沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2016年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

年越し準備

いよいよ一年の締めくくりの時期がやってきました。

c0180460_1032180.jpg

一年の締めくくりと言えばやはり年越しそばですね。

c0180460_103431.jpg

今年はそば玉を6個とダシや薬味を頂いたので、手作り年越しそばにチャレンジしました。

c0180460_1035798.jpg

ゆみさんも初めてのそば打ちを楽しみ、

c0180460_1042615.jpg

そばを麺棒で伸ばすのに力がいるので、

c0180460_105314.jpg

苦労しながらも6枚のそばに伸ばすことができ、

c0180460_1053343.jpg

ばあちゃんが細く切ってくれた麺に粉をまぶし、くっ付かないようにしてくれました。

c0180460_1054599.jpg

最後は麺をゆでで、

c0180460_1055860.jpg

ゆがけたものには具をのせ、やっと出来上がり、おいしく頂きました。

c0180460_1061011.jpg

自分が作ったものはとても美味しくて、嬉しそうにしていたゆみさんでした。

c0180460_1065716.jpg

次は清掃で、マンション周りの草引きをしてくれ、

c0180460_10710100.jpg

じいちゃんは古新聞、チラシや雑誌類、ダンボールをまとめて自治会の集積場に持ち込みました。

c0180460_1072993.jpg

だんだん片付いてきて迎春の飾り付けも進み、

c0180460_1074139.jpg

エレベーター前にもアクセントを置いてみました。

c0180460_1075288.jpg

後は正月料理のお煮しめづくりに取り組みだしました。

今年もいろんなことがありましたが、やっと新しい年を迎えることができそうです。

みなさんもよいお年をお迎え下さ~い。
by nami-5963 | 2016-12-31 10:02 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

12月29日の観察会

12月29日に今年最後の観察会があり、参加者21人とスタッフ4人の25名が28日の真夜中に集まりました。

c0180460_9513747.jpg

最初に危険な生物や観察会のルールの説明があり、

c0180460_9515296.jpg

海辺の岩場に開いたたくさんの穴が、カニや二枚貝の住み家で、餌を採ることで沖縄のきれいな海を作っていることを学習していると、たくさんのイソアワモチやタカラガイが届けられました。

c0180460_952103.jpg

海に入ると冬の季節を迎えて海藻類がたくさん成長してきていることを知り、ホンダワラ類、イソスギナ、フデノホなどに出合いました。

c0180460_9522647.jpg

ナマコ類では、クロナマコ、ニセクロナマコ、オオイカリナマコ、トゲクリイロナマコなどに出合い、それぞれの特徴とみんなきれいな海をつくる掃除屋さんだということも知りました。

c0180460_9525576.jpg

イソギンチャクに棲むカクレクマノミ(ニモ)を探していると、10cmくらいに成長したヒレに毒針を持つゴンズイの群れ(ゴンズイ玉)や寝ぼけたアオヤガラのヤング、ライトにビックリして水面を飛び跳ねるグルクンの幼魚や

c0180460_9531167.jpg

ウミヘビのヤングに出合っていると、

c0180460_9533368.jpg

やっと見つかった1cmほどに成長したカクレクマノミ(ニモ)を「かわいい!」「こんなところに棲んでいるんだ!」と皆さんに楽しんでもらえました。

c0180460_9535193.jpg

続いて、海草藻場の1~2cmの穴に棲むトゲアナエビ釣りを「エサを採られた!」「すごい引きだ!」とみなさんに楽しんでもらいました。

c0180460_9542168.jpg

今日も大きく成長したヒメシャコガイを見てもらおうと探しましたが、周りの岩ごと崩して持ち去られたようでした。自分の胃袋に一回収まって満足するのとたくさんの人がヒメシャコガイの生きている姿に感動するのとどちらが大切か、よく考えてほしくて残念でなりませんでした。

c0180460_9543921.jpg

また、食べると強い毒を持つスベスベマンジュウガニに触れ、

c0180460_9545752.jpg

一匹見つかると恋の季節なので何匹かいるはず!と探すと三匹もいた「立浪の形」の貝殻を体内に持つタツナミガイにも出会い、最後に夜光虫を観察しましたが、今回もピカピカ光るくらいで残念でした。

c0180460_9552169.jpg

帰り道で、大きなイモガイにたくさん出会い、ハボウキガイの仲間の大きなクロタイラギや

c0180460_956273.jpg

パジャマ姿のまま死んでいるアイゴの幼魚に出合ってビックリすることばかりの観察会を無事終えることができました。

Tさんの友人のJさんが観察会に参加し、「とても楽しかった!」ので、「遊び隊」の活動に参加表明して下さいました。ありがとうございます。

観察会に参加して下さったみなさん、「遊び隊」の隊員のみなさん、この一年間大変お世話になりありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎え下さ~い。
by nami-5963 | 2016-12-30 09:43 | 磯遊び | Comments(0)
カーミージーの海で遊び隊の忘年会がありましたが、夕方の6時スタートを、16時スタートと書き間違えてご迷惑をかける大失態をしてしまいました。

