人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

金魚とメダカ

「タント」と一緒に沖縄にやってきた金魚とメダカのその後についてもふれてみますと・・・3cmほどの金魚が2匹、メダカが20匹の引っ越しには米びつのような大きなタッパーを二つ用意しました。タッパーにはたくさんの水草を入れて呼吸がしやすいようにしましたが、二泊三日を光の当たらない船室ですごしたため、三分の一のメダカは死んでしまい、あとは元気もなく、弱り果てていました。新しい家に着くなり、すぐに水をかえ、水草に光を当て、塩を一つまみ入れてやりました。塩は皮膚病や弱った時に効果があると聞いていましたが、効果てきめんで金魚もメダカも少しずつ回復して行ってくれ、ホッとひと安心!生活環境を整えるため、大きなバスタブを買って来て、あったかい環境でしっかり三度の食事を取りだすと、金魚もメダカもどんどん大きく成長し出しました。2匹の金魚は偶然にも雄と雌だったようで(大きい方が雌!)、4~5cmくらいに成長しだした6月頃から、朝の6時ごろにバシャバシャと水しぶきをあげながら水草に、卵を産みつけ出しました。メダカも毎日確実に、水草に卵を産みつけています。卵のついた水草を別の水槽に移し、新しい水草を与えてやるとどんどん卵を産み続けました。

c0180460_2348262.jpg

それでも、卵から大人になるまでに成長するのはなかなか難しいのですが、金魚の赤ちゃんもどんどん増えながら成長し、今では5匹家族になりました。

c0180460_2351563.jpg

大きくなりすぎて?今では25cmにもなってしまい、まるでコイのようです。
エサをやる時には、水面をかき混ぜ、口をパクパクさせてみんなが集まってきたらエサを与えます。

c0180460_23552765.jpg

これを見ていた孫は、自分もやりたくてたまらないようで、同じようにさせてやると大喜び!!
金魚もメダカも次の世代を残しながら元気に過ごしていま~す!
by nami-5963 | 2009-01-16 00:12 | 沖縄の不思議 | Comments(0)