沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2015年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

第22回の観察会

カーミージーの海で遊び隊の第22回の観察会が、好天の8月30日に催されました。

c0180460_16364695.jpg

38名の参加者の中には「楽しかったからまた来ました!」というリピーターの親子連れも多くなり、嬉しい限りでした。

c0180460_16393996.jpg

海辺の岩場に生きたいっぱいのゴマフニナが群れているのを見た後、

c0180460_1640414.jpg

しゃがみ込んでたくさんの穴からカニの赤ちゃんが這い出して来るのを待ち、

c0180460_1640377.jpg

岩場がカニの巨大マンションだ!ということを確認して海に入りました。

c0180460_1641868.jpg

海の中の岩をめくるとイソギンチャクやセダカガイがくっついていて、

c0180460_16413186.jpg

珍しいウミウシの仲間のチドリミドリガイもいてみんなで熱心に囲んで観察しました。

c0180460_16474659.jpg

ちくちくするオオイカリナマコや

c0180460_1648720.jpg

黒くて小さいフグの赤ちゃんもいて、

c0180460_16491542.jpg

海の中を少し歩くと、岩場にきれいな蛍光ブルーのルリスズメダイを発見し、水を濁らせないように遠巻きにして観察しました。

c0180460_164950100.jpg

爪や足が欠けたタイワンガザミに出合いましたが、脱皮時に爪や足は回復するとは言え、それまで外敵に襲われることもあるので、みんなが心配していました。

c0180460_16501259.jpg

今日の参加者のみなさんはとても積極的で、「これ何?」「これ何?」とよく聞いてくれるのですが、「ちょっと待ってね、順番を守ってよ!」というと、大きい二枚貝をおっぱいのかっこうにして、おちょけながらしっかり待ってくれていて、ルールを守ることも覚えてくれたようでした。

c0180460_16503592.jpg

最後は、みんなでトゲアナエビ釣りに取り組み、

c0180460_1651176.jpg

「よく引く~~!」「エサを取られた!」と大人も子供も夢中になって楽しみ、

c0180460_16512256.jpg

観察会を無事終えることができました。

また、今日の観察会の参加者の中から、埼玉県出身の61歳の男性が「お手伝いできることがあれば!」と会員になることを申し出て下さいました。

c0180460_1652213.jpg

嬉しい限りで、バンザ~~イ!
by nami-5963 | 2015-08-30 22:33 | 磯遊び | Comments(0)

環境教育講座の観察会

浦添市の環境教育講座を担当している会社から、講座の中の「カーミージーの海の観察会」を受け持ってほしいという要請がありました。

c0180460_16112174.jpg

「遊び隊」の認知度の高まりとともに、最近こうした要請を受けることが多くなり、違った意味で忙しくなって来ています。

c0180460_16131161.jpg

港川自治会館での講義は会社の方がカニとナマコの話を中心に担当され、受講者は教育関係者を中心に社会人を対象にしたものでした。

c0180460_1619469.jpg

カーミージーの海に出かけ、岸辺の岩場がカニや貝の住みかだということを説明し、そこに座り込んでたくさんの穴をじっくり観察しているとカニの赤ちゃんが姿を現し、そばからルリマダラシオマネキの若い個体が2匹出てきました。

c0180460_16201883.jpg

海に入って岩を起こすとセダカガイやイソギンチャクや藻類がたくさんついていたり、貝のテングニシの卵のう、

c0180460_16211525.jpg

ケブカガニ、

c0180460_16213555.jpg

珍しいハート型のリュウキュウアオイなどにであいました。

c0180460_1629257.jpg

ナマコでは、クロナマコとニセクロナマコを実際に手に取って復習をし、オオイカリナマコも手にすることができました。

c0180460_16294781.jpg

大岩に住むフジツボ、オハグロガキ、オニヒザラガイの観察後、

c0180460_16301678.jpg

トゲアナエビ釣りを楽しんだ帰り道で、

c0180460_16303820.jpg

超ビッグな毒針を出すイモガイや

c0180460_16305987.jpg

砂茶わん、

c0180460_16311638.jpg

毒を持ったフグのキタマクラに出合い有意義な観察会を終えることができました。
by nami-5963 | 2015-08-29 22:07 | 磯遊び | Comments(0)

