沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

泡瀬干潟の観察会

沖縄市の泡瀬干潟のそばにある泡瀬小学校や美東小・中学校の児童生徒150名の合同観察会が計画され、

c0180460_11275438.jpg

「カーミージーの海で遊び隊」にも講師依頼があり、AさんやMさんといっしょに出かけました。

c0180460_11281567.jpg

当日は児童生徒150名を4班に分け、その一班を「遊び隊」の3人で受け持ち、観察会をスタートしました。

c0180460_11312786.jpg

一歩浜に降りると、小さな貝が一杯あり、貝の豊かさにビックリ!

c0180460_11314468.jpg

岩をめくると貝の卵がいっぱい詰まった白い卵のうもたくさん見られてさらにビックリ!

c0180460_113299.jpg

また、肉食の貝のタマガイ類が産み落とす砂茶わんの数もカーミージーの海よりたくさん見られることに、初めて泡瀬に来たというMさんもビックリ!

c0180460_1129380.jpg

岩場に着くと貝殻を脱ぎ捨てた貝の仲間のイソアワモチがたくさんうごめいているのを触ってみるとゴムのように弾力があり、裏返してみるとアワビそっくりなのにビックリ!

c0180460_11324762.jpg

砂地に小さな砂粒がきれいに並んでいるのは、コメツキガニのお食事の後だということで、これがきれいな海を作っていることを紹介しました。

c0180460_1133615.jpg

干潟を歩いていると、マングローブを作るヒルギが浜に突き刺さっていたり、

c0180460_11335023.jpg

食べるとおいしいという巻貝のカンギクや

c0180460_11341046.jpg

天然記念物の大きなムラサキオカヤドカリ、

c0180460_11342748.jpg

ウミウシの仲間を見つけて楽しんでいると、

c0180460_1134505.jpg

急に雨がぱらつきだして観察会を中断して元の場所に戻ろうとすると、

c0180460_113594.jpg

ゴカイの仲間のスジホシムシに二枚貝のユンタクシジミ(赤丸)が寄生している珍しいものを見つけた子がいて、

c0180460_11352679.jpg

雨宿り中にみんなで観察することができました。

c0180460_11354289.jpg

雨が止んだのですが、残り時間が少なくなったので、もう一度出かけたい人だけで出発すると、順天堂大学の学生さんに出合い、

c0180460_11355832.jpg

東京から「カニのうまみ成分の調査」に来ていて、茶色の若いミナミコメツキガニをたくさん見ることができました。

c0180460_11361142.jpg

大人になると青っぽい灰色の体色で、1cmほどの大きさになりま~す。

c0180460_1136272.jpg

一時間という短い時間でしたが、豊かな自然に触れて楽しむことができたようで、お別れ時にお礼の言葉ももらい、

c0180460_11364434.jpg

ウミエラ館でコーヒーを飲んで休憩し、

c0180460_11365828.jpg

たくさんの貝の標本を見ることもでき、有意義な観察会の応援となりました。

Aさん、Mさんご協力ありがとうございました。お疲れさまでした!
# by nami-5963 | 2017-06-28 10:55 | 磯遊び | Comments(0)

イソギンチャク巡り

今年最後となる昼間の最大の潮の引きの日なので、「カーミージーの海で遊び隊」で把握しているイソギンチャク巡りにAさんと運動会の代休のゆみさんやばあちゃんといっしょにカーミージーの海に出かけました。

c0180460_14225884.jpg

最初に普段の観察会の場所からは少し遠いですが、大きなハタゴイソギンチャクに棲む3匹のカクレクマノミを訪ねて、たくさんの動画や写真を撮りました。

c0180460_14233425.jpg

これを後日、Aさんがお孫さんに送ると、去年の夏より「大きくなっている!」ととても喜んだそうで~す。

c0180460_14262124.jpg

ゆみさんは箱メガネを持って泳ぎながら観察をして「大きな魚がいる!」と興奮していました。

c0180460_14271520.jpg

二番目のイソギンチャクに向かっていると、今までいなかった場所に大きめなイソギンチャクがいてビックリ!

