人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

初潜り・砂辺

初潜りの二日目は、西海岸の砂辺でした。よく晴れていて、私のホームグラウンドの慶良間諸島も自分のマンションもよく見えました。

c0180460_148688.jpg

ビーチエントリーして最初に出会ったのは、大きな口を開けて海の中をぐるぐる旋回しているグルクマの大群でした。これは水面近くの動物プランクトンを、えらでこし取って食べている姿で、まさに集団朝食中!集団の中で口を閉じている魚は、それなりのりりしい顔だちなのですが・・・

c0180460_151814.jpg

一時間後に帰る時にも同じ格好をしていましたので、海の中でエサを得て、生きて行くということは大変なことのようです。

c0180460_1531614.jpg

海底では、岩の表面に生えた藻などをつついて食事中の魚もたくさん見かけました。コンビニやスーパーを持たない魚たちは、毎日!この食事を繰り返し、生きながら子孫を残すことに一生懸命なのです。

c0180460_156231.jpg

次に出会ったのは、冬のシーズンになると深い海から浅場のサンゴの隙間に卵を産みにやってくるイカの仲間のコブシメです。大小合わせて9匹いましたが、今回は警戒心が強く、あまりそばに寄れず、残念でした。

c0180460_1583237.jpg

水を勢いよく噴射して遠ざかる時に視線が合い、お互いを意識しているのがよく分かりました。

c0180460_223050.jpg

次は、今まで一度も出会ったことのなかったキンチャクガニのご夫婦です。五ミリほどのカニが両手(ハサミ)にイソギンチャクを持ち、ポンポンを振るように上手に動かします。「これは毒を持つイソギンチャクだぞ!こわいんだぞ!」とアピールし、わが身を守っています。小さなカニバサミイソギンチャクも、どこからかちゃんと自分で見つけてくるところが偉いですね。

c0180460_28855.jpg

他には珍しいチンヨウジウオがいました(上)。本当に爪楊枝ぐらいの大きさで、頭が白くてビックリ!でした。また、サンゴのポリブの間に毛むくじゃらの体のオランウータンクラブも見かけました。姿かたちがオランウータンそっくりなカニで、目がオレンジ色に輝いているのが印象的でした(下)。
c0180460_2134983.jpg


c0180460_220769.jpg

最後に、普段は単独行動をしているオグロトラギスのご夫婦に出会いました。今年も仲の良い
「夫婦愛」をテーマに、写真を撮り続けたいと思いました。

c0180460_2271522.jpg

帰る時に見たソフトコーラルの群生が、逆光できれいに浮かび上がっているのも、とても幻想的でした。
Commented by 及川 at 2009-01-19 08:17 x
先日はご来店ありがとうございました。
ホントにナイスタイミングで潜ることができましたね。
また海況を見ながら連絡しますので、地元の特権を活かしてサイコーのコンディションで潜りましょう。
Commented by break at 2009-01-19 19:39 x
こんにちは!
私は一家の主婦ながら、料理苦手で、休日など、3度の食事作りを苦痛に思うことしばしばです。ともすれば食事をないがしろにしがちな人間ですが・・・生きることの基本は「食」ですね~
Commented by nami-5963 at 2009-01-19 22:18
>及川さん
天気もよく、海も穏やかなベストの時にダイビングに誘ってもらい、感謝・感激で~す!いい写真もたくさん撮れて大満足です。朝は5時過ぎには起きていますので、海況さえよければその日でもOK!ですよ。これからもよろし~く!

>break さん、こんばんは!
海に潜っていると、魚からいろんなことを教えられるんですよ。
生きるためには、食べる!食べながら、夫婦仲良く暮らす(ブログノテーマの夫婦愛です)!そして、子孫に命をつないでいく!ことの大切さ。
また、魚は、ダイバーが流されてしまうような急流の中でも平気で生活していますし、裸一貫で余計な衣服や装飾も家財道具もなく、何億年も地球上で生存してきた偉大な先輩!だとも感じています。
下手なサル知恵を身につけた人間には足元(ヒレ元?)にも及ばない、偉いやっちゃ!てなことを思いつつ潜っていると、とても楽しいんですよ。
by nami-5963 | 2009-01-18 03:41 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(3)