パンフレットの完成報告

パンフレットの完成報告に市長さんを訪問しました。

c0180460_21182994.jpg

仲介の労をとって下さったのは去年と同じ比嘉譲治市会議員さんで、顧問の銘苅港川自治会長さんといっしょに出掛けました。

35万7千円の助成金を頂き、その内の28万7千円で1万部のパンフレットが完成したことを報告し、お礼を述べました。

c0180460_21212332.jpg

環境省のレンジャーの方が、「このパンフレットを手にすると、カーミージーの海に行ってみたくなる!」と言っていたものを改訂し、さらに充実させたこと、

このパンフレットを手にしてたくさんの小中学生や市民がカーミージーの海の観察会に参加し、現在850人に達したこと、

「遊び隊」の定例の観察会以外に中央公民館、自治会、子ども会、児童センター、ひまわり学童クラブ、地域中学生キャンプ、ボーイスカウト、地主会などの観察会へ広がりを見せていること、などを報告していると、市長さんの方から「カーミージーの海は大切にしたいですね。」と言ってきました。

c0180460_188618.jpg

最近の「人工ビーチを西向きにし、軍港を那覇市側に持ってくる」という「浦添市案」が港湾管理組合に受け入れられない!という新聞報道があったせいか、以前に比べ明らかに市長さんの姿勢がトーンダウンしているように感じました。

さらに、最近の観察会が県の各部署からの依頼で開催されていることも報告すると、「県にもいろんな部署があるので、遊び隊の方からも県の方に働きかけていって下さいよ。」と逆に要請されました。

そこで、「市長さんもカーミージーの海で私たちといっしょに遊び、観察会をしたり、港川自治会といっしょに100艇のカヌーを並べて遊んで、カーミージーの海の大切さをアピールしていきましょうよ。」と提案しました。

c0180460_21225316.jpg

また、今回のパンフレットを未配布の小学1年生と中学2・3年生に配布すると、市内の義務教育を受ける児童生徒全員に配布できたことになると話を進めると、市長さんの方から「教育長に配布を依頼してあげましょう!」と言って頂き、教育委員会の方で配布していただけることになり、感謝感激でした。

c0180460_21235949.jpg

とても意義のある市長さんへの表敬訪問となりました。
by nami-5963 | 2015-08-26 18:04 | 磯遊び | Comments(0)

貝の標本作製

ゆみさんは夏休みの宿題に貝の標本作製を決め、じいちゃんに「協力してね。」と頼んできました。

c0180460_21562017.jpg

それには、ゆみさんが赤ちゃんの頃から、じいちゃんの集めたタカラガイで遊んだり、

c0180460_2157499.jpg

泡瀬デビューをした1歳のころから貝集めを熱心にしてきたという、下地があったからでしょうね。

c0180460_21584857.jpg

夏休みになって、最初に、今まで集めたたくさんの貝の中から、

c0180460_2204967.jpg

自分の好きな貝を選び、

c0180460_2213773.jpg

巻貝と二枚貝に分類し、

c0180460_222155.jpg

レターケースを買って来て、標本箱にして並べると88種類ありました。

c0180460_2223299.jpg

家にある図鑑をめくって名前を調べるのが大変!

c0180460_2225580.jpg

どれかな?これかな??

c0180460_2235499.jpg

悩んだ末、これだ!と分かった時が一番うれしかった、そうです。

c0180460_2244953.jpg

名前がわかると貝にボンドを付け、

c0180460_2254351.jpg

青い台紙に貼り付け、

c0180460_2262229.jpg

小さいラベルに名前を書き、

c0180460_2264481.jpg

貝のそばに丁寧に貼り付けていきます。

c0180460_2274316.jpg

どうしても名前のわからない12個の貝を持って図書館に出かけました。

c0180460_2282177.jpg

朝から昼までかかって少しずつ名前がわかってきましたが、間違いもいくつか見つかりました。

昼ごはんにおいしい「てだこそば」を食べてから、もうひと踏ん張りしました。

c0180460_229914.jpg

一番頼りになったのが、3Kgほどある「大図鑑」で、

c0180460_2293875.jpg

夕方になってやっと貝の名前が全部わかりました。

c0180460_2210877.jpg

一日図書館にこもってくたくたになったことや苦労したこと、頑張ったことや工夫したことなどをまとめて文章にして提出したようです。

後日、担任の先生から「科学作品展に出展しますよ。」との通知を受け、大喜びするゆみさんでした。

おめでとう!
by nami-5963 | 2015-08-23 21:46 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
那覇市の国際通りの牧志駅前にある「ほしぞら公民館」で、館長による「星雲・星団」を解説する無料プラネタリウムがあるというので、出かけました。

c0180460_16214832.jpg

夏休みだったので、満席状態でしたし、私も久しぶりのプラネタリウムをゆったり見ながら、新しい知識を得ることができました。

c0180460_16235275.jpg

プラネタリウムが終わると夏休み恒例の「ベランダ観望会」にほとんどの人が移動し、

c0180460_16242254.jpg

「月と土星」が見られるというので、

c0180460_16251915.jpg

大盛況でした。

c0180460_16253773.jpg

大小4台の望遠鏡で200人ほどの人が夏の夜空の天体ショーを楽しむことができました。
by nami-5963 | 2015-08-22 12:19 | 宇宙・天体 | Comments(0)

