沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

卒園おめでとう!

3月31日で5年間の保育園の生活を終えるゆみさんを保育園に迎えた後、ばあちゃんと3人でささやかなお祝いをしました。

c0180460_1691986.jpg

食べたかったと言っていたチョコレートのケーキを買っておいたのを見て、すぐにうれしそうにしているゆみさんに、小さな花束もプレゼントするとビックリ!していました。

c0180460_1695768.jpg

「よく頑張って通ったね。」「うん。」

c0180460_16104376.jpg

「今度は小学校だね。」「いきなり!?」と面白い会話をしながらケーキを食べ、

c0180460_16131343.jpg

とてもいいお顔を見せてくれ、「入学式は8日で、それまでは春休みだよ。」などと今後の目安も説明しておきました。

c0180460_1613349.jpg

本当に卒園おめでとうございます。

c0180460_16135710.jpg

卒園の記念にゆみさんから、最近放課後に描いてきた自画像、

c0180460_16141676.jpg

さくらんぼをついばむ鳥やチョウを描いたかわいい絵、

c0180460_16143511.jpg

空にかかった虹に乗っかっているゆみさんの絵をきれいに画用紙に貼って壁に飾らせてもらいました。

ありがとうゆみさん!
by nami-5963 | 2014-03-31 22:06 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
昨晩は春の大嵐が吹き荒れましたが、今朝は天気も良くなりだし冷たい強風の吹く中の「カーミージーの海で遊び隊」の観察会に、春休みということもあって家族連れを中心に30人ほどの参加者がありました。

c0180460_12345962.jpg

最初に、海の危険生物の勉強をしてから、少し冷たい海に入りました。

c0180460_12361542.jpg

岸からすぐ近くの海草のリュウキュウスガモとそれを食べ物にするトゲアナエビ釣りにチャレンジし、

c0180460_12365350.jpg

エビとの楽しい「綱引き」が体験でき、こどもたちは大喜び!

c0180460_12371617.jpg

また、今年最後の天然アーサをつまんで、

c0180460_12375084.jpg

初めて口にしたこどもたちは、「おいしい!」「しょっぱい?!」と感想を述べていました。

c0180460_1238249.jpg

次に出会ったのは、危険生物で勉強したとってもビッグな「イモガイ」で、みんなで触ってみました。

c0180460_12524565.jpg

小さいケブカガニの赤ちゃんに出会い、

c0180460_12532962.jpg

みんなで楽しく観察ができ、

c0180460_12392054.jpg

ナマコの仲間のオオイカリナマコにも出会い、触るとチクチクするイカリ状の骨片の存在も確かめ、

c0180460_12394444.jpg

ニセクロナマコがいっぱい集まっている不思議にも出会いました。

c0180460_1240270.jpg

砂に潜ってヤドカリを待ち伏せする忍者のようなソデガラッパのペンチのようなたくましい爪も見ることができました。

c0180460_12404098.jpg

イボハタゴイソギンチャクにすむニモ(カクレクマノミ)と嬉しい出会いをはたし、風も強く体が冷えるので戻ることにしました。

c0180460_12411993.jpg

その帰り道でも、かわいいフグを見つけたり、

c0180460_12415594.jpg

イッカクガニ、

c0180460_12554524.jpg

タカラガイ、タコなどを見つけて磯遊びを満喫することができ、

c0180460_12422421.jpg

小さなバケツにいろんな生きものを集めて楽しんでいる子もいました。

c0180460_12562514.jpg

最後は、残れる大人だけで自己紹介、感想などを出し合い交流を深めることができましたが、

c0180460_12424677.jpg

今年は「カーミージーの海で遊び隊」で観察会用のパンフレットを作成したいと思っていま~す。
by nami-5963 | 2014-03-30 22:30 | 磯遊び | Comments(0)

読谷村のピースウォーク

沖縄戦で米軍の本島の上陸地点となった読谷村でのピースウォークがあり、

c0180460_11163629.jpg

参加してみるとたくさんの熱心な参加者にビックリ!