ごめんなさ~い!

c0180460_11313459.jpg

今年は、12月に観察会の申し込みをしてすぐに「ゆんたく広場」にも参加し、隊員になって活動することを意思表示し、イジャイ研修にも参加してくれたTさんを迎えての活気ある忘年会となりました。

c0180460_11324493.jpg

イジャイで採った貝類もならび、奥さん自慢のお煮しめやお寿司もありとても豪勢な食卓となりました。

c0180460_11361020.jpg

乾杯と会食の後、隊員それぞれの自己紹介と遊び隊との関わりの話や1年ぶりに顔を合わす人もいて、

c0180460_11322293.jpg

三線の演奏や歌も飛び出し、8人でとても盛り上がりました。

c0180460_11332946.jpg

今年一年も確実に歩み続け、なんとか黒字に転換することができましたので、来年は絆を一層深めて飛躍の年にして行きたいと思っています。

c0180460_11315244.jpg

みなさんどうぞよろしくお願いしま~す。
by nami-5963 | 2016-12-20 11:28 | 磯遊び | Comments(0)

湧き水fun俱楽部の忘年会

湧き水fun俱楽部の年末の恒例行事となった湧き水巡りと忘年会がありました。

c0180460_1120425.jpg

今年は湧き水と豆腐作りで有名な「繁多川めぐり」をすることになり、「那覇まちま~い」に13人が参加し、利用させてもらいました。

c0180460_11212320.jpg

私も繁多川を訪れるのは4年ぶり(2011.6.22、6.29、参照)でとても懐かしかったです。

c0180460_11213257.jpg

首里と同じように高台にありながら湧き水が豊富なのが不思議でなりませんが、湧き水の原理は水を通しやすい琉球石灰岩に浸み込んだ雨水が、水を通しにくい泥岩(島尻層)との境目から湧き出すということだそうで、ここにはその条件がそろっている!ということのようです。

c0180460_11215047.jpg

有名な「大川(ウフカー)」「坊主川(ボージーガー)」「繁多川(ハンタガー)」を回りながらガイドさんが「戦後は54軒あった豆腐屋が現在は4軒になっていますが、戦後の54軒を支えていたのは戦争未亡人だった。」と話してくれたのが印象に残りました。

c0180460_1122989.jpg

「まちま~い」で吉永豆腐店に寄った時に、店員さんができたて熱々(方言でアチコウコウと言いま~す)のゆし豆腐をサービして下さり、みんなで「おいしいね!」「プリンみたい!」と言いながらおいしくよばれました。

c0180460_11222348.jpg

最後に立ち寄った「丸吉塩せんべい店」の試食がおいしくて、

c0180460_11223453.jpg

お土産まで頂いて帰りました。

c0180460_11385418.jpg

「繁多川めぐり」で2Kmを2時間歩き、いい運動になりお腹もすきました。

c0180460_11232563.jpg

昼食は観光客時代に何回か訪れたことのある「首里殿内(すいどぅんち)」で

c0180460_11233892.jpg

おいしい煮付定食(980円)を頂きました。

c0180460_11235174.jpg

食後は各自の一年を振り返っての湧き水との関わりのお話が続き、

c0180460_1124636.jpg

最後にぐし代表の「おきなわ湧き水紀行」の出版のお祝いの花束プレゼントと

c0180460_11241839.jpg

ご夫妻の労をねぎらってのネーム入りのペンの贈呈式もあり、有意義な一年を締めくくることができました。

c0180460_10161650.jpg

c0180460_11225959.jpg

by nami-5963 | 2016-12-18 11:18 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

