沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2016年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

GPSゲット!

8月のカーミージーの海で遊び隊のゆんたくひろばでGPSナビの購入を決定し、アマゾンでインターネット購入するとすぐに現物が届き、ビックリ!

c0180460_9252576.jpg

ところが、解説書を見ても妙に使い方が分かりにくく、困っている時に購入を勧めてくれたAさんのことを思い出し、実地講習をしてもらいました。

すると、基本的には使えていたもののもう一歩突っ込んだ使い方になっていなかったことが分かり、大助かりしました。

c0180460_925455.jpg

試しに、ゆみさんちの送迎に使ってみるとバッチリ経路が5m単位で表示され、コンビニに寄って買い物をしたことも記録されるのにはビックリ!

c0180460_926227.jpg

今日は、さっそくカーミージーの海に出て海岸の出発地点からヒメシャコガイの住む岩、オニダルマオコゼの隠れ家の岩、大岩、ブロックなど観察会の時に大きな目印になるポイントを打ち込んでいると、面白い場面に出合いました。

c0180460_9264620.jpg

ソデカラッパが地面に開いた穴に引き込まれようとしているので???不思議に思い、よく見ると穴からタコの足が4本出ていて、ソデカラッパが穴ダコのエサにされようとしていました。

こんなシーンに出合うのは初めてでビックリ!

自然界は不思議なことが一杯ですね。

c0180460_9271833.jpg

8月1日にイソギンチャクの白化現象が見られたところを訪れると、1cmくらいに成長したカクレクマノミたちが8匹で迎えてくれ、

c0180460_9274484.jpg

いっしょに二匹のイソギンチャクカクレエビも棲んでいることが確認できましたが、台風10号も進路を変えて東北に上陸してしまい、海水の撹拌による水温低下は望めないので、この状態が長引くととても心配です。

c0180460_9283497.jpg

もう一か所のイソギンチャクは水深が1mほどあるのでまだ白化現象を起こしておらず、一安心しましたが、相変わらずカクレクマノミが1匹だけしか住んでおらず、別の意味で困ってしまいます。

c0180460_9284742.jpg

帰り道で、きれいな蛍光ブルーのヒメシャコガイに出合い、

c0180460_9294130.jpg

これらのポイントもインプットしましたので、その後を観察することにしたいと思っていま~す。
by nami-5963 | 2016-08-31 08:43 | 磯遊び | Comments(0)
今月の湧き水fun倶楽部の定例会は、

c0180460_16233322.jpg

いつもとは場所を変え、西原町にあるブッキッシュというブック喫茶で行われました。

c0180460_16241616.jpg

このブッキッシュのある場所は沖縄戦で激戦地となった棚原の高台にあり、知念半島まで見渡せる景色が素晴らしく、

c0180460_16245499.jpg

目の前には西原町での最大の激戦地であった運玉森(うんたまむい)がきれいな姿で佇んでいました。

c0180460_1626842.jpg

最初に9人が集まり、報告事項でスタートし、てだこ市民大学の湧き水マップ展が9月2日まで浦添市役所ロビーであること、

c0180460_16273113.jpg

私の担当した中央公民館講座のてだこ自然体験教室1が無事に終了したこと(2016.7.30、参照)、ぐし代表の本「沖縄の湧き水紀行」が10月の発行の予定などの報告がありました。

c0180460_16282034.jpg

人数も11人に増え、今日のテーマの一つだった「水に関する本を持ち寄る」ということで、

c0180460_16285889.jpg

各自から本の推薦理由の報告がありました。

c0180460_16291463.jpg

湧き水で有名な富士山の本も紹介され、「来月行ってくる!」という会員さんもいて、次回の報告が楽しみで~す。

c0180460_16293813.jpg

また、金城さんが80歳の誕生日を迎えられたということで、

c0180460_1630944.jpg

8本のローソクの灯ったケーキでささやかなお祝いをさせてもらいました。

c0180460_1630588.jpg

今回はブログで一般の参加を呼び掛けていたところ、宜野湾市在住の小学3年生の男子の親子が参加してくれ、かつてない13名という参加者数になりました。

c0180460_16324747.jpg

I君は、宜野湾市の湧き水を詳しく調査してまとめた上で、「なぜ宜野湾に湧き水が多いのか?」「湧き水の仕組みはどうなっているのか?」「湧き水の実験装置をつくるのにどうしたらいいのか?」などという質問を持って、積極的に参加してくれたので、

