工事の影響で貴重なウミエラも見られなくなる!ということで、「最後のウミエラ観察会」があり、ゆみさんを誘って出かけました。

c0180460_4164889.jpg

昼の12時に「沖縄の慰霊の日」と泡瀬の貴重な生き物たちを死に追いやった慰霊の黙とうをささげました。

c0180460_4174669.jpg

ゆみさんには泡瀬デェビュー(2010.4.29、参照)以来3年目になります。

c0180460_418861.jpg

相変わらず、イソアワモチ、ナマコやコブヒトデが苦手なゆみさんでしたが、

c0180460_4183317.jpg

小さいカニを見つけたり、

c0180460_419392.jpg

指でつまむことにはとても熱心にチャレンジし、

c0180460_4192913.jpg

小さなヤドカリを見つけては見せてくれたり、

c0180460_4195962.jpg

ソデガラッパの上手な砂もぐりを熱心に観察し、楽しんでいました。

c0180460_4202677.jpg

途中で、珍しい「ミカドウミウシ」に出会い興奮していましたが、

c0180460_4205153.jpg

歩き疲れての昼食となりました。

c0180460_421294.jpg

メインのウミエラは一度教えてもらうと、

c0180460_4221293.jpg

箱メガネで次々に「あった!あった!」と見つけていき、

c0180460_4224234.jpg

お友達にも見せてあげられるようになっていました。

c0180460_423790.jpg

じいちゃんと並んでそれぞれに観察し、

c0180460_423237.jpg

水中写真もうまくゲットできました。

c0180460_4241399.jpg

自分でウミエラ見つける喜びを味わったせいか?ウミエラを見つけ出してからとても元気を取り戻し、

c0180460_424555.jpg

自分でも楽しめたようでした。

c0180460_29582.jpg

今年初めての海水浴にもなり、

c0180460_4252695.jpg

とてもいい笑顔が見られたのがよかったで~す。

c0180460_4265016.jpg

きれいな白い砂浜がとても気に入ったようで、

c0180460_4271819.jpg

こんないい環境をいつまでも残してやりたい気持ちでいっぱいになりました。

c0180460_4275487.jpg

帰路は歩き疲れてくたくたのばあちゃんを励まして手を引く姿が見られ、ゆみさんの成長ぶりを感じることができ、とても嬉しかったで~す。
by nami-5963 | 2013-06-23 23:11 | 磯遊び | Comments(0)

保育参観

ゆみさんの保育参観があり、出かけました。

c0180460_3203082.jpg

教室に入るとこどもたちが「ゆみのじいちゃんだ!」「カメラマン!」と歓迎してくれました。

c0180460_3221680.jpg

リトミックの授業で、歌に合わせて一人ひとり名前を呼んで、返事をしてスタートしました。

c0180460_3231627.jpg

リズムに合わせて体を動かしたりボール遊びをし、

c0180460_3225492.jpg

お庭に出てみんなと仲良く過ごし、

c0180460_3235797.jpg

縄跳びも上手になってきているのを見せてくれました。

c0180460_3234484.jpg

かけっこでは競争することを意識しながらも、

c0180460_3244638.jpg

友達と仲良く走って楽しそうでした。

c0180460_324255.jpg

ピアニカの演奏では、サザエさんや

c0180460_3252128.jpg

園歌も披露してくれました。

c0180460_3251181.jpg

ゆみの成長ぶりや折り紙作品、

c0180460_32657.jpg

しっかりした習字の「む」の作品なども見学でき、とても有意義な保育参観でした。
by nami-5963 | 2013-06-22 21:18 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

カーミージーの海①

大潮になるとカーミージーの海を歩き回って、散策を楽しんでいます。

c0180460_031165.jpg

ティラジャ、シャコガイ、オニダルマオコゼなどの自然の恵みをゲットできることもありますし、

c0180460_0323759.jpg

いろんな生物に出会えることが楽しくて仕方ありません。

散策しながら南北3Km、東西1.5Kmのカーミージーの海のようすを記録し続けていると、ちょっと気になるのが、まったく海藻なども生えておらず、わずかにケブカガニを数匹見つけただけという「不毛地帯?!」があるのがわかりました。

c0180460_0372399.jpg

基地から有害物質が垂れ流されたのか、埋め立てによるものか、原因はまだわかりませんが、クビレミドロ騒動(2013.4.11、参照)の時のように気持ちが高ぶってしまいます。

c0180460_0382149.jpg

先日は仲良しのアメフラシのご夫婦に出会いました。

c0180460_0381464.jpg

頭をくっ付けたり、

c0180460_0391025.jpg

離れたりしながら、

c0180460_039663.jpg

結構なスピードで移動しているのが、水深10cmの世界だということが不思議でなりません。

c0180460_0332351.jpg

また、この広い干潟の青空を二つのパラグライダーがのびのびと飛び回っているのに出会いました。

c0180460_0344341.jpg

浦添の西海岸道路工事や米軍のキャンプキンザーを見下ろしての優雅な飛行にあこがれてしまいました。

c0180460_0362554.jpg

by nami-5963 | 2013-06-21 22:28 | 磯遊び | Comments(0)