沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2014年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

金魚の死

今朝、水やりにベランダに出ると金魚が水槽から飛び出し、すでに息絶えていました。

c0180460_22514617.jpg

さらに、たくさんのアリがいっぱいたかっていて、金魚の死も無駄になっていませんでしたが、買っておいた「アリの巣ころり」の効果を試したくなり、金魚を囲んでみました。

c0180460_2251583.jpg

2時間後に見てみるとアリの姿が全く見当たりませんでした。

効果抜群でアリには申し訳ないことをしてしまいましたが、金魚のお墓を作ってやりました。

c0180460_22532065.jpg

金魚が水槽から飛び出す主な要因は、水草にオスとメスが産卵する時に誤って飛び出してしまったようで、

c0180460_23111182.jpg

水草に産ませた金魚の卵をそばのバケツに移し替え、

c0180460_22533638.jpg

1週間ほどすると金魚の赤ちゃんのがたくさん生まれて命をつないでいることが確認できます。

c0180460_22525598.jpg

子孫は新たに生まれ、命はつながっていますので、安らかにお眠り下さい。
by nami-5963 | 2014-10-31 22:48 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

オセロ

台湾旅行に持って行っていたオセロをゆみさんがみつけ、遊び出すととても気に入ったようで、よくばあちゃんと楽しんでいました。

c0180460_2245932.jpg

最初は、やはりばあちゃんが優勢でしたが、だんだんとよく考えて駒を置くようになり、ばあちゃんとの勝敗が5分に持ち込めるようになってきました。

そんな時、ばあちゃんの「小さくて遊びにくいので、大きいのを買ってきて~!」との要請を受け、サンエーのおもちゃ売り場に出かけました。

c0180460_2271097.jpg

大きいのを買ってきてゆみさんと対戦していると、

c0180460_2263225.jpg

「う~~ん!」とよく考えていましたが、じいちゃんの方がまだ優勢のようでした。

c0180460_7325858.jpg

ばあちゃんとも対戦しだすと、

c0180460_228085.jpg

よく考えていたのがよかったようで、

c0180460_2282597.jpg

だんだんと優勢になり、

c0180460_2284359.jpg

ついには勝利をおさめ、じいちゃんの祝福を受けてご機嫌でした。
by nami-5963 | 2014-10-30 22:02 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
c0180460_155146.jpg

いつもの観察会のように、潮が引いたイノーの干潟に出られなくても観察会ができないものかと調査に出かけました。

c0180460_1142657.jpg

岸辺のそばの岩場には、びっしりとヘリトリアオリガイがついていて、

c0180460_1392259.jpg

このあたりに分布する牧港石灰岩(粟石)が柔らかいので削り取られたくぼみの甌穴(おうけつ)の潮溜まりにはたくさんのゴマフニナが生活しており、

c0180460_1151477.jpg

岸辺の岩場にはたくさんの小さな穴がたくさん開いていて、いろんな生きものが生活する集合住宅を作っています。

c0180460_1155076.jpg

小さい穴が二つ並んでいるのは岩の中に穴を掘って生活する穿孔貝(せんこうがい)の吹管と吸管(スーパーで見かけるアサリの吹管と吸管と同じ)で、大きい穴はカニのなかまの住み家で、小さいひとつの穴はエビの仲間の甲殻類の住み家で~す。

c0180460_116681.jpg

また、岩の表面には、黄色い渦巻のようなウミウシの仲間の卵が、

c0180460_1164032.jpg

たくさん産み付けられていました。

c0180460_1165041.jpg

岩をめくるとたくさんの黒っぽいゴカイのなかまのような生き物にも出会いビックリ!

c0180460_11724100.jpg

春の陽気の中に浮かぶどっしりしたカーミージーの姿も雄大でした。

c0180460_11743100.jpg

さらに岸辺を歩くと、海面に沈むことの少ないオハグロガキや

c0180460_1181140.jpg

クロフジツボの集団の姿が見られました。

c0180460_1183763.jpg

カーミージーのそばでは、粟石の採石場の跡もみられますし、

c0180460_1185688.jpg

自然の力が形作った浸食地形のノッチや

c0180460_1193038.jpg

たくさんの甌穴群もみられます。

c0180460_1195566.jpg

また、磯釣り場としても有名なカーミージーの岩場の頂上には国土地理院の三角点もあり、

c0180460_1205319.jpg

カーミージー全体の海も見渡すこともできま~す。
by nami-5963 | 2014-10-29 23:00 | 磯遊び | Comments(0)
台湾は沖縄より南に位置しますが同じ亜熱帯気候のせいか、

c0180460_2395081.jpg

いろんなヤシの木や

c0180460_23111517.jpg

タイワンモクゲンジ、

c0180460_23111237.jpg

ブーゲンビレア、ハイビスカスなどは沖縄と同じようによく見かけました。

c0180460_23115398.jpg

そんな中、日月潭湖畔にある孔子と関羽を祭った文武廟を見学してビックリ!

