沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

カーミージーの観察会

今日は、港川小学校の新4年生の総合学習のお手伝いで、カーミージーの干潟に出かけました。

c0180460_4145188.jpg

「干潟の生物を観察しよう!」と130名が、4班に分かれてスタートしました。たくさんの保護者の方も応援に駆け付けてくれました。

c0180460_4162682.jpg

130名のパワーはやはりすごいもので、どんどんいろんな生物を発見して行きます。

c0180460_4173544.jpg

c0180460_4182590.jpg

カニだけでも、シオマネキ、

c0180460_420837.jpg

毒を持ったスベスベマンジュウガニ(食べてはいけません!!)、ケブカガニ、

c0180460_421531.jpg

ソデガラッパ、

c0180460_4214029.jpg

名前のわからない珍しいものから、

c0180460_422465.jpg

脱皮した殻までいろんなものを見つけていきます。すごいパワーです!

カレイの幼魚を見つけた時などは、みんながワァ~ッ!と集まってきてしまい、水が濁って見失ってしまうことも・・・

c0180460_4225369.jpg

魚も、ウツボの幼魚、ヨウジウオ、タツノオトシゴ、ハゼの仲間とたくさん出会えました。

c0180460_4233115.jpg

藻や水草の種類もたくさんあるのですが、あまり興味・関心が向かないようで、ヤドカリ、シャコ、カニ、魚など動くもの、

c0180460_4235577.jpg

変わった形の砂茶碗などに目が向く傾向があるようでした。

c0180460_4243564.jpg

さらに、普段手にすることのないクロナマコ、オオイカリナマコ、ハネジナマコなどに触れることができ、おおはしゃぎできたことがとても印象に残ったようでした。

c0180460_4251577.jpg

最後に、それぞれが感想を述べ、2時間近くの観察会を無事終えることができました。

その後、待ちに待った大潮なので、モズクを採りに出かけました。

c0180460_4362986.jpg

いつも採れるところに行きましたが、みんなドロドロに溶けたようになっていました。はっきりモズクと分かるものも口に含んでみましたが、カスカスで普段のドロッ!ツルツル!感が全くありませんでした。

どうやら今年のモズクは胞子をサンゴのかけらや砂や小石にくっつけて「夏眠」に入ったようです。寒くなり、水温が下がる冬に、また出会えることを楽しみにして、干潟を後にしました。
Commented by break at 2009-06-09 19:25 x
こんにちは
干潟での生き物観察や遊びはこどもにとっては飽きることがないのでしょうね!わが子にもそのような体験させてあげたいです。
…今夏の家族旅行の行先は久米島になりました。(ダンナさんが離島好きなので・・・)本島に降りるのは乗り継ぎだけになりそうです
Commented by nami-5963 at 2009-06-12 07:04
breakさん、おはようございます。

今年の夏は、久米島ですか、いいですね!しっかり楽しんできて下さい。私はまだ行ったことがないのですが、「久米島の久米仙」は20年以上のお付き合いをしております。
磯遊びは大人の私もはまっており、大潮の日が待ち遠しいくらいです。ご案内もできますので、ご利用ください。

                             なるまる
Commented by break at 2009-06-13 10:08 x
下の子(5歳)がもう少し大きくなったら、ぜひご案内お願いしますね!
「久米島の久米仙」、tryしてみまーす
by nami-5963 | 2009-06-09 02:57 | 磯遊び | Comments(3)