周りをよく観察してみると、先日移植した場所が砂をかぶるため行方不明(2017.6.24、参照)になっていたイソギンチャクだとわかり、ホッ!とし、GPSにインプットしました。

c0180460_1447691.jpg

今までに把握している二番目のイソギンチャクには、まだカクレクマノミなどが住みついていないのが、残念で~す。

c0180460_14372014.jpg

途中で、貝の放牧場に立ち寄ると、シャコガイの仲間のジャゴウが定着し、だだんだん成長して大きくなっているのがとても嬉しかったで~す。

c0180460_14374113.jpg

また、大きなガンガゼのご夫婦がいて、じっくり観察させてもらい、

c0180460_14381414.jpg

赤い目をした大きなイワオオギガニや

c0180460_14382944.jpg

珍しいハネジナマコにも出会いました。

c0180460_1439646.jpg

次のイソギンチャクは、移植後も(2017.6.24、参照)とても安定していて、あとはカクレクマノミなどが住みついてくれるのを待つばかりです。

c0180460_14424724.jpg

次は、一時8匹のカクレクマノミが住みついていたイソギンチャクですが、今は3匹のカクレクマノミやカニなどが暮らしていました。

c0180460_1440173.jpg

六番目のイソギンチャクは去年白化していたのが回復し、現在はカクレクマノミが住みついていないものの、イソギンチャクエビやイソギンチャクモエビのご夫婦が暮らしているようでした。

まだ他にもイソギンチャクを把握していますので、今後もようすを見回りたいと思いま~す。

c0180460_14222772.jpg

今日はよく歩き回り、歩数計で8000歩を超えましたので、少し疲れました。

みなさん、お疲れさまでした。
# by nami-5963 | 2017-06-27 10:08 | 磯遊び | Comments(0)

6月25日の観察会

6月25日の観察会はカンカン照りの真夏日の中、参加者29名、RBCの取材班5名、スタッフ4名の38名が集まり、終始和やかな雰囲気で実施されました。

c0180460_11182230.jpg

いつものように海の危険生物や注意事項を説明して海に向かい、

c0180460_11254170.jpg

海辺の岩場でゴマフニナの生活を説明していると、

c0180460_1126916.jpg

キバアマオブネの白い卵のうが一杯産み付けられていてビックリ!

c0180460_11265131.jpg

岩場にたくさんあいた穴はカニや岩の中に住み込んだ二枚貝の住み家で、沖縄のきれいな海を作る一員だということを知って、またもやビックリ!

c0180460_1129112.jpg

湧き水の湧きだしている冷たい海に入り、たくさんのヤドカリと遊び、イシヨウジのオスがお腹に卵を抱えているのを見てもらい、とても盛り上がりました。

c0180460_1134580.jpg

ナマコにたくさん出会い、クロナマコを触ると固くて紫色の汁を出すのに、

c0180460_11343129.jpg

ニセクロナマコは大きくてブヨブヨしていて食べると毒を持っているし、

c0180460_11363267.jpg

オオイカリナマコはチクチクするイカリ状の骨片を持っていることなどの違いを触れて知りました。

c0180460_11365322.jpg

海底から出たドロドロした袋状のゴカイの卵のうは、

c0180460_11383079.jpg

透かして卵の粒を見ようとするとドロドロして手のひらからこぼれ落ちるのを「鼻水だ~!」と言って子どもたちは大喜びで、何度も繰り返して楽しんでいました。

c0180460_11385777.jpg

カニのソデカラッパは上手に砂に潜り、目を砂から出してヤドカリを待ち伏せ、ヤドカリがやってくるとペンチのような爪で貝殻を割って食べることを説明すると、とても興味深そうにしていました。

c0180460_11395398.jpg

1~2cmの穴に棲んだ赤いトゲアナエビに海草のエサをやる時の引く力を楽しむ「トゲアナエビ釣り」の遊びはみなさん夢中になって楽しみ、

c0180460_11401668.jpg

次に進めないくらい熱中しているのにビックリ!

