沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2013年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

大阪の名所?めぐり②

もう一か所の名所は、大阪の南にあり、古くから海の守り神として崇められ、全国の住吉神社の総本山にあたる住吉大社です。

c0180460_419528.jpg

毎年、お正月には50万人以上の人出があり、赤い太鼓橋とともに初詣で風景がテレビで紹介されるので、みなさんもご覧になったことがあるかと思います。

c0180460_4194516.jpg

この住吉大社は小さい頃の遊び場で、初もうでや夏祭りの屋台巡りが楽しみで、高校時代まで過ごした思い出深い所なので、一度訪ねてみたかった場所でした。

c0180460_4202015.jpg

ここに行くには南海電車を使いますが、途中で関空行き特急のラピートに出会い、朝に出会った鉄道マニアのボクに見せてやりたかったで~す。

c0180460_4204544.jpg

余談になりますが、私の小学校時代はこの南海電車の「南海フォークス」という球団があり、杉浦・野村のバッテリーで巨人を押さえて日本一に輝いたこともあるんですよ。私も当然、阪神ファンなどではなく南海ファンでしたが、その後、ダイエー、ソフトバンクと身売りして行き、淋しい思いをしたものでした。

それはさておき、50年ぶりに尋ねて境内もくまなく歩いてみて感じたことは、電池切れで撮れなかった国宝の四つの社殿や大きなクスノキがいくつもあり、本当に歴史と由緒のある神社なんだということと小さい頃思っていた大きさより案外と小さいな!という不思議な感覚でした。

c0180460_421224.jpg

大きな石燈籠の間を飛び越える遊びにはとても勇気がいったことを思い出しますが、今見るとなんでもない距離が身体の小さかったことからくる視覚の違いからくるものなんでしょうね。

c0180460_4214595.jpg

阪堺電車(はんかいでんしや、大阪と堺の間を走る)も健在で、この車両に釘や10円玉、5円玉、1円玉を轢かせ、小学校の金属の展性・延性の実験を仲間内でしたことも懐かしく思い出しました。

c0180460_4222010.jpg

新しい発見は、住吉大社の境内で「石敢当」を見つけたことでした。

c0180460_4224237.jpg

大阪ならではのポスターに触れ、

c0180460_4225833.jpg

大阪の粉モン文化を味わい、

c0180460_4231618.jpg

いい息抜きの時間が持てたので、また長生きできそうで~す。
by nami-5963 | 2013-10-31 07:15 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

久しぶりの出来事

運動不足の解消にボウリングに出かけました。

ボウリングはいつもの2時間投げ放題1000円のコースで11ゲームを楽しみ、いい汗をかいてきました。

c0180460_20209.jpg

いつもは10ゲームを楽しんでいるのに今日は11ゲームを楽しめたということは、それだけストライクがたくさん出たということになります。

c0180460_22488.jpg

3ゲーム目の私の投球を見ていた奥さんが「ちょっと肩に力が入り過ぎてるよ、もっとリラックスしたら?」と助言してくれました。

c0180460_214388.jpg

4ゲーム目は「無欲とリラックス」を心がけると、ストライクが三回続くターキーが二回も出て、2年ぶりの200アップが達成できました。

c0180460_22344.jpg

やった~!ありがとう!

c0180460_222699.jpg

奥さんも助言のし甲斐があって大喜びしてくれますし、コンピューターもお祝いしてくれました。

c0180460_203333.jpg

そんな「内助の功?!」の奥さんの得点がのびず、申し訳ない気分で~す。
by nami-5963 | 2013-10-30 21:56 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

大阪の名所?めぐり①

帰りの飛行機までにたっぷりと時間があったので、二か所の大阪名所?に寄りました。

c0180460_1821465.jpg

一つは最近のニュースで取り上げられた「淀川に貨物列車と人が通れる橋があるが、10月末で人が通れなくなる!」という名所?を見に出かけました。

c0180460_1821921.jpg

大阪の梅田からタクシーに乗ろうとしましたが、「そんなん知らんなぁ~~」と断られ続け、
四台目の運ちゃんが「そんな橋あるていうてたな?!」と勘と地図をたよりに連れて行ってくれたのが、淀川にかかる「赤川仮橋」でした。

c0180460_18222768.jpg

たくさんの鉄道マニアやテレビ局が集まっていて、その中のマニアのお爺ちゃんとお孫さん連れに出会い、仲良くなりました。

c0180460_1823628.jpg

「どこから来なさった?」と聞かれ、「大阪の出身だが、大阪にこんな橋があるのを知らなかったので、沖縄から見に来た」というと、ボクがすかさず「沖縄にはモノレールがあっていいな~~」とよく知っているし、お爺ちゃんは「沖縄には昔は軽便鉄道というのが走ってた!」とすごくマニアなのにビックリ!