c0180460_16321258.jpg

小3でここまで追求して取り組んでいることに感心することしきりで、会の雰囲気は一気に盛り上がり、「湧き水カルタ」をプレゼントさせてもらいました。

c0180460_16332430.jpg

ブログでオープン参加を呼び掛けたところ、もう一人南城市民大学生のMさんが参加してくれたので、こんな会の持ち方も大切で広がりを生みだしてくれることを知りました。

c0180460_17191176.jpg

後は、多彩な会員さんの報告を受け、いつもながらの楽しく有意義な会合になり、次回を楽しみにお別れしました。

c0180460_16344178.jpg

by nami-5963 | 2016-08-28 16:19 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

傘の星座

先日の宇宙散歩 by MEGASTARで「手作り星空ワークショップ」を担当し、

c0180460_1215952.jpg

傘の星座を持ち帰った時、ゆみさんが宿題をしながら広げて、楽しそうにしていました。

c0180460_12153079.jpg

その後、夏休みの宿題としてチャレンジしたいというので、いっしょに取り組みました。

c0180460_12155583.jpg

まずは四季の星座版を張り合わせ、

c0180460_121613100.jpg

傘にかぶせられるようにし、均等になるように調節して傘にセロテープで固定します。

c0180460_1217055.jpg

裏返すと、一年間で見られる代表的な星座が姿を現し、

c0180460_12172884.jpg

星座をつくる12個の一等星を青色の大きな星印で、

c0180460_12175081.jpg

後の星を大小の緑色の丸印で、

c0180460_1218715.jpg

星座を形作る線はピンク色で、

c0180460_12182210.jpg

星座名や一等星の名前は黒色でと工夫しながら表現していました。

c0180460_12184655.jpg

一生懸命に丁寧な字で書き進め、一時間半ほどで出来上がり、

c0180460_12235363.jpg

ほっとして嬉しそうな表情でVサインを出していました。

c0180460_12192791.jpg

この夏休み中の11回のカーミージーの海の観察会のうち7回も参加し、「ソデカラッパとオオイカリナマコを見つけてよ!」のリクエストにもよく答え、じいちゃんを助けてくれていましたので、

c0180460_12195371.jpg

その恩返しができたようでじいちゃんもほっとしました。
by nami-5963 | 2016-08-26 12:11 | 宇宙・天体 | Comments(0)
夏休みのこども達の宿題や自由研究の助けになればという思いで、この夏に11回の観察会を催してきましたが、みなさんのお蔭で、すべて無事に終了することができました。