夏休みの思い出

今年の夏は慶良間諸島にもキャンプにも行かなかったので、絵日記に書くことに困っているゆみさんでした。

c0180460_22213123.jpg

そんな時、懸賞に当たって「南の島の洞くつ探検」のチケットが2枚送られてきたので、「これに行ってみようか?」と誘うと、「行きたい!」とのって来てくれました。

c0180460_22244271.jpg

予約を入れた当日は朝の渋滞が心配なため、8時に出発すると9時前に着いてしまい、玉泉洞のルートの地図で下見をし、

c0180460_22245744.jpg

生きた蛇を展示しているコーナーで楽しくすごせました。

c0180460_22251829.jpg

10時に集合となり、ヘルメットを調節し、

c0180460_22254389.jpg

洞窟にすむ生きものの解説などの後洞内に入り、一般道とは違うルートを通りました。

c0180460_2228533.jpg

洞内はひんやりしてとても過ごしやすく、たくさんの鍾乳石が垂れ下がっている中を進むと、

c0180460_2226818.jpg

きれいな氷細工のような鍾乳石や

c0180460_22282671.jpg

鍾乳石の赤ちゃんのストロー、

c0180460_22284696.jpg

水たまりにすむエビや

c0180460_2229614.jpg

目の退化した白いヤスデ、

c0180460_22292648.jpg

ゴキブリやコウモリに出合いました。

c0180460_2230192.jpg

途中で休憩し、懐中電灯をみんなが消した時の闇の深さに驚き、光のありがたさを痛感しました。

c0180460_22302510.jpg

洞くつが崩れた所に落ちていた鍾乳石を「この鍾乳石は1000年の重みがある!」と持たせてもらいましたし、

c0180460_22305017.jpg

冷たい水に腰までつかるところや、

c0180460_22312789.jpg

自然の美しい造形美を楽しんだり

c0180460_22315089.jpg

洞くつができる不思議を感じたりしながらの

c0180460_2232322.jpg

楽しかった90分の洞くつ探検を無事終えることができました。

c0180460_22325276.jpg

帰りはペコペコになったお腹を大好きなお寿司でいっぱいにし、

c0180460_2233878.jpg

じいちゃんばあちゃんの注文のお世話もしっかり焼いてくれました。

c0180460_22333115.jpg

家に帰るとすぐに「これで絵日記が書ける!」と今日の洞くつ探検のことをまとめていました。

よかった、よかった!
by nami-5963 | 2015-08-20 22:18 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

パンフレットの完成

今年度の市の助成金で「カーミージーの海の生き物たち」のパンフレットの改訂版の1万部の増刷が完成しました。

c0180460_7541454.jpg

孫のゆみさんもいっしょに完成を祝ってくれました。

嬉しい限りで、さっそく市長さんに報告しようと思っていま~~す。
by nami-5963 | 2015-08-17 17:51 | 磯遊び | Comments(0)

軍港地主さんの学習会

那覇軍港の地主さんの二代目三代目の方々が、「那覇軍港に代わる浦添軍港の予定地やそこに住む生き物たちのようすを知っておきたい」ということで、観察会&学習会の講師の依頼を受けました。

c0180460_80151.jpg

12名の地主さんたちと斡旋業者さんを案内しましたが、このカーミージーの海が那覇軍港の原風景だということを紹介し、

c0180460_812924.jpg

岸辺の岩場にたくさんの穴が開いているのは、カニや貝のおうちで、たくさんの生き物が住みつききれいな海を守っていることの話しをしました。

c0180460_815464.jpg

海の中の大ブロックについた貝たちはどれも生きていて満潮になると活発にエサを取ることを紹介するとみなさんビックリ!

c0180460_821519.jpg

みなさん、小さい頃はよく海で遊んだというだけあって、ベニツケガニや

c0180460_10115583.jpg

ケブカガニ、

c0180460_10123062.jpg

シガヤーダコを捕まえるのはお手の物でしたが、

c0180460_1013336.jpg

ソデガラッパを捕まえると交尾中でビックリ!

c0180460_10133780.jpg

タタンビシの近くまで行き、どこらまでを埋め立てて軍港を作る計画なのかを地図で示して説明させてもらいました。

c0180460_10142978.jpg

帰り道で、トゲアナエビ釣りを楽しんで、みなさん童心に返ってもらえました。

c0180460_1015563.jpg

やっぱり海は素晴らしいですね~~!
by nami-5963 | 2015-08-16 20:56 | 磯遊び | Comments(0)

