沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2017年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

3月30日は沖縄では浜下り(はまうり)の日に当たり「浜下り行事」として、女性が海に入って身を清め、健康・長寿を祈るというものです。

那覇市の「風のうた保育園」は毎年泡瀬でこの伝統行事を行ってきたそうですが、今年は近場のカーミージーの海を訪れてくれました。


c0180460_17215872.jpg

天気が良いものの風が少し強めな中、明るくて元気な4歳の女児ばかり16人と3人の先生とスタッフ5人が集まってスタートし、最初に危険な生き物の学習をすると、とても熱心に聞き入り、反応も大きく元気な質問もいっぱい出ていました。


c0180460_17223442.jpg

海に向かうと貝殻が一杯落ちているのを見つけ大喜びし、潮が引いて乾燥を防いで集まっているゴマフニナを紹介されると反応が大きくにぎやかなこと!


c0180460_17220175.jpg

岩場にたくさんあいた穴はカニや二枚貝の住み家で、エサを採ることできれいな沖縄の海を作っていることを説明すると、「へぇ~~!」と驚いたようでした。


c0180460_17223986.jpg

海に入ると、湧き水のせいで冷たくて「ギャ~~!」とひと騒ぎになり、


c0180460_17220893.jpg

少し歩いて温かい沖縄の水になったところでクロナマコに出合い、みんなでさわって「かたい!」「変な紫色の汁を出している!」とひとしきり盛り上がりましたが、


c0180460_17221248.jpg

貝殻を体内に持つタツナミガイにはピンとこなかったのか反応はいまひとつでした。


c0180460_17221761.jpg

モズクを紹介してきれいに洗って口にするのを実演すると、にぎやかにモズクをゲットし、


c0180460_17224511.jpg

お土産にする分を見せてくれたりとみなさんとても嬉しそうで、


c0180460_17222276.jpg

オオイカリナマコが見つかると、元気な手がいっぱい伸びて来て「チクチクする!」と大騒ぎになりました。


c0180460_17255990.jpg

他にも貝の卵の塊の砂茶わんや


c0180460_17254086.jpg

お金として使われたキイロダカラに出合いとても嬉しそうでした。


c0180460_17260523.jpg

大きなブロックに着いたフジツボやオハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて、満潮の水深2mになるとみんながエサを採ってきれいな海づくりに貢献していることを話すと不思議そうにしていました。


c0180460_17281469.jpg

足元に生えている海草のリュウキュウスガモを束ねて、1~2cmの穴に棲むトゲアナエビ釣りの遊びは、


c0180460_17254890.jpg

「草をちぎられた!」「強く引っ張られた!」と大喜びで楽しみました。


c0180460_17280111.jpg

はしゃぎまわって服が濡れ、風が強くなってきて「寒い~~!」という子が出だしたので早く終わることにした帰り道で、砂もぐりの名人で砂に潜ってヤドカリが通るのを待ち伏せて襲うソデカラッパを見つけ、


c0180460_17280558.jpg

砂もぐりのようすを何回も繰り返して観察し、「じょうずにもぐってる!」「眼だけ出てる!」「もう一回やって!」と大喜びすることができ、「楽しかった!」「また来たい!」と感想を言いながら無事に元気で賑やかな観察会を終えることができました。

みなさん、お疲れさまでした。








by nami-5963 | 2017-03-31 17:20 | 磯遊び | Comments(0)

下見&海の散策

明日の観察会の下見を兼ねて海の散策にAさんのお孫さんといっしょにカーミージーの海に出かけました。



c0180460_17083844.jpg

今日は天気も良くとても温かく、潮の引きも大きいので、50人ほどの人がアーサー採りや海遊びに繰り出していました。



c0180460_17082922.jpg

いつもとは違うコースを歩いてみると、モズクがたくさん繁殖して、年々北上していることが分かりました。



c0180460_17083325.jpg

お孫さんは前回(2017.3.12、参照)よりも大きなクロナマコを手渡されても我慢できていましたし、



c0180460_17093682.jpg

ニモを見に行く意志を強く持って歩く姿が素晴らしく、そんなお孫さんを見てAさんもとても嬉しそうでした。




c0180460_17094115.jpg

途中で、よそのおじいさんから小さなクモガイをプレゼントされたものも少し怖そうにつかんだり、自分からクロナマコをつかんでも平気になったりして、素晴らしい成長ぶりが見られました。




c0180460_17094562.jpg

ニモ(カクレクマノミ)の住むイソギンチャクに着き、2匹のニモがイソギンチャクの下から顔を出すのを見て、「ニモ!ニモ!ニモ!」と大喜びしていました。




c0180460_17120978.jpg

ここでAさんとはお別れし、いろいろ散策してみると、イモガイがたくさんいてビックリ!