c0180460_17262086.jpg

次回以降の9月、10月の案内チラシとパンフレットを朝比奈さんといっしょに配布して回りました。

c0180460_17263559.jpg

最初は軽便鉄道の車両が残っているので有名な宜野湾博物館で、

c0180460_17265129.jpg

7月に配布したチラシとパンフレットはすでに一枚も残っていませんでした。

c0180460_1727939.jpg

次に、一番よくなくなる浦添市役所の玄関ホールの総合案内所には、まだ少し残っていましたが、どっさり追加しておきました。

あと、いつものように市長室と環境保全課にチラシとパンフレットを配布しました。

c0180460_17281294.jpg

お隣の中央公民館にもチラシを配布していると、

公民館だよりに11月に私の担当する講座の案内が載っていましたので、紹介しておきま~す。

c0180460_1728313.jpg

11月の遊び隊の観察会は中央公民館の貸し切り講座となりましたので、ご了承ください。

c0180460_17285267.jpg

市立図書館にもチラシが残っておらず、たくさん置かせてもらいましたが、掲示板にチラシを張って下さっているのを発見し、嬉しくなりました。

c0180460_1729699.jpg

カーミージーの海の見える隠れ家カフェ・清ちゃんは、

c0180460_1729204.jpg

ご夫婦で隊員にもなって下さっていて、観察会の申し込みの多いところで、とても助かっています。

c0180460_17294254.jpg

帰りにとっても立派なゴールデンシャワーの木を見つけ、

c0180460_1730429.jpg

思わず見とれてしまいました。

c0180460_1730264.jpg

すぐ近くの海沿いにある浦添市の歴史にふれる館にもパンフレットを追加させてもらいました。

c0180460_17304426.jpg

昼食をとってから、南の方の豊見城市にある環境省の漫湖水鳥・湿地センターを訪れ、なくなっていたチラシとパンフレットを配布し、

c0180460_1731342.jpg

北上して県立図書館を訪れ、チラシとパンフレットを追加させてもらいました。

c0180460_17312064.jpg

今度は、一番たくさんのチラシがなくなり観察会の申し込みも一番多い、

c0180460_17313590.jpg

国際通りのほしぞら公民館にどっさりチラシを置かせてもらいました。

c0180460_17314956.jpg

最後に、ほしぞら公民館と双璧の宣伝効果を持っている県立博物館・美術館にもチラシとパンフレットをどっさり置かせてもらい、一日がかりの配布作業が終了しました。

こうしてみると、たくさんのみなさんのお世話になって私たちの活動が成り立っていることを改めて認識し、感謝する気持ちで一杯です。
by nami-5963 | 2016-08-25 17:20 | 磯遊び | Comments(0)

伊祖子ども会の観察会

8月21日は今年で2回目の伊祖子ども会の観察会で、

c0180460_12161095.jpg

23名の参加と5名のスタッフでスタートしました。

c0180460_12131559.jpg

岸辺の岩場に開いた穴の説明をしていると、穴から大きなルリマダラシオマネキが出て来てみなさん大喜び!

c0180460_12133921.jpg

岸辺の海で三日間見られたヘコアユの幼魚が今日は全く見られず、代わりに白黒黄色の鮮やかな縞模様の熱帯魚のハタタテダイの三匹の幼魚や

c0180460_1214265.jpg

オス(上)が卵を抱いているヨウジウオのご夫婦がいてビックリ!

