沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

海草と海藻??

昨日の晩もウミホタルが見たくなって、ひとりで真夜中に泡瀬干潟に出かけました。今回は目も慣れて来てたくさん見ることができ、感激のしっぱなしで~す!ただ、毎日最干潮の時間が30分ずつずれていくので、しまいに丑三つ時になってしまいそうです。今、帰って来て投稿させてもらいます。
先日、カーミージー(亀瀬)の南に広がる浦添干潟で海草の学習会がありました。ところで、みなさん、海草と海藻の違いってご存知ですか?私は、恥ずかしながらこの歳になるまで、はっきり分かっていませんでした。

c0180460_19181094.jpg

講師の方の説明によると、どちらも葉緑素を持ち、光合成をする植物だということは共通しています。
でも、海草は陸から海の中に戻った植物で、根・茎・葉があり、花を咲かせて種をつけます(種子植物)が、
海藻はワカメやコンブのように根・茎・葉の区別がなく(あるように見えますが!)、胞子で仲間を増やす(胞子植物)、そうです。

沖縄に来て、目からうろこでした!

このカーミージーでは沖縄で見られる8種類の海草のうち7種類が見られました。葉っぱの形や特徴で分類するそうです。写真があるものを紹介してみましょう。

c0180460_19204560.jpg

①葉っぱが丸い棒状のボウバアマモ

c0180460_19243584.jpg

②葉っぱの丸いウミヒルモ
③葉っぱがリボン状で、直立茎がなく、少し淡水の混ざる所に生えるコアマモ(写真なし)

c0180460_19263973.jpg

④葉っぱがリボン状で、直立茎があり、葉の幅は1cmで少し曲がっているリュウキュウスガモ。
⑤葉っぱがリボン状で、直立茎があり、葉の幅は1cmで赤い縞模様がはいるリュウキュウアマモ。(写真なし)

c0180460_1936645.jpg

⑥葉っぱがリボン状で、直立茎があり、葉の幅は8mmで長さは20cmで、真っすぐ伸びた先が平らなベニアマモ。

c0180460_19291527.jpg

⑦葉っぱがリボン状で、直立茎があり、葉の幅は5mmで長さは15cmで、葉の先が王冠型でとがった先が黒いウミジグサ。
⑧葉っぱがリボン状で、直立茎があり、葉の幅は1~2mmでとても細いマツバウミジグサ。(写真なし)

c0180460_19324366.jpg

海草を探し回っていると、ナマコ、ウニ、カニ、エビ、貝などをたくさん見かけ、豊かな自然の存在を実感しました。
# by nami-5963 | 2008-12-28 02:46 | 磯遊び | Comments(0)
12月26日の夜10時すぎから「泡瀬干潟・深夜のファンタスティック観察会」がありました。
30名ほどの参加者で、夜の干潟を二時間ほど探索しました。

c0180460_9365498.jpg

いろんな貝や小魚、イカの赤ちゃん、ミナミコメツキガニ(上)、イソアワモチ(下)などももいて、みんな大喜び!
c0180460_93815100.jpg


c0180460_9394710.jpg

また、砂茶碗(上)が貝の卵の塊だ!というにはみなさん、驚きの声をあげていました。最後に、海藻や海草が生育する海草藻場でヤコウチュウとウミホタルを観察しました。海藻・海草をゆっくり手で揺すると短時間にピカピカ光るのが、ヤコウチュウ!ウミホタルはやや弱い光で、ながくボォ~と光ります!今までに、座間味のきれいな海で、ヤコウチュウは見たことがありましたが、ウミホタルは初めてで、とても幻想的な姿に感動しました!この感動のシーンはNHKの超高感度のハイビジョンカメラぐらいでしか写せないそうで残念ですが、感動だけはお届けしたくて・・・

c0180460_9422056.jpg

それにしても、海藻や海草が生育する海草藻場は豊かな生命をはぐくむとても貴重な場所なんですね。
# by nami-5963 | 2008-12-27 09:53 | 磯遊び | Comments(0)

ジュゴン

先日、名護市の東海岸で国の天然記念物・ジュゴンが食べている海草の観察会がありました。小中学生の親子連れや大人が、30人ほど集まりました。まず、ジュゴン、海の危険な生物、サンゴ礁の役割などの説明を受けました。ジュゴンは水温・気温が20℃以上の浅い海にすみ、

c0180460_23473126.jpg

海草を食べて生活しており、このあたりが生息域の北限で現在6個体が確認されているそうです。

c0180460_23365097.jpg

潮が引くまで、海岸で遊んでいるとウミガメが産卵したことを示している場所もありました。

c0180460_2341588.jpg


潮が引き始めたので、海に入り、いろんな生物を観察しました。小さな魚や大きなヒトデ、ナマコなどを見つけました。

c0180460_23433178.jpg

みんなで海底を観察していると20cmほどの帯状に水草が削り取られているのが三か所ほど見つかりました。ジュゴンが食事をしたあとです!

c0180460_2351968.jpg

このあたりのジュゴンは警戒心が強くなってしまっていて、夜にしか食事に来ないそうです。でも、ジュゴンの生きている証に出会え、嬉しくなってしまいました。

c0180460_23541886.jpg

観察会の後、太平洋の見える高台に案内してもらいました。素晴らしい眺めでした!

c0180460_23571592.jpg

その周りは、緑豊かな山原(ヤンバル)の「ブロッコリー」の木で覆い尽くされていました。
# by nami-5963 | 2008-12-26 00:06 | 磯遊び | Comments(0)

メリークリスマス

娘夫婦の新居移転とクリスマスを兼ねてお祝いをしました。

c0180460_091011.jpg

オジイがサンタさんに扮してプレゼントを持って行くと、最初ちょっと怖そうにしていた一歳の孫も、アンパンマンの楽器セットに眠たかった瞳をランランに輝かせ、嬉しそうにしていました。

c0180460_0105835.jpg

こどもって、夢があっていいですね!

c0180460_0124347.jpg

それにつけても、最近のクリスマスのスーパーやケーキ屋さんで目につくのが、空気を送り込んで膨らませる大きなエアーサンタさん。

c0180460_0172818.jpg

表情からしぐさまでいろいろあって、とてもかわいいんですよ!

c0180460_0143978.jpg

妻が、「あんなのほしいね!」と言うのに、「部屋でふくらましたら、寝るとこもあらへんが!」と夢のない大人の会話でした!
# by nami-5963 | 2008-12-25 00:29 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

森の川

宜野湾市内を車で走っていると、「森の川」という案内板を何度も見かけました。なんだろう?と思って、ある日、いくつかの案内表示に従って尋ねてみました。すると、そこは公園になっていて、駐車場も遊具も完備されていました。

c0180460_2165665.jpg

立派な碑もあり、説明板を読むと、「ここは沖縄県の名勝地で、天女が降臨し、沐浴をしたという『羽衣伝説』の舞台となったところ。」だそうです。

c0180460_2272954.jpg

また、「この泉はこどもが生まれた時の産湯や正月の若水を取るところでもあり、地域の人の生活飲料水としてとても重要な場所であった。」とありました。

c0180460_224493.jpg

沖縄は、水をよく通す琉球石灰岩でできていますが、下の粘土層には沁みとおらず、地表に湧水として流れ出すところが各地でたくさんあるそうです。不思議ですね!
# by nami-5963 | 2008-12-24 02:44 | 沖縄の不思議 | Comments(0)