オスプレイの墜落

米国内でも欠陥飛行物体として名高いオスプレイが沖縄に配備されてから心配していたことがついに起こりました。

c0180460_1123160.jpg

ジュゴンの住むきれいな自然の海のある安部海岸に墜落大破しました。

c0180460_1125798.jpg

これを日米両政府は「不時着」と発表し、事故を最小限に見せることに躍起になっていました。

c0180460_113156.jpg

まるでひとむかし前の「大本営発表」のようです。

c0180460_1018548.jpg

それも安部集落から600mの距離に墜落大破したことを副知事に抗議されると、

c0180460_1145055.jpg

米軍の最高責任者は「人家を避けて不時着したことに感謝されるべきことで、パイロットは表彰に値する。」と、

c0180460_1151047.jpg

逆切れして机をたたいて興奮気味にまくしたてたと言いますから、

c0180460_1152319.jpg

沖縄を戦勝国の植民地ととらえている本音が出てしまったという感じです。

c0180460_115417.jpg

謝罪の言葉が一言もないのはその証拠です。

c0180460_116374.jpg

さらに、沖国大のヘリ墜落事故の時と同じように規制線を米軍が張り、日本の海上保安庁や警察が一つも手出しもできない状況が今も続いています。

c0180460_117568.jpg

これが主権のある法治国家の姿でしょうか?

c0180460_1173995.jpg

日本は米軍の言いたい放題・やりたい放題の「放置国家」で米国の植民地に成り下がっているといわれても仕方ありません。

c0180460_1182396.jpg

いったいどうすれば沖縄の空を安全にし、爆音に悩まされることのないごく普通の生活に戻りたい!という私たちの願いが実現できるのでしょうか?

c0180460_1183965.jpg

全国のみなさん教えて下さ~い。
by nami-5963 | 2016-12-16 10:58 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

クリスマスの星空

那覇市の国際通りのほしぞら公民館で学習会がありました。

c0180460_13404028.jpg

内容は12月24日(土)のプラネタリウム無料投影会の「クリスマスの星空」を田端元館長さんが先行投影して下さいました。

c0180460_1341635.jpg

最初は、クリスマスツリーの先についている星は、

c0180460_13411917.jpg

キリストが生まれた時に夜も昼も輝いていたという「ベツレヘムの星」と言われるものだそうで、

c0180460_13413836.jpg

それがいったい何だったのか?ということを丁寧に解説して下さいました。

c0180460_13415565.jpg

①彗星か?

c0180460_13421640.jpg

②惑星同士の接近か?

c0180460_13423059.jpg

③超新星か?

④天体ではない他の何か?

c0180460_13443469.jpg

いろいろ検討しても現在でも不明ということでした。

c0180460_1345828.jpg

続いて、太陽の復活を願った冬至のお祝いは

c0180460_13453630.jpg

西洋にも東洋にもあることや

c0180460_14144854.jpg

先日見られたふたご座流星群のことと冬の星座の説明、

c0180460_1415639.jpg

冬の大三角、冬のダイヤモンド(六角形)をプラネタリウムで解説して下さいました。

c0180460_13472084.jpg

とても面白く勉強になりましたので、みなさんも12月24日(土)のプラネタリウム無料投影会に参加をしてみて下さ~い。

c0180460_13473624.jpg

また、2017年の1~3月の「金星と月と火星の接近を見よう!」も楽しみですし、

c0180460_13475459.jpg

県立博物館でも「星空影絵」の講座もあるようですので、参加してみてはいかがでしょうか。
by nami-5963 | 2016-12-15 13:37 | 宇宙・天体 | Comments(0)

イジャイ研修

久しぶりのイジャイ研修にTさんと2人で出かけました。

オニダルマオコゼがよく住みついていた岩穴を回りましたが、最近はお留守のようでした。

c0180460_17212263.jpg

マガキガイ(ティラジャー)の良くとれる浅瀬の海草藻場を歩き回りましたが、以前ほどティラジャーが採れず、採れても大きいものはほとんど出会うことが少なくなってしまいました。

c0180460_17213676.jpg

その大きな原因として考えられるのは、夏場に箱メガネと1m以上の棒の先に茶こしを付けた貝採り器を持った7~8人の集団を何度も見かけましたが、その集団が少し深い海で稚貝が成長する間も与えないほどに採りつくしてしまった!ようでした。

人間の欲が自然を滅ぼしてしまった例はたくさんありますが、この海のマガキガイ(ティラジャー)もその一例になってしまったようで、とても残念で仕方ありません。

その海草藻場でティラジャー採りをしている奥さんに出合い、採ったものを見せてもらってビックリ!

