人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

ウミウシ②

お正月の三が日は毎年、首里城公園で「新春の宴」が催されます。

c0180460_22274692.jpg

琉球舞踊、伝統音楽の演奏、棒術などが披露されますので、孫を連れて出かけてみました。

c0180460_22301516.jpg

孫は三線や太鼓の演奏に合わせ、上手にお尻を振ってリズムを取り、とても楽しんでいました。

さて、ウミウシは雌雄同体なので自分ひとりの体で受精し、卵を産むことは可能ですが、遺伝子が濃くなってしまうことをよく知っていて、必ず他の個体と交接し産卵します。

c0180460_22332560.jpg

二匹のゾウゲイロウミウシが、岩にさかさまになって交接中です。

c0180460_22353128.jpg

この赤いリボン状のものは、ミカドウミウシの卵塊です。卵への酸素供給の効率がよいように、いつも潮の流れの急な所にちゃんと産みつけています。

c0180460_2237415.jpg

よく見かけますが、カラーバリエーションの多いキイロイボウミウシ。

c0180460_22404140.jpg

三匹で交接中だったメレンゲウミウシ。

c0180460_224213.jpg

夜空に星が輝くようなヨゾライロウミウシ。

c0180460_22433655.jpg

黄色そのもの、その名もレモンウミウシ。

c0180460_22461736.jpg

黒地に蛍光ブルーのラインが光るケリドヌラ・ワリアンヌ。

c0180460_23135340.jpg

ちょっと地味な色合いだが、大きめなモンジャウミウシ。
by nami-5963 | 2009-01-04 00:04 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)