c0180460_23123162.jpg

建物の大きさや装飾も見事というほかありませんでしたが、

c0180460_2312597.jpg

そこに置かれたブーゲンビレアの鉢にビックリ!

c0180460_23133332.jpg

畳一畳ほどの大きな直方体の植木鉢に、太くて高さ2mもある大きなブーゲンビレアが植えられていました。

c0180460_2314434.jpg

よく手入れされていて幹は太く、花も満開ですし、

c0180460_23142636.jpg

そんなものが境内?にたくさん置かれていてビックリ!

c0180460_23144670.jpg

その目で探してみるとあるはあるは、あちこちにいっぱい置かれているのを見つけました。

c0180460_2315757.jpg

ブーゲンビレア好きの私にはたまりませんでしたし、

c0180460_23152794.jpg

途中から、おとなしくて賢そうなワンちゃんがついてきて、バスを見送ってくれました。

c0180460_23155156.jpg

戻って来てから、素晴らしいブーゲンビレアを思い出し、あこがれながら、

c0180460_23161278.jpg

土も買い込んで鉢の植え替えの作業に取り組みました。

c0180460_23163552.jpg

by nami-5963 | 2014-10-28 23:06 | 花・草木 | Comments(0)

嬉しかったこと

この間、同窓会で3泊4日の台湾旅行を楽しんできたため、ブログを休みました。

c0180460_16191527.jpg

この同窓会は不思議な縁で20年も続いていて、1年ぶりの交流を深めながら、

c0180460_16214471.jpg

台湾の素晴らしい自然、歴史、文化に触れることができ、

c0180460_1621428.jpg

特に食べるものがとてもおいしくて大満足の充実した旅行でした。

c0180460_16223448.jpg

お土産の中でゆみさんはニモ(カクレクマノミ)のストラップを喜んでくれましたが、関空で買って台湾旅行に持って行ったオセロをばあちゃんと楽しんでくれました。

c0180460_16223487.jpg

台風で傷んだ植木たちも新芽を出していましたし、

c0180460_1623829.jpg

サクラランが玄関前に大きいのと

c0180460_1623281.jpg

二階に大小合わせて8つも咲いてくれていました。

c0180460_16235015.jpg

せっせとミツバチが蜜を集めている姿も楽しめました。

c0180460_16242267.jpg

さらに、ブログの「市長のウソ」が旅行前には、記事ランキングの9位だったのが、帰ってくると1位にランクアップしていてビックリ!

市長のウソと西海岸埋め立て問題の関心の高さがうかがえました。
by nami-5963 | 2014-10-27 16:19 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
とてもいい天気に誘われ、久しぶりのカーミージーの海に出かけました。

c0180460_227322.jpg

散策しているとソデガラッパをよく見かけましたが、

c0180460_2281262.jpg

一番目に着いたのは、砂茶わんの多さでした。

c0180460_2285135.jpg

港川小学校の観察会の時期にはあまり出会えず、

c0180460_2292692.jpg

必死に探してやっと見つけることができたのに、不思議ですね。

c0180460_2210120.jpg

この時期が旬なのかもしれませんね。

c0180460_22102692.jpg

いろんな種類や形に出会い、ビックリ!

c0180460_2211825.jpg

新しいカクレクマノミには、もう迷うことなく行きつけるようになりました。

c0180460_22113267.jpg

とても元気よく、指を出すとしっかりかみつきに来ますし、

c0180460_22115317.jpg

1.5cmに成長していて、嬉しい限りでした。

c0180460_22121492.jpg

浅瀬にたくさんの小魚が群れているのを、何人かが投網で捕えているのに出会い、見学させてもらうと、

c0180460_2212339.jpg

イワシのなかまのミジュンだと分かりました。

c0180460_22125094.jpg

骨もやわらかく、刺身にして食べるのがおいしい!そうで~す。

c0180460_22131826.jpg

また、岩場に1cmほどの小さなイソアワモチが動き回っていて、これも旬なのかもしれませんね。

c0180460_2213386.jpg

カーミージーのそばで、

c0180460_22135650.jpg

シュノーケルで魚をついている人にも出会い、

c0180460_22141313.jpg

話を聞くと「外洋の方に行かないと魚はいない!」そうでした。

c0180460_22143666.jpg

残波岬まで見渡せるとても穏やかな秋晴れの海の散策を楽しむことができました。
by nami-5963 | 2014-10-21 22:04 | 磯遊び | Comments(0)

