人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

漫湖の野鳥観察会

環境省の漫湖水鳥・湿地センターで野鳥観察会がありました。

漫湖の野鳥観察会_c0180460_22294862.jpg

最初に、スライドで漫湖に見られる野鳥の説明がありました。日本で見られる野鳥は600種いますが、そのうちの470種が日本の面積の1%にしか過ぎない沖縄で見られるそうです。

漫湖の野鳥観察会_c0180460_2230147.jpg

説明の後、双眼鏡とミニ図鑑を持って野外観察に出かけました。

まずはよく見かけるスズメの説明。口の下に黒点があるのをはじめてみました。これが大きいものが強くて、エサ取りや水浴びなどで優位に立つそうです。

漫湖の野鳥観察会_c0180460_22323868.jpg

マングローブ林に移動すると木の枝にメジロの巣を見つけました。これは自然の素材でできていましたが、街中ではビニールのひもなども使って巣作りをするそうです。

漫湖の野鳥観察会_c0180460_22333932.jpg

天気が良く、上空に3羽のミサゴが大きな円を描いて舞っていました。双眼鏡で見ていると魚をとらえに急降下しながら、糞をする様子も見ることができました。水中ダイブを敢行したものの、魚をとらえられず、上空に戻ってきました。鳥も生きていくのに大変なんだと感じました。

漫湖の野鳥観察会_c0180460_2234632.jpg

マングローブの若木のそばにダイサギが3羽いました。

漫湖の野鳥観察会_c0180460_22344074.jpg

信号機にはイソヒヨドリのオス(背中が青く、腹が茶色)が止まっていました。

水鳥・湿地センターに戻って、この日に観察することができた14種類の野鳥を図鑑でおさらいしていると、座っている芝生に「ネジバナ」が咲いているのを見つけました。

漫湖の野鳥観察会_c0180460_2238498.jpg

西宮の武庫川では6月頃に見られるので、驚くとともに、この花が大好きな私はとても嬉しくハッピーな気分になれました。
by nami-5963 | 2009-03-15 22:54 | 沖縄の不思議 | Comments(0)