c0180460_1722257.jpg

なんと大小合わせて12個すべてが毒針を持つイモガイばかりで、

c0180460_10193287.jpg

ティラジャーは貝殻の先にとんがり帽子をもち、貝殻に分厚いオレンジ色の縁があり、貝殻に目を出すくぼみがあり、動き回るための茶色い爪を持つという4つの特徴を説明し、しばらく一緒に探してマスターしてもらいました。

もう少しのところで毒針で命を落とすところだったのでよかったで~す。

c0180460_17222426.jpg

その後、いろいろと歩いたので、超ビッグなイソアワモチに3個、

c0180460_17223977.jpg

太陽のようなイソギンチャク、

c0180460_17225522.jpg

きれいな縞模様の毒を持つヒラムシ、

c0180460_17231333.jpg

まだ名前の分からない海藻、

c0180460_17232994.jpg

どう猛な肉食のベニツケガニ、

c0180460_17234710.jpg

食べると強い毒で死亡例のあるスベスベマンジュウガニ、

c0180460_17241041.jpg

アワビのようにおいしいというミミガイ、

c0180460_17242384.jpg

歴史に出てくる勾玉そっくりなマガタマモ、

c0180460_17243877.jpg

だんだん成長しだしているアーサ(ヒトエグサ)や

c0180460_17245774.jpg

ご近所のイジャイ仲間に出合いました。

c0180460_17251119.jpg

帰り道でもカーミージーの海では珍しいジャノメナマコ、

c0180460_17252660.jpg

冬が恋の季節のタツナミガイ、

c0180460_17254069.jpg

二つもイソギンチャクを付けた「高級住宅」に住むヤドカリに出会い、楽しい夜の磯遊び(イジャイ)となりました。
by nami-5963 | 2016-12-13 17:18 | 磯遊び | Comments(0)

12月10日の観察会

12月になって初めての夜の観察会があり、夜の10時に参加者21名とスタッフ5名が集まり、

c0180460_12131776.jpg

最初に海の危険生物の学習をしましたが、

c0180460_12133838.jpg

今日のこども達はとてもお行儀よく説明を熱心に聞いたのには感心しました。

c0180460_12135272.jpg

また、海での諸注意と保険に入り忘れたお詫びをし、安全に観察会が終えられるようにご協力をお願いしました。

c0180460_1214868.jpg

海のそばの岸辺の岩場にたくさんあいた穴はカニや二枚貝の住み家で、沖縄のきれいな海をつくる役割を持っていることを学習していると、

c0180460_12143247.jpg

たくさんのイソアワモチが見つかり、これは貝殻を脱いだ貝で、伊平屋島や伊是名島では食用になるカタツムリやナメクジの親戚だと説明がありました。

c0180460_12145389.jpg

すると大きなタツナミガイが現れ、波の格好をした貝殻を体の中に持った貝の仲間で、イソアワモチとともにきれいな海づくりに一役買っていることを学びました。

c0180460_12151869.jpg

海に入ると冬の季節らしくホンダワラの仲間の海藻などがたくさん姿を見せだし、

c0180460_12153131.jpg

一面に海ブドウの親戚のセンナリヅタが生えていたり、

c0180460_121619.jpg

きれいな薄緑の小さなフデノホやイソスギナも姿を見せてくれました。

c0180460_12161765.jpg

カクレクマノミのニモを見に行く途中で、クロナマコやニセクロナマコ、

c0180460_12163086.jpg

チズナマコ、オオイカリナマコの感触の違いを確かめたものの、みんな海の掃除屋さんだということを知ってもらいました。

c0180460_12164929.jpg

他に、ナガウニがいたり、

c0180460_12171236.jpg

毒を持つスベスベマンジュウガニが姿を見せたり、

c0180460_12173152.jpg

二つのかわいい目を持つクモガイや

c0180460_12174638.jpg

毒針を持つ三角形のイモガイにも出会いました。

GPSを使ってカクレクマノミのニモを探していると、なかなかみつからず「こわれているのと違う?」と子ども達からいわれながらもやっと見つけることができました。

c0180460_1218519.jpg

イソギンチャクは白化現象が回復してきていたし、ニモとイソギンチャクカクレエビが同居しだしていることも分かりました。

c0180460_12182566.jpg

ニモが「小さい!」とびっくりしたり、「かわいい!」と感動の声も聞かれました。

c0180460_12183793.jpg

そばの海草藻場で、1~2cmの穴に棲むトゲアナエビ釣りにチャレンジしてもらい、「草を取られた!」「本当に釣り上げられるの?」ととても楽しんでもらえました。

c0180460_12185476.jpg

大きなシャコガイを見てもらった後、みんなで懐中電灯を消してホンダワラなどの海藻を足でかき回してウミホタルや夜光虫の輝く様子を楽しもうとしましたが、期待したほど輝いてくれませんでしたので、