市長のウソ

西海岸の開発に関して、市民の意見を聞く場としてこの10月22日の19時~21時、てだこホールで「みんなで考えよう!西海岸の未来」という会を催すことが市の広報にのっていました。

c0180460_15134756.jpg

市長のコメントものっていましたが、それを読んで、よくここまでウソでたらめがつけるようになったもんだとビックリしました。

『先日ある方に「大切なカーミージーを埋め立てないで下さい!」と言われ、正直びっくりしました。なぜならカーミージーを埋め立てる計画などないからです。』の部分です。

市民に理解のあるポーズを装っていますが、これは真っ赤なウソで~す。

c0180460_15184525.jpg

8月に3回あったワークショップ(2014.8.8、8.16、8.26、参照)の募集要項にちゃんと「(埋め立てを前提とした)現港湾計画を尊重しつつ」の参加でないと「退場してもらうこともありうる。」と明記されていましたし、

c0180460_1519513.jpg

二回目のワークショップには市長自ら出て来て、「私もカーミージーの海で遊んで育ったので、ここの自然も生かし、雇用も増やして行ける方向で市民のみなさんといっしょに進めていきたい。」と西海岸の埋め立てをぼかして玉虫色に描きながら、「ビーチが北向きなのはいかがなものか?私はサンセットが見たい。そういうビジョンがあれば自由に描いてほしい。現行計画がベストではない。」と現行計画が相当修正可能なように表現して見せる一方で、軍港の移設問題では「すでに那覇市、県や国とも合意していることなので、これの変更となると国や米国とも話し合わなければならない。」と突き放す姿勢を見せ、最後に「ここを埋め立てないわけにはいかない。」と埋め立てることが大前提だということを強調していました。

c0180460_15202785.jpg

これでは、昨年の2月に「西海岸の埋め立て反対!」という公約で市長に当選した時点からは、「公約を破棄したのか?」と言われても当然だし、問題の本質をごまかして責任逃れをしているのに過ぎない!と改めて感じましたが、知事や5人の国会議員がこぞって公約を破って平気な沖縄では、市長なんてもっと軽いものと判断したのかもしれませんね。

c0180460_15243854.jpg

その時の内容を「市長の言い訳」としてブログで紹介すると、ブログの「記事ランキング」でしばらく一位を占めるという大反響ぶりでした。

c0180460_152511.jpg

また、この間のことは沖縄タイムスにも詳しく報道されました。

そして今回、「埋め立てる計画などない!」と市の広報にまでのせる厚顔無恥ぶりにはビックリ!し、10月22日には意見を言って化けの皮をはがしてやろうと思っていると、同窓会で沖縄にはいないので残念!

c0180460_15253581.jpg

そうこうしていると、「カーミージーの海で遊び隊」の観察会に参加したことのある共産党の市議からTELがあり、「西海岸視察・学習会」で海のことを解説してほしいとの依頼がありました。

c0180460_15272065.jpg

話を聞くと「西海岸の埋め立てに反対している会派は共産党の二人と自治会長経験者の二人のたった4人だけで、後は全員賛成!」だそうでこれまたビックリ!

c0180460_15263497.jpg

それなら協力しよう!と出かけると、とても熱心な方々が25人以上も集まり、

c0180460_1528661.jpg

市議団から「第一ステージの11.5haの埋め立て地に3社の応募があったものの、現在ゼロ!」との説明があり、

c0180460_15272794.jpg

c0180460_15284880.jpg

私の方から「ここはとても豊かな生物が生活しているサンゴ礁のイノーで、南北に大きな潮流があり、埋め立てると生物はいずれ死滅していく!」ことなどを話しさせてもらいました。

c0180460_15275813.jpg

さらに、運輸省と建設省の縦割り行政からこの西海岸に「沖縄西海岸道路」と「臨港道路浦添線」の二本の道路の建設が進められており、市民にはまったく知らされないままに税金の無駄遣いと自然破壊をさらに広げる愚かさも追及してくれるよう依頼しました。

みなさんも10月22日にはぜひ参加して、疑問や意見を市長にぶつけて下さ~~~い!