c0180460_1118262.jpg

みんなで歩いて最初に「忠魂の碑」を訪れました。

c0180460_1118402.jpg

これは、戦時中は天皇のために国民は死ぬのが当たり前で、そのことを奨励して褒め称えた「負の遺産」に当たります。

c0180460_11185860.jpg

すぐそばに戦闘機を格納するための「掩体壕(えんたいごう)」がありましたが、

c0180460_1119189.jpg

作りは急ごしらえのお粗末なものでした。

c0180460_1119406.jpg

「読谷平和の森球場」は米軍基地の読谷補助飛行場の中に村が村民ぐるみで最初に作った公共の施設だそうで、

c0180460_1120030.jpg

そばに「不戦宣言の碑」として村民各層の決意がしたためられていて、

c0180460_11201811.jpg

その決意の誇り高いのがとてもすばらしかったです。

c0180460_11203981.jpg

その後、村役場に戻り、憲法第九条を大切にする姿勢を表明した「憲法第九条の碑」を訪れ、

c0180460_1123219.jpg

非核宣言、

c0180460_1123669.jpg

平和の郷宣言、

c0180460_1125452.jpg

役所の「オスプレイ配備反対の大看板」などに村の反戦平和への決意の強さを感じました。

c0180460_11261053.jpg

その後は、長い距離を歩いて、「象のオリ」のあったところを通り、

c0180460_11263341.jpg

1000人の命が救われたという、シミクガマに入り、

c0180460_1127118.jpg

ここで隠れ暮らし、生き延びることのできたという知花治雄さんから

c0180460_11273867.jpg

貴重な戦争体験を聞くことができました。

c0180460_11291968.jpg

この壕ではハワイからの帰国者の説得があったそうで、それがなく集団自決の起こった「チビチリガマ」のことを思うと胸が痛みました。

c0180460_11292175.jpg

このあたりから、私はもうフラフラになりながら歩いて「艦砲ぬ喰ぇー残さー」の歌碑までたどり着き、

c0180460_11302765.jpg

ここでも戦争体験者のもと公民館長の池原さんから貴重なお話を聞くことができました。

c0180460_11311099.jpg

やっと昼ごはんを口にすることができ、人心地つくことができました。

c0180460_11313198.jpg

また、てくてくと歩いて村役場に戻り、元村長で元参議院議員の山内徳信さんから貴重なお話を聞くことができました。

c0180460_1131519.jpg

その内容は「沖縄タイムス」に連載中の「解放を求めて」に詳しいですので、そちらをご覧下さい。

c0180460_11321188.jpg

今回のピースウォークで山内徳信さんから直接に貴重なお話を聞くことができたことが一番の収穫でした。

c0180460_11322835.jpg

by nami-5963 | 2014-03-29 21:11 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(3)

ブーゲンビレアの剪定

我が家で咲き誇っていたブーゲンビレアも勢いが衰えだし、

c0180460_0495954.jpg

花も散り始め出しましたので、剪定をすることにしました。

c0180460_051480.jpg

その時に、まだ勢いのある花を集めてフラワーポットを作りテーブルの上に置いたりするのも楽しみで~す。

c0180460_052510.jpg

剪定時には、新しく伸びた枝を少し刈り込んでやり、全体も整えてやり、ご褒美の肥料をたっぷりやり、水もしばらくたっぷりと10日間ほど与えます。

その後、葉っぱが水不足でしおれるほど水を与えない「いじめ」を4~5回ほど繰り返すと、生命の危機を感じとり、「早く花を咲かして種を作って子孫を残さなければ!」とブーゲンビレアが新芽をつけてくれます。

c0180460_0532798.jpg

そして、また満開の花をいっぱいつけてくれます。

c0180460_0534464.jpg

このサイクルがうまくいき出すと年に5~6回は満開の花を楽しむことができます。

そんなある日、玄関をノックする音に外へ出てみると、ご近所の方が、「どうしてこんなにきれいに咲くのですか?」「我が家の二鉢はいっこうに花をつけないのはなぜですか?」と尋ねて下さいました。

さっそく、その二鉢を見に出かけると手入れが行き届かずほったらかしになっていることが原因だということが分かり、手入れのノウハウを、来週からお教えすることにしました。

友達のお姉さんちのブーゲンビレアの手入れも引き受けましたが、こんなことはたび重なるものなんですね。

c0180460_0544067.jpg

ブーゲンビレア好きにとっては嬉しい限りで~す。
by nami-5963 | 2014-03-28 22:47 | 花・草木 | Comments(0)

サクララン②

今年初めてのサクラランの花芽を見つけたのは2月の末でした。

c0180460_1733756.jpg

その時はとても嬉しかったで~す。

c0180460_17342665.jpg

その後は、ゆみさんも確認して楽しみにしてくれ、

c0180460_17345187.jpg

3月の中頃にはだんだんとつぼみも大きくなってくれました。

c0180460_17352159.jpg

やがて、つぼみも花の形になって来て、

c0180460_17353910.jpg

昨日やっと左半分が開花しました。

c0180460_17355818.jpg

そして、今日は今年初めての花を全開しました。

c0180460_17365325.jpg

直径5cm位の小ぶりな少しピンクがかった半球状の花で、写真の撮りにくいところに咲いているので逆光になり、ちょうちんに灯がともったように見えるのがよかったで~す。

c0180460_17371298.jpg

他に10個以上の花芽を見つけていますが、アブラムシにやられてしまうことが多いのであまり期待せず、自然体で見守ることにしています。
by nami-5963 | 2014-03-27 17:26 | 花・草木 | Comments(0)