c0180460_17121235.jpg

それがティラジャー(マガキガイ)と同じ生活範囲にいますし、




c0180460_17122491.jpg

外洋性の藻類のケガキノリや



c0180460_17121799.jpg

アオヒトデや





とても大きなクモガイがいたり、



c0180460_17122060.jpg

珍しくておいしいというミミガイにまで出会ってビックリ!



c0180460_17140829.jpg

最後に、道路工事現場の監督さんに出合って仮設トイレの使用をお願いすると快諾して頂くとともに、「ブログを見ていますよ!」と嬉しいお言葉も頂き、観察会の


準備はOK!となりました。




by nami-5963 | 2017-03-29 17:02 | 磯遊び | Comments(0)

春の遠足

若草児童センターの遠足があり、みんなで春休みの一日を琉球新報新聞博物館と奥武山公園に出かけ、楽しんできました。



孫のゆみさんが「参加したい!」と言い出したので、申し込み時にじいちゃんとばあちゃんの参加もOK!をもらい、ファミリーで出かけました。




国道58号線沿いにある琉球新報の建物はいつもよく見ているものの中に入るのは初めてでワクワクして出かけました。



c0180460_11220071.jpg

新聞社に着くと新聞博物館の館長さんと広報担当の方が出迎えて下さり、記念写真を撮って頂きました。



c0180460_11220458.jpg

3階の新聞博物館では、館長さんから、「琉球新報」が沖縄で初めての新聞だったことや



c0180460_11221915.jpg

昔は活字をひろったり、鉛板で印刷した時代があったこと、



c0180460_11220901.jpg

夜に印刷して朝までに家庭に届けること、テレビにはない情報を正確にたくさん伝えることができる素晴らしいものだ!との説明の後、印刷インクのにおいがする工場を見学して回りました。



c0180460_11222494.jpg

大きなトイレットペーパーのような新聞用紙があり、



c0180460_11222925.jpg

印刷インクを乾かすために1~3階の長い工程もあり、



c0180460_11223640.jpg

お礼を言って帰る時には、到着時に撮ってもらった記念写真を使って新聞が出来上がっているのをもらって、ビックリすることばかりでした。



c0180460_11275066.jpg



続いて、マイクロバスで奥武山公園に移動し、歩いて小山になった芝生の公園に到着し、


c0180460_11280579.jpg
待ちに待ったお弁当おやつをおいしく食べ終えました。



c0180460_11281199.jpg

食後はアスレチックをたくさん集めたようなロープの遊び場や



c0180460_11301040.jpg

長~い滑り台や



c0180460_11303133.jpg

クッションボール渡り、



c0180460_11283753.jpg
斜面を何度も転げまわり、



c0180460_11283156.jpg

ボウル投げをして楽しい時間となりました。



c0180460_11321713.jpg

じいちゃんは池の側で、シラサギが水に3回飛び込んで2回も小魚をゲットし、おいしそうに丸呑みしていたのが見られて大満足でした。


c0180460_11280173.jpg

楽しい遠足をありがとうございました。




by nami-5963 | 2017-03-28 11:19 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

3月26日の観察会

3月26日の観察会は好天ながら北風の強い中、参加者16名とスタッフの3名が集まり、



c0180460_10591397.jpg
危険生物の学習と諸注意の後、海に出かけました。



c0180460_11005509.jpg

潮が引いた岸辺の岩に巻貝のゴマフニナが乾燥を防ぐためにたくさん群れていて、



c0180460_11011514.jpg

潮が満ちるとバラバラになって岩の表面の藻を食べ回ることを説明していると、



c0180460_11012620.jpg

強風で岸に打ち上げられたヨットの帆のようなものを持つカツオノカンムリという珍しいクラゲに出合ってビックリ!



