沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

イソアワモチ料理②

12月3日のカーミージーの海で遊び隊の総会・忘年会で隊員のみなさんの日頃のご苦労に感謝してイソアワモチ料理を食べて頂こうと2か月前から準備をしてきました。




以前に一度チャレンジしたこと(
2013.7.17、参照)がありましたが、大変だったことやあまり上手くできなかったこともあって遠のいていましたが、近くのお寿司屋さんで柔らかくトロっとしたおいしい「イソアワモチの味噌煮」を頂く機会があり、色々とノウハウを教えて頂いたので、再度チャレンジする意欲が出てきました。



c0180460_00391640.jpg
イソアワモチは普段、見つけても写真だけを撮るのですが、総会・忘年会に向けて大潮の前後の6日間ほどを干上がった岩場を歩き回ってできるだけ大きなイソアワモチをゲットして、冷凍保存しておきました。



c0180460_00394589.jpg
前回の失敗を生かし、冷凍したイソアワモチを海岸のあたためられた砂でもみ洗いしながらぬめりを取る作業は、すべてカーミージーの海岸で取り組みました。



c0180460_00404434.jpg
ぬめりは何度も何度ももみ洗いをしてもなかなか取れませんし、


c0180460_00410747.jpg
ぬめりを取っていくと内臓も飛び出し、


c0180460_00414274.jpg
イソアワモチがどんどんとしゅぼんで行き、最初の三分の一くらいにかさ低くなっていきます。




人間と同じように体のほとんどが水分でできていることがよく分かりました。



c0180460_00421355.jpg
ぬめりを取っていると体に着いた汚れも全て落ち、とてもきれいな体色や模様が見られるようになり、奥さんもビックリ!していました。



c0180460_00425781.jpg
この状態になってイソアワモチの体を半分に切り、内臓の残りをきれいに取り除き、海水できれいにすすいで家に持ち帰りました。



c0180460_00441207.jpg
それでも家に持って帰ってから、もう一度丁寧に水洗いして


c0180460_00450033.jpg
タッパーに冷凍保存しておきました。




前回はこれらの作業を家でやり、大変だったことの反省を生かした取り組みでしたが、これらの工程は4~5時間かかり、これを三回繰り返しました。



c0180460_00463506.jpg
いよいよ総会・忘年会の前日になり、冷凍保存しておいたイソアワモチの調理に取りかかりました。



c0180460_00461318.jpg
フライパンに水を張り、


c0180460_00472160.jpg
イソアワモチを沸騰直前の弱火の状態で8時間とろとろと煮込んで柔らかくしていきました。



c0180460_00465118.jpg
するとアクや汚れがまだまだたくさん出て、何度も水替えをしなくてはならなくて、そのたびに最初の四分の一くらいにかさ低くなっていきました。



c0180460_00474910.jpg
試食してみるととても柔らかくなってきたもののなんとジャリッとまだ砂が残っているので、もう一度水洗いをしていきましたが、小さくなってしまったものはなかなか指先では扱いにくくて残念ながら残り半分は処分してしまいました。




半部に切る作業は家に持ち帰ってから最後にすることが大切なことを今回新たに知りました。



c0180460_00490533.jpg
そんなこんなで最後に柔らかくなったイソアワモチにみそと砂糖とお酒を少し入れてみそ炒めにしてでき上がた量は最初の十二分の一ほどの量で、まさに「黒いダイヤの貴重品!」となり、「みなさんにおいしい!」「磯の香りがしてとてもいい!と好評だったので、苦労した甲斐がありました。


c0180460_00515896.jpg

皆さんもチャレンジしてみて下さ~い。






# by nami-5963 | 2017-12-02 23:06 | 磯遊び | Comments(0)

星もときめく音楽祭

12月16日に開かれる「星もときめく音楽祭」の案内チラシを早くにもらっていながら、うっかりして皆さんに紹介するのを忘れていました。



c0180460_17101969.jpg
12月16日はまだまだ先のことと思っていたのが間違いで、往復はがきでの申し込みが必要だそうです。



c0180460_17103158.jpg
今ならまだ間に合いますので、ご希望の方は急いでお申し込み下さ~い。





# by nami-5963 | 2017-11-27 17:09 | 宇宙・天体 | Comments(0)

伊祖大綱引き

今年も「伊祖大綱引き」の季節がやって来たようで、ポストに案内チラシが入っていました。


c0180460_18481011.jpg

去年のようすが写真で紹介されていて、よく見ると「ばあちゃん」が写っているのを発見し、下校後のゆみさんと「ばあちゃん、どこだ?」のゲームをしていると、「ここにじいちゃんも写ってる!」と新しい発見をしたりして、楽しく盛り上がることができました。