前田の地層

経塚のサンエーに買い物に行った帰り道で、新しい宅地造成地があり、新鮮な地層がむき出しになっているのを見つけ、後日訪れてみました。

c0180460_23491538.jpg

新しい宅地造成地は結構な広さがあり、

c0180460_23505284.jpg

一部分、丘の斜面が削られた状態で露出していました。

c0180460_23515073.jpg

そばに寄ってみると、ほとんどの茶色の部分が島尻層群の砂岩(ニービ)に当たり、その中に細く灰色の地層が入っているのが、泥岩(クチャ)です。

c0180460_23524915.jpg

そばに砂岩の一部が固まって骨(フーニ)のようになったものが掘り起こされていてビックリ!

これをニービのフーニというそうで~す。

c0180460_23531627.jpg

この地層を横に見ていくと地層がちぎれた断層がありました。

このように左側がずり落ちたものを正断層というそうで、

c0180460_23534732.jpg

また少し横には地層が波打ったような褶曲(しゅうきょく)もみられました。

c0180460_23542019.jpg

全体を見渡すと、砂岩と泥岩の地層、正断層、褶曲がみられ小中学校の理科の地質を勉強する時の絶好の場所になりそうです。

c0180460_23545443.jpg

このまま残してほしいのですが、すぐにこんな風になって観察できなくなってしまうのがもったいなくて仕方ありません。

c0180460_23554353.jpg

さらに、宅地造成地を散策してみると、たくさんのニービのフーニが積み上げられていてビックリ!!でした。

このニービのフーニの新鮮なものは青色をしてとても固いそうで、首里城正殿前の龍の柱に使われていると聞いたことがあります。
by nami-5963 | 2014-03-26 21:45 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
友人の「姉さんの家にブーゲンビレアがあるのだが、いっこうに花を咲かせないのはなぜ?」との相談を受け、ようすを見にうるま市に出かけました。

c0180460_16233399.jpg

お姉さんのお家は勝連城(かつれんぐすく)のそばの高台で、

c0180460_16271133.jpg

貝採りによく通った泡瀬の海全体が見下ろせる素晴らしいロケーションにあり、びっくり!

c0180460_16274456.jpg

お家には、ブーゲンビレアをはわせて花の門を作るための鉄製のアーチが、車庫に大きなもの、玄関に小ぶりなものがすでにあり、環境は十分にそろっていました。

c0180460_16281886.jpg

肝心のブーゲンビレアは随分手入れもせずに放置されてきたという感じでした。

今日のところは余分な枝を払い、どの枝をアーチにはわせて花の門を作るかをだいたい決めてきました。これからしばらく月に一度くらい通ってブーゲンビレアのお世話をし、我が家ではできないブーゲンビレアの立派な花の門を作らせてもらおうと思っています。

c0180460_1629050.jpg

その世話賃として余分な枝を払ったものは挿し木用に頂いて帰りました。

c0180460_16293599.jpg

帰り道で植木市があったので、目の保養を兼ねて立派なブーゲンビレアを見学してきました。

c0180460_16301189.jpg

c0180460_16303992.jpg

そこで、初めて黄色いブーゲンビレアがあることを知りました。

これから楽しみで~す。
by nami-5963 | 2014-03-25 20:21 | 花・草木 | Comments(0)

春のカーミージーの海②

天気も良く、潮加減もいいので、春のカーミージーの海に出かけると

c0180460_1573293.jpg

家族連れの散策、釣り、最後のアーサ採りを楽しむ人たちでいっぱいでした。

c0180460_159320.jpg

波打ち際にタツナミガイのペアがいたり、

c0180460_1510123.jpg

岸辺の岩をひっくり返すと、ソーメン状の卵がいっぱいうみつけられていて、

c0180460_1511760.jpg

新しく産み付けられたものはクリーム色で、こどもが生まれそうになると卵の色は濃くなってくるそうです。

c0180460_15131331.jpg

目を近づけると卵の粒も見ることができま~す。

c0180460_15134031.jpg

次にめくった岩には産みたてほやほやのクリーム色の卵塊と生みの親の二匹のアメフラシがいて、

c0180460_15141037.jpg

別の岩にはアンボイナの貝とうすいピンク色のごはん粒のような卵塊もついていたり、

c0180460_15145041.jpg

身体が透明でうす赤色のウミウシ、

c0180460_15151586.jpg

小さいがもう大人の隠れガニ、

c0180460_15153237.jpg

とげが刺さると激痛になるウミケムシもいてビックリ!