c0180460_121422100.jpg

海草藻場では、私たちに酸素を提供してくれるカイメンソウ、

c0180460_12164143.jpg

海の掃除屋さんのクリイロナマコ、

c0180460_12171933.jpg

おしゃれに砂粒を身につけたクロナマコ、

c0180460_12173578.jpg

チクチクするイカリ状の骨片を持つオオイカリナマコ、

c0180460_12175854.jpg

強力シャコパンチを繰り出すフトユビシャコ、

c0180460_12181618.jpg

毒針を出す大きなイモガイ、

c0180460_12183890.jpg

砂もぐりの名人でヤドカリを待ち伏せて襲うソデカラッパ、

c0180460_1219373.jpg

初めて見つけて初めて触ったナガウニ、

c0180460_12192599.jpg

人知れず大きく成長していたヒメシャコガイ、

c0180460_12194185.jpg

かわいい2個の目を持つクモガイのペアなどに出合いました。

c0180460_122023.jpg

みんなでトゲアナエビ釣りを楽しんでから、

c0180460_12201654.jpg

大きなブロックに着いた生きものがみんな生きていて満潮時にエサを採り、きれいな海づくりに貢献していることを学習中は、子ども達は「ブロック湯」を楽しんでいました。

c0180460_1221479.jpg

帰り道でタマガイ類の卵塊のかわいい砂茶わんや

c0180460_1221201.jpg

薄いピンク色の小さなサンゴの成長に嬉しくなったり、

c0180460_12213713.jpg

毒針を出す超デカイご夫婦のイモガイや

c0180460_12215482.jpg

小さな潮だまりで熱中症になって死んでしまったお魚のシマウミヘビに出会ったりでびっくりすることの連続でした。

この日までで、通算67回の観察会を実施し、1,789人が参加したことになります。

観察会の参加者と隊員のみなさんのご協力に感謝致します。

c0180460_12221378.jpg

私自身は寄る年には勝てず、栄養ドリンク剤を飲んでも疲れが抜けきらない体の衰えを感じつつも、カーミージーの海の素晴らしさをもっと広めたいと思っていま~す。
by nami-5963 | 2016-08-22 12:08 | 磯遊び | Comments(0)

8月20日の観察会

遊び隊定例の8月20日の観察会には好天の中30人の参加者があり、

c0180460_22191345.jpg

スタッフ4人で実施することになりました。

c0180460_22194033.jpg

岸辺の岩に開いた穴がカニと二枚貝の住み家で、海をきれいにしてくれていることを学び、

c0180460_22201033.jpg

前もって見つけていた枯葉に擬態した4mm~1cmほどのヘコアユの幼魚をザルに採っていたのを見てもらいましたが、

c0180460_22202497.jpg

今日は11匹に増えていて「これが魚なの!」とみなさんビックリ!

c0180460_22205725.jpg

海草藻場では、海藻の仲間でスポンジのようなカイメンソウが酸素を作っていることを知り、

c0180460_22251673.jpg

ナマコの仲間のクロナマコや、

c0180460_2221254.jpg

白いキュビエ管を出して嫌がらせ攻撃をするニセクロナマコ、

c0180460_2226640.jpg

白いイカリ状の骨片を持つオオイカリナマコはみんな海の掃除屋さんですが、感触の違いを確かめました。

c0180460_22263166.jpg

今日は珍しいハート型の貝のリュウキュウアオイや

c0180460_22264525.jpg

ザルに似たリュウキュウザルガイ、

c0180460_2227099.jpg

7本の角とかわいい2本の目を持ったクモガイ、

c0180460_22272649.jpg

きれいな模様のホシダカラのヤング、

c0180460_22281065.jpg

大きく育ったヒメシャコガイなどに出合いました。

c0180460_22283371.jpg

トゲアナエビ釣りを楽しんだ後、

c0180460_2229437.jpg

大きなブロックに着いたフジツボやカサガイ、オハグロガキ、オニヒザラガイたちは潮が満ちた時に盛んに食事をして、みんなが沖縄のきれいな海をつくることに貢献していることを学ぶことができました。

c0180460_22294930.jpg

カニのソデガラッパがヤドカリを襲って食べるときに使う砂もぐりの名人技を何度も見て感心し、

c0180460_2230138.jpg

1cmほどの小さな透明な体のテナガエビを見つけ、

c0180460_22302913.jpg

今まであまり見かけることのなかったハゼもいて感動一杯の観察会となりました。
by nami-5963 | 2016-08-20 23:45 | 磯遊び | Comments(0)
8月19日の観察会は、障害を持った子供たちのデイサービスさんの17名の参加と5名のスタッフで、

c0180460_7164011.jpg

ニモのカクレクマノミを見に行くことにしました。

c0180460_7173336.jpg

岸辺に出るとたくさんのイソアワモチが食事に専念し、きれいな海づくりに貢献してくれている姿や

c0180460_718015.jpg

小さな黒いフグの赤ちゃん、

c0180460_7182394.jpg

小さい茶色の葉っぱに擬態した10匹の4mm~1cmほどの

c0180460_719398.jpg

ヘコアユの赤ちゃんに出会いました。

c0180460_7193440.jpg

ニモのカクレクマノミに着くまでに休憩し、水分補給をしながらクロナマコ、ニセクロナマコ、

c0180460_7195538.jpg

クリイロナマコ、オオイカリナマコにこわごわ触れてみたりしました。

c0180460_7201922.jpg

歩くのが苦手の人もいましたが、なんとか全員がニモのカクレクマノミのところに着くことができました。

c0180460_7203415.jpg

最近、サンゴの白化現象が新聞やTVで取り上げられていますが、ニモのカクレクマノミが棲むハタゴイソギンチャクも白化しているのにビックリ!

