人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

与那国島⑥

この小さな島に、泡盛の酒造業者が三軒もあるそうです。

c0180460_6232865.jpg

そのひとつの崎元酒造所を訪れました。

c0180460_6244527.jpg

ここは「与那国」を製造していて、その行程を詳しく説明してくれました。

与那国島の泡盛は、60度の「花酒」があるのが特徴だそうです。
「花酒」とは、蒸留釜から最初に出てくる酒のことで、その泡が花のように見えることから付いたものだそうです。

c0180460_6253872.jpg

お隣で奥さんが、伝統工芸織物の「徳吉工房」を開いているというので、見学させてもらいました。

c0180460_639927.jpg

与那国織物の歴史は古く、500年も続いているそうで、どれも素朴でシンプルな「用の美」を感じさせるものが多いそうです。

c0180460_6373710.jpg

おりかけの物やいろんな製品を見せてもらい、箸置きをお土産にしました。

アヤミハビル館も訪れてみました。

c0180460_6285553.jpg

「アヤミ」とは、模様のあるという意味で、「ハビル」とは蝶のことだそうで、最大24cmにもなる天然記念物の蛾の「ヨナグニサン」のことでした。

c0180460_6293217.jpg

ヨナグニサンの卵や白いかわいい幼虫が見ることができました。

c0180460_6265642.jpg

ヨナグニサンが売買されてきた歴史があったそうで、そのために挟んで運ぶ竹細工もあったということ、

c0180460_630382.jpg

糞で染色ができるということなどを学びました。

c0180460_643729.jpg

他にも、与那国島の自然や歴史の解説、ヘビなどの飼育展示もありとても勉強になりました。

c0180460_6303757.jpg

与那国民俗資料館にも寄ってみましたが、一人で運営しているオバァが、ちょっと疲れているので、休館ということで、庭にある大きな雨水(天水)をためる石桶を見学させてもらいました。

c0180460_6312396.jpg

三日間のお宿は最近できたアイランドリゾート与那国でしたが、

c0180460_6322644.jpg

おしゃれで親切で料理がとても美味しく、

c0180460_633215.jpg

軟水化装置で温泉のようなお風呂もありで、とてもお勧めですよ。
by nami-5963 | 2010-08-01 06:16 | 物産 | Comments(0)