沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2017年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2月27日の真夜中の観察会には、学習院大学の教育学科のゼミの学生さん10名、引率の先生2名、スタッフ5名が集まりました。

c0180460_1445979.jpg

元気な大学生を案内するのは初めてのことでしたが、危険生物の説明にも反応が大きく、昨日のような雨の心配もなくとても楽しめそうでした。

c0180460_1455320.jpg

海岸にでると、まず目につくのが、岩場にたくさん群れ集まっている巻貝のゴマフニナで、潮が引くと乾燥を防ぐために群れ集まるが、潮が満ちているとそれぞれがバラバラになって岩の表面に着いた海藻類の食事をすることを紹介するとビックリしていました。

c0180460_1472157.jpg

岩場に開いたたくさんの穴はカニや二枚貝の住み家で、カニや二枚貝はきれいな沖縄の海をつくる一員だということを説明するとみなさん感心し、

c0180460_147477.jpg

沖縄ではよく食べている貝殻を脱いだ貝の仲間のイソアワモチがたくさん出て来て、触った感触がぬるぬるするのでにぎやかな歓声が起こっていました。

c0180460_1481528.jpg

海に入れば、冬になると海藻が一面に生き生きと成長しだしているのを観察し、

c0180460_1593434.jpg

クロナマコを触って硬くなったり、自分を食べにくるものに嫌がらせ攻撃で紫色の汁を出すのを楽しみ、

c0180460_20636.jpg

同じようにニセクロナマコを触っているとなんにでもよくくっつく内臓の白いキュビエ管を出してくるので大騒ぎしました。

c0180460_21964.jpg

また、波型の貝殻を体内に持ったタツナミガイ、

c0180460_21286.jpg

大きなコモンヤドカリ、

c0180460_214889.jpg

毒針を持つビッグなイモガイ、

c0180460_210138.jpg

蛇のように長くてチクチクするイカリ状の小骨を持つオオイカリナマコ、

c0180460_2113794.jpg

刺激を与えると花びらのような体をすばやくひっこめるケヤリムシなどに出合い、積極的に感触も楽しんで、歓声を上げていました。

c0180460_212210.jpg

今までカクレクマノミが棲んでいたのに最近お留守のイソギンチャクを訪ねると、

c0180460_2121864.jpg

二種類のイソギンチャクエビとイソギンチャクモエビが住みついているのを交代で観察し、

c0180460_2125971.jpg

1~2cmの穴に棲む赤いトゲアナエビを海草のリュウキュウスガモで釣り上げるゲームにも「引きが強い!」「草を取られた!」ととても楽しそうにチャレンジしていました。

c0180460_2135069.jpg

食べると毒のきついスベスベマンジュウガニが二匹現われ、みんながスベスベした甲羅をなぜてみたり、

c0180460_2141261.jpg

私も初めて見るメスが赤い卵を抱えているのを興味深く観察していました。

ライトを消して足元の海藻をかき混ぜると、ピカ!ピカ!と青白く輝く夜光虫にも感動し、見上げた夜空のひしゃくの形の北斗七星と北極星が輝いているのも楽しめ、

c0180460_2145487.jpg

大きなブロックに着いたフジツボやカキ、カサガイ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて潮が満ちると食事をして、その結果沖縄のきれいな海作りに貢献していることを紹介し、

c0180460_2153191.jpg

みんなで記念撮影をし、岸に戻りました。

c0180460_2155123.jpg

帰り道でも大きなイモガイに出合い、「これはやばい奴だ!」と学習効果を発揮していましたし、いろんなものにたくさん触れて楽しい歓声を上げ、とても刺激になった観察会を無事終えることができました。

