沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

貝採り

待ちに待った大潮です。大好きな泡瀬干潟にとんで行きました。

c0180460_1223023.jpg

干潟を歩いていると、大きなハボウキガイ(葉箒貝)がいました。大きな葉っぱのようでほうきの格好をした定住性の貝です。表面に出ているところが鋭い刃物のようになっていますので、けがをしないように気をつける必要があります。貝採り名人は「貝柱が甘くておいしいだけさあ!」と言っていましたが・・・??

c0180460_1232080.jpg

小さなアメフラシもいて、モリで触ると紫色の体液を出していました。

c0180460_124141.jpg

毛虫のようなゴカイもいましたが、見慣れないものなので、写真を撮るだけにしました。

c0180460_125868.jpg

珍しいアカミシキリというナマコが、脱皮??をしているようなシーンにも出会いました。

c0180460_125397.jpg

もう溶けてしまって、来年まで会えないと思っていた絶滅危惧種のクビレモドロも健在でした。

c0180460_126489.jpg

また、今日は潮の引きが大きく、今まで顔を表すこともなかった干潟も姿を見せ、久しぶりに大きな貝がたくさん採れました。前回採れなかったリュウキュウサルボウ(赤貝、とてもおいしい!)が手前で、左上がカワラガイ、右上がリュウキュウザルガイです。

c0180460_1273452.jpg

ゆでて酢味噌でおいしく頂きましたが、カワラガイの中に6匹のカニの赤ちゃんが入っていました。

c0180460_1281812.jpg

自然の恵みに感謝するとともに、カニさんの供養もさせてもらいました。
by nami-5963 | 2009-04-27 00:15 | 磯遊び | Comments(0)