人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

ウミウシ④

これまでウミウシ(海牛)をたくさん見てきましたが、二本の触覚が牛の角のように見えるところから付いた名前だそうで、まさに、「海にすむ牛!」ですね。

c0180460_20521586.jpg

色鮮やかなシンデレラの衣裳のようなシンデレラウミウシ。

c0180460_20552143.jpg

体が半透明で、体表の大小の突起の先がオレンジ色のコンペイトウウミウシ。

c0180460_20563245.jpg

体が半透明で、体表に黄色い筋がはいっているキスジカンテンウミウシ。

c0180460_2058108.jpg

白点が霜のようで、黒い模様が亀?のようなシモフリカメサンウミウシ。この写真の個体は黒い模様が一部途切れています。

c0180460_2152196.jpg

細長い体に黒~褐色の筋がたくさん入っているクロスジリュウグウウミウシ。

c0180460_21455882.jpg

体が半透明で、内臓が透けて見えるキヌハダウミウシ。

c0180460_21183646.jpg

背中の模様が編目状で、移動の際には体を上下に打ち振るキカモヨウウミウシ。

c0180460_2111647.jpg

純白の衣裳に白いボンボンを付けたシロボンボンウミウシが、仲良く散歩中。

c0180460_211529.jpg

死んだサンゴのかけらに産み付けられたウミウシの卵塊。

年明けからウミウシ図鑑のようになってしまいましたが、今回で最後にしたいと思います。珍しいものに出会ったら、すぐにレポートしたいと思いま~す。
by nami-5963 | 2009-01-06 00:48 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)