c0180460_18232368.jpg

この「赤川仮橋」は鉄道貨物を複線にする予定だったのが、大阪市が少しの間歩道橋として借りたのが始まりで、今度JRが新しい路線を作ることや、一時間に一本の貨物列車が通ることを詳しく教えてくれ、ボクは「こんな車両ですよ!」と写真まで見せてくれました。

c0180460_18234595.jpg

お礼に昨日乗ってきたサンダーバードの写真を見せるととてもうらやましがられました。

c0180460_18241620.jpg

貨物列車がいつ来るかわからないので、橋を渡ることにすると、自転車通学の学生、通勤や買い物をする人、ジョギングをする人などたくさんの人に出会いました。

c0180460_1824452.jpg

そのうち鉄橋の向こうには大阪の梅田のたくさんのビル群が見えだし、

c0180460_18254493.jpg

87歳のおばあちゃんにも出会いました。

c0180460_1826516.jpg

この橋を利用していた若いころは、橋の床も今のような鉄板ではなく木でできていて、穴が開いていたりして渡るのが怖かったことや無くなると聞いて遠くから連れてきてもらったことなどを懐かしそうに話してくれました。

c0180460_18263521.jpg

大阪空港に降り立つ飛行機も楽しんでいると、

c0180460_18265734.jpg

やっと貨物列車がやって来て、

c0180460_18271715.jpg

立派な先頭車両から

c0180460_18274014.jpg

延々と続くたくさんの貨物コンテナを楽しむことができました。

c0180460_18275922.jpg

橋を渡り切ってからも土手沿いに歩いていくと大阪市の水道局の取水場や大きな配水管と橋も見ることができ、

c0180460_18285824.jpg

たくさん歩いて阪急京都線の駅に出るころには大阪の梅田のビル群も大きく見えました。
by nami-5963 | 2013-10-29 18:17 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

素晴らしい紅葉

台風対策を整えて大阪の同窓会に出かけましたので、ブログを休みました。

c0180460_19515390.jpg

不思議な縁で出会ってから20年以上毎年旅行を続けてきたグループで、今回は秋の紅葉と滝めぐりの旅でした。

c0180460_19522694.jpg

サンダーバード、バス、タクシーを乗り継ぎ、普段行けない秘境の紅葉と滝めぐりという、沖縄ではあまり見ることのできない景色でしたので、少しブログでも紹介したいと思います。

c0180460_19531873.jpg

3000m級の北アルプスの山々、

c0180460_19534171.jpg

戸隠神社の中社、

c0180460_1954272.jpg

戸隠・鏡池の雲海、

c0180460_19543268.jpg

長野県と新潟県境の「日本の滝百選」に選ばれた落差55mの苗名(なえな)の滝、

c0180460_19545555.jpg

遠くとも一度は行きたい国宝・善光寺、

c0180460_19552176.jpg

長野県・高山村の松川渓谷の落差30m、幅29mの雷滝(かみなりだき)。

c0180460_19554649.jpg

この滝は裏側を通って観られるので、「裏見の滝」ともいわれるそうですが、

c0180460_19561162.jpg

台風27号の雨のため水量が増し、雷鳴のような滝の轟音と震動がすごくて、写真を撮っていても怖さを覚えるほどの大迫力のすごい滝でした。

c0180460_19563492.jpg

同じ松川渓谷の対岸を何段にもなって落ちる八滝の絶景!

c0180460_19571265.jpg

また、帰りのサンダーバードは台風27号の強風のため湖西線が使えず、米原まわりで45分遅れの帰阪となるハプニング付きとなりました。
by nami-5963 | 2013-10-28 19:48 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

歴史散策②

前回の歴史散策(2013.10.11、参照)で出会った金網に覆われた二つの旧日本軍の陣地壕のことが気になり調べ出しましたが、

c0180460_2571339.jpg

浦添市史の「戦争体験記録」には載っておらず、

c0180460_2571585.jpg

外間守善氏の「私の沖縄戦記」に記述はあるものの図がなくて困りました。

c0180460_2581230.jpg

そこで、以前参加した「激戦の高地を歩く(2013.7.5、参照)」の時の資料のことを思い出し、引っ張り出すとありました!ありました!!