みなさん、いい先生になって下さいね。お疲れさまでした。
by nami-5963 | 2017-02-27 13:33 | 磯遊び | Comments(0)
夕方から雨雲レーダーをにらんでいて、「観察会の終わるころに雨が降りそうなので、ビニールの雨具などの用意をして参加して下さい。」と参加者全員に25日の夜の10時にTELを入れると、26日の真夜中の0時からの観察会に19名の参加者とスタッフ3人が集まりました。

c0180460_17272613.jpg

集合時から雨がしとしと降っていましたので、危険生物の学習を済ませ、いつものコースとは別のカクレクマノミ(ニモ)に出合いに行く特別メニューを組んで出かけました。

c0180460_17275038.jpg

海に入って岩場に着くと、赤い体のコモンヤドカリ(右下から時計回りに)、大きな宝貝のヤクシマダカラ、巻貝のタカセガイの二個、サンゴの赤ちゃん、岩にへばりついた二枚貝などに出合いました。

c0180460_17281712.jpg

海草藻場を歩いていると海の掃除屋のクロナマコ(左)とニセクロナマコに出会い、

c0180460_17284176.jpg

冬には珍しいカニのソデカラッパがヤドカリを襲うときに使う砂もぐりの名人技をくりかえし楽しみ、

c0180460_17285946.jpg

海草のリュウキュウスガモを使って1~2cmの穴に棲むトゲアナエビ釣りを楽しんでいると、

c0180460_17332134.jpg

大きなハサミを打ち付けて「パチン!パチン!」と威嚇音を鳴らすテッポウエビに出合いみんなで観察していると「ギャ~~!」と大きな悲鳴があり、ビックリ!

c0180460_17334151.jpg

急いで駆け付けると、男の子の足元にタコの足がくっついたのが気持ち悪くて、びっくりした悲鳴でほっとしました。

偶然に男の子が、海草藻場に棲む足の長いシガヤーダコ(何にでもしがみつくという意味だそう!)を踏みつけ、タコの方が驚いてトカゲのしっぽ切りのように足を一本残して逃げたようで、せっかくの置き土産なのでみんなで少しずつちぎって「踊り食い」の貴重な体験ができました。  

c0180460_17341241.jpg

雨がしとしと降る中をカクレクマノミ(ニモ)に出合いに真っ暗な中を歩き、やっと到着すると、下見の時には4匹いたカクレクマノミ(ニモ)が一匹しかいなくて残念でしたが、

c0180460_17344047.jpg

みなさんとても喜んでくれ笑顔の記念写真を撮って帰りました。

結局、観察会の間ず~と雨が降っていて、こんなにずぶぬれになった観察会は初めての経験となりました。

みなさん、風邪をひいたりされませんよう、お祈りしております。

c0180460_17351816.jpg

翌日はのぼりや危険生物の写真、蛍光オレンジ色の案内矢印などを乾燥させ、補修しました。
by nami-5963 | 2017-02-26 17:24 | 磯遊び | Comments(0)

観察会の下見

夜の観察会の下見に遊び隊の隊員5人で出かけました。

c0180460_11442536.jpg

岸辺の岩場ではアラスジアマガイのペアが交尾中だったのでみんなを呼ぶと、

c0180460_11444490.jpg

気配を察したのか素早く離れてしまい、

c0180460_1145439.jpg

そばにウミウシのようなリュウキュウオトメカサガイもいてビックリ!

c0180460_11451949.jpg

海の中では、冬の風物詩の海藻の仲間が増えて来て、ホンダワラ類が2~3mに成長し、

c0180460_11453885.jpg

大きなタカラガイに入ったコモンヤドカリ、

c0180460_1146376.jpg

毒針を持ち危険なマダライモ(上)とアジロイモ、

c0180460_11462324.jpg

砂地をはい回るイボヨフバイ、

c0180460_11464525.jpg

毒を持ったヒラムシ、

c0180460_114856.jpg

海の掃除屋さんのクロナマコ(左)とニセクロナマコ、

c0180460_11482521.jpg

チズナマコや

c0180460_1148401.jpg

フタスジナマコ、

c0180460_11485733.jpg

赤い目のきれいなイワオオギガニ、

c0180460_11491466.jpg

大きな宝貝のヤクシマダカラ、

c0180460_11542522.jpg

手のひらサイズの大きなイソアワモチや

c0180460_11503460.jpg

海藻のガラガラなどに出合いました。

c0180460_11505084.jpg

遠出してハタゴイソギンチャクに棲むカクレクマノミ(ニモ)のようすを見に行くと寝ぼけながらも4匹が姿を見せてくれ、楽しむことができました。

明日からの夜の観察会が楽しみで~す。

c0180460_11513534.jpg

遊び隊の隊員のみなさん、お疲れさまでした。
by nami-5963 | 2017-02-25 11:40 | 磯遊び | Comments(0)