c0180460_11023680.jpg

岸辺の岩場にたくさんあいた穴はカニや二枚貝がたくさん棲んでいて、食事をすることを通じて長い年月をかけて沖縄のきれいな海を作っていることを紹介すると、みなさん驚いていました。



c0180460_11025792.jpg

海に入ると、冬の季節は海藻が繁殖し成長する時期なので、ホンダワラ類、フクロノリ、アーサー、カゴメノリ、カイメンソウなどに出合い、



c0180460_11033932.jpg

天然モズクをその場で見つけてきれいに洗って


c0180460_11035137.jpg

口に入れて楽しむこともできました。



c0180460_11044144.jpg

また、冬が恋の季節の貝殻を体内に持つタツナミガイに出合い、体内の貝殻を指で触っていると、



c0180460_11044612.jpg

タツナミガイの卵塊の「ウミソウメン」にも運よく出会えました。



c0180460_11052227.jpg

また、ナマコ類では堅くて体に砂をまぶし、攻撃に対して紫色の汁を出すクロナマコ、



c0180460_11052711.jpg

チクチクするイカリ状の小骨を持つ2~3mになるオオイカリナマコ、



c0180460_11053807.jpg


柔らかい体に毒を持っていて食べられないニセクロナマコが内臓の白いキュビエ管を出してカニや魚に反撃すること、




c0180460_11054323.jpg

栗色の体に柔らかい小さなとげを持つトゲクリイロナマコなどに出合い、どれも砂や泥の汚れや栄養を取って生きていて、その結果きれいな海を作っていること学びました。




c0180460_11063759.jpg

他にも、きれいな巻貝のクモガイ、



c0180460_11064310.jpg
貝の卵塊で砂と卵を粘液で混ぜて作った砂茶わん、



c0180460_11065147.jpg


よく腕を振るクモヒトデや


c0180460_11065959.jpg



ウニのナガウニに出合い、楽しく触れ会うことができました。




c0180460_11162284.jpg


大きなブロックに着いたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどは満潮時の2m位の水深になるとプランクトンを採って食べてきれいな海を作ることを紹介していると



c0180460_11163044.jpg


そばに「モンブランのケーキ」ようなゴカイの仲間のウンコの山がたくさんあり、砂の中の汚れや養分を採って暮らし、きれいな海を作っていることを説明しましたが、沖縄には食事を通じてきれいな海を作っている生きものがたくさんいることに改めてビックリ!



今日の参加者の中に、春休みで神奈川県からお爺ちゃんちに遊びに来たという女の子が二人いて、「逗子の海は汚いのになぜ沖縄の海はきれいの?」という疑問を持って沖縄に来たということでしたので、今日の観察会はとても有意義なものになったようでした。



c0180460_11163849.jpg

最後に、海草藻場で1~2cmの穴に棲む赤いトゲアナエビを海草のリュウキュウスガモで釣り上げようという遊びにチャレンジしてもらいましたが、


c0180460_11165108.jpg

「草を千切られた!」「とても引きが強くてびっくりした!」「本当に釣れるの?」とみんなが楽しいひと時を過ごすことができ、ちょっと寒かったですが、たくさんの生きものたちに出会えた観察会も無事に終わることができました。



みなさん、お疲れさまでした。








by nami-5963 | 2017-03-27 08:55 | 磯遊び | Comments(0)

湧き水の定例会

湧き水fun俱楽部の今年度最後の定例会があり、最初は9人が集まりスタートしました。





c0180460_12112911.jpg


来年度は奇数月に室内例会、偶数月は屋外に出ることとし、年会費は1000円で、定例会は第四土曜日から集まりやすい第三土曜日に変更することを確認し、



c0180460_12113330.jpg

行事としては、4月は恩納村博物館と湧き水巡り、6月は琉大の水環境センター訪問、8月は大学院大学見学、10月は首里酒造所見学、12月は忘年会、1月は琴演奏でお茶会、2月湧き水と防災問題などのリクエストがありました。



c0180460_12113632.jpg
そんな話をしていると参加者も一人増え、二人増えとなり、室内例会としては最高の11人の参加となり、役職人事も、代表、副代表、顧問、事務局、書記、会計、防災部長、環境部長、自然部長などと優れた豊富な人材の適材適所の配置がなされました。



情報交換では、代表が四月から首里公民館に転勤することになり、公民館活動として今まで以上に湧き水関係の行事が組みやすくなること、




c0180460_12112489.jpg

改修工事が数年間停止していた安波茶樋川(あはちゃヒージャー)の工事が再開し、





c0180460_12112153.jpg

この3月末に完成予定だということ、



小学校でカルタも利用した「水」の単元学習を計画していること、



代表の「湧き水の本」の取材が日経新聞からあり、全国版で紹介される予定だ、ということが紹介され、いつものようにお菓子を頂きながらワイワイと盛り上がった定例会を終えました。




c0180460_12114249.jpg
翌日の新聞に、「定例会を欠席して、みなさんを代表して辺野古の新基地建設反対集会に参加します!」と言っていたM氏の写真が載っていて、とても嬉しかったで~す。



c0180460_12114756.jpg



by nami-5963 | 2017-03-26 10:44 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