c0180460_11404240.jpg

最後に大きなブロックに住みついたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどの生きものの説明をしていると、

c0180460_1141383.jpg

みなさん海水浴を楽しみだしていました。

c0180460_1142654.jpg

そこに、タカラガイ(宝貝)のキイロダカラが見つかり、隊員のMさんが解説していると

c0180460_11432283.jpg

その貝殻で上手に貝笛にする奥さんがいて「携帯などのない時代にはこの貝笛で恋人同士の連絡や子どもを呼び家に帰らせる合図に使っていた。」と話しながら実演し、

c0180460_1143455.jpg

吹き方を教えて下さいました。

c0180460_11442954.jpg

岸に上がって最後に危険な場所の説明の後、RBCの取材インタビューに3つのファミリーが応じて下さり、

c0180460_11445455.jpg

その内容を含めて今日の取材が7月7日(金)の10時30分からの3チャンネルの「海DO宝」で放映予定なので、みなさんぜひご覧下さ~い。

みなさん、お疲れさまでした。
# by nami-5963 | 2017-06-26 11:10 | 磯遊び | Comments(0)

運動会

ゆみさんの小学校で運動会があり、早くから出かけました。

c0180460_13403625.jpg

校舎新築工事のための校庭でのプレハブ校舎生活があり、2年ぶりの運動会ということもあって、先生や児童のみなさんの意気込みがスローガンによく表れていましたし、

c0180460_1341344.jpg

入場行進も堂々としていてよかったです。

c0180460_1343074.jpg

面白かったのは聖火が入場し、聖火台に上がり点火となりましたが、赤いビニール袋がニョコニョコと引っ張り出されたのには笑ってしまいました。

c0180460_13432848.jpg

とてもいい天気でカンカン照りの中、幼稚園児のかわいい演技や

c0180460_13435889.jpg

低学年のバルーン演技を久しぶりに見学でき、心が癒されました。

c0180460_13443627.jpg

ゆみさんの学年はクラス対抗のリレー競技で、

c0180460_13445323.jpg

クラスのみんなは優勝を目指して力走していました。

c0180460_1345878.jpg

ゆみさんも走るのは苦手だと言いながらも笑顔で力走している姿を見せてくれ、

c0180460_13452497.jpg

とても嬉しかったで~す。

リレー競技の後、私たちは昼からの海の観察会の準備のために帰宅しましたが、昼からの障害物リ
レーは一位だったと後日嬉しそうに知らせてくれました。

よかったで~す。
# by nami-5963 | 2017-06-25 23:36 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

海の散策

明日の観察会に備えて下見を兼ねて海の散策に出かけました。

c0180460_13231894.jpg

タマシキゴカイの仲間の卵のうが海底でゆらゆらと揺れていたり、

c0180460_13234491.jpg

海藻のボタンアオサがたくさん姿を見せだしていましたし、

c0180460_13245340.jpg

カニのソデカラッパがちょろちょろと動き回る姿や砂もぐりの名人技を動画に収めることができました。

c0180460_13251378.jpg

ちょっと珍しいところでは、タマシキゴカイの仲間の卵のうが水面から顔を出しているところに、1~2mmほどの黒いゴマ粒みたいな外洋性昆虫のウミアメンボがたくさん群がって栄養豊富な汁を吸っているようすを動画でゲットできたことでした。

c0180460_13261984.jpg

他に、移植したイソギンチャクの一つはもう安定しているようでしたが、二つ目のイソギンチャクを見に行くと移植したところには見当たらずで、ビックリ!

砂が押し寄せてくる環境が気に入らず自分から移動したようで、随分探しましたが、行方不明になってしまいました。

c0180460_13265028.jpg

貝の養殖場は順調なようで、ティラジャーもいっぱい確認でき、冬までには大きく育ってくれるものと思うと嬉しくなりました。

c0180460_13272531.jpg

濃い緑色によく生育した海草の写真や

c0180460_13275161.jpg

リュウキュウスガモの表面にたくさんついている有孔虫の仲間、

c0180460_1328793.jpg

熱中症になったヤングなタコ、

c0180460_1403053.jpg

クリミミズアナゴにも出会い、たくさんの写真や動画もゲットできました。

c0180460_13312642.jpg


岸辺に住みついているイシヨウジのご夫妻も健在でしたので、明日の観察会が楽しみで~す。
# by nami-5963 | 2017-06-24 22:43 | 磯遊び | Comments(0)