c0180460_18485102.jpg

当日の天気予報は雨!でしたが、三人で出かけると、途中で「ニンニクカズラ」のきれいな薄紫の花を見つけたゆみさんが、においをかいで「くっさぁ~~!」と叫んでいました。



c0180460_18491517.jpg

会場に着き、しばらくすると綱引き実行委員長や自治会長さんのあいさつがあり、伊祖グスクで採火した聖火がともされ、いよいよ英祖王の入場となり、豊作の報告と豊作への感謝の儀式がありました。



c0180460_18494041.jpg

その後は空手の演武、



c0180460_18512527.jpg

伊祖旗頭の入場があり、



c0180460_18514396.jpg

長寿クラブの演舞が始まるころから雨がぱらつき始めました。



c0180460_18520585.jpg

東西の大綱の入場時には雨脚もどんどん強くなり出し、



c0180460_18525375.jpg

東西の支度(したく)のにらみ合いは降りしきる雨の中で行われました。



c0180460_18543536.jpg

東西の大綱がカヌチ棒でしっかり固定されて綱引きの準備がOK!となり、



c0180460_18551547.jpg

実行委員長の赤旗を振り下ろすのを合図に綱引きが開始されました。



c0180460_18564289.jpg

今までは東西が一勝一敗なだけに力のこもった大綱引きとなりましたが、



c0180460_18564806.jpg

徐々に西(イリ)が優勢になり、



c0180460_18565658.jpg

最後は浦添商業高校の野球部員の応援を受けた西が降りしきる雨の中の勝利を収め、大喜びしていました。




雨が強くなる一方なので、お守りの綱ももらわずに急いで帰路につきました。








# by nami-5963 | 2017-11-26 18:57 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

折り込みチラシの完成

来年度のパンフレットの折り込みチラシA4版の1000枚が刷り上がってAさんから届きました。





TVのコマーシャルでもよく紹介されている「ラクスル印刷」で2,268円とは嘘みたいに安くてきれいので、みなさんにもご利用をお勧めしま~す。



c0180460_12125228.jpg
これを小学校に持ち込み、大型切断機でA5の半分のサイズに切断し、2000枚になりました。



c0180460_12074357.jpg
その後、いつものようにカーミージーに出かけると、道路工事のT字部分のアスファルト舗装がほぼ完成し、



c0180460_12081215.jpg
海への降り口の工事も進んでいました。



c0180460_12082295.jpg
カーミージーの岩場の方に回ると、カサガイの黄色い「鳴門状の渦巻き」の卵塊がたくさん産み付けられていました。



c0180460_12082869.jpg
近づいて目を凝らすと渦巻きの寒天状の部分に黄色い卵の粒がたくさん詰まっているのがよく分かりました。



c0180460_12110282.jpg
今が旬のようですね。



c0180460_01402620.jpg
こんなのがたくさん見られる観察会を早く再開したいで~す。







# by nami-5963 | 2017-11-21 12:13 | 磯遊び | Comments(0)

湧き水fun倶楽部定例会

湧き水fun倶楽部の定例会が、環境科学センターでありました。



c0180460_01374505.jpg
みなさんお忙しかったようで、集まったのは7人でしたが、いろんな情報交換をし、今後の予定も随分と決まっていきました。



c0180460_01375258.jpg
一番の話題は、ぐし代表が大きく取り上げられた「沖縄タイムス・ほーむぷらざ」がたくさん持ち込まれ、「私は新報だからちょうだい!」と引っ張りだこだったこと。




もう紹介されてないマスコミがないくらいに有名になられて、お忙しそうで
~す。




他には、12月16日の忘年会は、那覇まちまーいの「首里の三箇~泡盛と王朝文化を育んだ城下町~」に参加することになり、



c0180460_01380045.jpg
12月17日に首里城お水取り行事が辺戸岬で行われることの紹介があり、




1月20日の新年会はお茶会でお琴と書初めを楽しもうということになり、




2月17日は名護市の防災研修センターで地震体験や脱出体験をすることになり、



c0180460_01402620.jpg
4月14日はカーミージー周辺の湧き水観察会をすることにどんどん決まって行きました。




温泉ソムリエの案内で「竜神の湯」に行きたい!とか伊是名島の湧き水巡りがしたい!とか南城市玉城方面のグスクとカー巡りがしたい!などのリクエストもたくさん出され、とても積極的な会となりました。











# by nami-5963 | 2017-11-20 08:34 | 沖縄の不思議 | Comments(0)