人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

本島最北端・辺戸岬

昨日は立春でしたね。沖縄は、最近ぽかぽか陽気の日が続き、半そでで過ごす日も増え出しています。そんな陽気に誘われて、沖縄本島の最北端を訪ねました。
沖縄自動車道を下り、ひたすら国道58号線を北上します。

c0180460_7535831.jpg

国頭村(くにがみそん)に入り辺戸岬(へどみさき)に近づくと、断崖絶壁や切り立った岩山の荒々しい地形が目につきだします。このあたりは「沖縄海岸国定公園」に指定されています。

c0180460_7563454.jpg

最初に、見たのが「茅(かや)打ちバンダ」(上)。バンダとは方言で、崖のこと!70mの断崖から茅の束を投げても強風に吹きあげられてバラバラになることからついた名前だそうです。眺めも素晴らしく、遠くに伊平屋島(下)が見えました。

c0180460_7585828.jpg


c0180460_811735.jpg

「石林山公園」は、鋭く切り立った2億年前の石灰岩の巨大石塔群が見事で、圧倒されました。

c0180460_86855.jpg


c0180460_1363036.jpg

展望台からの大パノラマ」(上)と巨大なガジュマロの木(下)が見事でした。

c0180460_874431.jpg


c0180460_8101325.jpg

「辺戸岬」は、山原(やんばる)の最北端の断崖絶壁!目の前に鹿児島県の与論島・沖永良部島(上)が、左には伊是名島・伊平屋島が見える大パノラマは最高でした。

c0180460_8115149.jpg


見下ろした海は青く澄みきっていて引き込まれそうでした。

c0180460_8132592.jpg


途中いろんな所にも寄り、10時間30分・254Kmの大自然を楽しむことのできた旅行となりました。
by nami-5963 | 2009-02-05 08:28 | 沖縄の不思議 | Comments(0)