新しいチラシの完成

このたび、カーミージーの海で遊び隊の「3~4月の観察会」の新しい案内チラシ1500部が完成しました。

c0180460_15491659.jpg

「ラクスル」のインターネット印刷のお蔭で今迄の赤字が解消できて嬉しい限りで~す。

今回から、ゆんたく広場で出た意見を取り入れてチラシの裏面に「パンフレットには載せられなかっ
た生きものを紹介していこう!」という新しい取り組みを始めました。

カーミージーの海の生きものとしてはパンフレットに63種類の生きものが紹介されていますが、実際にはその100倍以上の生きものがいると思われます。

c0180460_15493343.jpg

その生きものたちをチラシの裏面に毎回12種類ずつ紹介して行こうという新企画で、今回が「カーミージーの生きものシリーズ No.1 ~魚の仲間①~」となりました。

No.100までのデータを10年間で撮りためていますので、みなさん、今後をお楽しみにしていて下さい。

今後チラシは捨てずに大切に保管し、「大図鑑」にして行ってほしいので、県下のポスターとチラシ設置場所をお知らせします。

カーミージーの海の出入り口、港川崎原自治会、隠れ家カフェ清ちゃん、港川小学校、緑ヶ丘自治会、伊祖自治会、パーラー幸、NEOS、浦添市役所玄関ロビー受け付け、市役所環境課、市中央公民館、市図書館、市歴史にふれる館、那覇市牧志ほしぞら公民館、環境省漫湖水鳥湿地センター、県立博物館・美術館、県立図書館、泡瀬ウミエラ館、美ら島研究センター、宜野湾市立博物館にお世話になっています。

c0180460_15541981.jpg

今年1月からは保険加入で毎回お世話になっている「COOP牧港店」にも置かせて頂いています。

c0180460_15544431.jpg

いつもお世話になり、ありがとうございま~す。
by nami-5963 | 2017-02-14 15:45 | 磯遊び | Comments(0)
2月12日に「カーミージーの海で遊び隊」のアーサー摘みがあり、昨日と同じように強風が吹き荒れていましたが、青空が広がり、アーサーを摘んでいるとポカポカ体が温まるのがありがたかったで~す。

c0180460_14263033.jpg

参加者11人とスタッフ4人があつまり、危険生物の説明とアーサーがどんなものかの話をし、海に向かいました。

c0180460_1427196.jpg

最初にたくさん群れている貝のゴマフニナに出合い、潮が引くと乾燥を防ぐためにこのように集まるが、

c0180460_1440337.jpg

潮が満ちてくるとバラバラになって食事をすることや

c0180460_14274387.jpg

海岸の岩にたくさん開いた穴で一つだけなのはカニの住み家で、豚の鼻のような二つ穴はこの中に二枚貝が棲みこんでいて、

c0180460_1428929.jpg

食事を通じた浄化作用で、沖縄のきれいな海を作ってくれている話をしました。

c0180460_14291527.jpg

海岸にごろごろ転がっている岩を起していくと、毒を持つ肉食のウスヒラムシや

c0180460_14293733.jpg

巻貝のアマオブネ、

c0180460_14304920.jpg

クモヒトデの仲間のペアー、

c0180460_143093.jpg

超小さいカニの赤ちゃんや小さくて飛び跳ね回るトビエビが出てきたりして、隠れながら生活しているたくさんの生きものに出合うことができ、観察を終えると岩を元通りに戻すことも学びました。

c0180460_14311783.jpg

また、強風のお蔭で、珍しいクラゲの仲間でヨットの帆のようなものを持つ「カツオノカンムリ」が陸に吹き上げられているのにも出会えました。

c0180460_14314328.jpg

引き潮時に川の急流のようになり、死者もよく出るとても危険な方に移動し、二枚貝のヘリトリアオリガイが岩にくっ付いて生活し、満潮時の食事を通じてきれいな沖縄の海づくりに貢献してくれていることも知ってもらい、その上についている濃い緑色の柔らかいアーサーを摘んでもらいました。

