沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

貝採り②

今日も大潮で、大好きな泡瀬干潟にとんで行きました。

風は強かったですが、久しぶりのお天気でミナミコメツキガニがとても活発に活動していました。

c0180460_22303478.jpg

砂の中の有機物(汚れ)をこし取り、きれいな砂粒にしてたくさん並べてありました。海の浄化に大きな役割を担ってくれています。

c0180460_22311971.jpg

ミナミコメツキガニとカニの赤ちゃんのツーショットも撮れましたよ。

c0180460_22325412.jpg

大人のミナミコメツキガニは、身の危険を感じたらすぐに砂にもぐりこみます。たまに砂に潜り遅れた時は、上手に死んだふりをするんですよ。

c0180460_2233486.jpg

じっとして動かないので、写真も撮り放題!指で転がしてやってもまだ、死んだふりを続けていました。

c0180460_2234544.jpg

大きなワタリガニ!と思い、モリでつつくと脱皮した抜け殻でした。

c0180460_2237551.jpg

きれいなタカラガイも二種類見つけました。昔はお金として使われたので、「財産」のように「貝へん」がつくのも納得ですね。

c0180460_2238363.jpg

c0180460_22403878.jpg

ウミウシの仲間のイソアワモチも岩についたコケなどを食べ、きれいな泥のうんこをしていました。

c0180460_22414895.jpg

貝採り名人のバケツをのぞかせてもらうと、一人でたくさん採っていました。大潮になると毎日これぐらい取って帰っても、次にはまた採れる!という泡瀬干潟の豊かさに感動しました。
ここを埋め立てようだなんて、とんでもない!もったいない、もったいない!!

私はいつもくらい採れたので、晩御飯のおかずのひと品にしました。
今日も自然の恵みに感謝!
by nami-5963 | 2009-04-28 00:12 | 磯遊び | Comments(0)