カーミージーの海の散策

毎日、カーミージーの海に出かけていますが、今日は胴長を身に着けて海の中の散策に出かけました。



c0180460_15081779.jpg

岩に着いたアーサーを口に含んでみると、濃い緑色をしているもののドロドロ感はなくなり、ゴワゴワした食感になってきており、もう茶色になって枯れだしているところも多くなってきて、今年のアーサーはさっぱりのまま終わりそうで残念です。



c0180460_15083403.jpg

気を取り直して歩いていると、赤い目をしたイワオオギガニや



c0180460_15084882.jpg

ムラサキヒトデなどに出合いました。



c0180460_15084099.jpg


また、冬の季節は恋の季節だけにタツナミガイのペアの交接や



c0180460_15100314.jpg

ウミウシの仲間のミドリチドリガイのペア、



c0180460_15101288.jpg
イソギンチャクに棲むイソギンチャクエビのペア(左の大きい方がメス)、



c0180460_15102278.jpg

イソギンチャクに棲むカクレクマノミのペア(手前の方がメス)に出会えました。



c0180460_15103100.jpg

岸辺の潮だまりには貝がはい回った後が凹んでいるのを確認し、嘉陽層の地層の生痕化石は盛り上がっており、地層が逆転している証拠だということにガッテン!して戻ってきました。






by nami-5963 | 2017-03-19 15:05 | 磯遊び | Comments(0)

那覇市の国際通りの牧志駅前にある「ほしぞら公民館」からメールが届きました。


この3月24日(金)と3月25日(土)にプラネタリウムの特別無料投影会があるとのご案内で、内容は「黄道12星座」についてだそうです。



c0180460_15030210.jpg


「黄道12星座」はみなさんおなじみの星占いに出てくる星座ですが、誕生日には見られないことも説明がある予定ですので、チラシの時間を見てみなさんお出かけになってみて下さい。


by nami-5963 | 2017-03-18 15:01 | 宇宙・天体 | Comments(0)

昨日の雨が嘘のように上がり、朝からよく晴れてポカポカ陽気の中、アーサー摘みの参加者26名とスタッフ4名が集まり、



c0180460_16505493.jpg

いつものように危険な生きものの説明や諸注意の後、海に向かいました。



c0180460_16503444.jpg

海に入ると海の中ではやはり冬の季節が進んでいて目指すアーサーだけでなく、パンフレットに載っている海藻のほとんどが姿を見せていましたし、



c0180460_16505519.jpg

嬉しいことにモズクまで採れてみなさん大喜び!


c0180460_16522924.jpg

足元には細長いヨウジウオやモンダルマカレイまで姿を見せ、ビックリ!



c0180460_16530203.jpg

また、海の掃除屋さんのナマコもクロナマコ(左)、ニセクロナマコなどにであい、触れてその違いも確かめてもらい、



c0180460_16532346.jpg

小さな穴に棲むトゲアナエビ釣りも楽しんでもらいました。

c0180460_16423022.jpg


この日、今までナマコが怖くて触ることができなかった子が、ついに触ることがてきるようになりました!すごいですね。



c0180460_16510010.jpg


例年に比べると少ないものの岩場に生えたアーサー摘みをスタートすると、みなさんとても熱心に収穫していました。



c0180460_16543390.jpg


「摘むは安し、掃除が大変!」なので、摘んだアーサーをきれいにしていると、


c0180460_16543867.jpg



風が強くなり出して「寒い!」と訴えるこどもが出だしたので、早めに切り上げることにしました。


c0180460_16544220.jpg


陸では暖かいアーサー汁の準備もOKで、みなさんの冷えた体を温めてもらいました。



c0180460_16544354.jpg


お代わりもたっぷりしてもらい体と心も温かくなり、無事にアーサー摘みを終えることができました。









by nami-5963 | 2017-03-13 12:48 | 磯遊び | Comments(0)

