人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

浦添干潟

カーミージー(亀瀬)に通っていると、そこから南に3Km、西に1Kmもの広大な浦添干潟があることがわかってきました。
c0180460_0235236.jpg


c0180460_027845.jpg

広大な干潟を歩いていると、貝の卵の塊(上)の砂茶碗(タマガイ類の仲間)があったり、

c0180460_0292554.jpg

ウニやナマコ(上)もたくさんいたり、ウミウシ(海牛)の仲間のイソアワモチ(下)もいますし、シャコガイやサンゴも見かけます。

c0180460_0324543.jpg


c0180460_0351870.jpg

さらに、カニの仲間のケブカガニ(上)、ソデガラッパ(下)もいました。

c0180460_0381421.jpg

ソデガラッパがモリをしっかりつかんでいますが、この爪で二枚貝を割って食べちゃうそうです。いろんな生物のいる豊かな海を実感し、とても嬉しくなりました。
ここで親切なオバァに天然のモズクが採れる場所を教えてもらい、我が家の食卓がより一層豊かになりました。
Commented by おかもっちゃん at 2008-12-22 19:05 x
こんにちはぁ~
ウミウシって食べられるのですか?
足は治りましたか?
Commented by なみまる at 2008-12-22 23:58 x
おかもっちゃん、こんばんは!
お勤めご苦労様でした。ゆっくりして下さいね!
ウミウシは毒を持っていることをアッピールするためのど派手な色彩を持つ代わりに、殻を脱いだといわれています。でも、ウミウシを食べるウミウシがいますので、食べた事のない私にはちょっと自信のある回答はできません?!おかげさまで足の方はよくなりました。
by nami-5963 | 2008-12-22 00:57 | 磯遊び | Comments(2)