お願いします。
by nami-5963 | 2014-10-20 15:13 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

垣根の剪定

台風通過後の真っ黒に枯れた枝葉を剪定し終わり、奥さんの「垣根もきれいにしたいね~~!」のお誘いを受け、今日は垣根の剪定に取り組みました。

c0180460_183673.jpg

記録を見ると前回は2013年12月21日に取り組んだようで、10か月ぶりなのでもう伸び放題になっていました。

c0180460_1844577.jpg

垣根の植物はオオイタビで、イチジクに似た実をつけ、

c0180460_1851217.jpg

剪定したところから白い液を出し、これが手についてかゆいこと、かゆいこと!

また、その白い液は粘性を持っていてハサミも動きにくくなるのにはまいってしまいます。

c0180460_1854283.jpg

まずは上面をきれいにそろえ、よその駐車場側をきれいに刈っていきましたが、10か月ぶりなのでここだけで午前中かかってしまいました。

c0180460_1871780.jpg

台風で傷んだオオバギの枝も落とすと、真っ赤な血のような樹液が出て来てビックリ!

c0180460_18723100.jpg

昼ご飯を食べてから、我が家の駐車場側をきれいに刈っていきました。

c0180460_188079.jpg

刈った後の枝葉を集めると大きなビニール袋が6個にもなり、一日仕事となりました。

やっぱり年に二回ぐらいしておくのが、結果的に楽だということがよくわかりました。

お疲れさま~~!
by nami-5963 | 2014-10-15 20:59 | 花・草木 | Comments(0)

台風対策の解除

まだ、台風19号の強風が吹いていましたが、台風18号の時に取ったままの台風対策を解除していきました。

c0180460_064816.jpg

部屋に入れていたブーゲンビレアを外に出してよく見えるところに並べ、

c0180460_082977.jpg

ネットをはずして固めてあった植木鉢をすべて元に戻していきました。

c0180460_094956.jpg

この作業も結構重労働でしたが、作業をしていて強風と塩害で葉っぱが真っ黒になってしまっているのが目立ちました。

c0180460_091653.jpg

ここまで傷んでしまうとどうしようもないので、どの植木鉢も大胆に剪定し、肥料をたっぷりやり回復を促すことにしました。

c0180460_0104560.jpg

午前中に半分を片付け、午後も作業を続けいい汗をかきました。

c0180460_0112729.jpg

強風と塩害にも強い樹木はフクギ(福木)だということがよくわかりました。

c0180460_0115826.jpg

その作業中に、チョウのガバマダラが羽化しだしたのに出会いました。

c0180460_0122176.jpg

台風の最中の羽化では死を迎えたでしょうに、

c0180460_012493.jpg

台風の過ぎ去るのをじっと待っていたのでしょうか、

c0180460_013729.jpg

羽をじっと伸ばして飛び立つ準備をしている姿に声援を送りました。

c0180460_0132925.jpg

また、剪定をしているとオウゴチョウの幹にガバマダラの緑色のサナギを見つけ、

c0180460_0134532.jpg

一生懸命トウワタの葉を食べる幼虫の姿も見かけました。

みんなあの強風の中を耐え忍んできたんだと思うと強い連帯感を覚えました。
by nami-5963 | 2014-10-13 23:55 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

こわかった台風19号

大型で強い台風に成長しながら沖縄に近づいてきた台風19号はとてもこわかったで~す。

c0180460_23203446.jpg

沖縄に近づいてくるにつれ雨風が強くなり、雨は降りっぱなしで強い風がドン!と窓や建物にぶつかる音は恐怖を覚えました。

c0180460_23235727.jpg

電線にあたる風が金属音のようにキーーン、キーーン!と聞こえるのも恐怖心をあおってきました。

c0180460_23232378.jpg

また、ゆっくり進むために恐怖を感じる時間が長く、

c0180460_23272288.jpg

一日をとって見ても台風19号がほとんど位置を変えなかったのも疲れを覚えました。

c0180460_23244871.jpg

それでも少しずつ北上し、九州に近づき日本全国に大雨を降らせそうですので、みなさん十分注意なさってくださいね。
by nami-5963 | 2014-10-12 23:17 | 沖縄の不思議 | Comments(0)