沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

クビレミドロの市民調査会

今日も大潮です。泡瀬干潟で絶滅危惧種に指定されているクビレミドロの市民調査会がありました。これは、世界中で沖縄本島にしか生存しない珍しい藻類のクビレミドロの分布や生育のようすを、毎年市民の力で調査しているものだそうです。今日は6名の参加で、2班に分かれて調査をしました。

c0180460_0275116.jpg

基準点から50歩ごとに50cmの枠内に何個のクビレミドロが生存しているかを、GPSとデジカメで記録して行きます。

c0180460_0285035.jpg

今回は50ポイントを調査しましたが、2か所でしか生存が確認できませんでした。

c0180460_03132.jpg

それも、水温が高くなってきていて、もう溶けてなくなりかけていました。温暖化の影響か?胞子だけを残して来年までお休みのようでした。

この調査中にもいろんな生物に出会えました。

c0180460_0344253.jpg

海藻の仲間のキッコウグサ(亀甲草)は、ルーペで見ると本当に亀甲模様で埋め尽くされていてビックリでした。

c0180460_032279.jpg

ハネジナマコは、食用になるそうですが、これを最初に食べた人は本当に勇気のある偉大なひとですね~!

c0180460_0352541.jpg

アメフラシ(上)やコンゴウフグ(下)にも出会え、とても楽しかったで~す!

c0180460_0355766.jpg

調査が終わってからも、一時間ほど貝採りを楽しみました。

c0180460_0384472.jpg

収穫も少なかったので、今日は刺身で美味しくいただきました。

今日も自然の恵みに感謝!!
by nami-5963 | 2009-04-12 22:15 | 磯遊び | Comments(0)