人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

セイロンベンケイソウ(弁慶草)

この四日間、日本全国が強い冬型の気圧配置におおわれ、荒れ模様の天候が続いていますね。ここ沖縄でも気温は今までの最低の11度に下がり、強風が吹き荒れています。

セイロンベンケイソウ(弁慶草)_c0180460_1484761.jpg

ベランダの植物の葉っぱもちぎれまくって飛び散り、目の前の海も荒れまくり、白波が大きく立っています。
ベランダの植物の一つにセイロンベンケイソウがあります。これは、セイロン島を含めた熱帯地方に広く分布し、日本では沖縄の南西諸島や小笠原で自生しているそうです。

セイロンベンケイソウ(弁慶草)_c0180460_155811.jpg

このセイロンベンケイソウも悲惨なくらい葉っぱがちぎれてなくなってしまいました。セイロンベンケイソウはたくさんの弓矢が突き刺さっても死ななかった「弁慶」の名前を付けてもらっているように、とても強い生命力を持っています。別名が、「はからめ」と言われるように、葉っぱから新しい芽を出して増えていきます。不思議な生命力ですね!

セイロンベンケイソウ(弁慶草)_c0180460_14133690.jpg

12月の強風で飛び散った葉っぱが、まわりの植木鉢で新しい芽を出して成長しているのを見つけました。
セイロンベンケイソウ(弁慶草)_c0180460_2355493.jpg


2~3年で、1.5mほどに成長し、灯篭(とうろう)に似た花をつけるため、「灯篭草」とも呼ばれているそうですが、私にはたくましい生命力からついた「はからめ」や「弁慶草」の方が、ぴったりのように思えてなりません。
Commented by 97kg at 2009-01-12 01:46 x
「葉から芽」!言い得て妙なネーミングに笑ってしまいました。ウチの孔雀サボテンもまさに「はからめ」です。霜にやられてしまわないよう、今は部屋に取り込んでぬくぬくしてます。沖縄なら多肉植物も年中屋外で大丈夫かと思いましたが、強風でちぎれまくるのは予想外でした^^;
Commented by nami-5963 at 2009-01-13 06:26
97kg さん、おはようございます。
いつもブログを見て頂き、ありがとうございます。
孔雀サボテンや金のなる木も同じ仲間だそうですが、その生命力には本当に驚かされますね。      なみまる
by nami-5963 | 2009-01-11 00:03 | 沖縄の不思議 | Comments(2)