人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

ケラマの海⑩

かわいい赤ちゃんシリーズの第二弾です。

c0180460_23562933.jpg

トゲに「よりもどし」がついているばかりか、刺さるとすぐに折れてトゲが体内に残って痛い目に合うガンガゼです。こどもの頃のトゲはか細いですし、なんとなくかわいいもんですね!

c0180460_23573572.jpg

サンゴやウミシダのそばで体をくねくねとよく動かしているマダラタルミの幼魚は、毒をもったヒラムシに擬態しているそうです。

c0180460_23584695.jpg

赤い体に白点を付け、くねくね、ひょいひょいとよく体を動かし、やはり毒をもつヒラムシに擬態しているというツユベラの幼魚。永い歴史の中で身に着けた素晴らしい生きる知恵なんですね。

c0180460_003434.jpg

親になると真っ黒けの体になってしまうクロスズメダイの幼魚のかわいくてきれいな色彩をお楽しみ下さい!

c0180460_0148100.jpg

親になると縄張り意識が強く、やたら攻撃的になるミツボシクロスズメダイの幼魚の群れです。かわいい!

c0180460_115477.jpg

こどもの頃のあたまと体側の白点が「ミツボシ」の名前の由来ですが、大人になるとこの模様はだんだんと薄れ、とても大きくなり、攻撃的で怖い存在になります。

c0180460_025056.jpg

親とは全く違った緑色をし、サンゴの周りでくねくね、ひょいひょいとよく体を動かして毒をもつヒラムシに擬態し、敵から身を守っているクギベラの幼魚です。

c0180460_035269.jpg

暗い洞窟で幼少時代を過ごすカンムリベラの幼魚は体の上部にオレンジ色の丸い模様を二つ持っていてよく目立ちます。

c0180460_0582.jpg

少し成長して若魚になるとオレンジ色の丸い模様はなくなり、白地に黒点が目立つようになってきます。

生き延びるためにみんな最大の努力をし、知恵を出しつくしているようですね。
by nami-5963 | 2010-09-16 00:11 | ダイビング・クジラ・水中写真 | Comments(0)