c0180460_14325657.jpg

アーサーを摘みながらも毒針を持つマダライモを見つける子がいたり、

c0180460_14331187.jpg

ヘリトリアオリガイのそばに富士山の形のクロフジツボや

c0180460_14332775.jpg

岩に片側をくっつけた二枚貝のカネツケザルを見つけ子がいたりととても熱心でした。

c0180460_14335039.jpg

また、みなさんが一生懸命にアーサーを摘んでいる外海には高波が押し寄せているのがとても不思議な感じでした。

c0180460_14341777.jpg

採れたアーサーのゴミや砂や汚れをきれいに取り除くグループと

c0180460_1434391.jpg

アーサーを摘むことに専念し家に帰ってからきれいにします!というグループがありましたが、

c0180460_1435398.jpg

一時間少しの作業をおえ、冷え込んだ体を出来立ての暖かいアーサー汁であっためてもらいました。

c0180460_14352646.jpg

みなさんにおいしい!おいしい!と言ってお代わりをたくさんしてもらえたのがとても嬉しかったで~す。

c0180460_14354166.jpg

参加者のみなさん、お疲れさまでした。

c0180460_1436117.jpg

スタッフのみなさんお疲れさまでした。

今回でカーミージーの観察会も82回を数え、参加者数も2097人になりました。
by nami-5963 | 2017-02-13 14:23 | 磯遊び | Comments(0)
2月11日に中央公民館の「親子アーサー採り体験講座」があり、

c0180460_0334224.jpg

カーミージーの海で遊び隊が担当させてもらいました。

c0180460_0341278.jpg

昨日より強風が吹き荒れ、時々雨もぱらつく中でしたが、とても元気なこども達とご家族とスタッフの37名が集まり、簡単に危険な生物とアーサーがどんなものかの話をし、海に向かいました。

c0180460_0345263.jpg

最初にたくさん群れている貝のゴマフニナに出合い、潮が引くと乾燥を防ぐためにこのように集まるが、潮が満ちてくるとバラバラになって食事をすることや

c0180460_0421163.jpg

海岸の岩にたくさん開いた穴で一つだけなのはカニの住み家で、豚の鼻のような二つ穴はこの中に二枚貝が棲みこんでいて、

c0180460_035211.jpg

食事を通じた浄化作用で、沖縄のきれいな海を作ってくれている話をさせてもらいました。

c0180460_0363127.jpg

また、強風のお蔭で、珍しいクラゲの仲間でヨットの帆のようなものを持つ「カツオノカンムリ」が陸に吹き上げられているのにも出会えました。

c0180460_0365911.jpg

引き潮時に川の急流のようになり、死者もよく出るとても危険な方に移動し、二枚貝のヘリトリアオリガイが岩にくっ付いて生活し、満潮時の食事を通じてきれいな沖縄の海づくりに貢献してくれていることも紹介し、その上についている濃い緑色の柔らかいアーサーを摘んでもらいました。

c0180460_0381374.jpg

寒い中もみなさんよく頑張ってアーサーを摘み、

c0180460_0383611.jpg

c0180460_0391342.jpg

きれいにゴミや岩や砂を取り除いて

c0180460_0394367.jpg

たくさん収穫してお土産にしていました。

c0180460_0455664.jpg

アーサーを摘んでいて白黒の縞模様の巻貝のノシガイや

c0180460_046178.jpg

毒針を出す白黒のまだら模様のマダラガイ、

c0180460_0465752.jpg

貝の卵の入った袋の卵のうやレイシガイなどを見つけるこども達が一杯でビックリ!

c0180460_0473556.jpg

最後に、一時間少しで冷え切った体を暖かくておいしいアーサー汁を食べてもらうことで温まってもらいました。

c0180460_0475661.jpg

「暖かくっておいしい!」「お代わりください!」ととても人気で、

c0180460_0481891.jpg

アーサーがなくなっても「お豆腐汁だけでいいです!」となり、お豆腐がなくなっても「お汁だけでいいです!」とトビウオの「あご出汁」のおいしさを4~5杯もお代わりしてくれて味わってくれていたのがとても嬉しかったで~す。

みなさん本当にお疲れさまでした。
by nami-5963 | 2017-02-11 20:24 | 磯遊び | Comments(0)

