沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

米軍基地の星条旗

沖縄に移住してきた時、米軍基地の多さと大きさとうるささにびっくりした!のをよく覚えています。

また、基地の中に毎日「星条旗」と「日の丸」が、「仲良くしていますよ!」と言わんばかりにわざとらしく、並んでいる姿に違和感を覚えました。

よく見ていると旗の大きさや揚げ方に違いがあるのに気づきました。
「在沖米四軍調整官事務所」によると、はっきりした基準があるそうです。

c0180460_14173572.jpg

大きい旗は、日曜日や米国の公休日に揚げ、

c0180460_1418074.jpg

中くらいの大きさの旗は、平日用だそうです。

c0180460_14182118.jpg

旗の揚げにくい天気の悪い時には、小さい旗を揚げるそうです。

半旗という揚げ方もあるそうです。
米国内で惨事があったり、要人や世界中に派兵された米兵が死亡すると、弔意を表すために竿の先端から1/3ほど下げて旗を揚げるのが半旗だそうです。

c0180460_14191935.jpg

先日の9・11には、大きな旗が半旗の状態で、沖縄の澄んだ青空にはためいていました。

基地の中は完全にアメリカの国だということを知らされました。
by nami-5963 | 2010-09-17 14:12 | 沖縄の不思議 | Comments(0)