屋我地島の干潟観察会

海洋博の美ら島研究センターが「屋我地島の干潟観察会」を指導者向けに開催してくれました。

c0180460_10182364.jpg

「カーミージーの海で遊び隊」で誘い合って、みんなで研修に出かけました。

c0180460_10255621.jpg

干潟に出て最初に驚いたのは、水の引いたところは貝殻でいっぱいだったということで、

c0180460_10261212.jpg

30cm四方の枠の中にどんな貝が何個すんでいるか、それも生きたものと死んだ者に分けて調べました。

c0180460_10263223.jpg

次は岩の表面、側面、底面のそれぞれにどんな生物がすんでいるのかも調べ、

ちょっと学生の実習のようで新鮮でした。

c0180460_11142541.jpg

砂地のところではタテジマユムシという埋在動物がすんでいて、

c0180460_11145524.jpg

半透明な30cmにも伸びるリボン状の吻を伸ばしその上に砂の中の栄養分を乗せてベルトコンベアーの要領で口に運んで摂取するそうで、

c0180460_11152821.jpg

たくさん住んでいるようすを調査しました。

c0180460_11155999.jpg

砂地を歩いていると潮の引いたところでミナミコメツキガニが食事をした後の砂粒がたくさんで、

c0180460_11162288.jpg

色が変わって見え、川の字のような模様に見えるのがきれいでした。

c0180460_11164959.jpg

干潟の掃除人のカニノテムシロがたくさんいて、

c0180460_11174267.jpg

それも背中に3~5個のマキガイイソギンチャクを乗せ、

c0180460_11181057.jpg

死骸を探し回っているのが面白かったです。

こんなところは泡瀬干潟とよく似ていると感じました。

c0180460_1119714.jpg

キノコ岩ではイソアワモチのイボイボが青っぽいように見え、

c0180460_11192757.jpg

ケガキや

c0180460_11194692.jpg

珍しい海のアメンボを二種類見ることができました。

c0180460_11201061.jpg

屋我地島の干潟の自然の豊かさを堪能することができ、いい研修になりました。
by nami-5963 | 2015-08-15 22:16 | Comments(0)
港川中学校区の地域保健福祉センターの「ボラんちゅキャンプ」への協力依頼があり、ボランティアで出かけました。

c0180460_11255525.jpg

中学生のキャンプのメニューの中の一つにカーミージーの海の自然観察を取り入れたいというもので、

c0180460_1416154.jpg

中学生19名、民生委員さん20名、ボランティアの大学生3名の参加がありました。

c0180460_14132018.jpg

岸辺の岩場のたくさんの穴は生き物の住みかで、一つの穴がカニでふたつの穴は二枚貝が住んでいることを紹介するとみなさんビックリ!

c0180460_14163268.jpg

海の中で、ソデガラッパに出合い、ヤドカリを襲うときに使う砂もぐりの得意技を皆さんに見てもらうと、みなさん感心されていたので、ガラッパ君には何度も潜ってもらいました。

c0180460_1417641.jpg

芸術作品のようなタマガイ類の卵と粘液でこねて作った砂茶わんを見た後に、

c0180460_14173431.jpg

生みの親のホウシュノタマガイが二枚貝のリュウキュウバカガイを捕食しているシーンに出合い、みんなでしばらく観察しました。

c0180460_14175726.jpg

「かわいそうだから逃がしてやったら!」という意見も出ていましたが、自然界では「食う食われるのが自然の成り立ち」なので見守っていると、ホウシュノタマガイがあきらめて離れていきました。

c0180460_14181820.jpg

浅瀬の岩場にルリスズメダイが群れ、

c0180460_14213860.jpg

ハート形をしたピンク色のサンゴの赤ちゃんを見つけた人もいたり、

c0180460_1422557.jpg

黒い色のふぐの赤ちゃんと黄色い色で黒点のある箱ふぐのかわいい赤ちゃんや

c0180460_14222454.jpg

大きなクモガイが二匹いたり、

c0180460_14225274.jpg

オオイカリナマコにも出合いました。

c0180460_14232051.jpg

岸辺でこの海で遊ぶ時の注意をしていると銘苅港川自治会長さんが姿を見せ、

c0180460_1423556.jpg

自治会のこども達とおいしいぜんざいの出前をしてくださいました。

c0180460_14242089.jpg

ありがとうございました!

c0180460_14255330.jpg

夜は、中学生たちの作ったカレーライスをいっしょにおいしくよばれ、

c0180460_14262738.jpg

港川小学校の生徒さんのカーミージーの海の研究発表を聞き、交流を深めることができました。
by nami-5963 | 2015-08-13 22:23 | 磯遊び | Comments(0)