アーサー摘みの下見

2月11日に中央公民館行事のアーサー摘みと12日に「遊び隊」のアーサー摘みがあるのでAさんと下見に出かけました。

c0180460_1853085.jpg

日本全国が今シーズン最強の大寒波に覆われ、沖縄でも強風波浪警報が出ていて海は台風並みの大荒れでした。

c0180460_1865566.jpg

この状態で海に入って濡れて1時間もアーサー摘みをすれば確実に風邪を引いてしまいそうなので、海に入らずに岸辺のアーサーを摘むことに決めました。

c0180460_1872816.jpg

岸辺のアーサーを見て回ると幸いにたくさん付いて、それも4cmほどにも伸びていて助かりました。

c0180460_1875157.jpg

念のため沖の岩場のアーサー摘み予定地を訪ねてみると同じようにアーサーは付いていますが、ここにたどり着くまでに腰下まで濡れてしまいそうでしたので、先に岸辺のアーサー摘みに決めたことは大正解でした。

c0180460_1883711.jpg

外海からは5~6mの大波が打ち寄せていますし、イノーの水面も波立っていてかろうじてナマコがいることくらいしか分かりませんでした。

c0180460_189986.jpg

それでもイソギンチャクに棲むカクレクマノミを覗いてみると元気にしてくれていて、ほっとしました。

c0180460_1895523.jpg

岸辺に戻ってくると冬の日本海の強風時に見られる「浪の花」が出来ていてビックリ!

c0180460_18101237.jpg

30分ほどの下見の間に奥さんが海岸清掃を済ませ、アーサー摘みにチャレンジしたようで、一食分のアーサーは確保できることも分かりました。

c0180460_18103430.jpg

これでひと安心の下見が無事終わり、「隠れ家喫茶清ちゃん」でおそ昼を取り、冷えた体を温めました。

c0180460_18105396.jpg

by nami-5963 | 2017-02-10 18:04 | 磯遊び | Comments(0)

女子大生との観察会

立命館大学の「教職沖縄研修」に来ている30人ほどのグループの中の「環境班」の2人からTELがあり、「カーミージーの海を案内してほしい!」とのことでした。

「今は夜の潮加減がいいが、昼は水位があって観察会には向いていない」ことを説明しましたが、「あと数日しか沖縄にいないのでなんとかならないか?」ととても熱心に懇願され、それなら海に入らなくても学習して楽しめる方法があるので、ガイドを引き受けることにしました。

c0180460_16501012.jpg

3人でカーミージーの海岸にでると、まず目につくのが、岩場にたくさん群れ集まっている巻貝のゴマフニナで、潮が引くと乾燥を防ぐために群れ集まるが、

c0180460_1650548.jpg

潮が満ちているとそれぞれがバラバラになって岩の表面に着いた海藻類の食事をすることを紹介するとビックリしていました。

c0180460_165428.jpg

次に出合ったのは、イトマキボラの幼貝を住み家にした大きなコモンヤドカリで、

c0180460_16542232.jpg

こんな大きなヤドカリに出合ったのは初めてのようで、

c0180460_16543544.jpg

二人が交互に恐々つまんではキッキャ、キッキャと楽しんでいました。

c0180460_165532.jpg

海をのぞき込んで大阪などの海と違ってとてもきれいなのはなぜか?と問いを投げかけていると、

c0180460_1655359.jpg

ちょうど宝貝のキイロダカラのペアがいて、この貝の模様が「貝」の漢字の語源になり、この貝が中国に持ち込まれてお金として使われた歴史から、お金にまつわる漢字には「財」「買う」「貯」というふうに「貝」という字が使われていることを説明するとまたもやビックリ!

c0180460_16555333.jpg

また、この貝がいた岩場に「豚の鼻の穴」のような二つの穴がたくさん見られるのは、この穴の下に二枚貝が棲み込んでいて、二つの穴は吸管と吹管にあたり、呼吸とともにプランクトンなどを取り込んで食事をして、そのことが結果的にきれいな海をつくっていることを紹介しました。

