人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

ハイビスカス展

本部(もとぶ)町の海洋博記念公園で「ハイビスカス展」があり、200種類のハイビスカスが見られる!というので出かけました。

c0180460_29451.jpg

今までハイビスカスはハワイが原産地だとばかり、思いこんできましたが、アフリカのマダガスカル島あたりが原産地で、ハワイで盛んに品種改良がなされてきた、ということを初めて知りました。

c0180460_294565.jpg

この日も200個の鉢植えが中庭に展示されていましたが、いくつかの花が見られたくらいで、「200種類のハイビスカスの花が全部、一度に見られる!」と、早とちりしていて少しガッカリ!

c0180460_2103164.jpg

一番感動したのは、ランのコーナーでした。

c0180460_211780.jpg

たくさんの種類があり、色もきれいで、

c0180460_2113724.jpg

チョウチョも蜜を吸いに来ていました。

c0180460_2122737.jpg

ハスの花や

c0180460_2131084.jpg

珍しいウナズキヘリコニアの花が咲いていたり、

c0180460_226398.jpg

パラミツの大きな実がなっていたりと、十分見ごたえがありました。

c0180460_2144932.jpg

帰りには、備瀬(びぜ)のフクギ並木を散策してきました。

c0180460_2155360.jpg

葉が肉厚で真っ直ぐ高く成長するフクギは、台風の多い沖縄では防風林として最適で、屋敷を囲い海風から家を守り続けてきました。

c0180460_2193814.jpg

ここのフクギ並木は県内最大規模で、その数は数千本!樹齢300年を超える老木もたくさんあるそうです。
散歩、自転車、水牛車でも遊覧でき、いにしえの沖縄の原風景に出会えたようで、ホッとできる空間でした。

c0180460_2261060.jpg

目の前にはきれいな伊江島の景色も望めました。
by nami-5963 | 2009-05-02 01:11 | 花・草木 | Comments(0)