人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

与那国島⑦

ぎのわんセミナーハウスのツァーのみなさんと空港でお別れし、延泊してダイビングをすることにしました。

c0180460_15553045.jpg

お宿は久部良集落の民宿「はいどなん(南渡難)」に移りましたが、貸し切り状態でした。

c0180460_1556162.jpg

目の前に久部良漁港があり、その奥に西崎(いりざき)の灯台がそびえたっています。

c0180460_15563766.jpg

のんびりとしたのどかな時間が流れ、ダイナミックな自然に囲まれている集落で、人と出会うことがほとんどありません。

c0180460_15572155.jpg

ダイビングの出発も目の前の港なのでとても便利でした。

c0180460_1558121.jpg

港からダイビングポイントへ移動する時に、海側からダイナミックな地形がよく見え、

c0180460_15594893.jpg

与那国島の成り立ちの理解が進みました。

c0180460_1603641.jpg

水中はとても透明度がよく、水温も28~29℃で暖かかったです。

初めての与那国島の海に潜って、いつも潜っている慶良間の海との違いにいくつか気づきました。

c0180460_1611752.jpg

慶良間の海では珍しかったニセゴイシウツボが、たくさんいてしょっちゅう出会うことでした。

c0180460_1615547.jpg

深い所にいることの多いセナキルリスズメダイ、

c0180460_1624587.jpg

アカモンガラ、

c0180460_1631212.jpg

クダゴンベなども浅い所でよく見かけました。

c0180460_1634228.jpg

潮の流れの速いきれいな所でしか見かけないビッグなハクテンカタギがいたり、

c0180460_1643653.jpg

きれいなハナヒゲウツボに久しぶりに出会ったりして、与那国島の海の素晴らしさを堪能しました。
by nami-5963 | 2010-08-03 16:04 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)