おきなわ石の会から「名護市の天然記念物の褶曲(しゅうきょく)見学会」の案内状が届き、


c0180460_17004952.jpg

生きものの這ったあとが分かる生痕化石(せいこんかせき)やこんな褶曲が見られるから行かない?と孫のゆみさんを誘うと「行きたい!」の返事があり、最近地学が面白いというAさんとばあちゃんの4人で出かけました。



c0180460_17005880.jpg

朝から降る雨が、高速に乗っている間も名護市の東海岸を走る間も降り続き、「中止になるかもしれないけど行ってみよう!」と現地に到着し、


c0180460_17014207.jpg

集合時間の10時過ぎにはいつもの半分以下の25名の地質ファンが集まり、



c0180460_17011625.jpg

「行けるところまで行ってみよう!」ということでスタートしました。



c0180460_17011175.jpg

歩くに従い、ゆみさんとばあちゃんはごろた石で歩きにくい上に雨で足元が滑りやすくてみんなから遅れだし、



c0180460_17012821.jpg

追いついたら説明が終わって移動しだすといった感じであまり説明が聞けませんでしたので、詳しくは天然記念物の指定を受けた時のブログ(2013.9.10、参照)をご覧下さい。







c0180460_17102741.jpg

この場所は土砂が普通にたまってできた地層なら下が古くて上にあるものは新しいはずが、



c0180460_17013591.jpg

褶曲や浸食を受けて上下逆さまな状態で見ることのできるとても珍しい場所だということでした。




c0180460_17111986.jpg
その根拠の一つに、海底をはいずりまわった生きもののあと(生痕化石)はへこんでいるはずなのに、ここでは盛り上がってふくらんでいることです。




c0180460_17115597.jpg

ゆみさんはずぶ濡れになりながら、防水カメラでがけ崩れの現場や



c0180460_17122476.jpg


とても興味を示していた生痕化石を撮ったり、



c0180460_16444055.jpg

始めて見る崖一面の大きな褶曲模様に感動し、



c0180460_17014054.jpg


丸くなったサンゴを「卵を見つけた!」と言ってとても楽しんでいました。



c0180460_17133978.jpg

最後に、先端のバン崎の大褶曲をゆみさんと見に行こうとしましたが、



c0180460_17134549.jpg

岩肌が雨に濡れ、海藻が生えていてとても滑りやすくて危険なので、今日は無理をせず、記念撮影を撮ってもらって帰路につきました。



c0180460_17145110.jpg

次は、天気が良くて暖かい時にチャレンジしたいと思っていま~す。

c0180460_15135930.jpg







by nami-5963 | 2017-03-12 16:58 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ぶくぶく茶

湧き水fun俱楽部では以前から水にかかわる沖縄文化の一つの「ぶくぶく茶」を体験したいと思ってきましたが、やっと実現する時が来ました。

c0180460_23131157.jpg

「NPO法人 琉球の茶道ぶくぶく茶 あけしのの会」の田中千恵子会長宅に10人でお邪魔し、会長さんから「ぶくぶく茶」の詳しい説明を受けました。

豊臣秀吉が1589年に京都の北野天満宮で催した大茶会では「ぶくぶく茶」が泡立たなかったそうで、その後琉球王国の御茶屋御殿(うちゃやうどぅん)の湧き水で初めて泡立ち、沖縄の250度以上の硬水が「ぶくぶく茶」にはいいことが分かったそうでした。

c0180460_23503650.jpg

また、有機農法の玄米を使用していることや今まで何気なく聞いていた近くの地名の「安波茶(あはちゃ)」は「ぶくぶく茶」のことだったと知り、ビックリでした。

c0180460_2313427.jpg

会長さんが「ぶくぶく茶」のたて方を実演して下さり、

c0180460_23135941.jpg

湧き水代表のぐしさんばかりか

c0180460_23142799.jpg

私までが琉装でお茶をたてるという貴重な体験をさせてもらいました。

c0180460_23144258.jpg

お茶をたてている間は琉装をした湧き水fun俱楽部のUさんが三線演奏をして下さいましたが、

c0180460_2315118.jpg

Uさんは会長さんとは20年来のお付き合いで、海外の「ぶくぶく茶」の披露会にもいっしょに出掛け三線演奏をしてこられたそうで、ビックリ!

c0180460_2315272.jpg

「ぶくぶく茶」とお茶菓子は会長の娘さんが全員に配って下さり、おいしく頂きました。

c0180460_23154397.jpg

2時間ほどお邪魔して貴重な体験をさせて頂いた後は、ご近所のKさん宅にお邪魔して新聞や雑誌で紹介されてきた「カエルのコレクション」を見せて頂きました。

その数と種類の多さにビックリしましたが、わたし的には引っ越しの時にもらって頂いた金魚が元気でとても大きくなっていたのにもビックリでした(写真がなくて残念!)。
by nami-5963 | 2017-03-03 19:43 | 沖縄の不思議 | Comments(0)