c0180460_12191340.jpg

冬の星座や、冬の大三角、冬のダイヤモンド(六角形)を楽しんでもらいました。

c0180460_12193180.jpg

観察会を終わろうとしても、肉食の貝のタマガイ類の卵塊の砂茶わんや

c0180460_12194653.jpg

足の長いシガヤーダコ(なんにでもしがみつくという意味)が現れ、

c0180460_12195956.jpg

タツナミガイを一匹見つけたので、一匹いたらそばにまだいるはずと探すと三匹も見つかり、

c0180460_12201452.jpg

ついには大きな毒針を持つイモガイに出合い、ビックリすることばかりの観察会を無事終えることができました。
by nami-5963 | 2016-12-11 12:08 | 磯遊び | Comments(0)

9歳のお誕生日

孫のゆみさんが12月8日に9歳のお誕生日を迎えました。

9年前にゆみさんが生まれたのを契機に、退職して一緒に遊ぼうと沖縄移住を果たしたことを懐かしく思い出しました。

我が家では翌日の下校後にお祝いをしました。

c0180460_11211131.jpg

誕生祝には、ゆみさんが最近三線教室に通い出し3年間は続けるということなので、30年前に買ってばあちゃんが弾き楽しんできた三線をプレゼントしてもらいとても嬉しそうにしていました。

c0180460_11213251.jpg

プレゼントの後、ギターで「ハッピーバースデー」の歌を二回うたってお祝いし、

c0180460_11215939.jpg

用意したケーキをうれしそうに見つめるゆみさん。

c0180460_11221874.jpg

大好きなイチゴケーキを切り分けてもらっておいしそうに食べだし、あっという間になくなりました。

c0180460_1124275.jpg

夜には出張中のパパ以外の4人でゆみさんの大好きなピザと

c0180460_11302940.jpg

パスタを食べに出かけました。

c0180460_11242369.jpg

お腹もいっぱいになり、みんなにお祝いしてもらってご機嫌のゆみさんでした。

おめでとうございます。
c0180460_11244244.jpg

by nami-5963 | 2016-12-10 11:20 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

伊祖大綱引き

去年57年ぶりに復活した「伊祖(いーじゅ)大綱引」の今年の開催日は11月27日でしたが、大雨のため12月4日に延期になっていました。

c0180460_9495562.jpg

12月4日も雨の予報でしたが、晴れだして無事に開催できてよかったで~す。

c0180460_950916.jpg

最初に国王が入場し、実りの奉納儀式でスタートし、

c0180460_9502281.jpg

空手や棒術の演武、

c0180460_9503935.jpg

こども達の「光芒万丈」の旗頭担ぎ、

c0180460_11154267.jpg

大人の東(あがり)の青白の旗頭と西(いり)の赤青の旗頭の鉢合わせ、

c0180460_9511722.jpg

長寿会の集団演舞と続き、

c0180460_9512972.jpg

いよいよ獅子に導かれて東(あがり)の雌綱と

c0180460_9514192.jpg

同じく獅子に導かれて西(いり)の雄綱の入場があり、

c0180460_951564.jpg

貫入(かぬち)棒でやっと一本の綱になりました。

c0180460_9521155.jpg

最後に、東と西の支度(したく)が登場し、にらみ合って戦闘意欲を盛り上げ、いよいよ綱引きの開始となりました。

c0180460_9522664.jpg

去年は東(あがり)の勝利だったそうで今年は西(いり)の挽回の機運を反映し、最初は西側に綱が移動しましたが、

c0180460_9524018.jpg

東側が巻き返し、双方互角の状態が続きました。

c0180460_9525296.jpg

最後に西側に綱が移動し、

c0180460_9531121.jpg

今年は西側の勝利に終わりました。

c0180460_9532125.jpg

綱引きが終わると、綱の一部を切り取り、お守りとして各自が家に持ち帰ります。

c0180460_9533381.jpg

ゆみさんも綱をもらい、綿菓子を買ってもらってご機嫌でした。

c0180460_1116469.jpg

見ていても楽しい、伝統行事の大綱引きでした。
by nami-5963 | 2016-12-05 09:46 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)