人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

泡瀬干潟

今日も大潮、潮位は-7cmと引きが大きいので、泡瀬干潟に出かけました。

連日行っても飽きることがなく、さらにいつも同じくらい貝が採れるのが不思議でなりません。

それだけ自然が豊かで魅力的な場所なんでしょうね。

これを埋め立ててしまうなんてもったいない!もったいない!!

いつまでも残しておいて、それこそ世界遺産にでもしたいくらいで~す!

そうは言ってもいつも同じ場所ばかりに行くと採れる貝が少なくなってしまうので、今日は遠出をしました。

c0180460_9572865.jpg

ゴカイ類?が、砂を吹き上げたようすが見られるところがありました。

c0180460_95819.jpg

さらに、イボヨフガイのご夫婦を見つけました。

チョメチョメ中だったようでしたが、頭部の二本の触覚と尻尾側の二本の触覚を再確認しようと水をかけると慌てて逃げ出し始めました。やはり、前後に二本ずつ触覚がありました。

c0180460_9582550.jpg

ソデガラッパの親子連れ?にも出会いました。

c0180460_9584467.jpg

大きい方だけがどんどん砂に潜ってしまい、目だけを水面からのぞかせていました。

c0180460_9591344.jpg

ワタリガニの赤ちゃんがいましたが、とても戦闘的でヤスをハサミではさんで怒っていました。

c0180460_959362.jpg

小さな水たまりには小さな魚たちが住み着いています。

保育園のようで、ここで大きくなって外洋に出て行くから、大きな魚も継続して獲れるんですね。
埋め立ててしまえば魚が獲れなくなるのは当たり前なんですが・・・
by nami-5963 | 2010-04-30 22:58 | 磯遊び | Comments(0)