c0180460_1517599.jpg

海藻を身に着けたテイラジャー(マガキガイ)のペアもいて春は恋の季節のようでした。

c0180460_15173750.jpg

もうひとつ面白かったのは、ヤドカリが日向ぼっこをしながら、

c0180460_15184829.jpg

貝殻を交換する「住宅展示場」に

c0180460_1519563.jpg

三つも出会ったことでした。

c0180460_15194786.jpg

今年最後になりそうなテイラジャー(マガキガイ)もそこそこ採れ、奥さんがあえ物にしてくれたのをおいしく頂きました。

c0180460_15202095.jpg

今日も自然の恵みに感謝!
by nami-5963 | 2014-03-24 21:04 | 磯遊び | Comments(0)

ゆみさんの休日

今日のお休みは、ゆみさんと一日楽しく過ごしました。

c0180460_2121120.jpg

天気も良く、元気にやってきたゆみさんは、「じいちゃん、ちょっときて~!」と表に呼び出し、車にひかれてぺしゃんこになったゴキブリを見つけて紹介してくれました。

c0180460_2121924.jpg

イチゴの水やりや

c0180460_2125842.jpg

鳥のウンコ洗いも手伝っていたのが偉いです。

c0180460_213394.jpg

近所を散歩し、かわいい花を見つけたり、

c0180460_2134071.jpg

ワンちゃんを訪ねたりしていると、伊祖公園に行きたくなり久しぶりに出かけました。

c0180460_2134967.jpg

公園に行くまでにもきれいなブーゲンビレアや

c0180460_2143060.jpg

かわいいお花に出会いハッピーな気分になれました。

c0180460_2144026.jpg

いつも仲良く交流しているワンちゃんは、シャンプーに出かけていてお留守で残念!でしたが、ネコを見つけてご機嫌でした。

c0180460_2153251.jpg

公園に着いて最初にチャレンジしたのが、ターザンロープで、

c0180460_216088.jpg

何度もチャレンジし、

c0180460_220311.jpg

とてもいい笑顔を見せてくれました。

c0180460_216242.jpg

ロングの滑り台、

c0180460_216465.jpg

ブランコ、

c0180460_2171687.jpg

ショートの滑り台、

c0180460_2175192.jpg

綱渡りとどれもすいすいと笑顔で楽しんでいる姿にゆみさんの成長を感じました。

c0180460_2181068.jpg

喉が渇いて休憩する時も、

c0180460_2183289.jpg

バナナを見つけたりしていました。

c0180460_2192250.jpg

その後も、ロングの滑り台や

c0180460_2195123.jpg

ターザンロープがお気に入りで楽しみました。

c0180460_2205466.jpg

帰り道でカンピザクラのさくらんぼを見つけ、

c0180460_2211097.jpg

「ばあちゃんのおみやげにする!」と摘み取って帰りました。

c0180460_2251328.jpg

お天気も良く、笑顔にあふれたゆみさんと過ごしているととても楽しく、幸せで~す。

c0180460_222223.jpg

by nami-5963 | 2014-03-23 22:02 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

湧き水fun倶楽部

月一回の湧き水fun倶楽部の例会があり参加しました。

この会はいつも会員のみなさんがいろんな情報(とお菓子)を持ち寄って交流するのが楽しみで、いい刺激がもらえて勉強になる貴重な集まりのひとつです。

c0180460_171871.jpg

今日も「竹富島の井戸巡り」や恩納村の山田の前ガーについて資料提供と説明があり、

c0180460_1132833.jpg

以前交流した大山ターム畑(2013.11.23、参照)の資料などや

c0180460_1133474.jpg

2月にあった「レキオ」の取材記事(2014.2.22、参照)やそれをコピーしてラミネートしたものまで頂けました。

c0180460_1141288.jpg

今日はその記事を見て初参加して下さった方がいて、これで会員数が12人になり、「小さいころから川と水たまりをのぞいて何かいないか?と探すのが好きでした。」と自己紹介されていましたので、これからが楽しみで~す。

c0180460_1151464.jpg

私は、最近のカーミージーの海で出会った珍しい生き物のようすをレポートしました。

c0180460_115473.jpg

また、休憩時間には私のブログを見た方が「間寛平と同級生だ!」ということを知り、中学3年時のアルバムを見たいということで持ち込みました。

c0180460_1161168.jpg

どれが寛平でどれが私か?ということでいっとき盛り上がりましたが、「これが寛平だ!」と当てる人がいてビックリ!(正解は左上が寛平で~す。)

c0180460_116338.jpg

肝心の湧き水カルタづくりの方は少し遅れ気味なので、来月から月二回の集まりとし、湧き水資料の空欄を手分けして埋めてくることになりました。

私は北中城村、北谷町、中城村の担当となりましたので、しばらく図書館通いとなりそうで~す。
by nami-5963 | 2014-03-22 21:04 | 沖縄の不思議 | Comments(0)