人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

オオゴマダラ

沖縄に来て初の免許更新に出かけました。

無事更新がすみ、近くのホテルにオオゴマダラを飼育しているところがあると聞いていたので、探しました。最初に「パシフィックホテルオキナワ」に飛びこんだのですが、「知らない!」とのことでした。

オオゴマダラ_c0180460_1182511.jpg

でも、親切にフロントに問い合わせて下さり、それは「ロワジールホテル」だ!ということが分かり、地図まで持たせて下さいました。本当に、沖縄の人って、とても親切なんですよ。

「ロワジールホテル」に着いてフロントに尋ねると、「オオゴマダラ蝶々園」まで案内して下さいました。
みなさん、本当に親切で、沖縄の心に触れた思いでした。

オオゴマダラ_c0180460_122398.jpg

オオゴマダラは日本最大のチョウチョウで、羽を広げると幅が15cmになります。寿命も長く、半年近くは生き、成虫で冬を越し、自然の状態で生活しているのはここ沖縄だけだそうです。

オオゴマダラ_c0180460_122366.jpg

あまりはばたかず、ゆったりとグライダーのように飛ぶためよく目立ちます。この蝶々園には二匹のオオゴマダラが優雅に飛び交っていました。よく見ると地面にはたくさんの死骸が横たわっていました。

オオゴマダラ_c0180460_1232786.jpg

さらに、オオゴマダラの飛び交う木々をよく見ると、金色に輝く、蛹を発見!

これは、毒を持つといわれるホウライカガミを食草にしているため、オオゴマダラもその毒を身に付けるようになり、光り輝くことで「食べると毒がありますよ!怖いですよ!」とアピールしているそうです。

オオゴマダラ_c0180460_1241724.jpg

目が慣れて来ると周りにいっぱい蛹がぶら下がっているのを見つけ、興奮してしまいました。

しばらく楽しませてもらって蝶々園を出ると、そこは、お土産コーナーでした。

オオゴマダラ_c0180460_1274366.jpg

サンゴの置物をのぞくとなんと、千数百万円の値札がついていてビックリ!

オオゴマダラ_c0180460_1284566.jpg

さらに、店の入り口にはなんとなんと、一億円以上の値札のついた巨大サンゴが展示してありました。

チョウチョで興奮し、サンゴで興奮し、お腹がすいてきたところに、「ランチバイキング・1800円!」のポスターを見つけ、思わず飛びこんでしまいました。

オオゴマダラ_c0180460_1292121.jpg

あまり食べられないのでちょっとずつ取って食べるとおいしいこと!おいしいこと!!マンゴウジュースでお腹いっぱいになってしまいました。

とても有意義で、ハッピーな免許更新の一日でした。
by nami-5963 | 2009-07-10 00:12 | 沖縄の不思議 | Comments(0)