人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

ジュゴン

先日、名護市の東海岸で国の天然記念物・ジュゴンが食べている海草の観察会がありました。小中学生の親子連れや大人が、30人ほど集まりました。まず、ジュゴン、海の危険な生物、サンゴ礁の役割などの説明を受けました。ジュゴンは水温・気温が20℃以上の浅い海にすみ、

c0180460_23473126.jpg

海草を食べて生活しており、このあたりが生息域の北限で現在6個体が確認されているそうです。

c0180460_23365097.jpg

潮が引くまで、海岸で遊んでいるとウミガメが産卵したことを示している場所もありました。

c0180460_2341588.jpg


潮が引き始めたので、海に入り、いろんな生物を観察しました。小さな魚や大きなヒトデ、ナマコなどを見つけました。

c0180460_23433178.jpg

みんなで海底を観察していると20cmほどの帯状に水草が削り取られているのが三か所ほど見つかりました。ジュゴンが食事をしたあとです!

c0180460_2351968.jpg

このあたりのジュゴンは警戒心が強くなってしまっていて、夜にしか食事に来ないそうです。でも、ジュゴンの生きている証に出会え、嬉しくなってしまいました。

c0180460_23541886.jpg

観察会の後、太平洋の見える高台に案内してもらいました。素晴らしい眺めでした!

c0180460_23571592.jpg

その周りは、緑豊かな山原(ヤンバル)の「ブロッコリー」の木で覆い尽くされていました。
by nami-5963 | 2008-12-26 00:06 | 磯遊び | Comments(0)