c0180460_2583714.jpg

あの時に入った「賀谷隊戦闘指揮所」壕の右下の南東方向に「兵員壕」「糧食壕」とあるのが、

c0180460_2585968.jpg

どうやら先日の二つの旧日本軍の陣地壕だということが解りました。

すると今度は外間氏の「私の沖縄戦記」によく出てくる「乾パン壕」がどこなのか?という新たな疑問がわいてきす。

c0180460_2594217.jpg

「兵員壕」や「糧食壕」の近くを歩いてみると補修工事中の為朝岩をローソンの駐車場から見上げることができますし、

c0180460_30372.jpg

この写真の場所の左奥に壕の入り口があることが解りました。

c0180460_322414.jpg

最近の歴史散策でわかったことを地図に書き込み、自作の「前田高地の激戦地」の地図ができてきているのが嬉しいで~す。

歴史の謎ときはエンドレスの楽しみや奥深さがあって面白いものですね。
by nami-5963 | 2013-10-23 09:26 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

台風27、28号

本当に今年は台風が次から次に発生してきますね。

c0180460_2242942.jpg

最近は一つの天気図に二つの台風がのっていることも多く見られましたね。

c0180460_2245194.jpg

今度は大型の台風27、28号ですし、27号は沖縄本島を直撃しそうなので、天気の良いうちに早めの台風対策を取ることにしました。

c0180460_2251370.jpg

朝、寝ぼけまなこでやってきたゆみさんは、「また、台風来るの?」とぼやいておりました。

c0180460_2253492.jpg

一階のきれいに剪定し終えたブーゲンビレアは駐車場の奥にまとめて移動し、

c0180460_226258.jpg

二階のベランダの大事にしてきたブーゲンビレアは二部屋に分けて収納し、

c0180460_2264245.jpg

c0180460_2271193.jpg

残ったものはベランダの隅にかためて飛ばされたり痛まないようにし、

c0180460_2301420.jpg

ベランダの外側のプランタや植木鉢は飛ばされないようにすべてワイヤーなどで固定し、

c0180460_2305173.jpg

ベランダを横に這わせているブーゲンビレアの鉢を他の鉢やバケツで固定し、

c0180460_2311131.jpg

金魚の水槽やバケツなども飛ばされないようにしっかり固定終わるとお昼を過ぎてしまいました。

c0180460_2313693.jpg

植木鉢を移動した時、尻尾がちょん切れたヤモちゃん(ヤモリさんのことを我が家ではいつもこう呼んでいます)がビックリして飛び出てくるシーンもありました。

汗びっしょりになったのでシャワーを浴び、休憩しているとゆみさんを保育園に迎える時間になり、「遠足が31日に延期になってしまった!」とぼやいておりました。

c0180460_243446.jpg

今日はママとおやつを買いに行く予定だったそうで、残念なことになってしまいました。

みなさんも、被害を最小限に食い止めるよう準備万端、整えておきましょう!
by nami-5963 | 2013-10-22 21:07 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

湧き水fan倶楽部

毎月一回の集まりを持っている「湧き水fan倶楽部」に久しぶりに参加しました。

みなさん、お元気に活躍されていて、私が休んでいる間にいくつもの課題が前進していてビックリ!
みなさん、ありがとうございました!

・「湧き水かるた」の作成は今年度中に進める方向で取り組み、
・「沖縄の湧水百選」の作成は今後3年がかりで進め、
・「西原町湧き水マップ」の作成はもう少し下調べをしてから進めることに、
・「湧き水デジタル教材づくり」は、もう少し時間をかけイメージを膨らませて行く方向で、今後進めることが確認されました。

c0180460_15931.jpg

また、宜野湾市の湧水ファンクラブの方々と交流会を持ちました。

c0180460_1558100.jpg

すると、以前泡瀬の「ウミエラ観察会」(2013.7.21、参照)でごいっしょしたファミリーの方が来られていてビックリ!世間は狭いものですね~~!

c0180460_162245.jpg

宜野湾もとても湧き水の豊富な地域で、

c0180460_164429.jpg

その水を活用して田芋(ターンム)づくりが昔から盛んで、2月6日を田芋(ターンム)の日に決定し、イベントを計画していることや、

c0180460_17244.jpg

田芋畑の歴史や生物のこと、

c0180460_173626.jpg

たくさんの読んでみたい本なども紹介してもらい、とても有意義な交流会となりました。

c0180460_18492.jpg

さらに、今日の学習会の中で、「飲水思源(いんすいしげん)」という含蓄のある言葉を教わり、こんな実り多き会を欠席しては損だ!と思いました。
by nami-5963 | 2013-10-21 22:09 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