この海岸の岩場にごまんと住む二枚貝が沖縄のきれいな海を作っているが、大阪の海にはこのような浄化能力がないことが問題だと説明しました。

c0180460_16563518.jpg

さらに、海の中に入ると海藻や海草、ナマコやヒトデの仲間、貝やカニの仲間、ゴカイの仲間などがみんなで沖縄のきれいな海を作っているこが分かりますよ、とお話ししました。

c0180460_16572141.jpg

続いて、海岸を歩くとたくさんの岩がごろごろしているのを起してみていろんな生きものが棲んでいることを観察しました。

c0180460_1657434.jpg

最初は原始的な貝で8枚の堅い板で覆われた膝のようなオニヒザラガイとたくさんの巻貝のアマオブネが現れ、

c0180460_1658126.jpg

次は二枚貝のカキときれいな色のニシキアマオブネ、

c0180460_16582488.jpg

足がヒレになり泳ぐのが得意なベニツケガニの赤ちゃんや

c0180460_16583730.jpg

巻貝のノシガイ、

c0180460_16585248.jpg

サザエの仲間でおいしいというカンギクと毒針を持つマダライモなど出会い、観察させてもらった後は、元通りに戻しておくことも環境保全の上でも大切なことを学んでもらいました。

c0180460_1659576.jpg

カーミージーの岩場が見えるところで引き返しましたが、

c0180460_16592871.jpg

ここにも海をきれいにするたくさんの二枚貝のヘリトリアオリガイがいてビックリし、最後にクモヒトデにも出会えました。

昼食を隠れ家喫茶「清ちゃん」でとり、質問に答えてたりし、無事に観察会を終わることができました。

ご苦労様でした。
by nami-5963 | 2017-02-08 16:45 | 磯遊び | Comments(0)

コスモス畑

新聞にコスモスがきれいに咲いていることが紹介されていましたので、ゆみさんを誘って出かけてみました。

c0180460_15324215.jpg

以前にも出かけたことのある金武町のコスモス畑には日曜日ということもあってたくさんの人が訪れていました。

c0180460_15325711.jpg

ご厚意で一人10本の花を摘んで持って帰ってもいい!ということも嬉しいことでした。

c0180460_15334024.jpg

ゆみさんにデジカメを一台渡して「好きなように撮っていいよ!」というと花がよく咲いているところをばあちゃんを誘って巡って回り、

c0180460_15335959.jpg

積極的に写真を撮ったり、

c0180460_15341818.jpg

ばあちゃんと戯れたり、

c0180460_1534389.jpg

花摘みを楽しんでいました。

c0180460_15353167.jpg

接写機能を使ってミツバチの活動をとらえことにもチャレンジし、

c0180460_15355137.jpg

デジカメを結構使いこなしているのには感心しました。

c0180460_15361672.jpg

高速道路の向こうに恩納岳がきれいな姿を見せてくれている中、

c0180460_1536396.jpg

ゆったりとお花畑を楽しむことができました。
by nami-5963 | 2017-02-06 10:48 | 花・草木 | Comments(0)
今日もカーミージーの海に出かけると、カメのタイマイの若者が打ち上げられていてビックリ!

c0180460_15435615.jpg

5~6年前にも一匹の死骸が漂着していたことがあり、骨格標本にしたくて後日砂にうずめに行こうとしましたが、一足先に市役所の環境衛生課に死骸処理の連絡をした人がいて、貴重なカメの死骸を無くしてしまった経験がありました。

今回は貴重なチャンスを無駄にしたくはないので、結構きつい腐敗臭がするものを秘密の場所にこっそり移動しておきました。

c0180460_1545015.jpg

半年もすれば肉も腐って分解され、きれいな骨格がゲットできるものと楽しみにしています。

c0180460_15463479.jpg

タイマイと言えば、長崎名産の高価な「べっ甲」細工の原材料で、以前は乱獲されてしまい、絶滅寸前になってしまったそうです。

c0180460_15452139.jpg

その後保護策が採られて、慶良間諸島のダイビングでもよく出会うようになっていました。

c0180460_15453881.jpg

一生懸命にサンゴのかけらをかじって食事している時は50cmほどに近づいて写真を撮ることもできました。

c0180460_15461636.jpg

そんなことを思い出しながら、半年後を楽しみにしていま~す。
by nami-5963 | 2017-02-01 17:45 | 磯遊び | Comments(0)