c0180460_7205447.jpg

ニモのカクレクマノミは以前より成長して1cmほどになっていましたが、このまま白化現象が続くと、イソギンチャクが死んでしまうか、カクレクマノミもほかのところに移動してしまうかもしれず心配でなりません。

c0180460_721916.jpg

台風が来て海水をかき混ぜて水温を下げてくれない限り、この白化現象は食い止められないので困ってしまいま~す。

c0180460_721379.jpg

そんなことを心配して帰路につきましたが、トゲアナエビ釣りはみなさん夢中になって楽しむことができました。

c0180460_7224118.jpg

よく歩いてニモのカクレクマノミを見に行ったことがとても印象に残ったようで、「また来たい!」と嬉しい感想がたくさん出ていました。
by nami-5963 | 2016-08-19 23:13 | 磯遊び | Comments(0)

8月18日の観察会

8月18日の観察会は20日の観察会の定員がすぐに一杯になり臨時に設けた観察会でしたが、

c0180460_22451843.jpg

好天の中、参加者16名とスタッフ3名の19名で実施しました。

その中に読谷から5回目の参加という熱心な方がおられ、お礼にと高価な「ビーチコーミングをはじめよう」という本を頂きました。

c0180460_22453757.jpg

ありがとうございました。

c0180460_2246931.jpg

新しく設置された海への通路を初めて通り、岸辺の岩にたくさんあいた穴が、カニや二枚貝の住み家で、

c0180460_22464418.jpg

そばでたくさん動き回るイソアワモチとともに海をきれいに保ってくれていることを知り、

c0180460_2246597.jpg

手を合わせて感謝しました。

c0180460_22472423.jpg

海に入ると、岩のくぼみにたくさんいたタカラガイのキイロダカラ、ハナビラダカラ、タカセガイ、

c0180460_22474248.jpg

1円玉より小さいヒラメの赤ちゃん、

c0180460_22521394.jpg

海の掃除屋さんでチクチクするイカリ状の骨片を持つオオイカリナマコ、

c0180460_22523519.jpg

クリイロナマコ、

c0180460_22525134.jpg

クロナマコ、

c0180460_22531150.jpg

楕円形をしたナガウニ、

c0180460_22532612.jpg

金属棒にカチンカチンとパンチを連発するフトユビシャコ、

c0180460_2315050.jpg

二本の目玉を持った貝殻のきれいなクモガイ、

c0180460_23205091.jpg

毒針を出して魚を取って食べる大きなイモガイ、

c0180460_2321530.jpg

砂もぐりの名人技でヤドカリを襲って食べるカニのソデカラッパに出合いました。

c0180460_2321394.jpg

人知れず大きく育ったヒメシャコガイを見た後は、

c0180460_2256235.jpg

みんなでトゲアナエビ釣りに夢中になり、

c0180460_23215698.jpg

大きなブロックに着いたフジツボやカサガイ、オハグロガキ、オニヒザラガイたちは潮が満ちた時に盛んに食事をして、みんなが沖縄のきれいな海をつくることに貢献していることを知りました。

c0180460_22573273.jpg

珍しいものでは、四本足のアオヒトデ、

c0180460_2258235.jpg

カイメンを背負ってかぶるカニのオオカイカムリの赤ちゃん、

c0180460_22582253.jpg

海藻のそばで擬態して泳ぐ9匹の4mm~1cmほどのヘコアユの赤ちゃんなどに出合いました。

今日も、カーミージーの海の素晴らしさを感じ、楽しむことができました。
by nami-5963 | 2016-08-18 22:40 | 磯遊び | Comments(0)