我如古を歩く②

宜野湾市の我如古公民館の二回目の講座「我如古グスクを歩く」があり、参加しました。

c0180460_1715728.jpg

公民館から歩いて県道34号線を渡って、JAの前が①ムラヤー・サーターヤーのあったところでした。

c0180460_16402725.jpg

ムラヤーは戦前の村屋(公民館)のことで、隣に三軒のサーターヤー(製糖所)があったそうです。

c0180460_1642789.jpg

この県道34号線は西に向かって緩やかな下り坂になっていて、そのため我如古は水はけもよく、病気がはやりにくい、昔からいい土地だったそうです。

c0180460_16435082.jpg

さらに歩いて国道330号線沿いに出ると②メーヌカー・我如古平松(ヒラマーチャー)のあったところだと、86歳の長老の方が教えて下さいました。

メーヌカー(前の井戸)はさっきのJAのところまで導水し、日常的に使われていたそうで、我如古平松(ヒラマーチャー)はとても立派な松で、枝ぶりは300坪もあったそうで、

c0180460_16463981.jpg

現在公民館の前にある立派な松が二代目・我如古平松だそうです。

c0180460_164931.jpg

山道を登り小高い丘に出ると③我如古グスク(城)のあったとされるところで、尚寧王の三男が築城したと伝えられていますが、詳しいことは未調査のままだそうです。

c0180460_16521389.jpg

それでもそばに縦穴のグスクヌカー(城の井戸)が残っていて、底に水が溜まっていました。

c0180460_16531864.jpg

グスク(城)のあったとされるところだけに眺めは最高!

c0180460_16542858.jpg

さらに国道330号線の陸橋を渡ったところが④メーヌワイトー(前の切り通し)で、

そこから200m北に⑤ナカヌワイトー(中の切り通し)、

c0180460_16551774.jpg

さらに200m北に⑥クシヌワイトー(後ろの切り通し)がありました。

c0180460_16553968.jpg

ワイトーとは琉球石灰岩を切り開いた道・切り通しのことで、「割り取り」がワイトーとなったようで、⑥の中部商業高校の正門前に切り通しの半分が残っていますが、④⑤は、戦後米軍が道路建設のため削り取ってしまったそうで、現存しないのが残念です。

c0180460_1656624.jpg

いろんな歴史を感じながら我如古のまちを歩き、いい運動になりました。
by nami-5963 | 2013-10-20 16:23 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

ボウリング

最近ちょっと遠のいてしまっていたボウリングに出かけてみました。

c0180460_23261662.jpg

ボウリング場は貸切状態で、いつもの2時間投げ放題1000円のコースで10ゲームを楽しみ、いい汗をかいてきました。

c0180460_2326029.jpg

やはり最初は投球も安定せず、得点も伸びませんでしたが、

c0180460_2327735.jpg

だんだんと慣れてきて得点もアップし、

c0180460_23264475.jpg

最後には今日の最高得点で締めくくることができ、

c0180460_23275716.jpg

コンピーターもお祝いしてくれていました。

c0180460_23273852.jpg

奥さんは腰をかばいながら体を動かすことを楽しんでおりましたが、ダブル(ストライクが二つ続く)を出しビックリ!

c0180460_23284596.jpg

新しい食堂ができていたので、おいしいカツオだしのソーキそばをよばれてきました。
また、コーヒーなどの飲み物が無料でお代りし放題!というのがよかったで~す。
by nami-5963 | 2013-10-19 20:24 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

連続する台風

今年最強の台風といわれた台風26号が、日本列島を通過しながら各地で大きな被害をもたらしました。

c0180460_22351620.jpg

特に伊豆大島の甚大な爪痕を見るにつけ、自然の持つ驚異的な力に恐れおののいてしまいます。

c0180460_22362592.jpg

亡くなられた方がたのご冥福を祈るとともに、一日も早い復興を祈らずにはいられません。

c0180460_2236631.jpg

ところが新たに台風27号が発生し、台風26号とほぼ同じ経路をたどりそうだというのですから大変です!

c0180460_22371431.jpg

今年の台風は海水温も高く、マッデン・ジュリアン振動(2013.10.8、参照)により19年ぶりの多発生の年になると予想も出されていますし、

c0180460_22375686.jpg

今日の天気予報では、新たな熱帯低気圧も発生しつつあり、今後気を緩めることができない異常な地球の状態です。

みなさん、細心の注意を払い、災害を少なくするよう備えを怠らないようにしましょう!

c0180460_22385551.jpg

沖縄は一気に秋も深まり、肌寒く感じる中、今年一番の新北風(これを沖縄では<ミーニシ>といいま~す)も吹き、季節は一気に冬に向かって移り出しています。
by nami-5963 | 2013-10-18 22:33 | 沖縄の不思議 | Comments(0)