嬉しいこと

嬉しいことは、いっぱい続くものですね。

ひとつは、7月21日の福島避難者のじゃんがら会の観察会を琉球新報さんが取材して下さった内容が、

c0180460_6515668.jpg

後日新聞に大きく紹介され、こども達がとても喜んでいました。

二つ目は、沖縄タイムスさんからTELが入り、「地方再生大賞」に浦添市の代表として推薦したいという申し入れがありました。

c0180460_6522197.jpg

今後、沖縄県代表、全国代表と絞られていくそうですが、「浦添の宝・カーミージーの海」ととらえた活動が評価されたようで、とても嬉しくかつ誇らしく受け止め、今後の活動のエネルギーにしたいと思っています。

c0180460_6523852.jpg

三つめは、8月2日の若草児童センターの観察会を琉球新報さんの地域販売店が取材して下さった内容が、後日地域の折り込み新聞として発行されました。

c0180460_6525355.jpg

観察会のようすが詳しく紹介されていますし、観察会で見られた生きものがクイズにもなっていて、とても詳しく楽しいものに出来上がっていて、嬉しくなりました。

私たちのある地域の活動が、地域のみなさんに認められ、支えられているというありがたみを痛感しています。

ありがとうございま~す。

さらに、今年度は助成金が0(ゼロ)円となりましたが、チラシのインターネット印刷でインク代の大幅赤字を解消し、黒字財政に転化したおかげで念願のGPSナビを購入することができるようになりました。

c0180460_6531036.jpg

これでカクレクマノミなどの貴重な生き物の場所を誰でも迷わずにガイドできるようになり、ますます遊び隊の活動の幅も広がりそうで~す。
by nami-5963 | 2016-08-16 10:46 | 磯遊び | Comments(0)

盆踊り&星空観察

地元の伊祖自治会の「納涼盆踊り祭り」が13日にありました。

c0180460_11443484.jpg

子ども踊りもあり、

c0180460_1145062.jpg

大人の踊りもあり、

c0180460_11451984.jpg

途中に打ち上げ花火や

c0180460_11454575.jpg

仕掛け花火もあり、とても楽しむことができました。

c0180460_11455811.jpg

かき氷やビールの販売もあり、子供も大人も楽しめてよかったで~す。

c0180460_1147020.jpg

翌日の夜の8時からは「親子星空観察会」があり、7時から準備に出かけると元ほしぞら公民館館長の田端さんや公民館スタッフも駆けつけてくれ、

c0180460_1053225.jpg

9台の望遠鏡をセットし、上弦の月や土星や火星を見る準備はOKとなりました。

c0180460_11473541.jpg

ゆみさんを誘うと行ってみたいということで、マンションのこどもたちみんなで参加することになり、

c0180460_1149421.jpg

大人も子供も初めて見る月や土星に感動したようでした。

c0180460_1154562.jpg

私もこの望遠鏡を担当し、月のクレーターや土星の環をみなさんに紹介することができ、夏の大三角、さそり座や北極星探しをして、初めての天体観測の感動を共有できてとてもよかったで~す。

c0180460_11492130.jpg

お菓子やチュウチュウの配布もあり、こども達にとってはとても楽しい夏の夜となったようでした。

c0180460_11475871.jpg

去年は300人ほどの参加(2015.7.28、参照)で、今年はお盆と重なったせいか260人ほどの参加でしたが、自治会主催でこんな楽しいひと時を過ごすことができたことに感謝の気持ちで一杯になりました。

c0180460_11501410.jpg

by nami-5963 | 2016-08-15 11:42 | 宇宙・天体 | Comments(0)